PS5×『Astro MixAmp Pro TR』でTempest 3Dオーディオ レビュー

 2020年11月12日発売、ソニー・インタラクティブエンタテインメントから発売されたPS5。

『Astro MixAmp Pro TR』を2つの接続・設定を試してさまざまなゲームタイトルをプレイ。PS5純正・PULSE 3Dワイヤレスヘッドセットと比較してみました。

目次

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

『Astro MixAmp Pro TR』概要

第4世代

第3世代

  • Tempest 3Dオーディオ or 5.1chサラウンドサウンド
  • イコライザ設定可能
  • 4種のイコライザ設定を保存&切り替え可能
  • ノイズゲート機能搭載
  • ミキシング機能付き
  • PlayStationのボイチャとPC・スマホのボイチャのミキシングも可能
  • スマホの音楽もミキシング可能
  • PCからのゲーム配信がカンタン

※第3世代と第4世代の機能はほぼ一緒です。

※第3世代と第4世代の違いはデザインだけでなく、第3世代より第4世代の方が音質等が高められています。

Tempest 3Dオーディオ or 5.1chサラウンドサウンド どちらかを選択できる

USBのみUSB+光デジタルMixAmpなし
オーディオTempest 3Dオーディオ5.1chサラウンドサウンドTempest 3Dオーディオ
ゲーム音/フレンド声
バランス調節
××
イコライザ×
ノイズゲート×
ミキシング×

 PS5×『Astro MixAmp Pro TR』では、2種類のオーディオ体験を選択することが可能です。

『Astro MixAmp Pro TR』を使わず、ヘッドセットのみの接続も合わせると3種類のオーディオ体験を楽しめることに。

気軽にTempest 3Dオーディオを楽しみたいのであればヘッドセットを直接、PS5コントローラーの3.5mmジャックに接続。

Tempest 3Dオーディオをよりきめ細やかに聴きたいのであればPS5と『Astro MixAmp Pro TR』をUSB接続のみすればOK。

定位感を犠牲にしてでも、ゲーム音とフレンド声のバランス調整が必須だと考える場合にはUSB+光デジタル接続を行います。

PS5には光デジタル端子がありませんので、ご利用のテレビ・モニターの光デジタル端子を使うことになります。

ご利用のテレビ・モニターにも光デジタル端子がない場合には、別途、HDMI分配器を購入する必要があります。

詳しい接続・設定方法は以下のページをご覧ください。

PCにてきめ細やかなイコライザ設定ができる

イコライザプリセット3

 『Astro MixAmp Pro TR』は、PCに接続&Astro Command Center(アストロコマンドセンター)をインストールすることで、音のカスタマイズ・イコライザ設定が可能です。

80Hz〜15,000Hzの間から中心周波数を5つに区分。低い音・中域の音、高い音といった音量を別々に調整することができます。

そのため、FPSで重要な足音の音域150Hzを中心周波数に選び、その音量レベルを最大の7に設定。それ以外の音の音量を下げるといったことなども可能。

ゲームのジャンルに合わせたイコライザ設定ができるのはもちろん、ゲームタイトル別に調整されたイコライザ設定などまで公開されています。

他者より有利なサウンド条件でゲームできるので、FPS等対戦ゲームをされる方に重宝されています。

4種のイコライザ設定を保存してボタン一つで切り替え可能

イコライザプリセット1

 『Astro MixAmp Pro TR』はPCに接続しなくても、保存されたイコライザ設定をボタン一つで切り替えることが可能です。

PS5でゲームしながらボタンで切り替えるだけというカンタンさ。

『Astro MixAmp Pro TR』本体に保存できるイコライザ設定の最大数は4つ。PCには5つ以上のイコライザ設定を保存しておくことが可能です。

そのため例えば、「R6S」向け、「CoD」向け、「RPG」向け、「フォートナイト」向け、音楽鑑賞向け、映画鑑賞向けと6つのイコライザ設定をPCに保存。

『Astro MixAmp Pro TR』本体には、「R6S」向け、「CoD」向け、「RPG」向け、「フォートナイト」向けと4つのイコライザ設定を保存といったことができます。

『Astro MixAmp Pro TR』本体に保存した4種類は、PCに接続することで他のイコライザ設定に切り替えることも可能。

あなたの声以外を通さない優秀なノイズゲート機能搭載

マイク

 ノイズゲートとは、小さな音量を通さないフィルター機能のことです。

アクティブノイズキャンセリングは、継続して鳴り続けるノイズの波長と真逆の波長をぶつけることでノイズを相殺させる技術なので、ノイズゲートの技術とは全く別物です。

マイクに近いあなたの声は大きな音量として認識されるのでフレンドにあなたの声は届けられます。

一方マイクから遠い音は小さな音と認識されがちなので、『Astro MixAmp Pro TR』はその音をフレンドに届けません。

そのためあなたの声だけがフレンドに届きやすく、生活音などのノイズはフレンドには届きにくいということ。

ノイズゲートの強弱は、PCに接続して、Astro Command Center(アストロコマンドセンター)にて変更可能です。

ゲームとチャットの音量バランス調整可能

MixAmpの使い方

 『Astro MixAmp Pro TR』の第3世代なら上と下に、第4世代なら左と右にダイヤルが用意されています。

どちらも大きいほうのダイヤルは、ゲーム音+フレンドの声がミックスされた音の音量を調節します。

一方小さいほうのダイヤルはゲーム音とフレンドの声のバランス調整を行います。

オンラインマルチプレイ中は、例えば銃声や爆発音等でフレンドの声がかき消されてしまう場合があります。

しかし『Astro MixAmp Pro TR』なら、小さいほうのダイヤルを調整するだけでフレンドの声を小さくしてゲーム音を聴きやすくしたり、ゲーム音を小さくしてフレンドの声を聴きやすくしたりできます。

ただし、この機能は光デジタルケーブルを接続して、その接続方法に合ったPS5設定に変更しなければ使うことができません。

同時にPlayStationのボイチャとPC・スマホのボイチャ可能

 『Astro MixAmp Pro TR』には、外部の音声を入力&出力可能な3.5mmAUX端子とミキシング機能が搭載されています。

そのため、PS5側のボイチャとPC or スマホ側のボイチャと、3.5mmAUXケーブル1本だけで両方同時にできます。

ヘッドセットについているマイク1つでOK。マイクを2つ用意する必要はありません。

スマホの音楽を聴きながらゲームできる

 外部の音声を入力可能な3.5mmAUX端子とミキシング機能が搭載されているということは、ゲーム音+フレンドの声に、スマホの音楽を混ぜるといったことも可能になります。

PS5ではSpotifyの音楽を聴くことができますが、『Astro MixAmp Pro TR』があれば、スマホ・PC経由にて、Spotify以外の音楽配信サービスも利用できるようになります。

PCからのゲーム配信がカンタン&接続シンプル

 ゲーム配信する方は年々増加し、今ではPCにてプロ並みの編集を施してからゲーム配信される方も珍しくなくなりました。

しかし、PS4・PS5の映像をPCに出力するためにはキャプチャーボード等の器材が必要で、接続方法も複雑です。

PS5にてボイチャしていると自分の声だけが配信されませんので、より接続が複雑化するか、もしくはフレンドにPC or スマホにてボイチャをお願いする必要が出てきます。

一方『Astro MixAmp Pro TR』があると、PS5でのボイチャであっても、自分の声も一緒にシンプルな接続でゲーム配信可能になります。

PULSE 3Dワイヤレスヘッドセットと機能比較

MixAmp
(USBのみ)
MixAmp
(USB+光デジタル)
PS5純正
PULSE 3D
ワイヤレスヘッドセット
オーディオTempest 3Dオーディオ5.1chサラウンドサウンドTempest 3Dオーディオ
接続方法USBワイヤードUSB+光デジタル
ワイヤード
・USBワイヤレス
・3.5mmアナログ
ゲーム音/フレンド声
バランス調節
×
イコライザ×
ノイズゲート×ノイズキャンセリング
ミキシング×・ゲーム音とフレンドの声をバランス調節
・外部接続のサウンドとミキシング
ゲーム音とフレンドの声をバランス調節
外部出力×
コントローラー目で見てコントロールできる目で見てコントロールできるイヤーカップにコントローラーがあるので手探り

コスパ高い!イコライザ不要・ゲーム配信しないならPS5純正PULSE 3Dワイヤレスヘッドセット

 ゲームジャンルまたはゲームタイトルごとにイコライザ設定するなんて面倒。ゲーム配信もしないという方であればPS5純正PULSE 3Dワイヤレスヘッドセットの方がおすすめです。

PS5のTempest 3Dオーディオのためだけにチューニングされたゲーミングヘッドセットなので定位感は抜群です。

音だけではっきりくっきり位置を把握できます。PS4×『Astro MixAmp Pro TR』を超える定位感。現実に近いサウンド体験が可能。

ゲームをするといった土俵であれば、機能性でも『Astro MixAmp Pro TR』に劣りません。

欠点はあるがサウンドも使い勝手もプロ仕様な『Astro MixAmp Pro TR』

 『Astro MixAmp Pro TR』の欠点は、Tempest 3Dオーディオとゲーム音・フレンド声のバランス調節が同時にできないところにあります。

PULSE 3Dワイヤレスヘッドセットの場合、Tempest 3Dオーディオとゲーム音・フレンド声のバランス調節が同時にできるのでこの点劣ります。

ただし、ゲームのジャンルやフレンドとチャットするかどうかによって使い分けができたり、プロ並みのイコライザ設定やゲーム配信しやすいところなんかはPULSE 3Dワイヤレスヘッドセットにはない機能です。

ゲームジャンル・ゲームタイトルごとにイコライザ設定ができれば、Tempest 3Dオーディオの定位感が増します。

さまざまな音楽配信サービスに手音楽を聴きながらゲームできたり、外部のボイチャを同時に行ったり、PC経由でのゲーム配信する際のサウンドは、ケーブル1本で出力可能です。

レビュー・感想

感想に使ったヘッドセットはAstro A40 TRになります。上のイラストのヘッドセットマークの部分にAstro A40 TRを使って検証しました。

音質の感想

USB+光デジタル接続の場合(5.1chサラウンドサウンド

 ホールで聴いているような反響するクリアなサウンドです。

上下等の高さはわかりません。平面であっても、Tempest 3Dオーディオに比べると明らかに定位がぼやけているように感じるあたりはPS4でプレイしているときと同じです。

PS4では、5.1chバーチャルサラウンドサウンド可能なヘッドセットが少なくはじめて『Astro MixAmp Pro TR』を使ったときはその定位感に驚きましたが、PS5のTempest 3Dオーディオと比べると定位が曖昧としかいえません。

USB接続のみの場合(Tempest 3Dオーディオ

 現実世界で聴いているような自然なサウンドです。

平面だけでなく、上下等の高さまで把握できました。音だけではっきり、車や人の位置を把握できます。迷わず音が鳴る方向に振り向くことが可能。

Marvel’s Spider-Man:Miles Morales

USB+光デジタル接続の場合(5.1chサラウンドサウンド

 音に囲まれている感覚はありますが、『Astro MixAmp Pro TR』USB接続のみの場合(Tempest 3Dオーディオ)とPULSE 3Dワイヤレスヘッドセットに比べると明らかに定位感で劣ります。

USB接続のみの場合(Tempest 3Dオーディオ

 電柱等に乗っていると人の声が下の方から聴こえます。車が前方から近づき、右を通り過ぎ、後ろへと遠ざかっていく感覚まではっきりわかるので現実の音のようです。

PULSE 3Dワイヤレスヘッドセットと比較するとほぼ同クラスといってもよいほどに定位感がありますが、聞き比べてみると多少定位感と空間の奥行きでPULSE 3Dワイヤレスヘッドセットに劣っていることがわかります。

アサシンクリード ヴァルハラ

USB+光デジタル接続の場合(5.1chサラウンドサウンド

 Tempest 3Dオーディオに比べて明らかに曖昧ではあるものの、スパイダーマンよりはある程度音だけで位置を把握できます。

USB接続のみの場合(Tempest 3Dオーディオ

 武器の音、人の声、船が移動する際の水の音、鳥の羽ばたく音等、音だけではっきり位置を把握することができます。

橋の上で船の移動する音を聴くと下から聴こえますし、鳥の羽ばたく音は上の方からしっかり聞こえるので、振り向く場所もピンポイントで可能。

ただしやはりPULSE 3Dワイヤレスヘッドセットと比較すると定位感で多少劣っているように感じます。

Godfall(ゴッドフォール)

USB+光デジタル接続の場合(5.1chサラウンドサウンド

 敵が攻撃する際に発する声、武器が空気を震わせることで発生する音等、それだけでは全く敵がどの位置にいるのか把握できません。

USB接続のみの場合(Tempest 3Dオーディオ

 敵が攻撃する際に発する声、武器が空気を震わせることで発生する音等、それだけで敵がどの位置にいるのかはっきりわかるので、背中越しであっても迷わずピンポイントで敵に振り替えることが可能です。

しかし定位感においてはPULSE 3Dワイヤレスヘッドセットに多少劣っています。

コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー

USB+光デジタル接続の場合(5.1chサラウンドサウンド

 仲間の声、敵の声、銃声、足音等で位置を把握することが難しかったです。

USB接続のみの場合(Tempest 3Dオーディオ

 仲間の声、敵の声、銃声、足音等で位置を把握することがとても容易です。仲間がどの方向から離しているのか、どのくらいの位置を歩いているのかさへ目をつむっていてもわかるほど。

とはいえやはりPULSE 3Dワイヤレスヘッドセットには多少定位感で劣ります。また、PULSE 3Dワイヤレスヘッドセットの方がほんの少し遠い距離から音を把認識します。奥行きが広い感覚。

『Astro MixAmp Pro TR』USB接続のみは、定位、奥行きともにPULSE 3Dワイヤレスヘッドセットに少し劣ります。

さらにPULSE 3Dワイヤレスヘッドセットは、真後ろの音と真正面のと違いをしっかり区別できます。

マイクの感想(ノイズゲート)

 『Astro MixAmp Pro TR』はノイズゲートが優秀なため、PULSE 3Dワイヤレスヘッドセットよりも環境音を集音しません。

『Astro MixAmp Pro TR』にヘッドセットを接続すると、そのヘッドセットに搭載されるマイクは、強めにテーブルを叩いても集音されにくくなります。

ただしマイクから近いはっきりとした音は収音されるので、呼吸が荒くなると集音されるかと思います。

PULSE 3Dワイヤレスヘッドセットのマイクも優秀で、強めにテーブルを叩かない限りあまり生活音は収音されません。強めに叩くと集音される点で『Astro MixAmp Pro TR』に劣ります。

ただし呼吸はいくら強く深呼吸しても集音されませんでした。ブームマイクではないので、近くにマイクがないことと、ノイズキャンセリングが優秀なのだと感じました。

コントローラーの操作についての感想

 『Astro MixAmp Pro TR』は音量調節もイコライザの変更もすべて目で見ながら操作できますので操作性抜群です。

一方PULSE 3Dワイヤレスヘッドセットのコントローラーはすべて左のイヤーカップに集中していますので、操作性はよくありません。

慣れるまでどれが音量ボタンで、どれがバランス調整ボタンで、どちらがゲーム音を下げるのか等わからないかと思います。

総評

 定位感ではPULSE 3Dワイヤレスヘッドセットに多少劣るものの、聞き比べなければわからないほどの差でしかありません。

PULSE 3Dワイヤレスヘッドセットは操作感で劣りますし、イコライザ設定ができません。またゲーム配信する際に便利な機能もありません。

そのため、一概にどちらが良いとは言えません。ご自身の遊び方と相談しながら慎重に選ぶとよいかと思います。

PS5とTempest 3Dオーディオの出現により、人により評価を分ける時期に入ったのだと感じました。

音の聴こえ方も人それぞれかと思いますので、ハウミューでの評価は個人の感想として参考までにしていただけたらと思います。

『Astro MixAmp Pro TR』仕様

メーカーロジクール
ブランドAstro Gaming
シリーズ
発売日第3世代:2018年9月20日
第4世代:2019年6月27日
サラウンドサウンド第3世代:7.1chバーチャルサラウンド(PS5の5.1chが7.1chに拡張されます)
第4世代:5.1chバーチャルサラウンド
周波数特性20Hz-24,000Hz
全高調波歪みTHD < 0.1%
コントローラー電源ボタン
音量調整ダイヤル
ゲームとチャットの音量バランス調整ダイヤル
イコライザ切り替えボタン
バーチャルサラウンドのオン・オフスイッチ
PlayStationとPCの切り替えスイッチ
接続I/F3.5mm ヘッドホン端子(入出力)
3.5mm AUX端子(入出力)
3.5mm Stream端子(出力)
デジタルデイジーチェーン
USB端子
光デジタル端子
クレジット©2020 Logicool.

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
ASTRO Gaming ミックスアンプ プロ MixAmp Pro TR
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG