※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【 PS5 】通常版とデジタルエディションの違いとは?買うならどっちか比較

通常版とデジタルエディションの違い

PlayStation 5 (CFI-1200A01)

広告

パルワールド(Palworld)のレンタルサーバーもカンタンにたてられる!

マルチプレイを簡単にすぐ始められる「Xserver for Game」

PlayStation 5 (CFI-1200A01)

第 2 世代 Razer™ アナログオプティカルスイッチ(光学式)

ラピッドトリガー

調整可能な2 段式アクチュエーション

遅延:2.2ms(理論値)

ポーリングレート:1,000Hz

Razer Huntsman V3 Pro Mini

Razer Huntsman V3 Pro Mini完全レビュー・深堀り解析: 勝利の鍵

73,300円(02/24 19:35時点)
Amazonの情報を掲載しています
PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1200B01)

PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1200B01)

49,478円(02/24 19:35時点)
Amazonの情報を掲載しています
ベースモデル(通常版)デジタルエディション
価格税込54,978円税込43,978円
光学ディスクドライブUltra HD Blu-rayなし
本体の厚さ(高さ)104 mm92 mm
本体重量約4.5kg約3.9kg
最大消費電力350W340W

※幅と奥行きは同じサイズ

ASUS ROG Swift Pro PG248QP

2024年2月2日発売予定

リフレッシュレート:最大540Hz

応答速度:0.2ms

NVIDIA® G-SYNC Ultra Low Motion Blur 2(ULMB 2)

低遅延のオーディオ・ESSコーデック(384 kHz/32bit)

NVIDIA® Reflex Analyzer

540Hz驚異の速度! ASUS ROG Swift Pro PG248QP完全解説

遅延:0.325ms(理論値)


ポーリングレート:8,000Hz

第 3 世代オプティカルマウススイッチ(光学式)

DPI:30,000 / DPI刻み:50DPIずつ

最大速度:750IPS

Razer DeathAdder V3

Razer DeathAdder V3が変えるゲーミングマウスの世界|ゲーマー必見の進化詳細

高価なゲーミングPC並みの性能を有するPS5

  • シリーズ:PlayStationシリーズの5代目
  • CPU:8コア/3.5GHz
  • GPU:10.3TFLOPS(テラフロップス)
  • レイトレーシング:対応
  • 解像度/フレームレート:4K/120fps、8K/60fps
  • メインメモリ:16GB(帯域幅:448GB/秒)
  • ストレージの読み込み速度:5.5GB/秒
  • ストレージ:SSD 825GB
  • コントローラー:触覚フィードバック、アダプティブトリガー、内蔵マイク搭載

PS5のCPU、GPU、メインメモリ、ストレージ等性能だけ見ると、PCなら20~25万円するゲーミングPCなみにハイスペックなゲーム機です。

ベースモデル(通常版)にだけ搭載される「Ultra HD Blu-ray プレイヤー」は購入すると安くて2万円前後しますが、デジタルエディションと1万円の価格差しかありませんのでベースモデル(通常版)はさらにお得です。

ベースモデル(通常版)だけが“できること”

  • Blu-rayの後継Ultra HD Blu-rayプレイヤーで4K映画を楽しむ
  • PS4/PS5ゲームソフトのパッケージ版(ディスク版)をプレイする
ベースモデル(通常版)デジタルエディション
Blu-rayの後継Ultra HD Blu-rayプレイヤーで4K映画を楽しめるBlu-rayディスクで映画鑑賞できない
PS4/PS5ゲームソフトのパッケージ版(ディスク版)とダウンロード版 両方ともプレイできるPS4/PS5ゲームソフトのダウンロード版だけプレイできる

大事なことなのでもう一度言います。デジタルエディションはBlu-rayプレイヤー非搭載。つまりBlu-rayディスクで映画鑑賞ができません。もちろんPS4/PS5ゲームソフトのパッケージ版(ディスク版)をプレイできません。

PS4パッケージ版もPS5アップグレード版もプレイできないデジタルエディション

PS5はPS4と互換性がありますので、PS5にてPS4のゲームソフトの99%をプレイすることが可能です。ただしPS5 デジタルエディションだけは注意が必要。パッケージ版を挿入することができないからです。

PS4のゲームソフトのうちパッケージ版だけはPS5 デジタルエディションにてゲームすることはできません。またPS4のゲームソフトのうちパッケージ版だけはPS5でアップグレード版をプレイすることもできません。

PS5アップグレード版を入手するには、PS4のパッケージ版をPS5に挿入する必要があるからです。ですからPS5 デジタルエディションにて、買ってしまったPS4パッケージ版をプレイ&アップグレードしたい場合にはダウンロード版も買わなければなりません。

まとめ:買うならどっち!? 決め手は4K Ultra HD Blu-rayプレーヤー

断然ベースモデル(通常版)がおすすめです。ベースモデル(通常版)とデジタルエディション、1つずつ所有しておりますが、デジタルエディションをベースモデル(通常版)に買い替えたいと思う瞬間があるからです。

Ultra HD Blu-rayプレイヤーは安くても約2万円。それを11,000円で購入できると考えたらお得です。とはいえUltra HD Blu-rayプレイヤーをお持ちの方には関係ありません。わたし自身、Ultra HD Blu-rayプレイヤーを持っているので、本体に対するお得感からベースモデル(通常版)をおすすめしているわけではありません。

中古のパッケージ版ゲームソフトの安さを見てしまうと、ダウンロード版で十分だとの価値観を揺さぶられる時があるのです。

ダウンロード版の通常価格で買って、プレイした後に後悔することもあります。思ったようなゲームではなかったとき、思ったほど面白くなかったときです。自信をもって購入できないゲームソフトを買おうと思ったとき、ついついアマゾンなどで中古価格をチェックして、ベースモデル(通常版)のがいいかもと思ってしまうのです。

例えばダウンロード版だと約7,000円。にもかかわらずパッケージ版の価格ですら約2,000円、中古だと1,200円という価格が下がりに下がったゲームソフトがあるとします。評価が決して良くないゲームタイトルによくあることです。しかし評価が悪い=自分も面白くないわけではありません。自分にとっては面白いゲームだってあるのです。

このようなゲームタイトルに出会ってしまうとベースモデル(通常版)のがいいかもと思ってしまうわけです。ちなみに、これほどパッケージ版の中古とダウンロード版に価格差があると、2タイトル買っただけで11,000円分のもとが取れます。

だからこそ断然ベースモデル(通常版)がおすすめです。ベースモデル(通常版)なら、既に購入済であるPS4のパッケージ版もプレイできます。別途購入しなくても4K Blu-rayの映画鑑賞も可能です。

ダウンロード版にしか興味がない人にだけデジタルエディションがおすすめ

アマゾンなどで中古価格なんてチェックしない。仮に目にしても、わたしのように弱い心を持っておらず、ベースモデル(通常版)の方がよいかもと心が揺らぐことのない人にだけデジタルエディションをおすすめします。

詳細な仕様

本体

ベースモデル(通常版)
価格税込54,978円
税込43,978円(デジタル)
最大画質7680×4320(8k)対応
3840×2160 (4k) 対応
フレームレート最大120Hz(4K)
VRR対応(HDMI2.1規格による)
ストレージ825GB(カスタムSSD)
読込速度:5.5GB/s
SSD増設可能(※)
メインメモリGDDR6 16GB
バンド幅:448GB/s
CPUx86-64 AMD Ryzen “Zen2”
8コア/16スレッド
周波数:最大 3.5GHz まで可変
GPU10.3TFLOPS
AMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine
2.23GHz
レイトレーシング対応
セカンダリプロセッサメモリ不明
オーディオ“Tempest” 3D オーディオ技術
(オブジェクトベースオーディオ&チャンネルベースオーディオ)
Wi-Fi通信IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax
BluetoothBluetooth 5.1
LANEthernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
入出力USB Type-A 端子 (Hi-Speed USB)
USB Type-A 端子 (Super-Speed USB 10Gbps) ×2
USB Type-C® 端子 (Super-Speed USB 10Gbps)
AV出力HDMI出力端子(2.1対応)
光学ドライブベースモデル(通常版)のみ
読み出し専用

Ultra HD Blu-ray™ (66G/100G) ~10xCAV
BD-ROM (25G/50G) ~8xCAV
BD-R/RE (25G/50G) ~8xCAV
DVD ~3.2xCLV

ゲームディスクはUltra HD Blu-ray™ (100GBまで)
互換性PS4
(PS4ソフトの99%)
消費電力350W
340W(デジタル)
サイズ約390mm×104mm×260mm
約390mm×92mm×260mm(デジタル)
重量約4.5kg
約3.9kg(デジタル)

※拡張SSDに関してはM.2 NVMe規格のSSDが使用可能だが製品に制限あり

コントローラ

PS5
名称PS5™用DualSense™
価格税込7,678円
振動機能ハプティックフィードバック
音声入出力内蔵モノラルスピーカー
内蔵マイク
3.5mmヘッドセット端子
モーションセンサー6軸検出システム (3軸ジャイロ、3軸加速度)
ボタンLR:アダプティブトリガー
クリエイトボタン
マイクミュートボタン
タッチパッド
ライトバーあり(タッチパッド周囲)
バッテリー内蔵:USB Type-C
接続方法Bluetooth Ver5.1
USB connection (HID, オーディオ)

出典:© 2020 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

最新情報をチェックしよう!

【 PS5本体 】実質無料! NURO光

ソニーグループの一つであるソニーネットワークコミュニケーションズが運営するNURO光の光回線サービスと、2023年2月20日17時より開始した、NURO光のオプションサービス「PS5 実質無料特典」について詳しくご紹介します。

CTR IMG