LeicaカメラとAI搭載スマホ『HUAWEI P20 Pro』NTTドコモから

 NTTドコモにて2018年6月下旬発売予定、HUAWEI(ファーウェイ)の最新かつハイエンド・フラッグシップモデルである『HUAWEI P20 Pro』。実質負担金(機種変更)はなんと、月額2,376円x24回 / 総額57,024円。

性能が良いので、3Dゲームアプリも快適。「Dolby Atmos」の3Dサラウンドも楽しめる。さらには、人工知能(AI)と3つのLeicaカメラが搭載。

そんな高性能かつ多機能なスマホ『HUAWEI P20 Pro』をご紹介します。

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

「iPhone8」や「iPhoneX」並みに高性能だから3Dゲームもサクサク

HUAWEI P20 Pro

出典:www.nttdocomo.co.jp

 『HUAWEI P20 Pro』は、HUAWEIが開発・販売するスマホであり、フラッグシップモデルです。その性能ななんと「iPhone8」や「iPhoneX」並み。3Dゲームもサクサク楽しむことができるスマホです。

エンターテインメント性の高いスマホ

「Dolby Atmos」対応 スピーカーでもイヤホンでも映画館のような3Dサラウンドを楽しめる

 『HUAWEI P20 Pro』は、映画館などにも採用される3Dサラウンドサウンド「Dolby Atmos」に対応しています。また、「USB Type-C ハイレゾ対応高音質イヤホン」が付属されます。

「Dolby Atmos」とは、正面、左右、後ろなど、方向がわかるサウンドにプラスして、音で上下までわかる、立体的なサウンドに包まれたような、リアルな体験のできる技術です。

そのため、「Dolby Atmos」に対応する映画やゲームであれば、立体的でリアルな体験が可能となるのです。「Dolby Atmos」に対応する映画コンテンツは今時点でもあるでしょうが、今後、「Dolby Atmos」に対応するゲームアプリも増えていくのではないでしょうか。

6.1インチのフルHD+有機ELディスプレイ

 『HUAWEI P20 Pro』のディスプレイは、話題の有機ELディスプレイです。メリットは、液晶に比べてボディを薄く作れるところと、明暗差をしっかり表現できる点にあります。

そのため、ゲームや映画など、暗いシーンの多い映像を見る場合にぴったりなディスプレイ。また、地デジの約1.6倍きめ細やかな、美しいフルHD+(2240 x 1080)ディスプレイでもあります。

美しいデザイン

「Midnight Blue」も用意された珍しいスマホ

『HUAWEI P20 Pro』NTTドコモ

出典:www.nttdocomo.co.jp

 スマホのカラーバリエーションは、ブラック・ホワイト・グレー、人気のある機種であればピンクもあるでしょうか。『HUAWEI P20 Pro』では、ブラックの他に、美しいミッドナイトブルーが用意されています。

アルミ製メタルボディと2.5D曲面ガラスで仕上げられた美しいデザイン

 絶妙なカーブを施された、美しいボディです。ガラスは、2.5D曲面加工で仕上げられているので、見た目だけでなく、手に馴染む持ちやすいスマホです。

IP67等級の防水・防塵性能

 『HUAWEI P20 Pro』は、「iPhone」シリーズ同様にIP67等級の防水・防塵性能を有しています。30分、1mの水深に水没しても、内部に浸水しない仕様で、最も等級の高い防塵性能もあります。濡れた手で使っても、外出先で使っても、とても安心です。

HUAWEI・LEICA・そしてNTTdocomoのロゴ

 『HUAWEI P20 Pro』は、NTTドコモから販売される、HUAWEI(ファーウェイ)製のスマホです。「HUAWEI」は、スマホシェア世界第3位。1位サムスン、2位Appleに続く、世界的ブランドです。

『HUAWEI P20 Pro』に搭載されるカメラは、「LEICA(ライカ)」製。日本のカメラに比べてとても高額で、カメラ好きの憧れでもあります。

AI(人工知能)と「Leica」のトリプルカメラ搭載

 スマホとして世界初「Leica」製の3つのカメラが搭載されています。2つではありません。3つです。自撮り用の「インカメラ」を含めたら、なんと4つも搭載されているのです。

2000万画素のモノクロレンズ+4000万画素のカラーレンズ+800万画素のズームレンズ。3つが普段の撮影に使う「アウトカメラ」です。

AI(人工知能)+「光学ズーム」専用レンズ+デジタルズームの「ハイブリッドズーム」で劣化の少ない5倍ズーム

 ズーム専用の「Leica」レンズがあるので、3倍の光学ズームが可能です。ズームの種類は2種類。「デジタルズーム」は、小さな画像を引き延ばすので、画質が荒くなります。「光学ズーム」の場合、レンズの焦点を変えることで撮影するので、画像の劣化がありません。

『HUAWEI P20 Pro』では、AI(人工知能)+「光学ズーム」専用レンズ+デジタルズームの「ハイブリッドズーム」で、劣化の少ない5倍ズームを可能とします。

AI(人工知能)+「光学式手ぶれ補正」で夜景の撮影もブレない

 暗い場所で、ブレずに綺麗な撮影をしようと考えた場合、三脚が必要です。暗いので、集める光が少なく、時間がかかってしまうのが理由です。

そのため、レンズが光を集めている間中、動かすことなく、カメラを固定しておかなければならないのです。少しでも動かしてしまえば、撮影された写真は、ブレたものとなります。

そこで登場するのが「手ぶれ補正」機能です。「手ぶれ補正」には、「光学式」と「電子式」2つの種類があります。

「電子式手振れ補正」の場合、コンピューターが加工することで、ブレていない画像を作りだす技術です。無理やり綺麗に補正するので、加工しきれない場合がでてきます。

「光学式手振れ補正」では、ブレに合わせてレンズが動く仕組みです。無理に加工しているわけではないので、「電子式」よりもブレない写真撮影が可能となります。

 『HUAWEI P20 Pro』の場合、AI(人工知能)+「光学式手ぶれ補正」の「AI手振れ補正」が採用されています。AIが手ブレを制御してくれるので、夜景の撮影であっても、ブレない綺麗な写真が撮りやすいカメラです。

AI(人工知能)+2400万画素 1.55μmの自撮りカメラ

 自撮りカメラが、通常の写真撮影に使う「アウトカメラ」並みに性能の高いスマホが、これまであったでしょうか。

『HUAWEI P20 Pro』に搭載される自撮りカメラは、なんと2400万画素です。画素数で、美しい写真撮影が可能かどうかは決まりませんが、イメージセンサーの大きさはなんと「1.55μm」です。

綺麗な写真を撮影できるかどうかを決める重要なポイントは、レンズの性能とイメージセンサーの大きさ。「1.55μm」という数字の大きさは、スマホのカメラとしてはトップレベル。レンズは「Leica」ですから、AI(人工知能)との相乗効果で、質の高い自撮りを可能としています。

AI(人工知能)など様々な機能が写真撮影をサポート

 AI(人工知能)は、水平かどうか、写真構図など、最適なアドバイスをしてくれます。明るさ、絞りなど、綺麗に撮るための様々な手助けです。

約0.3秒の高速撮影を可能とするオートフォーカス性能、約1000分の1秒の動きを捉える、32倍スーパースローモーション動画撮影、一眼レフカメラのように背景をぼかすことができるなど、あまりにも凄すぎるカメラです。

使い勝手も抜群すぎて便利

 
 「指紋認証」と「顔認証」センサー搭載。HUAWEI製のパソコンやスマホと簡単に写真などを共有できる「HUAWEIシェア」。「PREMIUM 4G(受信時最大988 Mbps)」対応。そして「おサイフケータイ」まで搭載されます。

『HUAWEI P20 Pro』があれば、何もかもがスマートな生活に変わります。

『HUAWEI P20 Pro』NTTドコモ

出典:www.nttdocomo.co.jp

サイズ
約 7.4 × 15.5 × 0.79cm
重さ
約180 g
カラー
Midnight Blue / Black
OS
Android™ 8.1
CPU
HUAWEI Kirin970 オクタコア 2. 4 GHz(クアッドコア)+ 1.8 GHz(クアッドコア) NPU(Neural-network Processing Unit)
メモリ
6 GB
ストレージ
128 GB
外部ストレージ
microSDXC: 128 GB (USB Type-C microSDカードリーダライター)
バッテリ
3900 mAh (内蔵電池)
コネクティビティ
Wi-Fi(対応通信規格):IEEE802.11a/b/g/n/ac
テザリング同時接続数:Wi-Fi 8台
Bluetooth(対応バージョン):4.2
ディスプレイ
約6.1 インチ / OLED / 1080 x 2240 ドット フルHD+
カメラ
アウトカメラ:有効画素数 約4000万 + 約2000万 + 約800 万画素 CMOS 裏面照射型
インカメラ:有効画素数 約2400万画素 CMOS 裏面照射型
通信速度 (受信時 / 送信時)
988 Mbps / 75 Mbps
防水・防塵
防水: IPX7
防塵:IP6X
VOLTE 対応
HD + 対応
PREMIUM 4G 対応
受信時最大988 Mbps
生体認証
指紋 / 顔
おサイフケータイ
スグ電
非常用節電機能
WORLD WING
本体付属品
クリアケース、USB Type-C ハイレゾ対応高音質イヤホン、USB Type-C・3.5 mm イヤホン変換アダプタ、USB Type-C microSDカードリーダーライター (対応最大容量microSD: 2 GB, microSDHC: 32 GB, microSDXC: 128 GB)、SIM取り出しツール
クレジット
©2018 HUAWEI Technologies Co. 1998 – 2018. All rights reserved.
このページの内容は全て公式サイトの内容を基に解説されています。

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
『HUAWEI P20 Pro』NTTドコモ
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG