[PS4 Pro]Elgato「HD60 S+」フルHD/60fpsキャプチャ&4Kパススルー

ロジクールG933s

最大11.1chサラウンド ワイヤレスヘッドセット『ロジクールG933s』


  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 遅延心配ない2.4GHz独自ワイヤレス
  • 3.5mm 4極プラグ接続も可能
  • ワイヤレス+3.5mm接続の音声ミックス可能
  • 快適性と耐久性を追求 90度回転イヤーカップ
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング
  • 最大12時間長寿命バッテリー

Elgato「HD60 S+」をおすすめできる方

Elgato Game Capture HD60 S+

Elgato Game Capture HD60 S+

23,430円(06/24 03:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
  • PS4 Proをもっている
  • PC画面でも遅延少なくプレイしたい
  • 4K/HDRパススルーで綺麗な画面でのプレイがしたい
  • 4Kで録画・配信したい
  • フルHD/60fps/HDRで録画・配信したい

PCは中程度の性能が必要

 HD60 S+を使用するためには以下の性能を満たしたPCが必要になります。

動作環境

Windows

OSWindows10(64bit)
GPUNVIDIA GeForce GTX 10xxシリーズ以上
CPU第4世代Intel i5 CPU(i5-4xxx以上)
RAM4GB以上

macOS

OSmacOS Seirraまたはそれ以降
GPUAMD or NVIDIA
CPUIntel i5-4xxx quad-coreまたは同等
RAM4GB以上

上記を満たす性能を有するWindowsパソコンを今購入するのであれば、おおよそ8万円~15万円で購入できるでしょう。

一方Macの場合には最低で14万円程度する製品を購入する必要があるかと思います。

PCに映した画面でも低遅延

 通常、PCに映し出されるゲーム画面は、キャプチャーボードで映像の処理をする関係で遅延が発生してしまいます。

そのためキャプチャーしているPC画面でプレイするのではなく、パススルー機能を使ってモニタやTVに映し出しプレイすることで遅延を回避します。

 しかしHD60 S+には「インスタントゲームビュー」という機能があり、PC画面上のゲームであってもほぼ遅延がない状態でプレイが可能です。

あくまで「ほぼ遅延がない」ため、パススルー機能を使用する場合には負けてしまいますが、もしモニターを別途用意できない場合には有り難い機能となっています。

HD60 S+を起動していれば録画し忘れても、時間を遡って表示してくれる

  録画中ではなかったけど、あのシーンをやっぱり録画したい…そんなときに役立つのがFlashBack機能です。

その名の通り、過去のプレイのようすを見返すことのできる機能で、時間を遡って録画したいシーンを表示・録画してくれます。

あくまでHD60 S+を起動している必要があるのでその点は注意が必要ですが、いいプレイをしたのに録画忘れてた!という後悔がなくなるでしょう。

最大4K/30fpsで録画・ライブ配信できる

フレームレート・リフレッシュレート

 PS4 Proの場合はフルHDで録画・配信できますが4Kにはできません。

HD60 S+であれば4K/30fpsでの録画・配信ができるようになります。きめ細やかな解像度のまま録画・配信できるので、4Kテレビで見ている人たちにも綺麗なまま見てもらうことができます。

フルHD/60fpsでも録画・配信可

 キャプチャーでもフレームレート重視したい場合には、フルHD/60fpsの設定に変更可能です。

PS4 Proのシェア機能を使った録画はフルHD/30fpsになるので、倍の滑らかさで見てもらうことができます。

※PS4のシェア機能によるライブ配信はフルHD/60fpsになるので変わりはありません。

4K/60fps/HDRでのパススルー機能がある

キャプチャーボードの「パススルー機能」
HDR非対応とHDR対応の暗がりの視認性イメージ比較

 HD60 SとHD60 S+の大きな違いは、4K/60fps/HDRでパススルーできるので綺麗な画面で遅延なく遊べること。

せっかく綺麗な画面でプレイできるPS4 Proを持っているのに、その恩恵が受けられないとがっかりしてしまいますが、このHD60 S+はその心配はいりません。

ホラーゲームなども視認性よくプレイができます。

もしPS4がProでなく普通のPS4であれば6,000円安いHD60 Sで十分(2020/10/20 Amazon価格)

スタイリッシュな形

Elgato Game Capture HD60 S+

Elgato Game Capture HD60 S+

23,430円(06/24 03:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

 キャプチャーボードの形は様々ですが、HD60 S+は角が丸くなっているのですっきりとしたスタリッシュな形。

外付けのキャプチャーボードだからこそ、スタイリッシュなのはありがたいです。

注意事項

 HDCP非対応のため、PlayStation 3、Androidスマホ・タブレット、映像機器(BD / DVDプレイヤーなど)には非対応となっています。

Elgato「HD60 S+」仕様

メーカーElgato
名称HD60 S+
最大入出力解像度3840×2160@60fps
最大録画解像度3840×2160@30fps
最大ビットレート60Mbps
HDRHDR10対応(パススルー、フルHD/60fpsキャプチャ時)
※Windowsのみ
入力端子HDMI
出力端子USB3.0(Type-C)
HDMI
エンコード方式ソフトウェアエンコード
サイズ112×75×19mm
重量約115g
付属品USB3.0ケーブル×1
HDMI2.0ケーブル(2m)×1
※専用ソフト「GAME CAPTURE」はElgato公式サイトよりDL可能
対応機器PlayStation 4、PlayStation 4 Pro
Nintendo Switch、Xbox One
クレジット© Elgato
ロジクールG633s

最大11.1chサラウンドゲーミングヘッドセット『ロジクールG633s』

  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 3.5mm 4極プラグ接続
  • 肌触り抜群のスポーツメッシュ・イヤーパット
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング

ASTRO Gaming ミックスアンプ プロ MixAmp Pro TR

PS5×『Astro MixAmp Pro TR』でTempest 3Dオーディオ レビュー


  • Tempest 3Dオーディオ or 5.1chサラウンドサウンド 両方使える
  • イコライザ設定可能
  • 4種のイコライザ設定を保存&切り替え可能
  • ノイズゲート機能搭載
  • ミキシング機能付き
  • PlayStationのボイチャとPC・スマホのボイチャのミキシングも可能
  • PCからのゲーム配信がカンタン
[PS4]Elgato「HD60 S+」フルHD/60fpsキャプチャ&4Kパススルー
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG