PS4でもBluetoothオーディオ可能にする『Creative BT-W3』発売

 【PS4】はBluetooth対応ですが、Bluetoothオーディオ非対応なのでBluetoothイヤホンやBluetoothヘッドセットが使えません。

最近はBluetoothイヤホンが増えてきており、持っている方はたくさんいらっしゃるでしょうから、できればスイッチでも使いたいなと思うことでしょう。

そこで当ページでは、【PS4】にて Bluetoothイヤホン・Bluetoothヘッドセットを使えるようにできるクリエイティブの新製品『Creative BT-W3』をご紹介したいと思います。

『Creative BT-W3』は2020年6月18日、クリエイティブストア限定先行発売

【期間限定】発売記念ストア会員限定 特別価格:税抜 3,582円 / 税込 3,940円~2020年6月26日 23:59まで

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

『Creative BT-W3』概要

Creative BT-W3
  • ペアリングするだけで使える
  • USB Type-AとUSB Type-C接続可能
  • 圧縮方法がゲーミング向けの遅延少ない「aptX LL」
  • さらに高音質な圧縮方法「aptX HD」にも対応
  • 最新のBluetoothバージョン5.0だから転送速度が速い
  • 通信距離最大30m
  • BT-W3側から使用するオーディオ コーデックの選択可能
  • アナログマイクも同梱
  • Nintendo Switchでも使える

ドライバーのインストール不要!ペアリングするだけ

 『Creative BT-W3』はPS4に接続してペアリングするだけで使えます。ドライバーなどのインストールは不要です。

USB C-to-A 変換アダプター付属 PS4本体に接続

 『Creative BT-W3』はUSB Type-C接続タイプのBluetooth オーディオ トランスミッターです。

USB C-to-A 変換アダプターが付属されているので、USB Type-CとUSB Type-Aと両方の接続端子に接続可能。

PS4はUSB Type-A接続可能なゲーム機なので、USB C-to-A 変換アダプターをつかってPS4に接続します。

Bluetoothなのに音声の遅延・劣化の心配なし

圧縮方法が遅延少ない「aptX LL」対応

 ワイヤレスでは、重たい音声データを圧縮、軽くして、無線状態で音を飛ばします。

圧縮された音声データを受け取ったBluetoothイヤホン等は、その圧縮された音声データを復元。その後音楽を奏でます。これがワイヤレスの仕組み。

圧縮方法(コーデック)にはいくつかの種類があり、音質が劣化したり、遅延したりするものとそうでないものとあります。

Bluetoothオーディオに必ず採用されているSBCと名の付くコーデックは、音質劣化と遅延が激しい圧縮方法です。

0.16秒以上の遅延を発生させますので、明らかに映像に対して音が遅れて聞えてしまいます。

一方「aptX LL(aptX Low Latency)」は、ほぼCD音質というほどに高音質で劣化ありません。

しかも、0.03~0.04秒という人間では感知できないほどの遅延しか発生させないので、ゲーミングに最適です。

SBC全てのBluetoothオーディオに対応。音質劣化と遅延ある標準音質。0.16秒以上の遅延あり。
AACAppleの製品に採用されるコーデック。SBCより音質劣化少ないけど遅延あり。
aptXそれなりのお値段するイヤホンに採用されるコーデック。ほぼCD音質で劣化なく、遅延も少ない。
aptX HD「aptX」より高音質でCD音質以上(ハイレゾ)。遅延も少なめ。
aptX Low Latency(LL)ほぼCD音質なので「aptX」と同クラスの音質。しかし遅延が0.03~0.04秒と最も少ないのでゲームや動画鑑賞向け。
LDAC最も高音質のハイレゾ対応。SONYの製品に採用されている。

ハイレゾ「aptX HD」にも対応しているが・・・

 上の表を見てわかる通り『Creative BT-W3』は、ハイレゾ音源のまま、劣化させない「aptX HD」にも対応しています。

そのため、「aptX」や「aptX LL」以上の高音質で音楽鑑賞可能です。

しかし、USBオーディオの再生品質は16bit/48kHz固定になるので、ハイレゾ(16bit/48kHzを超過したオーディオのこと)での音楽鑑賞はできないようです。

Bluetoothイヤホンも同じ「aptX LL」に対応していないと遅延少ない「aptX LL」が使えない

 ワイヤレスオーディオの仕組みは、例えば「aptX LL」に対応した製品が音を飛ばし、「aptX LL」に対応した製品が音を受け取って復元します。

なので、「aptX LL」に対応した製品が音を飛ばしてくれても、受取る側が「aptX LL」に非対応だと、「aptX LL」で圧縮された音楽を復元できません。

『Creative BT-W3』の圧縮方法(コーデック)は、遅延の少ないほうから順番に、aptX LL < aptX < aptX HD < SBCに対応しています。

なのでご利用のBluetoothイヤホンもaptX LL、aptX、aptX HD、SBCと4種の圧縮方法(コーデック)のうちどれか一つに対応している必要があります。

どのBluetoothイヤホンも必ずSBCには対応していますので、使えないといった心配はありませんが、「aptX LL」に非対応だと、遅延が大きくなるのでゲーミングに使うには心配が残ります。

最新のBluetoothバージョン5.0だから転送速度が高速

 『Bluetooth』は徐々にバージョンアップしています。『Creative BT-W3』は最新の5.0。それぞれの特徴は以下の通り。

4.0省電力の「BLE」に対応。
4.14.0を高機能化。自動再生接続、LTE、Bluetooth機器間での通信干渉抑制。
4.2セキュリティの強化と転送速度の高速化。
5.04.0よりデータの転送速度2倍、通信範囲4倍。

バージョンが低くても高くても互換性があるので、ご利用のBluetoothイヤホンのバージョンが4.0でも使えます。

ただしこの場合、5.0の『Creative BT-W3』が、Bluetoothイヤホンのバージョン4.0に合わせることになります。

『Creative BT-W3』の性能を最大限引き出すことができないのです。その場合、多少なりともワイヤレスの通信速度が遅延したり、通信距離が短くなったりと、何らかの劣化が発生するので注意。

通信距離最大30m

 Bluetoothオーディオの通信距離は大体10m前後です。そのため、何らかの用を済ませに席を立って移動すると、通信が途切れてしまう場合がありました。

一方『Creative BT-W3』の通信距離は最大30m。よほど大きな家にお住まいでもない限り、家のどこにいても、通信が途切れてしまう心配があまりありません。

目的に合わせてBT-W3側からコーデックの選択可能

 『Creative BT-W3』は、aptX LL、aptX、aptX HD、SBCと4種の圧縮方法(コーデック)に対応しています。

それぞれの特徴は上の表でご確認ください。ボタン一つで、自由に切り替え可能です。

ご利用のBluetoothイヤホンがaptX LL、aptX、aptX HD、SBC4種に対応しているのであれば、4種類から選択可能です。

なので、ゲームするときは遅延が最も少ない「aptX LL(白に光る)」、音楽鑑賞するときは最も音質の良い「aptX HD(黄色に光る)」と、目的に合わせて選択できます。

アナログマイク同梱だからボイチャもできる

 『Creative BT-W3』には、3.5mm接続タイプのマイクが同梱されています。これをPS4コントローラーに接続するとボイチャも可能になります。

Nintendo Switchでも使える

 『Creative BT-W3』はNintendo Switchでも利用可能です。USB Type-C接続できるので、本体下部に接続して使います。

まとめ

Creative BT-W3
  • ペアリングするだけで使える
  • USB Type-AとUSB Type-C接続可能
  • 圧縮方法がゲーミング向けの遅延少ない「aptX LL」
  • さらに高音質な圧縮方法「aptX HD」にも対応
  • 最新のBluetoothバージョン5.0だから転送速度が速い
  • 通信距離最大30m
  • BT-W3側から使用するオーディオ コーデックの選択可能
  • アナログマイクも同梱
  • Nintendo Switchでも使える

『Creative BT-W3』仕様

入力ポートUSB-C / USB-A
伝送距離最大30m
Bluetooth Ver5.0
プロファイルA2DP(ワイヤレスステレオBluetooth)
AVRCP(Bluetoothリモートコントロール)
HFP(ハンズフリープロファイル)
コーデックaptX LL
aptX HD
aptX
SBC
対応機種PlayStation4(バージョン 5.0以降)
Nintendo Switch(バージョン 5.0以降)
PC(Windows7以降 / macOS バージョン10.12以降)
付属品Creative BT-W3
専用USB C-to-A 変換アダプター
3.5mm 4極アナログマイク
クイックスタートガイド/ハードウェア保証書
クレジット© 2020 Creative Technology Ltd. All Rights Reserved. 

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG