PS5向けモニターの選び方

 2020年11月12日に発売が決まったPS5。

PS5の購入に合わせてモニターを買い替えようと思っている方も多いのではないでしょうか。

モニターは高いから失敗したくない!という方向けに、PS5向けのモニターの選び方を解説していきます。

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

目的を決める

 PS5でプレイするゲームによって、どんなモニターがいいかが変わります。

RPGなどソロゲーが好きで、綺麗さを重視場合には4K以上のモニターを選択。

FPSなど対人ゲームで速さを重視する場合にはリフレッシュレートが120Hzで応答速度が速いモニターを選択。

FPS向けのモニターサイズが24~27インチということもあり、高い解像度を必要としませんのでフルHD程度の解像度がちょうどよいくらいです。

4K/120Hzモニターもほしいところではありますが、現状製品が少ないので、発売を待つかどちらかを選ぶようになるでしょう。

モニターの基礎知識を確認する

解像度が高いほどフレームレートは下がりやすい

フレームレート・リフレッシュレート

 PS5は1秒間に何十枚何百枚と静止画を作ることになるので、1秒間に120枚作れる時もあれば60枚しか作れなくなることもあります。

解像度の違いは静止画一枚一枚の重さを変えるからです。フルHDより4K、4Kより8Kの静止画を作る方が時間がかかります。

そのためフルHDで安定して120枚の静止画を作れたとしても、4Kになると1秒間60枚に低下することもありえます。

 PS5は4K/120fpsに対応。

「fps」はフレームレートのこと。120fpsは、PS5が、1秒間に120枚の静止画を作ることのできるゲーム機という意味です。

リフレッシュレートはモニターの仕様書等の「Hz」という部分で確認します。PS5が用意した1秒間120枚の静止画を、1秒間120枚のスピードで切り替えることのできるモニターは120Hzと記載されます。

ですが、先ほども言った通り4Kの場合PS5が必ずしも120枚で描画できると限らないので、より確実に120枚描画してもらうにはフルHDの方が確実です。

解像度が上がれば上がるほどフレームレートが下がったり、不安定になったりする関係性であることを念頭に、製品を選びましょう。

高解像度の良さは小さなモニターでは活かされない

 4K・8Kといった解像度は、大きいサイズのモニターでこそ活かされます。

フルHD→4K→8Kと、解像度が徐々に大きくなっていく理由は、大きなディスプレイに映し出した際の画質崩れを防ぐためにあります。

例えばフルHDの映像を88インチの大型モニターに引き伸ばすと画質がひどくて見れたものではありません。

一般的には、330cm以上離れて観なければ画面がカクカク・ザラザラして見えてしまうといわれています。

一方4Kの映像を88インチモニターに引き伸ばした場合、フルHDの4倍も大きな映像を使っているので、約165cmの距離でも画質が荒く見えません。

8Kの映像を88インチサイズに引き伸ばすと、フルHDの16倍も大きな映像なので、85cmの距離で観ても画質の荒さがわかりません。

解像度とモニターサイズのこのような関係性から、FPSをメインにゲームする方に4Kや8K解像度は必須項目ではありません。

上下左右、小さな視線移動だけで全体を見渡すことのできる24・27インチという小さなモニターが好まれて使われるからです。

もし24インチ・8Kのモニターがあったとしたら、約25cmの視聴距離でも画質の荒さがわからないことになります。

しかし25cmの距離でゲームする人はあまりいないのではないでしょうか。

デスクの幅はおおよそ70cm。椅子に座ると画面から目までの距離は自然と90cmくらい離れます。

24インチ/フルHDは、適した視聴距離がおおよそ90cmになりますので、24インチモニターを選ぶ場合にはフルHDがぴったりということになります。

FPSなどの対人戦、速さ重視の場合

  • サイズ:24インチ or 27インチ
  • 解像度:フルHD
  • リフレッシュレート:120Hz以上
  • 応答速度:4ms以下
  • できれば応答速度はMPRTで速いもの
  • できればHDR対応

24型ならフルHD・27型ならWQHDモニターがおすすめ

 4Kや8KはフルHD・WQHDに比べて比較的応答速度も遅いので、FPSプレイヤーにとってフルHDはかなり魅力的です。

フルHD・WQHDより4K、4Kより8Kといったように、解像度が上がるにつれフレームレートが安定しなくなっていくところも忘れずに解像度を選びましょう。

ちなみに24型/フルHDの適した視聴距離は約90cmです。27型/WQHDの適した視聴距離は約80cmです。

そのためどちらも、おおよそ幅70cmあるデスクにおいてゲームするには適したサイズ&解像度になります。

120Hz以上のモニターを選ぶ

 速度が大事になる対人戦のFPSでは、PS5の性能を最大限生かすことのできる120Hz以上のモニターを選びます。

FPSプレイヤーにとって4Kや8Kは必須項目ではありませんが、リフレッシュレート120Hz以上という性能は必須項目といえます。

60Hzと120Hzの差を単純に計算すると、60Hzでゲームしている人より0.0083秒先の未来を見てゲームしていることになります。

パラパラ漫画をイメージしていただければわかりますが、60Hzより120Hzのほうが動きも滑らかです。

フルHD/144HzはHDMI 1.4で実現可能

 モニターのHDMI端子のバージョンは、販売ページのカスタマーレビュー等でさまざまな議論を巻き起こしています。

フルHD/120Hzに必要な帯域幅は6.59 Gbpsで、フルHD/144Hzに必要な帯域幅は8.00 Gbpsです。

そしてHDMI 1.4の帯域幅は8.16 Gbps。ですから、HDRに対応していたり、10bitに対応していたりしない限り、原則的にはフルHD/144HzはHDMI 1.4で実現可能です。

モニターのHDMI端子によっては、HDMI 1.4でもフルHD/120Hzまでの場合もありますが、PS5はそもそも120Hzでればちょうどよいので問題ありません。

応答速度4msより速いものを選ぶ

 応答速度とは液晶パネルが色を切り替える速度のこと。コントローラーで操作すると、まず最初にPS5が入力を解析して、ゲームに必要な処理を行います。

その後PS5は1秒間に120枚の絵をかいてモニターにその都度お届けします。

PS5の絵を受け取ったモニターは、映像処理を行ってパネルの絵を切り替え、それに合わせて液晶パネルが色を切り替えるのです。

1/120を計算すると8.3ms(0.0083秒)ごとにパネルの絵を切り替えていますので、色を切り替える時間(応答速度)は理論上8.3msであれば間に合うことになります。

とはいえ応答速度8msだと、切り替わった絵を8ms(0.008秒)で色を切り替えることになるので、次の色切り替わりは8.3マイナス8→たった0.3ms(0.0003秒)語に音連れることになるのでぎりぎり。

色の切り替えが追い付かないと、映像がぼやけて視認性が悪化しますので、とても不利な状況での勝負を強いられます。

なのでおすすめの応答速度は4msより少ないモニター。ぼやけさせたり、残像を残したり、視認性の問題で撃ち負ける心配が減ります。

できる限り速いほうがいいので、同じようなモニターで、4msと1msのどちらか2つにまで絞られたのであれば、1msの方をお勧めします。

応答速度の計測は「MPRT」優先

 応答速度の後ろの()内に記載される文字には3種類あります。重要視する順にMPRT>GtoG>応答速度(記載なし)。

もし同じ応答速度のモニターで選択に悩んでいるのであれば、MPRTの数値が低いものを選びましょう。

応答速度とだけ記載ある場合、黒→白→黒といった極端な色の変化にかかる速度のこと。

FPS等の対戦ゲームでは、極端に色が変化するシーンが少ないのでこの数値が良くてもあまり参考になりません。

一方GtoGはGray to Grayの略称で、中間色グレーからグレーへの色の変化速度を数値化したものになります。

FPS等の対戦ゲームでは、中間色から中間色へ変化するシーンの方がとても多いので、応答速度(記載なし)より応答速度(GtoG)の方が参考になり重要です。

最後にMPRTについてご説明します。MPRTは、映像の動きをカメラ撮影、ぼやけを計測した結果を数値化したものになります。

実際に撮影してぼやけるかどうかを試していますので、応答速度(MPRT)の数値が小さいものが一番確実です。

ですから例えば、同じ1msの応答速度をもつモニター3種で悩んでいる場合には、MPRTと記載あるものを選びましょう。

HDR対応が優先

 フルHDでHDR対応のモニターは数少ないですが、そのような貴重な製品を販売しているメーカーも中にはあります。

HDR対応だと暗いシーンの視認性があがるので、同じような性能・機能のモニターの選択で迷っていて、片方がHDR対応であったなら、HDR対応の製品をお勧めします。

RPGなどのソロゲーメイン、画質重視の場合

  • 4Kや8Kで60Hz以上の大型テレビ・モニター
  • HDRに対応している
  • できればHDRの細かい規格を満たしている
  • 応答速度8msより速いもの
  • 色域が広いほうがいい

現状は4Kかつ大型モニターが第一候補

 対戦ゲームをあまりしないのであればスピードにそこまでこだわる必要がないので画質を重視します。ですから4Kや8Kのモニターがおすすめ。

せっかく4Kや8Kといった解像度を選ぶのですから、その高い解像度を活かせるよう大きなモニターをおすすめします。

現状8Kモニターは非常に高価なので、4Kが第一の選択肢になるかと思います。

徐々に増えつつありますが、大きなモニターは数が少ないので、4K・8K大型テレビも視野に入れます。

高価で数少ないけど4K/120Hzが魅力的

 解像度もリフレッシュレートも高画質を決める要素の一つなので、4Kかつ120Hz以上のものが一番良いかと思います。

ですが現状品数数はごくわずか。現時点においては、4K/120Hz対応のものはモニターよりテレビの方が多いかと思います。

4K/120HzモニターはHDMI接続時のリフレッシュレートに注意

 ASUSやLGなどで4K/120Hzのモニターを販売していますが、HDMI接続時には4K/120Hz出力できない製品もあるので要注意。

HDMI2.1を選ぶと確実

 4K/120Hzの表記があったら、次にHDMI接続時の注意事項を探しましょう。

PCで使うDisplayPort接続時のみ4K/120Hz対応で、HDMI接続では4K/30Hzまたは4K/60Hzの場合があるからです。

HDMIバージョン1.4は原則4K/30Hz出力しかできない可能性があります。HDMIバージョン2.0は原則4K/60Hz出力しかできない可能性があります。

そのためHDMIのバージョンは2.1を採用しているモニターを選ぶ方が無難です。

※HDMI1.4と記載があっても、HDMI2.0以上の性能をもっているものがあります(試験していないので、1.4としか表記できない場合など)。この場合HDMI接続時4k/120Hzとしっかり記載あるかどうか確認必須。

※HDR非対応なはずのHDMI2.0にも関わらず、HDR対応の場合もあります。ほとんどのモニターがHDMI2.0でもHDR対応(試験していないので、2.0としか表記できない場合など)。

応答速度は8ms以下

 120Hz以下のモニターであれば、応答速度8ms以下の製品にしましょう。4Kだとまだ少なめですが、応答速度が3ms前後のものもありますので、できるだけ数字の少ないものを選びましょう。

テレビの場合、応答速度を公表しているメーカーはあまりありません。一部公表しているメーカーもありますので、そういったハイスペックテレビを選んでおくと安心。

HDRの規格の優先度で選択肢をさらに絞る

 高画質を決定づける重要な要素の一つがHDR対応かどうかです。しかしHDRにはさまざまな規格もしくは認証があるのでわかりずらい状況です。

HGiG>DisplayHDR 1000>DisplayHDR 600>DisplayHDR 400>HDR10 = HDRアップコンバート

上記の中でHDRアップコンバート以外はすべてHDR10対応です。その上でさらにより映像品質のグレードを規定する規格を取得をしているものがDisplayHDR 400などになります。

 HGiGはDisplayHDRとは異なり、SONYやMicrosoftらがゲーム向けに規定したガイドラインに乗っ取ったモニターである証明です。

ですから、HGiGと記載されている場合、なんちゃってHDRにならないので高い視認性が約束されていると考えてよいでしょう。

単にHDR対応とあっても品質に差があるものがあるので、参考にしてみてください。

色域は広いほうが色鮮やかで視認性も高い

色域

 4K/120Hz、HDR対応、応答速度8ms以下のテレビ・モニターを見つけて、2~3つ程度に絞り込むことができた場合に、最後の一つに絞り込むために活用してください。

すべてのテレビ・モニターではありませんが、メーカー各社は「色域」という、高画質を決める要素の一つを公開しています。

  • sRGB 101%以上がおすすめ
  • NTSC 73%以上がおすすめ
  • DCI-P3 75%以上がおすすめ
  • Rec 2020と記載されていたらおすすめ

参考にできる数値を箇条書きにしておきました。アルファベット一つ一つの意味は気にしなくても大丈夫です。

Aモニター:sRGB 100%、Bモニター:NTSC 72%、Cモニター:DCI-P3 90%とあったら、Cモニターがおすすめです。

DCI-P3 90%は広い範囲の色を表現できるという意味。なのでCモニターが一番色鮮やかです。

上のイラストを見ていただくとわかるのですが、sRGB(青い三角形)の色の面積が一番小さく、Rec 2020(ピンク色の三角形)がずば抜けて大きいことがわかるかと思います。

そのためRec 2020と記載されていたら、表現できる色の範囲が一番広いので、迷わずRec 2020と記載あるテレビ・モニターを選びましょう。

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG