Creative『SXFI GAMER』耳計測でリアルな定位を実現するヘッドセット

ロジクールG933s

最大11.1chサラウンド ワイヤレスヘッドセット『ロジクールG933s』


  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 遅延心配ない2.4GHz独自ワイヤレス
  • 3.5mm 4極プラグ接続も可能
  • ワイヤレス+3.5mm接続の音声ミックス可能
  • 快適性と耐久性を追求 90度回転イヤーカップ
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング
  • 最大12時間長寿命バッテリー

『SXFI GAMER』概要

  • Super X-Fi Gen2対応
  • SXFI inPersonマイク技術採用のCommanderMic
  • プレミアムソフトレザーレットに覆われたメモリーフォームクッション
  • 1670万色のRGBライティング
  • ナイロン編組と、アルミ&銅シールドに覆われたケブラー強化銅線

耳と顔(頭)個人の違いに合わせた定位を実現

 ヘッドセットの形は一緒でも、頭の大きさや耳の形には個人差があります。そのためどうしても、聴く人によって音が変わってしまいます。

耳の傾きとヘッドセットの傾きが食い違っていれば、ほんの少しだけの誤差で、真横からの音なのか、ほんの少し後ろからの音だとか、人により聴こえ方が変わってしまうわけです。

 『SXFI GAMER』では、まず初めにスマホアプリにて、耳と顔(頭)を写真撮影します。

撮影された耳と顔(頭)の写真データはクラウドに保存され、AI(機械学習)により解析されます。

そして解析結果をもとに人それぞれの頭蓋内での聴こえ方がモデリングされ、誰が聴いても、ゲーム開発者が意図するサウンド再生を可能とする仕組み。

モデリングされた情報(プロファイル)は、PC経由にて『SXFI GAMER』本体に保存。

PCでもPS4でも、個人の違いに合わせた定位を実現するのです。そのため『SXFI GAMER』でゲームをすると音で位置を把握できます。

それが「Super X-Fi Gen2」という名の、とても優れた最先端技術です。

PS4でもバーチャルサラウンド

 「Super X-Fi Gen2」は、PCにて『SXFI GAMER』にモデリングしたデータをロードする際に、7.1 chまたは 5.1chの選択が可能です。

PS4は、USB接続時のサウンドは2ch音声の出力しかできませんが、『SXFI GAMER』に搭載される「Super X-Fi Gen2」は、バーチャルサラウンドに拡張します。

7.1 chまたは 5.1ch音源をそのまま再生するのではなく、2chの音源をバーチャルサラウンドに拡張することになるため定位性はぼやけますが、音に包まれたような、臨場感あふれるサウンド体験が可能となります。

人の声とノイズを区別して抑制するプロ仕様マイク

 『SXFI GAMER』に搭載されるマイク・「CommanderMic」には、「SXFI inPersonマイク」技術が採用されています。

SXFI inPersonマイク」は、人の声と周囲のノイズをしっかり区別します。そのため周囲のノイズだけをきっちろ抑制。

フレンドはあなたの声だけを聴くことができるので迷惑をかけることが減ります。

付け心地もよく頑丈

 メモリーフォームのイヤークッションなので、長時間快適にゲームできます。

レザーレットが採用されているので遮音性抜群。没入感溢れるサウンド体験が可能です。

同梱されるUSBケーブルもこだわられており、頑丈なので長期間使用してもカンタンには断線しない仕様です。

1670万色に光り輝くリングと英文字は、とてもとてもクールです。

『SXFI GAMER』の欠点:モデリングデータのロードにはスマホとPCが必須

 ここまでご紹介してきたとおり『SXFI GAMER』は、とても高音質で定位性に優れており、しかも高品質なゲーミングヘッドセットです。

見た目もとてもクールなので、欠点という欠点が見当たりませんが、最初だけ、あなたの耳と顔(頭)のデータからモデリングしなければならないところが欠点といえます。

まずスマホにて耳と顔(頭)の写真を撮らなければなりません。一人でするとなると大変なので、同居するご家族や恋人などにお願いする必要があるでしょう。

その後写真データによってモデリングされたあなたのパーソナルデータを、PCにダウンロードした「SXFI Control」というソフトにて、『SXFI GAMER』にロードしなければなりません。

最初の一回だけ行えばOKとはいえ、Bluetoothのペアリングなんかよりも面倒ではあります。

まとめ

  • Super X-Fi Gen2対応
  • SXFI inPersonマイク技術採用のCommanderMic
  • プレミアムソフトレザーレットに覆われたメモリーフォームクッション
  • 1670万色のRGBライティング
  • ナイロン編組と、アルミ&銅シールドに覆われたケブラー強化銅線

『SXFI GAMER』仕様

メーカーCreative(クリエイティブ)
シリーズSuper X-Fi
発売日2020年7月
サラウンドサウンド7.1ch
ヘッドホンタイプオーバーヘッド
イヤーパッドプレミアムレザーレット
メモリーフォーム クッション
ヘッドホン構造未公開
ドライバーユニット(ネオジウム マグネット採用)
ドライバーユニットサイズ50mm
感度114dB/mW
周波数特性20~20,000Hz
インピーダンス32Ω
全高調波歪み未公開
コントローラーイヤーカップにて音量調整
マイクのタイプCommanderMic ノイズキャンセリング着脱式ブームマイク
マイク集音特性単一指向性
マイク感度-42dBV/Pa
マイク周波数特性100~16,000Hz
マイクインピーダンス<2200Ω
ノイズキャンセリング機能
マイクコントローラーイヤーカップにてマイクミュート
LED1670万色RBG
接続I/FUSB-C
専用USB-C to A 変換アダプター
4極3.5mm
重量未公開
対応機種Windows 10 以降
Mac OS 10.13以降
PlayStation 4 / 4 Pro
Nintendo Switch
モバイルデバイスなど
クレジット© 2020 Creative Technology Ltd. All Rights Reserved.(公式サイトの情報をもとに記述しています。)

ロジクールG633s

最大11.1chサラウンドゲーミングヘッドセット『ロジクールG633s』

  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 3.5mm 4極プラグ接続
  • 肌触り抜群のスポーツメッシュ・イヤーパット
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング

ASTRO Gaming ミックスアンプ プロ MixAmp Pro TR

PS5×『Astro MixAmp Pro TR』でTempest 3Dオーディオ レビュー


  • Tempest 3Dオーディオ or 5.1chサラウンドサウンド 両方使える
  • イコライザ設定可能
  • 4種のイコライザ設定を保存&切り替え可能
  • ノイズゲート機能搭載
  • ミキシング機能付き
  • PlayStationのボイチャとPC・スマホのボイチャのミキシングも可能
  • PCからのゲーム配信がカンタン
Creative『SXFI GAMER』
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG