自分好みに高さ調節できる!24〜27型モニター向け昇降テーブル

ロジクールG933s

最大11.1chサラウンド ワイヤレスヘッドセット『ロジクールG933s』


  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 遅延心配ない2.4GHz独自ワイヤレス
  • 3.5mm 4極プラグ接続も可能
  • ワイヤレス+3.5mm接続の音声ミックス可能
  • 快適性と耐久性を追求 90度回転イヤーカップ
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング
  • 最大12時間長寿命バッテリー

Amazonにて税込4,980円 高さ43~67cmに調節できるので24〜27型ゲーミングモニターにぴったり

サイドテーブル 折りたたみ 昇降 角度調節 木製 落下防止ストッパー付き ソファテーブル デスク ブラック

24〜27型モニターの高さは、スタンドを含めるとおおよそ40cmあります。座椅子に座った時の人の目線の高さはおおよそ70〜90cm。ソファに座った場合は110cm〜130cmになります。

目線の高さと、モニター上端の高さが同じくらい、もしくは少し下くらいがちょうど良い高さだと言われていますので、今回ご紹介する「ぼん家具」の昇降テーブルなら、座椅子でのゲームプレイもソファでのゲームプレイも、24〜27型モニターであればピッタリ。自分好みに調節できます。

脚の幅59cmだから、座椅子でのゲームプレイにちょうど良い

この「ぼん家具」昇降テーブルの脚幅は59cmあります。座椅子の幅はおおよそ50cm。座椅子に座って、昇降テーブルの下に自分の足を伸ばしてゲームプレイすることもできます。また、座椅子がすっぽり収まる幅があるので、もっと近づけても大丈夫。

フルハイビジョンの24〜27型モニターの場合、最も見やすい距離は90〜100cmです。しかし、プレイするゲームによってはもっと近くで見たい場合もあるでしょうから、座椅子より脚幅が広いと助かります。

幅69×奥行45.5cm、耐荷重10kgだから、モニター+PS4を置いても大丈夫

PS4の中で最もサイズの大きいPS4 Proの大きさは、幅29.5×奥行き32.7×高さ5.5cmあります。24〜27型モニターの幅が約53〜60cm。「ぼん家具」昇降テーブルは幅69×奥行45.5cm。PS4を縦置きにするならほぼ確実にテーブルに乗せルことができます。

モニターによっては横置きでも大丈夫でしょう。また、24〜27型モニターの重さはだいたい6kg前後。PS4 Proの重さが3.3kgですから、耐荷重10kgある「ぼん家具」昇降テーブルならぴったりです。

材質 天板/合成樹脂化粧繊維板(塩化ビニル貼) 脚/スチール(粉体塗装、クロームメッキ)

耐荷重 約10kg

商品外寸 幅690×奥行455×高さ430~670

商品重量 約5.2kg

梱包サイズ 幅650×奥行740×高さ63 梱包重量 約6.2kg

ロジクールG633s

最大11.1chサラウンドゲーミングヘッドセット『ロジクールG633s』

  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 3.5mm 4極プラグ接続
  • 肌触り抜群のスポーツメッシュ・イヤーパット
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング

ASTRO Gaming ミックスアンプ プロ MixAmp Pro TR

PS5×『Astro MixAmp Pro TR』でTempest 3Dオーディオ レビュー


  • Tempest 3Dオーディオ or 5.1chサラウンドサウンド 両方使える
  • イコライザ設定可能
  • 4種のイコライザ設定を保存&切り替え可能
  • ノイズゲート機能搭載
  • ミキシング機能付き
  • PlayStationのボイチャとPC・スマホのボイチャのミキシングも可能
  • PCからのゲーム配信がカンタン
「ぼん家具」昇降テーブル
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG