PS4向けGAMDIAS(ガンディアス)ゲーミングキーボード2製品 比較まとめ

 GAMDIAS(ガンディアス)のゲーミングキーボードの中で、プレイステーション向けの製品をピックアップしました。

多機能であってもPS4では使用できない機能が多いので、当記事では安さ重視で、キースイッチをメインにご紹介しています。

※価格は記事公開時のAmazonのもの(税込価格)を参考にしています。

GAMDIAS(ガンディアス)ゲーミングキーボード2製品 一覧

HERMES E2

  • 赤と青から選べるメカニカルスイッチ
  • 91キー日本語配列キーボード
  • 100%アンチゴースト/Nキーロールオーバー
  • 高耐久アルミバックプレート
  • ポーリングレート1000Hz
  • 7色LEDバックライト
Amazon価格赤軸:4,694円
青軸:4,580円
カラーバリエーション
スイッチGAMDIAS認定のメカニカルスイッチ
(赤軸・青軸)
配列バリエーション日本語配列
テンキーなし
接続方式USB
バックライト7色LEDバックライト
オンボードメモリ16KB
スイッチ寿命5000万回
重さ675 g
サイズ390 × 175 × 40mm

HERMES P1B

  • 赤と青から選べるメカニカルスイッチ
  • 91キー日本語配列キーボード
  • 100%アンチゴースト/Nキーロールオーバー
  • 高耐久アルミバックプレート
  • ポーリングレート1000Hz
  • 1680万のRGBバックライト
  • WASDと矢印キーの交換
Amazon価格7,332円
カラーバリエーション
スイッチGAMDIAS認定のメカニカルスイッチ
(シルバー軸)
配列バリエーション日本語配列108
テンキーあり
接続方式USB 2.0
バックライト1680万のRGBバックライト
オンボードメモリなし
スイッチ寿命5000万回
重さ800g
サイズ462×160×32mm

キースイッチについて

メーカーの違い

 『GAMDIAS HERMES』に採用されているキースイッチのメーカーは未公表です。GAMDIAS認定のメカニカルスイッチとだけ記載あります。

耐久性と信頼性高いCherry MXのキースイッチではないことだけは確かかと思います。

最近のCherry MXの耐久度が1億回だからです。また、Cherry MXが採用されるキーボードは安くても7,000円以上はします。

価格面から見ても、Outemu製だったり、TTC製だったりが推測できるかと思います。

Cherry MXではありませんが仕様はCherry MXと似ていますので、Cherry MXの特徴を記載しておきます。

キースイッチ比較

軸の種類キーストロークアクチュエーションポイントキー荷重
Cherry MX 赤軸4.0mm2.0mm45g
Cherry MX 青軸4.0mm2.2mm60g
Cherry MX 銀軸3.4mm1.2mm45g
軸の種類音の大きさクリック感
赤軸2(小さめ)0(ない)
青軸7(大きい)5(強い)
銀軸3(小さめ)1(少なめ)

赤軸は静かな音とスッと指が沈み込む心地よさを感じるキースイッチ。疲れにくいので長時間使う方、音が静かなのでゲーム配信される方にお勧め。

青軸は跳ね返りが大きく、叩くように打て、カチカチと小気味い音も相まって爽快感ある、ゲーマーに人気のキースイッチ。

銀軸は、赤軸・青軸に比べてキーが沈み込む深さ(キーストローク)とSwitchが反応するポイント(アクチュエーションポイント)の浅いキースイッチ。

短い沈み込みでキーが反応するのでスピード軸とも呼ばれているほどに高速タイピング可能です。

※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

GAMDIAS(ガンディアス)ゲーミングキーボード
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG