ゲーム PC スマホ利用で4年間視力低下なし『JINS SCREEN』の実力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スマホやPCだけでなく、テレビやモニターからもブルーライトは出ている

 高寿命かつ低消費電力。人の懐と環境に優しい「LED」。これだけ聞くととてもメリットばかりの「LED」ですがデメリットもあります。

「LED」は、「白熱電球」や「蛍光灯」に比べて『ブルーライト』が強く、健康にはよくありません。太陽光並みにたくさんの『ブルーライト』を含んでいるからです。「LED」の照明を、裸眼でどのくらい長く見ていられるでしょうか。一瞬で目をそらしたくなります。

テレビ番組では、スマホやパソコンばかりが槍玉に挙げられていますが、テレビの液晶ディスプレイにもスマホやパソコンと同じ「LED」が使われているのだから、距離の差以外は変わりありません。同じく眼に悪く健康に悪いのです。

液晶ディスプレイ半年で1.5あった視力が0.5以下に

 学生時代、テレビを見ることが少なかった私の視力は当時「1.5」ありました。社会に出て、パソコンやスマホなどに触れる機会が増加すると、たったの半年で視力が「0.5」以下に低下しました。

もちろん個人差があるでしょうし、仕事でかなり眼を酷使したことは否定できません。肩こりや首の痛み、頭痛、ものもらいなど、眼が疲れを感じていたにも関わらず放置。裸眼で使用することになんの疑問もなかったのです。

その結果、車の運転はメガネ着用を義務付けられるほどになるまでに一気に視力が低下。映画館でもメガネ必須。近距離でも人の顔がぼやけて見えます。裸眼でゲームすることはまずできません。視力低下について、自分には関係ないと考えていた自分の不徳。自業自得です。

ブルーライトの悪影響は目以外にも与え、ゲームプレイを阻害する

 『ブルーライト』が人体に与える悪影響は眼に対してだけではありません。その眼への強い刺激は、眼に関連する様々な身体へも影響を拡大させます。

『ブルーライト』はとてもエネルギーの強い光なので、眼がそれを遮断しようとします。遮断するために、眼の筋肉を使って動向を変化させるのです。この筋肉を酷使することで肩や首をも疲れさせるという連鎖。

ゲームプレイを阻害する肩や首の痛みの原因は、姿勢だけでなく『ブルーライト』も原因なのです。

眼に対する大きなストレスは、繊細な髪や肌、爪にも悪影響を与えます。太陽光並みに強い「LED」に含まれる『ブルーライト』は、脳を朝だと誤認させて睡眠をも阻害。眠りが浅くなったり睡眠不足になると、肌への影響だけでなく、太りやすい体質にしてしまいます。

目、首、肩、睡眠、肌、髪、爪、スタイルに悪影響を与える『ブルーライト』。美容と健康両方に悪いということになります。これらの悪影響は、現時点でのゲームプレイだけでなく、将来的なゲームプレイをも脅かす大きな脅威です。

5年後10年後も不自由なくゲームを楽しみたいならブルーライトカットメガネを

 様々なデバイスに利用される、高寿命かつ低消費電力の「LED」。使い方と用法を学び、上手にお付き合いしていくことが大切です。裸眼でゲームプレイやスマホ、パソコン、テレビを見続けると、5年後、10年後が心配です。

視力が低下して、体内時計が狂い、肌もシミだらけで、スタイルも…。といったことにならないよう、自分たちで自分の目を守らなければなりません。5年後10年後も不自由なくゲームを楽しむためと思えば、難しくありません。ただブルーライトカットメガネをかけるだけ。

スマホやタブレット、パソコンであれば、ブルーライトカットできるフィルターを利用する手もあります。

『JINS』なら、度数情報を登録しておけるので通販が気軽

 『JINS』では、No.1 PCメガネ『JINS SCREEN』というブルーライトカットメガネを販売しています。さまざまなレンズとオシャレでシンプルなデザインのフレームと組み合わせて選ぶことができますが、長時間のゲームプレイに備えるのであれば、「ブルーライト38%カット」以上のレンズをお勧めします。

レンズは、度付き、度なしからも選ぶことができます。ブルーライトカット率は、「DAILY USE」の場合、13%、25%、40%のもの。「HEAVY USE」は38%、「NIGHT USE」は60%カットのものがあります。

「NIGHT USE」が最もブルーライトカット率が高い理由は、夜間暗い場所で見るスマホなどの光が眼に与える悪影響を考えてのことです。

『JINS』のオンラインショップの魅力は、自分の度数情報を登録しておくことが可能で、いつでも気軽にオンラインショッピングできるところ。

『JINS SCREEN(旧JINS PC)』を利用してからは、眼が疲れにくく視力低下が止まった

 私が購入した4年前、『JINS SCREEN』は『JINS PC』という名称でした。『JINS SCREEN(旧JINS PC)』を利用するようになってからというもの、眼の疲れをほとんど感じなくなりました。一番嬉しい点はものもらいができなくなったこと。

ものもらいができなくなった理由は、メガネを外さなければ直接眼に触ることが容易ではないからだと考えられます。しかしメガネを外す機会も少なくありませんから、やはり、疲れが減り、自然と眼に触れることが減少したからではないかと考えています。

視力の低下も、『JINS SCREEN(旧JINS PC)』を利用してからはありません。さすがに回復まではしていませんが、これ以上低下されても困ります。そのため少なくともゲーム、パソコン、テレビ視聴(動画配信サービス)の際は必ずメガネを着用しています。

ブルーライトカットメガネを購入したら、ブルーライトカットメガネ越しでLED照明を見た後に、裸眼でLED照明を直接見て見ると、その効果をはっきり実感できます。違いがわかるはずです。

どのレンズを選んでも、『JINS』のレンズは全て紫外線を99%カットするので、外出先でも眼を守ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。