ROG Swift OLED PG42UQゲーミングモニター | 4K 138Hz 0.1ms

ゲーミングモニター

出典: https://rog.asus.com/jp/monitors/above-34-inches/rog-swift-oled-pg42uq-model/#pageContent-enhancement

ROG Swift OLED PG42UQゲーミングモニター

2022年11月18日発売、世界初の41.5型有機ELゲーミングモニターROG Swift OLED PG42UQについて詳しくご紹介したいと思います。ROG Swift OLED PG42UQの何がすごいのか、専門用語をかみ砕きながらわかりやすくご紹介します。

ROG Swift OLED PG42UQ 概要

  • 価格(税込):221,220円前後
  • 41.5インチ OLED(有機EL) 4K(3840×2160)/138Hz
  • HDR10(最大輝度450 cd/m2、コントラスト比1,500,000:1)
  • 長時間ゲーム時 目に優しい輝度均一化機能
  • 応答速度0.1ms(GtG)
  • カスタムヒートシンク内蔵(動作温度8%低下)
  • AMD Adaptive-Sync / NVIDIA G-SYNC™ Compatible / VRR(HDMI 2.1)
  • Harman Kardonの10Wフロントスピーカー×2 + 15Wウーファー
  • OSDジョイスティック&リモコン付き
  • アスペクトコントロール
  • DCI-P3 98%、sRGB 133%
  • HDMI 2.1×2、HDMI 2.0×2、DisplayPort×1

OLED×HDR10のコントラスト比150万:1が実現する暗いシーンの高い視認性

HDR非対応とHDR対応の暗がりの視認性イメージ比較

HDR10の映像コンテンツは、最大輝度(最大の明るさ)1000 cd/m2以上から10000 cd/m2にまで拡張できます。ゲームコンテンツの多くは最大輝度1000 cd/m2を目安につくられています。

しかし実は、ゲーミングモニターの多くが最大輝度400 cd/m2の製品が多いことをゲーム開発者側が知っていますので、原則は輝度400 cd/m2までで制作し、どうしても避けられないときだけ401 cd/m2~1000 cd/m2でゲームをつくります。つまり現時点においては、最大輝度400 cd/m2以上のゲーミングモニターを購入してあると安心です。

一方、HDR10の映像コンテンツの最低輝度(最大の暗さ)は0.0005 cd/m2でつくることができます。ROG Swift OLED PG42UQなら、最低輝度0.0003 cd/m2までの暗い表現ができます。つまりHDR10を超える暗さ表現にまで対応しているので、暗いシーンの視認性もばっちりだということになります。

秘密はOLED(有機EL)。液晶パネルの場合、自ら発行できないが故、LEDライトを使って色の表現を行います。最近はLEDライトをエリアごとに分け、部分的に光らせたり、消灯したりできる液晶も発売されていますが、OLED(有機EL)にはかないません。なぜならOLED(有機EL)は、自ら発行できるので、1ピクセル単位で光ったり、消灯したりできるからです。OLED(有機EL)の高いコントラスト比、暗いシーンの高い視認性の理由です。

サウンドバー不要!Harman Kardonの2.1chスピーカー内蔵

Harman Kardon(ハーマン・カードン)をご存じでしょうか? 原音に忠実な音響機器メーカー。BMW、ランドローバー、ミニ、ボルボ、メルセデス・ベンツ、ハーレーダビッドソンといった高級な車の車内スピーカーとしても知られています。

ROG Swift OLED PG42UQに内蔵されるスピーカーはなんとHarman Kardonのもの。しかも、スピーカーは2つだけでなく、中低音専用スピーカーのウーファーまで搭載されます。サラウンド最大出力は35W。別にサウンドバーを購入しなくても、高級なスピーカーで大迫力の低音でゲーム可能です。

便利すぎるアスペクトコントロール

FPSをプレイする際、一般的には24インチが理想だと言われています。なぜなら、画面の端から端まで、首を動かすことなく、無理のない状態で索敵するには、24インチのサイズ感がちょうどいいとされているからです。

しかしROG Swift OLED PG42UQなら問題ありません。ROG Swift OLED PG42UQは、41.5インチとデスクに置くには大きめのゲーミングモニター。FPSをプレイするには大きすぎますが、24インチ、27インチ、34インチのサイズで表示できるアスペクトコントロール機能が搭載されているのです。

FPSで誤射しない応答速度0.1ms

応答速度とは、パネルが色を切り替える速度のこと。応答速度が遅いと、映像の切り替えに色の切り替えが間に合わないので、映像の輪郭をぼやけさしたり、残像を発生させたりします。つまり、FPSにてリコイルコントロールするさいや、カメラワークする際に、残像を撃ってしまうなんて失敗も無きにしも非ずです。

しかしROG Swift OLED PG42UQなら応答速度たったの0.1msは0.0001秒。最近のゲーミングモニターの応答速度は1ms(0.001秒)が珍しくありませんが、なんとそこから10倍も高速。ですから輪郭のボヤケや残像とは無縁です。

ROG Swift OLED PG42UQにおすすめのスペック

  • GeForce RTX 2060以上搭載のゲーミングPCご利用の方
  • PS5をご利用の方
  • Xbox Series Xをご利用の方

ゲーミングPCのGPUは、GeForce RTX 2060あれば、Apex Legendsのように軽い部類のゲームソフト限定で、4K(低画質)/100Hz前後のリフレッシュレートを可能とします。

理想はGeForce RTX 3070以上。GeForce RTX 3070なら、軽い部類のゲームソフト限定で、4K(低画質)/140Hz前後、4K(高画質)100Hz前後でリフレッシュ可能です。

PS5の性能はGeForce RTX 2060 Super~GeForce RTX 2080相当ありますので、軽い部類のゲームソフト限定で、4K(低画質)/100Hz前後のリフレッシュレートを可能とします。Xbox Series Xは、PS5より少し性能が高いので問題なし。しかもHDMI 2.1のVRR対応なので、遅延、スタッタリング、ティアリングも防げます。

ROG Swift OLED PG42UQ まとめ

画面サイズ41.5インチ
パネルタイプOLED(有機EL)
ノングレア
最大解像度4K(3840×2160)
リフレッシュレートDisplayPort:138Hz
HDMI:138Hz
可変リフレッシュレート(VRR)VESA Adaptive-Sync
NVIDIA G-SYNC™ Compatible
VRR(HDMI 2.1)
応答速度0.1 ms(GTG)
バックライト技術
HDRHDR10
輝度最大:450 cd/m2
標準:135 cd/m2
コントラスト比135000:1
HDR:1,500,000:1
色域DCI-P3 98%以上
最大表示色約10.7億色
視野角(上下/左右)178゜/ 178゜
フリッカー機能
ブルーライト軽減機能
PIP/PBP
画質モードRacing
MOBA
Cinema
RTS/RPG
FPS mode
sRGB
Scenery
その他の機能VividPixel テクノロジー
GamePlus機能
GameVisual機能
HDCP 2.3
PCソフトウェア
ライティング
スピーカー2.1Ch (10Wx2 + 15W ウーファー)
入出力端子DisplayPort 1.4×1
HDMI 2.1×2
USB 3.2 Gen 1 Type-Ax4
光デジタル(S/PDIF)
ヘッドホン出力 x1 (3.5mm Jack)
高さ調節
チルト-5° – 5°
スイベル
ピボット
壁掛けVESA 300 × 300
消費電力電圧レート100 – 240V
電源内蔵
消費電力 220W
消費電力 ( スタンバイ時 )0.3W
サイズ(幅×高さ×奥行)スタンドあり:約932.08 x 611.3 x 255.4 mm
スタンドなし:
重量(単位)スタンドあり:約14.77kg
スタンドなし:
付属品キャリブレーションレポート
DisplayPortケーブル
Ultra high speed HDMIケーブル
USBケーブル
電源コード
リモコン
ROGポーチ
保証書
クイックスタートガイド
保証購入日より2年間の日本国内保証

※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

ROG Swift OLED PG42UQゲーミングモニター
最新情報をチェックしよう!
>ゲーミングノートPC おすすめ

ゲーミングノートPC おすすめ

2022年1月1日時点において発売中、またはこれから発売されるゲーミングノートPCだけで、約140製品を検証した結果からゲーミングノートPCをおすすめしています。

CTR IMG