GIGABYTE AORUS FV43Uゲーミングモニター|PS5向け4K/144Hz量子ドット

ゲーミングモニター

出典: https://www.gigabyte.com/jp/Monitor/AORUS-FV43U/gallery#gallery

GIGABYTE AORUS FV43Uゲーミングモニター

2021年6月18日発売のGIGABYTE AORUS FV43Uゲーミングモニターについて詳しくご紹介したいと思います。AORUS FV43Uの何がすごいのか、専門用語をかみ砕きながらわかりやすくご紹介します。

AORUS FV43U 概要

  • 予想実売税込価格:178,200円
  • 43インチ 4K (3840 x 2160) /144Hz 
  • 直下型エリア駆動×DisplayHDR1000(最大輝度:1000 cd/m2)
  • 量子ドット(150% sRGB、97% DCI-P3、99% AdobeRGB)
  • 応答速度1ms(MPRT)×モーションブラー
  • VRR(HDMI 2.1)/ALLM
  • 12W×2×SPACE AUDIO
  • HDMI 2.1×2、DisplayPort1.4×1

ゲーム開発者が意図する映像表現ができる

HDR非対応とHDR対応の暗がりの視認性イメージ比較

ゲームコンテンツは最大輝度1000 cd/m2、最低輝度0.0005 cd/m2でつくられています。しかしゲーミングモニターのほとんどは最大輝度400 cd/m2、最低輝度0.4 cd/m2です。つまりゲーム開発者が意図する明るさ、暗さ表現ができないのです。

一方AORUS FV43UはDisplayHDR1000対応。直下型エリア駆動にすることで、最大輝度1000 cd/m2、最低輝度0.05 cd/m2以下を実現しています。つまりゲーム開発者が意図する明るさ、暗さ表現ができるのです。ですからホラーゲームもバッチリ楽しめます。

量子ドット対応だから色彩鮮やか

通常の液晶モニターには、赤・緑・青のカラーフィルターがあり、白い光を照射して色をつくります。例えば、赤をつくるときは赤にだけ光を照射、緑と青には光が照射しないよう、液晶パネルで遮ります。つまり3分の2の光量を無駄にします。

液晶パネルで光を遮っても、光は漏れ出てしまうので色は薄まります。色彩がぼやけてしまうのです。色彩の鮮やかさで有機ELに勝てない理由です。

一方量子ドットでは青いLEDライトを使います。そして直径数nm~20nmの微細なナノサイズ半導体粒子に照射して、色を変えます。ろ過して光量を捨てるのではなく、すべての光量を漏れなく使い、色を変化させているのです。そのため通常の液晶モニターよりも圧倒的に色彩鮮やかです。

通常の液晶モニターの色域(色の範囲)は、sRGBと呼ばれる色の範囲を100%再現できるまでが限界です。一方量子ドット対応のAORUS FV43Uの色域は、sRGB150%と1.5倍も広い色で表現できます。つまり、グラフィック美しいRPGにもおすすめできます。

誤射を防ぐ応答速度と優れた技術

画面の更新より色の切り替え速度の遅い、安いテレビなどでは視認性を下げます。応答速度が10~30msと色の切り替え速度が遅いので、動きが速すぎるゲームの映像の色の切り替えが追い付かないのです。そのため残像や輪郭のボヤケを発生させます。つまりFPSでは誤射します。レーシングゲームでは壁や車のボディにぶつけやすくなります。

一方AORUS FV43Uの応答速度は1ms。画面の色切り替え速度が0.001秒ということ。超高速に色の切り替えを完了しますので、残像やボヤケの心配が少ないのです。しかもも―ショーンブラーと呼ばれる画面の更新の間にLEDライトを消灯する技術に対応しているので、強制的に残像やボヤケを排除します。

今までこのモーションブラー技術は、可変リフレッシュレート(VRR)と併用できない技術でした。しかし最近のハイスペックモニターでは、技術力が上がったので、VRRとモーションブラーの併用が可能です。つまり、ゲームの映像描画に合わせて、モニターの画面描き替えだけが同期するのではなく、モーションブラーも同期するのです。ですからAORUS FV43Uは、FPSやレーシングゲームにもおすすめできます。

AORUS FV43Uに必要なスペック

  • GeForce RTX 3070以上搭載のゲーミングPCご利用の方
  • PS5をご利用の方
  • Xbox Series Xをご利用の方

AORUS FV43Uの性能を最大限活かすために必要なゲーミングPCのGPUは、GeForce RTX 3070以上。つまり比較的ハイスペックなゲーミングPCが必要です。GeForce RTX 3070以上なら軽い部類のゲームソフト(Apex Legendsなど)において、4K(低画質)/140Hz前後でゲーム可能です。

PS5とXbox Series Xは4K/120Hz対応。そしてHDMI端子のバージョンは2.1かつVRR(可変リフレッシュレート)対応なのでPS5やXbox Series Xにもおすすめです。

AORUS FV43U まとめ

画面サイズ43インチ
パネルタイプVAパネル
量子ドット
ノングレア
最大解像度4K (3840×2160)
リフレッシュレートDisplayPort:144Hz
HDMI:144Hz
可変リフレッシュレート(VRR)VRR(HDMI 2.1)
応答速度1ms (MPRT)
バックライト技術直下型エリア駆動
HDRHDR10
VESA Display HDR1000
輝度標準:750 cd/m2
最大:1000 cd/m2
コントラスト比4000:1
色域97% DCI-P3
150% sRGB
99% AdobeRGB
最大表示色約10.7億色
10bits (8bits+FRC)
視野角(上下/左右)178゜/ 178゜
フリッカー機能
ブルーライト軽減機能
PIP/PBP〇 / 〇
画質モードALLM
その他の機能OSD Sidekick
エイムスタビライザー・シンク
ブラックイコライザー
ダッシュボード
カスタマイズできるクロスヘア
タイマー
カウンター
Auto-Update
KVM機能
6軸カラーコントロール機能
Smart OD
リモコン
PCソフトウェア
ライティング
スピーカー12W+12W
SPACE AUDIO
サウンドモードVS
FPS
Movie
Live Concert
マイク
入出力端子HDMI 2.1 ×2
(4K 144Hz 4:4:4 @ DSC enabled or 4K 144Hz 4:2:0)
Display port 1.4 (DSC) ×1
USB Type-C ×1
USB 3.0 ×2
USB-B Upstream ×1
ヘッドホン出力 ×1
オーディオLine Out ×1
高さ調節
チルト
スイベル
ピボット
壁掛けVESA 200 × 200
消費電力電圧レートAC 100-240V ~ 50/60Hz
電源アダプター
消費電力 ( 標準)
消費電力 ( 最大 )280W
消費電力 ( スタンバイ時 )0.5 W
消費電力 ( 電源OFF時 )0.3 W
サイズ(幅×高さ×奥行)スタンドあり:約967.2×638.16×251.31 mm
スタンドなし:約967.2×585.89×87.8 mm
重量(単位)スタンドあり:約10 kg
スタンドなし:
付属品Power cable
HDMI cable
DP cable
USB cable
QSG
Warranty card
保証

※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

GIGABYTE AORUS FV43Uゲーミングモニター
最新情報をチェックしよう!
>ゲーミングノートPC おすすめ

ゲーミングノートPC おすすめ

2022年1月1日時点において発売中、またはこれから発売されるゲーミングノートPCだけで、約140製品を検証した結果からゲーミングノートPCをおすすめしています。

CTR IMG