高速&軽快入力可能なメカニカルキーボード ロジクール『G413』

 2017年6月15日発売、【PS4】にもお勧めできる、高速入力可能なテキストチャット向けゲーミングキーボード ロジクール『G413』をご紹介します。

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

高速&軽快入力可能なロジクール独自のメカニカルスイッチ「ROMER-Gタクタイル」

 ロジクール独自のメカニカルスイッチ「ROMER-Gタクタイル」は、茶軸と銀軸の中間相当の特徴を持ったキースイッチです。

メカニカルスイッチの茶軸のように、程よい抵抗感あるスイッチを押す爽快感を楽しみつつ、それでいて高速入力を可能とさせる浅いアクチュエーションポイントを特徴とします。

アクチュエーションポイントとは、メカニカルスイッチ特有の抵抗感・反発を感じる、スイッチが反応するポイントのことです。

スイッチのOFFからONに切り替わるポイント、文字が画面に反映されるポイントといった方がわかりやすいでしょうか。

このポイントが浅いタイプ、具体的には1.5mm以下のものを“スピード軸”といいます。“スピード軸”はその名の通り、文字の高速入力を可能とさせます。

茶軸はキーストローク(可動域/キーの沈み込む深さ)が4mmで、アクチュエーションポイントが2mm、そして押下圧が45gあります。

45gというキーを押すのに必要な適度な抵抗感と、適度な「パチっ」という打鍵音が特徴になります。

銀軸がキーストローク(可動域/キーの沈み込む深さ)が3.5mmで、アクチュエーションポイントが1.1mm、そして押下圧が40gあります。

軽い抵抗感と浅いキーストローク&アクチュエーションポイントが特徴で、高速入力を可能とされる、いわゆる“スピード軸”に属するスイッチです。

「ROMER-Gタクタイル」は、茶軸と銀軸を足して2で割ったような、独自の特徴を持っているのです。

「ROMER-Gタクタイル」のキーストロークは3.2mmで、アクチュエーションポイントが1.5mm、そして押下圧が45gあります。

茶軸のような適度な抵抗感(45g)と適度な「パチっ」という打鍵音、そして浅いキーストローク&アクチュエーションポイントが特徴です。

爽快感あふれる触感と音を楽しみながら高速入力を可能とさせる、テキストチャットに適したモデル、それがロジクール『G413』です。

Carbonは赤、Silverは白のバックライト

 ゲーミングキーボードといえば美しいイルミネーション。『G413』も、その例に漏れず、暗くてもわかりやすく美しく光り輝きます。

『G413』にはカーボンとシルバーの2色があり、カーボンは赤に、シルバーは白に文字が光ります。

カスタマイズはできません。とはいえ【PS4】で使う場合、どちらにしろカスタマイズできないことが普通ですので、過剰スペックにならずぴったりです。

USBを占領しない USBパススルー付き

 【PS4 Pro】にはUSBポートが3つありますが、残念ながら【PS4】にはUSBポートが2つしかありません。

どちらにしろUSBポートの数が少ないので貴重です。しかし『G413』にはUSBパススルーが用意されています。

パススルーとは、USB経由のデータを素通りさせてくれる機能のことです。

ですから『G413』を【PS4】に接続してUSBポートを1つ占有しても、『G413』に搭載されるUSBポートに接続すれば、【PS4】本体にUSBを接続しているのと同じように使えます。

耐久性と高級感ある航空機グレードのアルミ合金 筐体

 『G413』の筐体は、贅沢にも航空機グレードのアルミ合金が採用されています。そのため耐久性抜群で、高級感もあります。

パソコンで使うにも便利な機能たくさん

 ワンタッチでメディアコントロールを可能とするFキー。Windowsキー、F1 ~F12までを割り振れるプログラマブルマクロなどの機能も用意されています。

Logicool G HUBにてカスタマイズも可能。

また、26キーロールオーバーやアンチゴーストなどのように、ゲーミングキーボードに最低限あって欲しい機能もしっかりあります。

【PS4】では原則テキストチャット にしか利用できないので注意

 『G413』は、パソコンで使う場合にはテキスト入力とゲームにおけるキャラクター操作の両方で利用できます。

しかし【PS4】では、テキストチャット時のテキスト入力意外に活用することはできません。

オススメはできませんが、【PS4】にてコントローラーにて行っているキャラクター操作を『G413』で肩代わりするには、原則マウスコンバーターが必要です。

ロジクール『G413』仕様

メーカー ロジクール
ブランド ロジクールG
シリーズ Gシリーズ
型番 G413
発売日 2017年6月15日
キーボードタイプ ゲーミングフルサイズキーボード
言語 日本語(アルファベットのみ刻印)
キーレイアウト 108キー日本語レイアウト
スイッチ構造(メーカー)
  • メカニカル方式
  • ROMER-G タクタイル
  • (ロジクール)
軸色 茶軸と銀軸の中間相当
キーピッチ(mm) 19
キーストローク(mm) 3.2 mm
アクチュエーションポイント 1.5mm
押下圧(g) 45g(タクタイル圧 50g)
スイッチ寿命 7,000万回の打鍵
プログラム可能キー Gキー数 : 12
ゲームモードキー
メディアコントロール 一体型Fキー
アンチゴースト 全キー○
同時押し 最大 26
オンボードメモリ
プロセッサー 未公開
ポーリングレート 未公開
バックライト Carbon:赤、Silver:白
ソフトウェア Logicool G HUB
接続I/F USB 2.0 ワイヤード(USBパススルー付き)
本体サイズ(L×W×H) 445 x132 x34 mm
本体重量 1,105g
カラー Carbon、Silver
ケーブル長 1.8m
対応OS Windows® 7以降
付属 製品本体、ゲーミング キーキャップ、キー引き抜き工具、取扱説明書、保証書、保証規定
クレジット © 2019 Logicool.All rights reserved

ロジクール『G413』
最新情報をチェックしよう!

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット