BenQ MOBIUZ EX480UZゲーミングモニター | 4K 120Hz OLED 48型

ゲーミングモニター

出典: https://www.benq.com/ja-jp/monitor/gaming/ex480uz.html

BenQ MOBIUZ EX480UZゲーミングモニター

発売日未定のBenQ MOBIUZ EX480UZゲーミングモニターについて詳しくご紹介したいと思います。MOBIUZ EX480UZの何がすごいのか、専門用語をかみ砕きながらわかりやすくご紹介します。

MOBIUZ EX480UZ 概要

  • 48インチ OLED(有機EL) 4K UHD(3840×2160)/120Hz
  • BenQ独自のHDRi技術
  • 10Wサブウーファー搭載2.1ch treVoloスピーカー
  • 応答速度0.1ms(GtG)
  • FreeSync™ Premium
  • DCI-P3 98%
  • HDMI 2.1×2、DisplayPort×1

直下型LED部分駆動液晶を超えるOLED だから高い

HDR非対応とHDR対応の暗がりの視認性イメージ比較

最近はやりの構成の液晶モニターのバックライトは直下型で、LED部分駆動を可能とします。そのため、エリアごとに分けて明るい部分、暗い部分と個別に表現できるが故、視認性が高く色鮮やか、つまりHDRの性能のレベルを大幅に向上させることができます。しかしOLEDにはかないません。

OLEDは有機ELパネルです。液晶パネルは自ら発行できないのでバックライトを必要としていますが、OLEDは自ら発行できるパネルなのでバックライト不要です。しかもエリアという広い範囲ではなく、点一つ一つの明るさ表現を変えることができます。最大の明るさと、最大の暗さの差が大きく、その大きさは液晶とはケタが違うほど。

液晶モニターのコントラスト比は大体が1,000:1です。つまり、最も暗い表現を1とした場合、その1000倍の明るさ表現が限界ということになります。人間が認識できるコントラスト比は、無限:1とも1,000,000:1言われていますので、1,000:1では視認性が悪いと感じてしまっても仕方がありません。

直下型LED部分駆動に対応する高性能な液晶モニターの場合、高価な液晶であれば、エリア駆動を利用することで80,000:1というコントラスト比を実現する製品もあります。80倍。数値を見比べると、直下型LED部分駆動のすごさを実感できます。

しかしそれでもOLEDパネルを採用するMOBIUZ EX480UZにはかないません。MOBIUZ EX480UZのコントラスト比は135,000:1です。さらにBenQ独自のHDRテクノロジーHDRi技術にも対応。HDRi技術は、暗い部分はより暗く、明るい部分はより明るく、細部までを洗練させますので、輪郭を含めた視認性が向上します。つまり上のイラストのように、暗いシーンであっても圧倒的な視認性ということ。色も鮮やかなので、ホラーゲームにとどまらず、RPGの美しいグラフィックにも感動できます。

サウンドバーなくても大迫力な10Wサブウーファー

ゲーミングモニターでゲームする人の多くはゲーミングヘッドセットを使っていると思います。とはいえヘッドセットは耳が疲れますので、スピーカーを使ってゲームするときだってあります。しかしゲーミングモニターは、スピーカー非搭載の製品が珍しくありません。もし内蔵されていたとしてもオマケ。つまりしょぼいサウンドでゲームすることになるのです。

おもちゃみたいに軽いサウンドでゲームしていると臨場感に欠けたり、RPGのボス戦、モンスターとの戦闘なんかで物足りなさを感じますので、別途、ゲーミングスピーカーやサウンドバーを購入することになります。

一方MOBIUZ EX480UZの場合、サウンドバーは必須ではありません。なぜなら10Wサブウーファーが内蔵された、2.1chサウンドシステムだからです。つまり、低音専用の大きなスピーカー・サブウーファーが、爆発音などの低音を大迫力に変えてくれるのです。

さらにMOBIUZ EX480UZのスピーカーはtreVolo対応。振動版、ボイスコイル、マグネットといったスピーカーを構成する部品一つひとつをゲーム向けに改善されています。まずゲーム向けのサウンドなので、反応が速くなる技術を採用しています。また低音が増幅されるように作られており、音の質感も澄んだ美しいサウンドに仕上がるよう開発されています。

映画、ゲーム、台詞/ボーカル、ロック/パーティー、ポップ/ライブの5つのモードが用意されています。ゲームモードでは定位感と臨場感が強調されます。

さすがBenQのハイエンドモデルの応答速度0.1ms

応答速度1msが最速の時代はBenQが終わらせました。応答速度とは、パネルが色を切り替える速度のことです。応答速度が遅いと、映像の切り替えに色の切り替えが間に合わなくなるので、映像の輪郭をぼやけさしたり、残像を発生させたりしますので、FPSで不利になります。

0.1msは0.0001秒です。GTG、つまりGray to Grayの切り替え速度がたったの0.1msです。最小輝度(最小の明るさ)ではない中間色から、最大輝度ではない中間色までの切り替え速度。ゲームにおいては、常に中間色から中間色への色の切り替えがなされていますので、GTGの応答速度が重要だと言われています。

PCもPS5もXbox Series Xも120Hz

フレームレート・リフレッシュレート

通常のテレビやモニターは1秒間に60枚の静止画で映像として構成します。一方MOBIUZ EX480UZは1秒間に120枚の静止画で映像として構成できます。上のイラストのようにパラパラ漫画をイメージしていただくとわかりやすいのですが、1秒間を構成する静止画の枚数が多いほど動きが滑らかです。

リフレッシュレート60Hzは、1秒割る60枚=0.0166秒後に映像が切り替わるのを待たなければなりません。タイムラグは約16.6ms。人間は8ms以上の遅延を認識できると言われています。MOBIUZ EX480UZはリフレッシュレート120Hz。つまり、1秒割る120枚=0.0083秒。ゲーミングモニターを買うなら、約8.3msのタイムラグで済むリフレッシュレート120Hzが最低ラインといえます。

MOBIUZ EX480UZにおすすめのスペック

  • GeForce RTX 2060以上搭載のゲーミングPCご利用の方
  • PS5をご利用の方
  • Xbox Series Xをご利用の方

4K/100Hz前後でゲームするために必要な性能、つまり、ゲーミングPCのGPUは、GeForce RTX 2060必要です。Apex Legendsのように軽い部類のゲームソフトなら、4K(低画質)/100Hz前後のリフレッシュレートでゲームできます。

理想はGeForce RTX 3070以上。GeForce RTX 3070以上の場合、軽い部類のゲームソフトで4K(低画質)/140Hz以上、4K(高画質)100Hz以上でゲーム可能です。

PS5の性能はGeForce RTX 2060 Super~GeForce RTX 2080相当。つまり、軽い部類のゲームソフトなら4K(低画質)/100Hz前後のリフレッシュレートでゲームできます。Xbox Series Xは、PS5より少し性能が高いので、4K(低画質)/100Hz前後のリフレッシュレートはほぼ確実。

MOBIUZ EX480UZ まとめ

画面サイズ48インチ
パネルタイプOLED
ノングレア
最大解像度4K(3840×2160)
リフレッシュレートDisplayPort:120Hz
HDMI:120Hz
可変リフレッシュレート(VRR)FreeSync™ Premium
応答速度0.1 ms(GTG)
バックライト技術
HDRHDR10
輝度450 cd/m2
コントラスト比135000:1
色域DCI-P3 98%以上
最大表示色約10.7億色
視野角(上下/左右)178゜/ 178゜
フリッカー機能
ブルーライト軽減機能
PIP/PBP
画質モードシネマ HDRi
カスタム
Display P3
FPS
ゲーム HDRi
HDR
M-Book
レーシングゲーム
RPG
sRGB
その他の機能AMA(Advanced Motion Accelerator)
ブライトネスインテリジェンスプラス(B.I.+)
カラーユニバーサルモード
HDRi
FPSモード
色の鮮明さ
Light Tuner
Black eQualizer
HDCP 2.3
PCソフトウェア
ライティング
スピーカー2.1Ch (5Wx2 + 10W ウーファー)
入出力端子DisplayPort 1.4×1
HDMI 2.1×2
USB Type-C x1 (DP Alt Mode、90W給電、データ転送)
USB Type-B x1 (Upstream)
USB Type-A 3.2×2 (Downstream)
ヘッドホン出力 x1 (3.5mm Jack)
高さ調節
チルト-2° – 15°
スイベル
ピボット
壁掛けVESA 200 × 200
消費電力電圧レート100 – 240V
電源内蔵
消費電力 ( 最大 )330W
Power Delivery(USB Type-C / Thunderbolt 3)90W
サイズ(幅×高さ×奥行)スタンドあり:約700×1068.5×267.6 mm
スタンドなし:約646.9×1068.5×105.5 mm
重量(単位)スタンドあり:約19.3 kg
スタンドなし:約16.2 kg

※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

BenQ MOBIUZ EX480UZゲーミングモニター
最新情報をチェックしよう!
>ゲーミングノートPC おすすめ

ゲーミングノートPC おすすめ

2022年1月1日時点において発売中、またはこれから発売されるゲーミングノートPCだけで、約140製品を検証した結果からゲーミングノートPCをおすすめしています。

CTR IMG