HyperX初!PS4ライセンス取得ゲーミングヘッドセットCloudシリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 PS4ライセンス取得。低音響く、マイクの取り外しできる『HyperX』のゲーミングヘッドセット『Cloud Headset for PS4』をご紹介します。

HyperX初となるPS4ライセンスを取得したゲーミングヘッドセット

 『HyperX』といえば、燃えるようなクリムゾンレッドをイメージカラーとする、グローバルなゲーミングテクノロジーの会社です。

ロゴマークもクリムゾンレッド。販売するヘッドセットのカラーのほとんど全てもクリムゾンレッドです。

しかし、今回新たに発売されるゲーミングヘッドセット『Cloud Headset for PS4』のカラーは、プレイステーションカラーであるブルーです。

Sony Interactive Entertainment LLCによって正式にライセンスされ、PS4ゲーマー向けに特別に作られたヘッドセットになります。

ヘッドバンド側面には、プレイステーションのロゴマークがあしらわれています。

ゲーミングヘッドセットの名にふさわしい、大きなダイナミック型ドライバー53mm

 イヤホンと比べた場合におけるヘッドセットのメリットは、大きなドライバーを採用できる点にあります。

ドライバーとは、スピーカー(振動板)を振動させるための装置のこと。種類もあり、低い音に強い「ダイナミック型」がゲーム向けのタイプといえます。

「ダイナミック型」のドライバーは、大きいほどに低い音に強いといわれています。通常のヘッドセットの場合、そこまで低い音にこだわる必要がないので、大きくても40mm程度です。

『Cloud Headset for PS4』の場合、ドライバーのサイズはなんと53mmです。しかも、歪みが少なく、クリアな低・中・高全ての音域に強い「ダイナミック型」。

53mmと大きいドライバーユニットなので、特に低音再生に強いヘッドセットといえます。ゲームにおいて、足音や銃声、爆発音など、低い音を聞き分けることができるかどうかの重要性は、皆さんご存知の通りです。

高性能かつ使い勝手の良いマイク

ノイズキャンセリング機能搭載の高性能マイク

 『Cloud Headset for PS4』のマイクは、「ノイズキャンセリング」機能が搭載されています。「ノイズキャンセリング」とは、周囲の騒音をかき消すことのできる機能です。

ゲーム中においては、ゲーム以外の環境音は没入するためには邪魔になりますので、とてもありがたい機能です。

取り外し可能なマイク

 ヘッドセットで聴く音楽や映画のサウンドは、スマホのスピーカーやイヤホンはもちろん、テレビのスピーカーよりもいい場合があります。

そのため、どうせヘッドセットを購入するのであれば、ゲームだけでなく、映画鑑賞やスマホの音楽鑑賞にも使えたらと考える方は少なくないかと思います。

『Cloud Headset for PS4』のマイクは、取り外しができるのでそのようなシーンでも邪魔になりません。

長時間ゲームしても痛くなりづらいイヤーパッドは人に優しいシグネチャーメモリフォーム

 メモリーフォームの特徴は、温度によって柔らかさを増し、圧力を均一に分散。優れた衝撃吸収能力と通気性があるため、人の肌にとても優しいクッションです。

『Cloud Headset for PS4』のイヤーパッドに採用されるものがこれ。HyperXの「シグネチャーメモリフォーム」が、長時間のゲームプレイを可能とさせます。

耐久性の高いアルミフレームだから長い間使える

 『Cloud Headset for PS4』のフレームに採用される素材は、軽くて頑丈なアルミフレームです。長い間使うことができるので安心。

ドライバユニットタイプ

ダイナミック型
ドライバユニット

53mmネオジム磁石付き
タイプ

密閉型
スピーカー周波数特性

15Hz〜25,000Hz
スピーカー感度

1kHzで95dBSPL / mW
スピーカーインピーダンス

41Ω
THD

<2%
マイクエレメント

エレクトレットコンデンサーマイク
マイクパターン

ノイズキャンセリング
マイク周波数

50Hz〜18,000Hz
マイク感度

-39dBV(0dB = 1V / Pa、1kHz)
重量

325g(マイク付き:337g)
ケーブルの長さとタイプ

ヘッドセット(1.3m)
接続端子

3.5mmプラグ(4極)

SNSでもご購読できます。