OneOdio「SuperEQ S1」ノイキャンワイヤレスヘッドセットレビュー

「SuperEQ S1」特徴

  • Bluetooth 5.0ワイヤレス接続 & 3.5mmAUXケーブル接続可能
  • アクティブノイズキャンセリング & 外音取り込み機能(アンビエントモード)対応
  • 3.5mmAUXケーブル接続時ハイレゾ対応
  • 最大50時間バッテリー駆動
  • Bleutooth2台同時接続可能(再生は1台のみ)
  • 「技適マーク」取得製品

オーディオブランド OneOdioとは

2021/6/19までセール

  • セール価格:税込 4,199円(30%オフ)
  • プロモーションコード:MHBRDYSB
  • 有効期間:2021/6/19まで

上のAmazonリンク先「Amazon-SuperEQ正規代理店」にてプロモーションコード:MHBRDYSBを入力して購入しますと、2021/6/19まで30%オフの4,199円(税込)で購入できます。

OneOdio Japan公式サイトならもっとたくさんの製品を安く購入できます!

特設会場:https://oneodio.jp/pages/supereq-sales

  • SuperEQ S1:税込 4,799円(46%オフ)
  • OneOdio A10:税込 4,799円(50%オフ)
  • OneOdio Pro50(ハイレゾ対応):税込 3,199円(41%オフ)
  • FusionA70 Bluetooth:税込 3,199円(41%オフ)

PS4/PS5にてクリアなサウンド体験が可能

 PS4/PS5はBluetoothの音声出力非対応です。そのためPS4/PS5にて「SuperEQ S1」を使うためには3.5mmAUXケーブルによる有線接続でなければなりません。(Bluetoothトランスミッターがある場合は接続可能)

「SuperEQ S1」は3.5mmAUXケーブル接続時ハイレゾ対応。PS4/PS5はハイレゾ音源ではないので意味がないと思いましたが聴いてみると違いを感じます。

ノイズを感じないとても美しいクリアなサウンド体験が可能です。RPGゲームやPS4/PS5にて音楽を聴くときなんかにおすすめ。ただしボイチャができないこと、音量調整ができないことに注意が必要です。

没入感溢れる 遮音性高いアクティブノイズキャンセリング機能

 「SuperEQ S1」は右のイヤーカップボタン一つで「アクティブノイズキャンセリング」機能を使ったサウンド体験が可能です。

「アクティブノイズキャンセリング」機能をオンにすると一瞬で外部から遮断されたように感じました。ゲーム音にのみ集中できます。

ゲームの世界に没入し、高い集中力を持ってゲームプレイできます。デスクを叩いても音が遠くに感じるほど。28~33dBという郊外の深夜・ささやき声を丸っとキャンセリングできる機能に驚きます。

恋人と喧嘩が減る&外出時に安全な外音取り込み機能(アンビエントモード)

 「SuperEQ S1」は、外部の音を相殺する機能アクティブノイズキャンセリングの逆、外音取り込み機能(アンビエントモード)にも対応しています。ボタン一つで切り替えできます。

ノイキャン → アンビエント → ノイキャンと最初は何度も切り替えたくなってしまいます。ノイキャンにすると外部から遮断され、アンビエントにすると耳が開放されたように外部の音が聴こえるようになるからです。

遮音性高いヘッドホンの弱点は家族の声が聴こえなかったり、外出時に危険なところ。「SuperEQ S1」ならアンビエントで家族の声も車の音も聴こえやすくいろいろな危険を回避できるでしょう。

2台同時接続が何気に便利

 「SuperEQ S1」はBluetoothにて2台同時接続が可能です(有線のBluetooth同時接続は不可)。そのため例えばPCとスマホを同時に接続することができます。

ですからPCにてゲームしている最中にスマホに電話がかかってきても気が付けますし、イヤーカップのボタンにて着信応答までできます。

Bluetooth接続時は音量調節、着信応答・終話、次曲・戻曲などのコントロールもできて便利。

Bluetooth接続と有線接続時の音質の違いにびっくりする

3.5mmAUXケーブル

 「SuperEQ S1」はBluetooth接続時はハイレゾ非対応で、有線接続時はハイレゾ対応です。両方の接続を交互に音楽鑑賞してみたところ音質がはっきりと異なったことに驚きました。

まずBluetooth接続時ですが重低音が響くのでとても迫力あるサウンド体験が可能でした。一方有線接続時は、ハイレゾ音源でないのにもかかわらずとてもクリアかつ繊細な音質で楽しめました。

また有線接続することでBluetooth接続時に多少のノイズがあることに気づかされます。Bluetoothだけ聞いていると全く気にならなかったノイズが、有線接続と交互で聴くことで気が付くほどに有線接続がとてもクリアです。

まる2日間充電不要

充電

 「SuperEQ S1」は、ノイキャン+Bluetooth接続時最大40時間、Bluetooth接続時最大45時間、ノイキャン接続時最大50時間連続再生可能です。

3.5mmAUXケーブル接続時もノイキャンやアビエント機能が使えますので、ノイキャン使用時はバッテリーを消費します。

しかしどの接続であってもおおよそ40時間充電不要なので、小まめに充電する手間が少なくて助かります。

聴き取りやすい通話音声

コントローラーも充実

 スマホにBluetooth接続してスマホにて音声通話してみました。音声がとてもクリアで聴きとりやすかったです。「SuperEQ S1」にて音声通話しても不便はありません。コントローラーも充実しているので便利。

Apple製品ともBluetooth接続できるコーデックAAC対応

 iPhone、AndroidともにBluetooth接続しましたが両方カンタンにペアリングできました。「SuperEQ S1」のボタンを長押ししてスマホにて「SuperEQ S1」を選択するだけ。

AAC接続できるので比較的音質もよく遅延も少なめ。SBCにも対応しているのでAAC非対応のスマホであっても安心です。

しっかりお顔にフィットする設計

ヘッドバンドの長さ調整

 「SuperEQ S1」のイヤーカップは上下左右に多少駆動します。ヘッドバンドの長さ調整も可能。そのためそれぞれのお顔にしっかりフィットします。

イヤークッションも柔らかく2cmと厚め。イヤークッション内径の大きさをはかってみたところ5cm × 3.5cmでした。

「技適マーク」を取得した製品なので安心

 「SuperEQ S1」は日本国内で正規に販売されている製品です。Amazonの製品の中には並行輸入品と呼ばれ正規代理店による販売ではなくいろいろと不安がある場合があります。

並行輸入品のワイヤレス製品の場合「技適マーク」を取得していないと一応電波法違反となります。

「SuperEQ S1」はしっかり日本の電波法審査基準を通過して「技適マーク」を取得した製品なので、ワイヤレスですが安心して日本国内で使い続けることができます。

PlayStationもスマホも両方に使いたい人におすすめ

 「SuperEQ S1」は音質がとても良くスマホとの連携ができるので、特にスマホでの音楽鑑賞に向いたヘッドセットです。

またクリアな音質は足音に聞き分けやゲームサウンドを心から楽しめますので、PlayStationもスマホも両方に使いたい人におすすめできます。

ボイチャする場合にはPS4では別途マイク、PS5ではコントローラーマイクを使う必要があるでしょう。

パッケージ&デザインなどの写真画像

「SuperEQ S1」仕様

サラウンドサウンド2ch ステレオ
ヘッドホンタイプオーバーヘッド
イヤーパッド
イヤーカップ
サーカムオーラル
ドライバーユニットサイズ40mm
感度98dB
周波数特性Bluetooth:20Hz~20,000Hz
AUXケーブル:16Hz~40,000Hz
インピーダンス32 Ω
コントローラーイヤーカップ右側
ペアリング
ノイズキャンセリング オン
外音取り込み オン
ノイズキャンセリング オフ
次曲・戻曲
再生・ポーズ
ボリューム調整
音声通話応答・終話
着信応答拒否
三者通話
マイクあり
接続Bluetooth 5.0
3.5mm 3極
Bluetoothの範囲10m
対応コーデックSBC / AAC
定格入力20mW
最大入力40mW
入力DC5.0V / 120mA
バッテリー容量380mAH
使用時間ANC+BT:最大40時間
BT:最大45時間
ANC:最大50時間
充電時間2時間
騒音低減の深さ28~33dB

※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

OneOdio「SuperEQ S1」
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG