※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

540Hz驚異の速度! ASUS ROG Swift Pro PG248QP完全解説

ゲーミングモニター

出典: https://rog.asus.com/jp/monitors/23-to-24-5-inches/rog-swift-pro-pg248qp/spec/

ASUS ROG Swift Pro PG248QP

広告

パルワールド(Palworld)のレンタルサーバーもカンタンにたてられる!

マルチプレイを簡単にすぐ始められる「Xserver for Game」

ゲーム愛好家、プロゲーマー、そしてテクノロジーに敏感な皆さん、今回ご紹介するのは、目を見張るような最新技術の結晶、「ASUS ROG Swift Pro PG248QP」です。なんと驚異的な540Hzのリフレッシュレートを誇り、今までにないスムーズなゲーム体験を実現します。このモニターは、従来のTNパネルを大きく凌駕する最新のE-TNパネルを採用し、応答速度0.2msを実現していま​​す。その圧倒的なパフォーマンスは、激しい戦闘シーンでもブレのないクリアな映像を提供し、あなたのゲームを次のレベルへと導きます。さらに、NVIDIA® G-SYNC®対応で、画面の ティアリング や スタッタリング を抑制し、最高のゲーム体験を保証します。今回の記事では、この驚異のモニターがどのようにしてゲーム環境を変革するのか、その詳細に迫ります。ASUS ROG Swift Pro PG248QPの全容を、詳細にわたって解き明かしていきましょう。

第 2 世代 Razer™ アナログオプティカルスイッチ(光学式)

ラピッドトリガー

調整可能な2 段式アクチュエーション

遅延:2.2ms(理論値)

ポーリングレート:1,000Hz

Razer Huntsman V3 Pro Mini

Razer Huntsman V3 Pro Mini完全レビュー・深堀り解析: 勝利の鍵

ASUS ROG Swift Pro PG248QP 概要

  • 予想実売税込価格:142,200円
  • サイズ:21.4イン​​チ
  • 画面解像度:フルHD(1920×1080)
  • リフレッシュレート:最大540Hz
  • パネルの種類:E-TN液晶
  • HDR:HDR10 / VESA DisplayHDR 400
  • 応答速度:0.2ms(GtG)
  • 可変リフレッシュレート:Adaptive-Sync
  • 輝度:最大輝度400cd/m2 / 最低輝度0.4cd/m2
  • 色域:sRGB 125%
  • NVIDIA® Reflex Analyzer
  • NVIDIA® G-SYNC Ultra Low Motion Blur 2(ULMB 2)
  • 低遅延のオーディオ・ESSコーデック(384 kHz/32bit)

ASUS ROG Swift Pro PG248QP

2024年2月2日発売予定

リフレッシュレート:最大540Hz

応答速度:0.2ms

NVIDIA® G-SYNC Ultra Low Motion Blur 2(ULMB 2)

低遅延のオーディオ・ESSコーデック(384 kHz/32bit)

NVIDIA® Reflex Analyzer

540Hz驚異の速度! ASUS ROG Swift Pro PG248QP完全解説

無意味じゃない!リフレッシュレート540Hz

NVIDIAが公表するリフレッシュレート実験結果によるとリフレッシュレート120Hzのエイム精度は28%、240Hzで33%、360Hzで37%とエイム精度が上昇するそうです。

左上のイラストのように映像がヌルヌルと滑らかになることが理由の一つ目。右上のイラストのように、他者(リフレッシュレート500Hz以下のモニターを使うライバル達)より未来を見てエイムすることができるからです。

リフレッシュレート540Hz対応のROG Swift Pro PG248QPなら、FPSでもっと勝てるようになります。遅延はたったの0.00185秒(1.85ms)!

※540Hzの表示を行うには、GeForce RTX 20シリーズ以降のGPUが必須

2,000Hzに相当するモーションブラー軽減効果を実現する「G-SYNC Ultra Low Motion Blur 2」(ULMB 2)

リフレッシュレートが540Hzといくら高速であっても、残像に誤魔化されてエイムの精度が安定しないのでは意味がありません。FPSのように、高速で人間が動き回るターゲットに点でマウス操作を要求される精細さを求められるゲームにおいては、モーションブラーと呼ばれる残像は天敵です。

Ultra Low Motion Blur 2(ULMB 2)という技術はとても活気で敵で、モニターのリフレッシュが完了する都度、一瞬だけ光らせることで残像を軽減させます。

しかしながら、既存のモーションブラー軽減技術には問題がありました。リフレッシュが完了する都度光らせるという技術。高速リフレッシュレート可能なモニターにも対応できるのか? できなかったのです。そのためFPSプレイヤーは、モーションブラーが使いたくても使うことができず、仕方なしにオフにする選択肢しかなかったのです。

ULMB 2なら安心です。リフレッシュレート540Hzでプレイしたとしても、ULMB 2という名のモーションブラー技術を併用できるので、残像にエイム力の足を引っ張られる心配がありません。

超高音質

CDの高精細かつ高解像度な音質を超えたらハイレゾ相当の音質です。CDには、どれだけ音を細かく保存されているかというと1秒間に44,100回。1秒間に540回映像を切り替えるリフレッシュレート以上に高精細です。

44,100に別けられた音一つ一つにどれだけのデータが保存されているのかというと16ビット分。わかりやすい数値に変えると2B(バイト)です。2GBの10億分の1のデータ量。

44.1kHz/16bitを超える音質を超えたら、ハイレゾ認定を受けることができます。

ROG Swift Pro PG248QPは驚きの384kHz/32bit対応。主に96kHz/24bitでハイレゾとして売られており、より高精細であっても192kHz/24bitですが、ROG Swift Pro PG248QPはそれを余裕で超えます。

理由は、5万円や10万円以上するオーディオデバイスに採用されるESSのDACです。デジタル音源をアナログ音源に変換する役割を持つDACは、高音質化する際に重要。ROG Swift Pro PG248QPは高速リフレッシュだけでなく、高音質にもこだわっています。

遅延:0.325ms(理論値)


ポーリングレート:8,000Hz

第 3 世代オプティカルマウススイッチ(光学式)

DPI:30,000 / DPI刻み:50DPIずつ

最大速度:750IPS

Razer DeathAdder V3

Razer DeathAdder V3が変えるゲーミングマウスの世界|ゲーマー必見の進化詳細

最低限の明るさと暗さ表現を実現するDisplayHDR 400対応

HDR10対応のゲームタイトルは最大輝度1000cd/m2以上、0.005cd/m2以下に対応しています。しかしながら、ゲーミングモニターは、明るさ(最大輝度)が400cd/m2、暗さ(最低輝度)0.4cd/m2の製品がほとんどです。

ゲーム開発者側はそれをしていますので、ゲームの多くは、最大輝度400cd/m2と最低輝度0.4cd/m2を意識して開発しています。

最大輝度400cd/m2と最低輝度0.4cd/m2を実現するには、それなりに厳しい要件なので、それ以下のゲーミングモニターも数多く存在増します。上のイラストのように輝度はとても重要で、暗いシーンや影になっているシーンの視認性を左右します。どちらの方がエイム力を上げ下げするのか、イラストを見れば一目瞭然です。

DisplayHDR400の厳しい要件をクリアするROG Swift Pro PG248QPなら、比較的高い視認性で勝負ができるので、FPSの勝率の足を引っ張る恐れが少なめです。

GPUは最低でもGeForce RTX 4060 Ti or 3070クラスご利用の方にだけおすすめ

VALORANTをプレイすることを想定した場合、GPUはGeForce RTX 4060 Ti or GeForce RTX 3070クラスをご利用の方にしかROG Swift Pro PG248QPをおすすめすることができません。

ワンランク下げて、GeForce RTX 4060 or GeForce RTX 3060 Tiでもオッケーですが、リフレッシュレート540Hzを出せない場合も想定できます。安定してリフレッシュレート540Hzを実現するのであれば、GeForce RTX 4060 Ti or GeForce RTX 3070以上が安心です。

540Hzの表示を行うには、GeForce RTX 20シリーズ以降のGPUが必須ではありますが、少なくともVALORANTにおいては、GeForce RTX 2080 Tiであっても490Hz前後が限界になります。つまり、GeForce RTX 4060 Ti or GeForce RTX 3070以下をご利用の方にROG Swift Pro PG248QPは宝の持ち腐れとなりますので注意が必要です。

Apex LegendsはVALORANTよりもさらに重いので、フルHD(低設定)かつGeForce RTX 4090であってもリフレッシュレート300Hzが限界となります。

最後に、ASUS ROG Swift Pro PG248QPの特徴を総括すると、このモニターはただのゲーミングデバイスではありません。それは、最先端の技術とデザインの融合、そしてユーザー体験の革新を体現した製品です。540Hzという驚異的なリフレッシュレートは、ゲームの世界においてこれまでにないレベルの滑らかさと精度を提供します。その上、最新のE-TNパネルによる高速応答速度は、どんなに速い動きのゲームでもクリアで鮮明な画像を保証し、ゲームプレイをより魅力的で没入感あふれるものにします。また、NVIDIA® G-SYNC®のサポートにより、画面のテアリングやストタリングを最小限に抑え、ストレスフリーなゲーム体験を実現します。これらの機能は、競技レベルのプレイヤーにとっても、日常のゲームをより楽しみたいと考えるユーザーにとっても、大きな価値をもたらします。ROG Swift Pro PG248QPは、究極のゲーム体験を求めるあなたにとって、間違いなく最適な選択肢となるでしょう。

ROG Swift Pro PG248QP スペック

画面サイズ24.1インチ
パネルタイプE-TN方式液晶
ノングレア(非光沢)
解像度フルHD(1920×1080)
リフレッシュレート360Hz
オーバークロック時540Hz
可変リフレッシュレートAdaptive-Sync
システム遅延把握NVIDIA® Reflex Analyzer
応答速度0.2ms(GtG)
モーションブラーNVIDIA® G-SYNC Ultra Low Motion Blur 2(ULMB 2)
バックライト技術
色域sRGB 125%
最大表示色約1677万色
HDRHDR10
VESA DisplayHDR 400
輝度400cd/m2
コントラスト比1000:1
視野角170 / 160
フリッカー機能
ブルーライト軽減機能
PIP/PBP×
画質モードG-SYNC Esports
Racing
Cinema
RTS/RPG
sRGB
Scenery
その他の機能GamePlus機能
HDCP :対応(2.2)
Game Visual機能
オーディオ低遅延のオーディオ・ESSコーデック
最大32ビット384 kHzの高音質PCM
サラウンドサウンド
マイク×
入出力端子DisplayPort 1.4 ×1
HDMI 2.0× 2
イヤホンジャック ×1
USB-A 3.2 Gen 1 ×2
高さ調整0~110mm
チルト-5~20°
スイベル-30~30°
ピボット×
壁掛けVESA 100×100mm
ライティングAura Sync
消費電力使用時 :<21W
スタンバイ時 :<0.5W
電圧 :100-240V, 50/60Hz
サイズスタンドあり:幅557.3×奥行255×高さ502 mm
スタンドなし:幅557.3×奥行85.8×高さ330.4 mm
重量スタンドあり:約7.5Kg
スタンドなし:約3.6kg
付属品キャリブレーションレポート
DisplayPortケーブル
HDMI ケーブル
電源アダプター
電源コード
クイックスタートガイド
USB Type-B to Aケーブル
保証書
ASUS ROG Swift Pro PG248QP
最新情報をチェックしよう!

【 PS5本体 】実質無料! NURO光

ソニーグループの一つであるソニーネットワークコミュニケーションズが運営するNURO光の光回線サービスと、2023年2月20日17時より開始した、NURO光のオプションサービス「PS5 実質無料特典」について詳しくご紹介します。

CTR IMG