Corsair XENEON 32QHD240ゲーミングモニター|WQHD/240Hz HDR600

ゲーミングモニター

出典: https://www.ask-corp.jp/products/corsair/monitor/xeneon-32qhd240.html

Corsair XENEON 32QHD240ゲーミングモニター

2022年12月2日発売のCorsair XENEON 32QHD240ゲーミングモニターについて詳しくご紹介したいと思います。XENEON 32QHD240の何がすごいのか、専門用語をかみ砕きながらわかりやすくご紹介します。

XENEON 32QHD240 概要

  • 予想実売税込価格:145,200円前後
  • 32インチ WQHD (2560 x1440) /240Hz 
  • 量子ドット×IPSパネル
  • HDR10 / DisplayHDR600(HDR:600cd/㎡、SDR:400cd/㎡)
  • 応答速度1ms(MPRT) / 5ms(GTG)
  • AMD FreeSync™ Premium / NVIDIA G-Sync Compatible
  • HDMI 2.0×2、DisplayPort1.4×1、USB-C DP Alt-Mode
  • 100% sRGB、100% Adobe RGB、98% DCI-P3

量子ドットの色彩鮮やかさがRPGやアドベンチャーを変える

色域

量子ドット技術とは、数nmから数十nmの結晶体に青色LEDを照射することで、さまざまな色に変化できるように制御する技術です。通常は白色LEDをカラーフィルターに照射することで、光に含まれる不必要な色をろ過しています。

量子ドットでは色を変化させるので光、つまり色を無駄にしませんが、通常の方法では、たとえば赤を生み出すために青と緑色をろ過して捨てています。そのため量子ドットは、通常のモニターに比べて色彩鮮やかな表現が可能です。

量子ドット対応のXENEON 32QHD240の色彩鮮やかさは、プロのイラストレーターさんが使うモニター並み。つまりは再現可能な色の範囲が、通常のモニターよりもおおよそ17%も多いのです。ですからRPGやアドベンチャーの美しいグラフィックスが色彩鮮やかで、さらに美しい映像に仕上がります。

ホラーにもおすすめな明るさ・暗さの再現性

HDR非対応とHDR対応の暗がりの視認性イメージ比較

XENEON 32QHD240は、DisplayHDR600対応なので、HDRオンにしているときの最大輝度が600cd/㎡です。ゲームコンテンツは最大輝度1000cd/㎡でつくられますが、600cd/㎡を超える輝度が必要な部分はごくごく一部分です。

記載ないのではっきりはわかりませんが、DisplayHDR600対応なので最低輝度は0.1cd/㎡以下であることは確実です。IPSパネルでは本来、最低輝度0.6cd/㎡までの表現しかできませんが、LEDバックライトを部分駆動させることで、数値上6倍も暗い0.1cd/㎡以下を実現させています。

つまりはXENEON 32QHD240でホラーゲームをプレイすると、他のゲーミングモニターよりも視認性が高くなり、見えなかった部分もよりはっきり、もっと楽しむことが可能となります。

FPSで有利な240Hz

リフレッシュレートの違い

上のイラストはサッカーのシュートシーンをリフレッシュレート別のイメージ化したものです。普通のテレビはリフレッシュレート60Hzなので、イラストの例でいうと0.033秒後にゴールできたことを確認できます。シュートしてから2回しか画面が更新されなかったからです。

120Hzだと画面の更新回数が増えるので、0.025秒後にはゴールを確認、240Hzでは0.02秒後にはシュートを確認できています。

これをFPSに置き換えると、リフレッシュレートが速いほどにエイム力が上がることになります。人の目では0.008秒(8ms)までの遅延しか認識できないと言われているので、リフレッシュレート120Hz(0.0083秒ごとに画面を更新)以上は一見意味がないように感じます。

しかし、敵を視認してからエイムするので、エイム中に敵は動きます。その都度銃口を修正する必要があるわけですが、それゆえリフレッシュレート120Hz以上が無意味じゃなくなるのです。その証拠にNVIDIAが実際にエイム精度について研究し、120Hzと240Hzと比べた場合に5%エイム力が上がるという研究結果を公表しました。

XENEON 32QHD240に必要なスペック

  • GeForce RTX 3070以上搭載のゲーミングPCご利用の方
  • PS5には過剰スペック
  • Xbox Series Xには過剰スペック

XENEON 32QHD240の性能を最大限活かすために必要なゲーミングPCのGPUは、GeForce RTX 3070以上。GeForce RTX 3070以上なら軽い部類のゲームソフト(Apex Legendsなど)において、WQHD/220Hz前後でゲーム可能です。

120Hzまでを限界とするPS5とXbox Series Xに240HzのXENEON 32QHD240は過剰スペックです。PS5とXbox Series XもWQHD解像度に対応していますが、リフレッシュレート120Hzまでが限界です。実際XENEON 32QHD240に搭載されるHDMI端子のバージョンは2.0です。つまりどちらにしろ144Hzまでの入力にしか対応していません。

XENEON 32QHD240 まとめ

画面サイズ32インチ
パネルタイプIPS
ノングレア
最大解像度WQHD(2560×1440)
リフレッシュレートDisplayPort:240Hz
HDMI:144Hz
USB-C:不明
可変リフレッシュレート(VRR)AMD FreeSync Premium
NVIDIA G-Sync Compatible
応答速度1ms(MPRT)
5ms(GTG)
バックライト技術量子ドット
エリア駆動
HDRHDR10
VESA DisplayHDR 600
輝度HDR:600 cd/m2
通常:400 cd/m2
コントラスト比1000:1
色域100% sRGB
100% Adobe RGB
98% DCI-P3
最大表示色約1677万色
視野角(上下/左右)178゜/ 178゜
フリッカー機能
ブルーライト軽減機能
PIP/PBP×
画質モード
その他の機能HDCP 2.2
PCソフトウェアCORSAIR iCUE ソフトウェア
ライティング
スピーカーなし
マイクなし
入出力端子DisplayPort 1.4×1
HDMI 2.0×2
USB-C(DP ALT) x1
USB-C 3.1 ×1
USB-A 3.1 ×2
ヘッドホン出力 x1
高さ調節110mm
チルト-5゚ / 20°
スイベル
ピボット
壁掛けVESA 100 × 100
消費電力電圧レート100 – 240V
電源アダプター
消費電力 ( 標準)90 W
消費電力 ( 最大 )
消費電力 ( スタンバイ時 )
消費電力 ( 電源OFF時 )
サイズ(幅×高さ×奥行)スタンドあり:約732×270×553 mm
スタンドなし:
重量(単位)スタンドあり:
スタンドなし:
付属品
保証3年

※1 つ以上の明るいピクセルまたは 6 つ以上の暗いサブピクセルが見つかった場合、保証期間中は CORSAIR はモニターを交換

※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

Corsair XENEON 32QHD240ゲーミングモニター
最新情報をチェックしよう!
>ゲーミングノートPC おすすめ

ゲーミングノートPC おすすめ

2022年1月1日時点において発売中、またはこれから発売されるゲーミングノートPCだけで、約140製品を検証した結果からゲーミングノートPCをおすすめしています。

CTR IMG