[PS5向け]LG フルHD/144Hz ゲーミングモニター2種比較・まとめ2020年度

 2020年11月12日発売のPS5向けにモニターが欲しい方はたくさんいらっしゃるでしょう。

PS5は8Kと4K/120Hzに対応していますが、この性能を最大に引き出せるテレビやモニターは少なく、あっても高額なのが現状。

そこで選択肢のひとつとして考えたいのが、フルHDで120Hz対応のモニター。FPSゲーマーに最適な、高リフレッシュレートならではの滑らかさとタイムラグの少ない状況でゲームがプレイ可能です。

今回はLGの中でPS5向けのフルHD/120Hz以上のモニターを比較していきます。

※RPGなどのソロゲーメインで、高画質&迫力を求める方には不向きなのでご注意を。

LG フルHD/144Hzゲーミングモニター比較表

価格・サイズ・発売日比較

価格発売日サイズアスペクト比
24GL650-B
24,980円2019年7月19日23.616:9
24GL600F-B
21,918円2019年1月29日23.616:9

※2020年9月19日時点のAmazonにおける税込み価格です。

高画質を決める要素比較

Refreshパネル視野角HDR(輝度)コントラスト比応答速度ビット深度色域
24GL650-B
144HzTN170/160×
300 cd/m2
1,000:11ms(GTG High)約1677万色NTSC 72%
24GL600F-B
144HzTN170/160×
300 cd/m2
1,000:11ms(GTG High)約1677万色未公開

高画質化を助ける要素とゲーミング向け機能

Black StabilizerDAS Mode1ms Motion Blur ReductionCrosshair同期
24GL650-BAMD RADEON FreeSync
24GL600F-BAMD RADEON FreeSync

オーディオ比較

スピーカー
24GL650-B×
24GL600F-B×

目に優しい要素比較

フリッカーフリー
(フリッカーセーフ)
ブルーライト軽減
24GL650-B
24GL600F-B

接続 比較

HDMIDVI-DDisplayPort3.5mm
24GL650-B×2××11(ヘッドホン出力)
24GL600F-B×2××11(ヘッドホン出力)

本体調節機能 比較

チルトスウィーベルピボット高さVESA規格
24GL650-B前-5° 後15°×右90°110mm100×100
24GL600F-B前-2° 後15°××110mm100×100

『24GL650-B』と『24GL600F-B』の違い

基本性能は同じだが、本体調節機能が違う

 24GL650-BはAmazon限定モデルであり、Amazonでしか購入できません。

性能としては同じになりますが、本体調節機能はAmazon限定モデルの方がやや多く、ピボット機能(回転して画面を縦にする機能)がついているのと、チルトが前3°分多く可動します。

もしこれら本体調節機能が不要ということであれば、2020年9月19日現在3,000円ほど安い(2020/9/19現在)24GL600F-Bの方がよいでしょう。

PS5のフレームレートもカバーできる144Hz

フレームレート・リフレッシュレート

 2種ともHDMI接続した場合のリフレッシュレートは最大144Hzです。PS5はフルHD/120fps対応なのでぴったり。

PCの場合、DisplayPort接続もでき、こちらも144Hz出力できます。

ゲーム向けの機能充実

 見慣れない名前の機能が多いですが、どれもゲーマー向けに作られている機能になります。

  • Black Stabilizer:暗くて見えづらい部分を認識、明るくし視認性を上げる
  • DAS Mode:フレームバッファを通さないことで遅延を抑える
  • 1ms Motion Blur Reduction:黒画面を挿入しモーションブラーを軽減
  • Crosshair:画面中央に十字マークを表示し、FPSゲームのプレイをサポート
LG フルHD/144Hz ゲーミングモニター
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG