AOC G4309VX/D/11ゲーミングモニター|量子ドット/144Hz/HDR1000

ゲーミングモニター

出典: https://jp.aoc.com/product/G4309VXD-11

AOC G4309VX/D/11ゲーミングモニター|量子ドット

2022年5月27日発売のAOC G4309VX/D/11ゲーミングモニターについて詳しくご紹介したいと思います。G4309VX/D/11の何がすごいのか、専門用語をかみ砕きながらわかりやすくご紹介します。

G4309VX/D/11 概要

  • 予想実売税込価格:130,000円
  • 42.5インチ 4K (3840 × 2160) /144Hz 
  • Low Input Lag (表示遅延読み込み機能)
  • 量子ドット(NTSC 119%/sRGB 145%/DCI-P3 109%)
  • VESA DisplayHDR1000(最大:1100 cd/m2、標準:720 cd/m2)
  • 応答速度 1ms (MPRT) / 4ms (GtG)
  • Adaptive Sync
  • HDMI 2.1×2、DisplayPort1.4×2

継承は呪いか、それとも祝福か?─戦国SF─

ナノボットを統べるケモ耳忍者と一緒にシルルRPG──戦国──

雪輪碧

西暦2126年、現実世界をゲームの舞台にしてしまう恐ろしいサービス「シルルRPG──戦国──」がひっそりと開始された。

高度に発達した超古代文明に運営・管理されいている日本は、戦国時代の後半。無限の闘争を繰り返していた。

日本古来の歴史書にも記載される妖怪。妖狐・天狗・猫又など、その正体は、超古代文明に遺伝子編集された人間だった。

伊賀の忍び・妖狐の新左衛門も、室町幕府の権威低下に伴う動乱に巻き込まれていく。

そんな中、「シルルRPG──戦国──」のプレイヤー権利を買った一人の超古代文明人が、戦国の世に暮らす人の自我を奪って(異世界転生)、ロールプレイングを始めた。

戦国世界とナノ兵器をめぐる混沌とした戦いの幕が上がる。

カクヨム

3D立体音響「DTS Headphone:X 2.0」

遅延たった0.3~1ms 2.4GHz独自のワイヤレス

有線よりも低遅延

パッケージ表

最大11.1chサラウンド ワイヤレスヘッドセット『ロジクールG933s』

RPGにおすすめの量子ドットの色彩

液晶パネルは、白いLEDライトをカラーフィルターに通すことで色をつくりだします。明るさの調整はパネルが行います。カラーフィルターは赤・緑・青と3色あり、赤をつくりだしたいときには液晶パネルで緑と青に照射するLEDライトを遮断します。赤・緑・青以外の色は3色を混ぜることで再現します。

欠点は、液晶パネルで遮断したはずの光が漏れ出てしまうことで、色が薄くなってしまうこと。そして漏れ出た光のせいで、暗い表現が苦手なところです。

一方量子ドットでは、青いLEDライトを直径数nmの微細なナノサイズ半導体粒子に照射することで、赤や緑色に変化させる方法で色を再現します。つまりすべての光を漏れなく利用できます。そのためG4309VX/D/11の色域(再現可能な色の範囲)はNTSC 119%/sRGB 145%/DCI-P3 109%。通常の液晶の1.45倍の広い色で、色彩鮮やかな映像表現が可能。つまりRPGやアドベンチャーゲームにおすすめです。

本当のホラー体験が可能

HDR非対応とHDR対応の暗がりの視認性イメージ比較

G4309VX/D/11はDisplayHDR1000の認証を取得しています。最大輝度1000 cd/m2以上、最低輝度(黒レベル)0.05cd/m2以下、標準輝度600cd/m2以上なければ取得できない、ハイクラスモデルのゲーミングモニターです。

ゲームコンテンツは最大輝度1000 cd/m2、最低輝度0.005cd/m2で表示されることを目安につくられています。つまりG4309VX/D/11なら、ゲーム開発者が意図する明るさ・暗さ表現が可能です。ですからホラーゲームにおすすめ。

FPSにうれしい表示遅延読み込み機能

マウス・キーボード・コントローラー→入力解析(PC・ゲーム機)→ゲーム処理(PC・ゲーム機)→描画処理(PC・ゲーム機)→映像処理(モニター)→フレームバッファに格納(モニター)→画面の色変更(応答速度)といった順番に、あなたが操作した命令が画面に反映されます。

モニターの遅延が大きいと、あなたの操作が即座に画面に反映されないので、FPSなどの対戦ゲームで不利になります。G4309VX/D/11なら、Low Input Lag機能が搭載されているので、有利な環境で対戦できます。

G4309VX/D/11に必要なスペック

  • GeForce RTX 3070以上搭載のゲーミングPCご利用の方
  • PS5をご利用の方
  • Xbox Series Xをご利用の方

G4309VX/D/11の性能を最大限活かすために必要なゲーミングPCのGPUは、GeForce RTX 3070以上。GeForce RTX 3070以上なら軽い部類のゲームソフト(Apex Legendsなど)において、4K(低画質)/140Hz前後でゲーム可能です。

PS5とXbox Series XはGeForce RTX 2060 Super~GeForce RTX 2080相当の性能。4K/120Hzでゲーム可能です。

G4309VX/D/11 まとめ

画面サイズ43インチ
パネルタイプVAパネル
ノングレア
最大解像度4K (3840 × 2160)
リフレッシュレートDisplayPort:144Hz
HDMI:144Hz
可変リフレッシュレート(VRR)Adaptive Sync
応答速度1ms (MPRT)
4ms (GtG)
バックライト技術直下型エリア駆動
量子ドット
HDRHDR10
VESA Display HDR1000
輝度最大:1100 cd/m2
標準:720 cd/m2
コントラスト比4000:1
DCR:80,000,000:1
色域NTSC 119% (CIE1976)
sRGB 145% (CIE1931)
DCI-P3 109% (CIE1976)
最大表示色約10.7億色
視野角(上下/左右)178゜/ 178゜
フリッカー機能
ブルーライト軽減機能
PIP/PBP〇 / 〇
画質モード
その他の機能Low Input Lag
ゲームカラー
Dial Point
HDCP2.2
PCソフトウェア
ライティング
スピーカー7W+7W
サウンドモード
マイク
入出力端子HDMI 2.1 ×2
Display port 1.4 ×2
USB 3.2 Gen1 ×4
ヘッドホン出力 ×1
高さ調節
チルト-5°~10°
スイベル
ピボット
壁掛けVESA 200 × 100
消費電力電圧レートAC 100-240V ~ 50/60Hz
電源アダプター
消費電力 ( 標準)125W
消費電力 ( 最大 )
消費電力 ( スタンバイ時 )
消費電力 ( 電源OFF時 )
サイズ(幅×高さ×奥行)スタンドあり:約977.3×664.52×311.36 mm
スタンドなし:約977.3×567.35×58.2 mm
重量(単位)スタンドあり:約16.9 kg
スタンドなし:約14.87 kg
付属品
保証
AOC G4309VX/D/11ゲーミングモニター|量子ドット
最新情報をチェックしよう!

【 PS5本体 】実質無料! NURO光

ソニーグループの一つであるソニーネットワークコミュニケーションズが運営するNURO光の光回線サービスと、2023年2月20日17時より開始した、NURO光のオプションサービス「PS5 実質無料特典」について詳しくご紹介します。

CTR IMG