iiyama 4Kゲーミングモニター2種比較・まとめ2020年度[PS4pro向け]

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

iiyama 4Kゲーミングモニター比較表

価格・サイズ・発売日比較

価格 発売日 サイズ アスペクト比
ProLite B2875UHSU-1B
44,282円 2019年8月6日 28 16:9
ProLite XB3288UHSU
63,200円 2019年9月下旬 31.5 16:9

※2020年9月8日時点のAmazonにおける税込み価格です。

高画質を決める要素比較

解像度 パネル 視野角 HDR(輝度) コントラスト比 応答速度 ビット深度 色域
ProLite B2875UHSU-1B
4K TN 85/80 ×
300 cd/m2
1000:1
(ACR:12,000,000:1)
1ms(G to G、Over Drive機能+2の時)
5ms(標準時)
約10.7億色 未公開
ProLite XB3288UHSU
4K VA 89/89
300 cd/m2
3000:1
(ACR:80,000,000:1)
3ms(G to G、Over Drive機能+2の時)
標準時未公開
約10.7億色 NTSC95%

高画質化を助ける要素とゲーミング向け機能

i-StyleColor黒レベル調節AMD FreeSyncカラー調整
ProLite B2875UHSU-1B
ProLite XB3288UHSU

オーディオ比較

スピーカー
ProLite B2875UHSU-1B2.5W×2
ProLite XB3288UHSU3W×2

目に優しい要素比較

フリッカーフリーブルーライト軽減
ProLite B2875UHSU-1B
ProLite XB3288UHSU

接続 比較

HDMIDVI-DD-SubDisplay
Port
3.5mmUSB
ProLite B2875UHSU-1B1
(HDMI2.0入力端子)
24ピンコネクタ×1 D-SUBミニ15ピン×112(音声入力/ヘッドホン)USB3.0
シリーズB×1(UP)
シリーズA×2(DOWN)

USB2.0
シリーズA×2(DOWN)
ProLite XB3288UHSU2××11(ヘッドホン)USB3.0
シリーズB×1(UP)
シリーズA×2(DOWN)

本体調節機能 比較

チルトスウィーベルピボット高さVESA規格
ProLite B2875UHSU-1B上17°左右45°×130mm100×100
ProLite XB3288UHSU上22° / 下3°左右45°×120mm100×100

プレイするゲームジャンルに応じてどちらかを選択

 2020年9月8日時点における、iiyamaに掲載中かつオンラインサイトで販売中の4Kゲーミングモニターの中でPS4pro向けの製品は2種類。

同シリーズではありますがパネルの種類が違うため、用途に応じてどちらか決めると快適にゲームをプレイできます。

 B2875UHSU-1BはTNパネルで応答速度が1msと、FPSなど速い動きに対応したい人向け。

XB3288UHSUはコントラスト比が3000:1でHDR10対応と、高画質で暗がりの表現が得意なのでホラーゲームやRPGなどにおすすめです。

「AMD FreeSync」とは

スタッタリング

 ゲーミングPCは要求される解像度とフレームレートに合わせて描画しています。

しかしグラフィックの処理が重いなどの理由で上のイラストのようにタイミングが遅れ、フレームレートが低下する場合があります。

「スタッタリング」と呼ばれる現象で、静止画1枚分止まって見えますので、映像としては見えない壁に引っかかったように映ります。

ティアリング

PCとモニターとのタイミングのズレは、1つ前の静止画と現在の静止画、2枚の静止画を混ぜて描画・出力してしまうこともあります。

混ざっていますので、私たちには映像がズレたように見えます。これが「テアリング現象」と呼ばれるもの。

「AMD FreeSync」はPS4で機能しないので注意

 「AMD FreeSync」はとても優れたテクノロジーで、同じAMD製のGPUを採用する映像の「スタッタリング」と「テアリング」を防ぎます。

そのため快適かつ、敵より有利な条件下でゲームすることができます。

PS4にも、AMD製のGPUが採用されていますが、PS4では「AMD FreeSync」は機能しません。

「スタッタリング」などの問題は、とくに60fps(=60Hz)を大きく超えた映像に起こるからです。

高速で映像をつくりあげ、高速でモニターに出力する必要があるので、引っかかても不思議はありません。

一方PS4のフレームレートは30fps/60fps固定です。1秒間に30枚、もしくは60枚の静止画で動画がつくられています。

そのため「AMD FreeSync」は、PCゲームもする方であればうれしい機能です。

※AMD製のGPUが搭載されるPCが必要です。
※2019年1月から、「G-SYNC Compatible Monitors」認定を受けた「FreeSync」対応モニターであれば、PCのグラフィックカードが「NVIDIA GeForce」シリーズであっても、NVIDIAコントロールパネルから設定することで可変リフレッシュレート型同期機能を有効にすることができるようになりました。
※「G-SYNC Compatible Monitors」認定を受けていない「FreeSync」対応モニターでも、「NVIDIA GeForce」シリーズで動作するようですが、画面が点滅、波、色の異常表示などの可能性があるとのこと。
※対応ドライバー「GeForce 417.71 Driver」

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
iiyama 4Kゲーミングモニター
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG