BenQ 4K/144HzゲーミングモニターMOBIUZ EX2710U 4/28発売

ベンキュージャパン株式会社は、PS5にて4K/120Hz出力を可能とするゲーミングモニターMOBIUZ EX2710Uを4月28日に発売します。

BenQ MOBIUZ EX2710U概要

特徴

  • PS5の4K/120Hz出力対応(HDMI2.1)
  • 暗いシーンの視認性抜群なDisplayHDR600対応
  • treVoloスピーカー内蔵の本格的な高音質サウンドシステム
  • 応答速度1ms(GtG/MPRT)
  • FreeSync™ Premium Pro

応答速度 MPRT/GTGともに1msと超高速

応答速度とは色を切り替える速度のこと。1msは0.001秒のことですから超高速。色のを切り替える速度が遅いとFPSゲーム等スピーディなゲームの色の切り替えに間に合わず、映像がぼやけて撃ち負けてしまう恐れがあります。

BenQ MOBIUZ EX2710Uであればぼやけてしまう恐れはありません。ゲームにおいては中間色から中間色の切り替え速度が重要だと言われています。真っ暗から真っ白に切り替わるシーンが少なく、中間色から中間色のへの切り替えがすべてだからです。

「GTG」とはGray to Grayの頭文字を取ったもの。BenQ MOBIUZ EX2710UはGray to Grayの切り替え速度が1ms(0.001秒)と超高速です。

一方、映像を表示したモニターを撮影し、動きのある部分の(輪郭の)ボヤケが発生する速度を実際に計測する方法があります。この測定方法は規格団体のVESAが決めた方法なので、どのメーカーも同じ測定方法と信頼性の高い数値です。それが「MPRT」でこちらも1ms(0.001秒)と超高速。

つまりBenQ MOBIUZ EX2710Uは、FPSゲームをプレイしてもぼやけにくい超ハイスペックなゲーミングモニターということになります。

VESA規格であるDisplayHDR600とは

「Display HDR」は、応答速度 MPRTと同じくVESAが統一した規格。HDR10の性能を決められた方法でテストして、合格しなければ表示できません。

「Display HDR」にはいくつかのグレードがあり、「DisplayHDR600」はかなり高性能なHDR10性能を約束しています。「DisplayHDR600」のテストに合格するには、バックライトをエリア駆動させなければ実現できないからです。

液晶のバックライトは通常、画面全体が同じ光量で光ります。ですから暗いシーンに浮かび上がるネオンを表現する場合に困ってしまいます。暗くし過ぎると、明るい部分をうまく表現できません。明るくし過ぎると暗いシーンが明るくなってしまいます。結果視認性が悪い映像に仕上がるのです。

HDR非対応とHDR対応の暗がりの視認性イメージ比較

上のイラストの左側のように、暗いシーンで明るくなりがちなので、敵を見つけることも難しいのです。

一方「DisplayHDR600」なら視認性抜群。暗いシーンを理由に撃ち負ける心配がありません。バックライトの光量を部分的に暗くしたり明るくしたりできるからです。

DisplayHDR最大輝度
最小輝度
標準輝度
色域
最大表示色
バックライト駆動バックライト
調整遅延
DisplayHDR 400大:400cd/m2以上
小:0.4cd/m2以下
標:320cd/m2以上
sRGB
sRGB:95%以上
画面レベル8フレーム以内
DisplayHDR 500大:500cd/m2以上
小:0.1cd/m2以下
標:320cd/m2以上
WCG
sRGB:99%以上
DCI-P3:90%以上
約10億7370万色
エリア駆動レベル8フレーム以内
DisplayHDR 600大:600cd/m2以上
小:0.1cd/m2以下
標:350cd/m2以上
WCG
sRGB:99%以上
DCI-P3:90%以上
約10億7370万色
エリア駆動レベル8フレーム以内
DisplayHDR 1000大:1000cd/m2以上
小:0.05cd/m2以下
標:600cd/m2以上
WCG
sRGB:99%以上
DCI-P3:90%以上
約10億7370万色
エリア駆動レベル8フレーム以内
DisplayHDR 1400大:1400cd/m2以上
小:0.02cd/m2以下
標:900cd/m2以上
WCG
sRGB:99%以上
DCI-P3:95%以上
約10億7370万色
エリア駆動レベル8フレーム以内
DisplayHDR 400
TrueBlack
大:400cd/m2以上
小:0.0005cd/m2以下
標:250cd/m2以上
WCG
sRGB:99%以上
DCI-P3:90%以上
ピクセル駆動レベル2フレーム以内
DisplayHDR 500
TrueBlack
大:500cd/m2以上
小:0.0005cd/m2以下
標:300cd/m2以上
WCG
sRGB:99%以上
DCI-P3:90%以上
ピクセル駆動レベル2フレーム以内
DisplayHDR 600
TrueBlack
大:600cd/m2以上
小:0.0005cd/m2以下
標:350cd/m2以上
WCG
sRGB:99%以上
DCI-P3:90%以上
ピクセル駆動レベル2フレーム以内

※1 sRGBは現実世界の色の約58%までを再現できる技術
※2 WCGは現実世界の色の約99%までを再現できる技術
※3 液晶テレビにおいてDisplayHDR 500/600/1000/1400のようなコントラスト比を実現するには現状バックライトがエリア駆動に対応している必要があります
※4 液晶テレビにおいてDisplayHDR 1000/1400のようなコントラスト比を実現するには現状バックライトがエリア駆動に対応しているだけでなく、直下型である可能性があります
※5 TrueBlackはバックライト不要・自発光可能(ピクセル駆動)な有機ELのみ

ボンジョビ独自の音響処理技術採用

アメリカのロックミュージシャンであるジョン・ボンジョビの叔父さんの会社が開発した音響技術Bongiovi DPSサウンドテクノロジーを活用したオーディオシステムがBenQのtreVoloです。

Bongiovi DPSサウンドテクノロジーを一言で説明すると「すごいバーチャルサラウンドサウンド」。スピーカーから出る音のタイミングをズラして音に囲まれたようなサウンドをつくるところは通常のサラウンドサウンドと一緒。

それだけでなく高音、中音、低音の品質高いイコライザ調整まで実現します。実は最近のサウンドは技術力向上とともにイコライザにて音質調整することが難しいのですが、音のプロ・ボンジョビが何とかしてしまったのです。

環境音を徹底的に排除するAIノイズキャンセリングマイク搭載

BenQ MOBIUZ EX2710Uはマイクも不要です。環境音を徹底的に排除するAIノイズキャンセリングマイクが搭載されているからです。マウスやキーボード、周囲の話し声などを賢いAIが判断して徹底的に排除してくれるのです。

マイク集音特性

しかも集音特性は、「全指向性」と範囲の狭い指向性「プライベートモード」と選択可能です。「プライベートモード」はなんと60度ととても狭い範囲の音しか集音しないのだそうです。これは上のイラストでいう「双指向性」並みに狭い集音特性。

60度を超える範囲の音は集音しにくいマイクかつAIがノイズを除去してくれるので、ボイチャするためのマイクの性能としてかなり優れた部類に入ります。

仕様

発売日2022年4月28日
種別27型ワイド
IPS液晶
非光沢
最大解像度4K(3,840×2,160)
ビット深度(最大表示色)約10.7億色
リフレッシュレートDP:144/ HDMI:120
輝度
HDR
300cd/㎡(標準輝度)
600 cd/m2(ピーク時)
HDR:HDR10 / DisplayHDR™ 600
G-SYNC / FreeSyncFreeSync Premium Pro
応答速度1ms(GTG)/ 1ms(MPRT)
色域98% DCI-P3
コントラスト比1000:1 (通常)
視野角(上下/左右)178゜/ 178゜
フリッカー機能
ブルーライト軽減機能
PIP/PBP×
その他の機能シネマ HDRi
カスタム
ePaper
FPS
ゲーム HDRi
M-Book
レーシングゲーム
RPG
sRGB
ブライトネスインテリジェンスプラス(B.I.+)
カラーユニバーサルモード
Black eQualizer
Light Tuner
色の鮮明さ
モーション ブレ削減
入出力端子HDMI 2.1 x2
Display port 1.4 x1
USB Type-B ( Upstream ) x1
USB 3.0 ( Downstream ) x4
ヘッドフォンジャックx1
マイクx1
スピーカー2.1Ch (2Wx2 + 5W ウーファー)
サイズ(幅×高さ×奥行 単位:mm)422.7 – 522.7×609.0x252.3 mm
重量8 kg(スタンド含む)
5.7kg(スタンドなし)
消費電力通常:42W
最大:132W
スタンバイ:<0.5W
ACアダプター(100-240V)
HDCP〇2.3
ピボット機能×
チルト機能-5˚ – 15˚
スイベル機能15˚/ 15˚
上下高さ調節100mm
壁掛け機能VESA 100 × 100
クレジットBenQ Corp.

※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>ゲーミングノートPC おすすめ

ゲーミングノートPC おすすめ

2022年1月1日時点において発売中、またはこれから発売されるゲーミングノートPCだけで、約140製品を検証した結果からゲーミングノートPCをおすすめしています。

CTR IMG