音質重視!本格的サウンドのスマートスピーカー「JBL LINK 300と500」

 ハーマンインターナショナル株式会社は、世界最大級のオーディオブランド「JBL」から Google アシスタント搭載のスマートスピーカー「JBL LINK 300」と「JBL LINK 500」を2018年4月28日(土)に発売することを発表しました。

「JBL LINK 300」と「JBL LINK 500」は、すでに発売中の「JBL LINK 10」と「JBL LINK 20」と同じシリーズです。

「JBL LINK 10」と「JBL LINK 20」は、防水「IPX7」かつバッテリー内蔵でしたので、キッチンやレジャーでも大活躍できるポータブルモデルでしたが、「JBL LINK 300」と「JBL LINK 500」は本格的なサウンドが楽しめる据え置きモデルです。

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

高音専用+中低音専用+低音用増幅器 かっこよく迫力ある重低音響くサウンドを楽しめる

 スマートスピーカーは、低音〜高音までを奏でる「フルレンジスピーカー」搭載のものがほとんどです。「フルレンジスピーカー」にもメリットはあるのですが、中音域に対して、低音と高音に弱点があります。

スマートスピーカーの多くは、小さく作られているので、特に低音が犠牲にされます。そのため、迫力やかっこよさに欠けたサウンドになってしまうのです。

「JBL LINK 300と500」の場合、「ツイーター(20mm径)」と呼ばれる高音(ボーカル)専用のスピーカーと「ウーファー(89mm)」と呼ばれる中低音域専用のスピーカーの2種類が搭載されています。

そのため、綺麗なボーカルと重低音響くサウンドを楽しむことができるので、どんな音楽を再生しても、かっこよく迫力あるサウンドを楽しむことができます。

しかも「パッシブラジエーター」と呼ばれる低音増幅器まで搭載。すでに様々なスマートスピーカーが販売されていますが、これほど重低音にこだわりを感じるスマートスピーカーは初めてなのではないでしょうか。

「JBL LINK 300と500」で奏でる音楽は全て、とってもかっこ良いサウンドに仕上がること間違いなしです。

「JBL LINK 500」は、「JBL LINK 300」に搭載される「ツイーター」「ウーファー」「パッシブラジエーター」がそれぞれ2ペア搭載されたステレオ再生に対応します。

「Spotify」と「Google Play Music」は Bluetoothを使わず(音質劣化させず)スマホをリモコン代わりにできる

「JBL LINK 300」

出典:item.rakuten.co.jp

 Bluetoothスピーカーの欠点は音質の劣化です。そして、スマートスピーカーの欠点は、音楽の再生に声で操作するか、Bluetooth経由によるスマホ操作しかできない点にあります。

これらの欠点にどのような問題(ストレス)があるのかというと、曲名やアーティスト名を指定しての音楽再生をしたいと思った時に、音声ではしっかり伝えられないときが少なからずあるのです。

例えば、「音楽をかけて。」「掃除向けの音楽をかけて。」などのようなざっくりとした音声はしっかり聞き分けてくれます。しかし、曲名やアーティスト名を音声にて伝えると、名前によってはしっかり伝わらず、違う曲が再生されてしまうことがあるのです。

毎回音声にて操作するのが面倒になることもあります。そこでスマホで選曲して、スマートスピーカーにて音楽の再生を考えるのですが、Bluetoothで音楽データを飛ばす方法しか用意されていないのです。

繰り返しになりますが、Bluetoothスピーカーの欠点は音質劣化。そして電波干渉で音が途切れ途切れになることも少なくありません。

「JBL LINK 300と500」の場合、「Chromecast built-in」と「Spotify Connect」両方が搭載されています。この2つは、スマホをスマートスピーカーのリモコンにして、Wi-Fi経由にてスマートスピーカーに直接ストリーミング再生させることのできる技術です。

そのため、「Google Play Music」と「Spotify」の音楽再生においては、音声コントロールでも、スマホでのコントロールでも、音質を劣化させることなく、綺麗な音質のまま楽しむことができます。

※Spotify Connect 機能を使用するには、Spotify Premium(有料)のアカウントが必要です。

Bluetoothスピーカーとしても使える

「JBL LINK 300」

出典:item.rakuten.co.jp

 「JBL LINK 300と500」はBluetoothスピーカーでもありますので、「Google Play Music」と「Spotify」以外の音楽も「JBL LINK 300と500」にて再生することができます。

Google アシスタント搭載なのでGoogle Homeのように使える

「JBL LINK 500」

出典:item.rakuten.co.jp

 『JBL LINK 300と500』には「Google アシスタント」が搭載されています。「Google Home」のように「ねぇ、グーグル」と話しかければ、音楽再生だけでなく、天気やレシピ、交通状況など様々なことに応えてくれます。

また、IoT製品などの操作やスマートリモコンなどとの連携もできるので、生活がとても便利になります。

Bluetooth
バージョン 4.2 ※伝送範囲:Class2(通信距離 10m、障害がない場合)
入力接続
Wi-Fi、Bluetooth
最大出力
JBL LINK 300:総合 50W
JBL LINK 500:総合 60W
ユニット
JBL LINK 300:20mm 径ツイーター×1、89mm 径ウーファー×1
JBL LINK 500:20mm 径ツイーター×2、89mm 径ウーファー×2
周波数特性
55Hz-22kHz
サイズ(H x W x D)
JBL LINK 300:134mm x 236mm x 154mm
JBL LINK 500:200mm x 370mm x 157mm
重量
JBL LINK 300:約 1.7kg
JBL LINK 500:約 3.5kg
付属品
JBL LINK 300:電源アダプタ、電源ケーブル
JBL LINK 500:電源ケーブル
発売日
2018 年 4 月 28 日(土)
クレジット
Copyright © Harman International Japan Co.,Ltd. All rights reserved.
公式サイトの情報を基に記述しています。

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
「JBL LINK 500」
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG