[PS4 Pro]Elgato「4K60 S+」4K/60fps/HDR キャプチャーボード

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

Elgato「4K60 S+」をおすすめできる方

Elgato Game Capture 4K60 S+

Elgato Game Capture 4K60 S+

47,843円(12/02 04:12時点)
Amazonの情報を掲載しています
  • PS4 Proをもっている
  • 4K/60fps/HDRパススルーで綺麗な画面でのプレイがしたい
  • 4K/60fps/HDRで綺麗に録画・配信したい
  • 動作環境を満たした中程度以上の性能のWindowsPCをもっている

PCは中程度の性能が必要

 4K60 S+を使用するためには以下の性能を満たしたPCが必要になります。

動作環境

Windows

OSWindows10(64bit)
GPUNVIDIA GeForce GTX 10xxシリーズ以上
CPU第6世代Intel i5 CPU(i5-6xxx以上)
またはAMD Ryzen7以上
RAM8GB以上

上記を満たす性能を有するWindowsパソコンを今購入するのであれば、おおよそ8万円~15万円で購入できるでしょう。

公式にMacの記載がなかったため、WindowsPC向けのキャプチャーボードとなります。

SDカードに動画が保存できる

 4K60 S+にはSDカードスロットが搭載されています。

そのため、PS4 Proとキャプチャーボードをつないでいれば、PCに接続しなくてもSDカードに動画を保存することができるのです。

 録画だけであれば、PCを立ち上げずにゲームをプレイし、撮った動画は時間のあるときにPCに取り込んで編集する、といった方法もとれます。

ただし、この機能を使う場合にはUHSスピードクラス3/V30のSDカード(またはアダプタをつけたmicroSDXC)が必要になることと、PC側にもSDカードを読み込める環境が必要です。

別売りのChat LinkがあればPS4の音をすべてキャプチャーできる

 PS4でキャプチャーボードを使う場合、パーティメンバーと会話をしているようすを動画配信しようとすると、自分の声だけ動画に乗らない問題が起こることがあります。(ヘッドセットをPS4につないでいる場合)

その問題を解決してくれるのがElgatoのChatLinkです。

 4K60 S+にElgatoから販売されている「ChatLink」という製品を接続し、二又に分かれている先の端子をそれぞれキャプチャーボードとヘッドセットにつなげます。

こうすることで簡単に、複雑な接続をしなくても自分の音声を動画にいれることができるように。

ただし2020/10/20現在、Elgato公式でも購入ボタンが押せない状態になっているのと、Amazonでも出品者からのみの販売になっているので、手に入りづらい状況になっているのが残念なところ。

4K60 S+を起動していれば録画し忘れても、時間を遡って表示してくれる

  録画中ではなかったけど、あのシーンをやっぱり録画したい…そんなときに役立つのがFlashBack機能です。

その名の通り、過去のプレイのようすを見返すことのできる機能で、時間を遡って録画したいシーンを表示・録画してくれます。

あくまで4K60 S+を起動している必要があるのでその点は注意が必要ですが、いいプレイをしたのに録画忘れてた!という後悔がなくなるでしょう。

最大4K/60fps/HDRで録画・ライブ配信できる

フレームレート・リフレッシュレート

 PS4 Proの場合はフルHDで録画・配信できますが4Kにはできません。

4K60 S+であれば4K/60fpsにさらにHDRつきでの録画・配信ができるようになります。きめ細やかな解像度のまま録画・配信できるので、4Kテレビで見ている人たちにも滑らかで綺麗なままの映像を見てもらうことができます。

4K/60fps/HDRでのパススルー機能がある

キャプチャーボードの「パススルー機能」
HDR非対応とHDR対応の暗がりの視認性イメージ比較

 4K/60fps/HDRでパススルーできることにより、モニターで綺麗な画面のまま遅延なく遊べます。

せっかく綺麗な画面でプレイできるPS4 Proを持っているのに、その恩恵が受けられないとがっかりしてしまいますが、この4K60 S+はその心配はいりません。

ホラーゲームなども視認性よくプレイができます。

もしPS4がProでなく普通のPS4であれば同社製品のHD60 Sで十分。

※Elgatoの製品HD60シリーズではインスタントゲームビューによりPCでも遅延が少なくプレイができましたが、4K60 S+ではある程度の遅延が発生しますのでパススルー機能を使うとよいでしょう。

注意事項

 HDCP非対応のため、PlayStation 3、Androidスマホ・タブレット、映像機器(BD / DVDプレイヤーなど)には非対応となっています。

Elgato「4K60 S+」仕様

Elgato Game Capture 4K60 S+

Elgato Game Capture 4K60 S+

47,843円(12/02 04:12時点)
Amazonの情報を掲載しています
メーカーElgato
名称4K60 S+
最大入出力解像度3840×2160@60fps
最大録画解像度3840×2160@60fps
最大ビットレート200Mbps
エンコード形式HEVC/H.265 HDR、AVC/H.264
HDRHDR10対応
※Windowsのみ
入力端子HDMI
出力端子USB3.0(Type-C)
HDMI
記憶メディアSDカード
エンコード方式ハードウェアエンコード
対応ソフトウェアOBS Studioを含む、一般的なパソコン用配信ソフト
サイズ142×111×32mm
重量約345g
付属品USB3.0ケーブル×2
HDMI2.0ケーブル×1
電源アダプタ×1
変換プラグ×4
※録画専用ソフト「4K CAPTURE UTILITY」はElgato公式サイトよりDL可能
対応機器PlayStation 4、PlayStation 4 Pro
Nintendo Switch、Xbox One
クレジット© Elgato

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
[PS4 Pro]Elgato「4K60 S+」4K/60fps/HDR キャプチャーボード
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG