キッチン・浴室向け防水ポータブルスマートスピーカー『JBL LINK』

出典:www.harman-japan.co.jp

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

『JBL』のスピーカーにGoogleアシスタントが搭載されたスマートスピーカー『JBL LINKシリーズ』

スピーカーやマイクなどの外見を『JBL』がつくり、スマートスピーカー(Google Home)やAndroidスマホでおなじみの人工知能「Googleアシスタント」が搭載された『JBL』のスマートスピーカーです。

「Google Home」と同様に、Spotify や Google Play Musicなどの音楽を音声して操作可能で、「Google」のサービスである「Google 検索」「Google Map」「Google カレンダー」「Google ChromeCast」などと連携し、音声での操作が可能となります。

また、スマート家電の操作もできるので、今後より活躍の場が広がっていくスマートスピーカーの1つです。

アメリカのスピーカーメーカー『JBL』とは

イヤホン・ヘッドホン・スピーカーをお持ちの方は既にご存知でしょう。アメリカのオーディオメーカー「ハーマン・インターナショナル」のブランドの1つです。

『JBL』のスピーカーは、映画館やトヨタなどの高級車にも採用、プロも利用している世界有数のスピーカーですので、『JBL』製品をお持ちでない方でも、一度は聴いたことがあるかもしれません。『JBL』の音の表現力は、世界中のたくさんの人々を魅了し続けています。

「Google Home」よりボーカル(高音)が綺麗な音質を期待できる

『JBL LINKシリーズ』のスピーカーは、高音・中音・低音、すべての音を奏でることのできるスピーカーが2つ搭載されています。

『JBL LINK 10』には45mm(約1.8インチ)のフルレンジスピーカーが2つ、『JBL LINK 20』には50mm(約2インチ)のフルレンジスピーカーが2つ搭載。

低音専用のスピーカーである「ウーファー」は搭載されていませんが、『JBL』のフルレンジスピーカーは低音にも期待ができるので、高温がとても綺麗で、低音の迫力ある音質を期待できます。

「Google Home」のスピーカーは、50mm(約2インチ)のスピーカーが1つに、2インチのパッシブ ラジエーターが2つ搭載されています。パッシブ ラジエーターは、スピーカーの低音だけを増強するので、低音がとても際立つ音質です。

「LINE Clova WAVE」には高音専用のスピーカーが2つ+低音専用のスピーカーが1つ、「Amazon Echo」には高音専用のスピーカーが1つ+低音専用のスピーカーが1つです。

「Google Home」「LINE Clova WAVE」「Amazon Echo」3種のスマートスピーカーと比べると、『JBL LINKシリーズ』のスピーカーは全音域に強く、バランスの良い音色になることが期待されます。

防水「IPX7」に対応しているからキッチンや浴室でも使える

キッチンでの使用にオススメできるスマートスピーカは、実は『JBL LINKシリーズ』だけではありません。SONY(ソニー)のスマートスピーカー「LF-S50G」があります。「SONY LF-S50G」は防滴仕様(IPX3)。しかも、ジェスチャー機能搭載なので、音声だけでなく、スピーカーに触れずに操作することが可能です。

ただし「SONY LF-S50G」は、水の侵入に対する保護等級0〜8のうち3、「IPX3」なので、あくまでも防滴仕様です。

『JBL LINKシリーズ』は水の侵入に対する保護等級0〜8のうち7「IPX7」なので、しっかり防水仕様です。「iPhoneX」と同じ等級。30分水没させても故障しないほどの防水性能を有しております。

そのため『JBL LINKシリーズ』であれば、キッチンでの使用はもちろん、浴室で使用しても、アウトドアでの急な雨降りにも安心です。

バッテリー内蔵だから、部屋のどこでもレジャーでも活躍

『JBL LINK 10』は最大5時間、『JBL LINK 20』は最大10時間、音楽連続再生可能なバッテリーが搭載されています。Bluetooth 接続も可能ですので、一度ペアリングしてしまえばスマホの音楽を『JBL LINKシリーズ』にて再生可能。アウトドアや旅行先・レジャーでも大活躍できるスマートスピーカーです。

スマホの操作でもSpotify や Google Play Music などの音楽再生ができる

『JBL LINKシリーズ』と「Google Home」には、「Chromecast built-in」が搭載されています。「Chromecast built-in」が搭載されていると、スマホの「Spotify」や「Google Play Music」アプリ経由にて、『JBL LINKシリーズ』での音楽再生が可能になります。

音声での操作は、大雑把なジャンルの音楽再生にはとても便利です。しかし、アーティスト名・アルバム名・曲名を覚えていない場合や、見ながらこの曲聴きたいといった選曲ができません。そのため、スマホでスマートスピーカーの音楽再生操作もできる方が、見ながら選曲できるので便利です。

しかし、音楽配信サービスアプリ経由でスマートスピーカーを操作できるスマートスピーカーは意外に少ない状況です。「Amazon Echo」や「LINE Clova WAVE」ではスマホで選曲・再生といった操作が現状できません。

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
JBL LINK
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG