※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

最先端AIヘッドトラッキング搭載! Razer Leviathan V2 Pro 詳細|新世代のゲーム好き必見

広告

パルワールド(Palworld)のレンタルサーバーもカンタンにたてられる!

マルチプレイを簡単にすぐ始められる「Xserver for Game」

ゲーム愛好家の皆さん、注目してください!ついに登場した「Razer Leviathan V2 Pro」は、ただのサウンドバーではありません。この革新的な製品は、最先端のAIヘッドトラッキング技術を駆使し、あなたの耳の位置に応じて音響体験を最適化します。想像してみてください、あなたがゲームの世界に没入する中で、音がまるであなたを取り巻くように変化する様子を。Razer Leviathan V2 Proは、THX ® Spatial Audio に対応し、アダプティブビームフォーミング技術を備えており、リアルタイムでサウンドを調整することで、前例のないオーディオ体験を提供しま​​す。このサウンドバーは、ゲームだけでなく、映画や音楽の鑑賞にもその力を発揮し、あなたのエンターテインメント体験を一新させることでしょう。今回のブログでは、この驚異のサウンドバー「Razer Leviathan V2 Pro」の詳細な機能と、なぜこれがゲームや映画愛好家にとって必携のアイテムであるのかを徹底的に掘り下げていきます。

第 2 世代 Razer™ アナログオプティカルスイッチ(光学式)

ラピッドトリガー

調整可能な2 段式アクチュエーション

遅延:2.2ms(理論値)

ポーリングレート:1,000Hz

Razer Huntsman V3 Pro Mini

Razer Huntsman V3 Pro Mini完全レビュー・深堀り解析: 勝利の鍵

Razer Leviathan V2 Pro 概要

  • 発売日:2024年1月31日
  • ユニット型(ワイヤレスサブウーファーとセット)
  • 接続:USB(PC) と Bluetooth5.0(スマホ等)
  • 2.1ch(フルレンジドライバー×5搭載)
  • ビームフォーミング(AI×赤外線で頭の動きを追跡)
  • 3D立体音響:THX® SPATIAL AUDIO

ASUS ROG Swift Pro PG248QP

2024年2月2日発売予定

リフレッシュレート:最大540Hz

応答速度:0.2ms

NVIDIA® G-SYNC Ultra Low Motion Blur 2(ULMB 2)

低遅延のオーディオ・ESSコーデック(384 kHz/32bit)

NVIDIA® Reflex Analyzer

540Hz驚異の速度! ASUS ROG Swift Pro PG248QP完全解説

ゲーミングヘッドセットの代替品ではない!

ヘッドセットの2.5倍の数 ドライバー5つ搭載

Razer Leviathan V2 Proはゲーミングヘッドセットの代替品ではありません。圧倒的高音質と3D立体音響を実現できます。理由はドライバーの数にあります。

ゲーミングヘッドセットのドライバーは、左右に2つしか存在しません。一方のRazer Leviathan V2 Proはさすがサウンドバー。約5cmのドライバーが5つも搭載されています。

5つのドライバーは、くっついて配置されているのではなく、横並びに離れて配置されています。AIとビームフォーミングの高価と合わせて、3D立体音響をよりリアルに実現させる、計算されたハイチであることがカンタンに想像できます。

ゲーミングヘッドセットでは実現できない、広い空間かつリアルな3D立体音響に期待が持てます。

重低音専用のサブウーファーとセット

Razer Leviathan V2 Proは、サウンドバーとサブウーファーがセットになった製品です。サブウーファーのサイズはなんと、約13.5cm。ゲーミングヘッドセットにはサブウーファーは存在しませんし、13.5cmもの大きなドライバーを内蔵させることもできません

タンバリンと和太鼓の音の高さの差を想像してみてください。タンタンタンと甲高い音を奏でるタンバリン。ずしんと胸に響く様な重低音を奏でる和太鼓。ドライバーサイズの差は、低い音を出せるかどうか、大きな差をつくります。

FPSは低い音が重要なゲームです。また、RPGのサウンドの重みがリアルな迫力を演出します。13.5cmのサブウーファーとセットであるRazer Leviathan V2 Proで聴くサウンドは、臨場感と迫力溢れるサウンドに仕上がることでしょう。

頭の動きを追跡して演算、音の発生源をバーチャルから現実に

Razer Leviathan V2 Proの最大の特徴は、AI×赤外線×ビームフォーミング×THX® SPATIAL AUDIOです。赤外線であなたの耳の位置を常に追跡。あなたの耳の位置に合わせてAIが演算しなおして、ゲームの世界に入り込んだような3D立体音響をビームフォーミングで音を届けるという仕組みです。

しかも、3D オーディオモードが2種類用意されています。

一つ目はバイノーラルや2chコンテンツへのアプローチです。FPSやバイノーラルなど、定位が重要なサウンドを聞きたい場合のモードです。

もう一つが音に包まれるサラン度の実現です。あなたを中心に、5つないし7つのスピーカーで円状に囲うホームシアターシステム。5つのドライバー搭載×3D立体音響のTHX® SPATIAL AUDIO対応のRazer Leviathan V2 Proなら、目の前にRazer Leviathan V2 Proを置くだけで、まるで7.1chホームシアターシステムの臨場感あふれるサラウンドサウンドを可能とします。

遅延:0.325ms(理論値)


ポーリングレート:8,000Hz

第 3 世代オプティカルマウススイッチ(光学式)

DPI:30,000 / DPI刻み:50DPIずつ

最大速度:750IPS

Razer DeathAdder V3

Razer DeathAdder V3が変えるゲーミングマウスの世界|ゲーマー必見の進化詳細

欠点は接続性? PC専用のサウンドバー

Razer Leviathan V2 Proの接続方法は、USB-CとBluetoothのみになります。HDMIや光デジタルには非対応。完全に、PC専用のサウンドバーであり、デスクトップでゲームする人に向けて設計されています。そのため、テレビの大画面で映画鑑賞もしたいという期待には応えることができません。

その証拠といわんばかりに、ゲーミングモニターの下に配置するとちょうどいいサイズです。さらに、手を伸ばせば、わかりやすく簡単なインターフェースに触れることができます。電源/音量ダイヤルの他に、オーディオイコライザーボタン、3Dオーディオモードボタン、ソースボタン、Chroma モードボタンと4つのボタンが用意されています。

強くおすすめできないサウンドバー→AIヘッドトラッキングに価値を見出せる人にだけおすすめ

偉そうではありますが、正直に意見を言わせていただきますと、Razer Leviathan V2 Proは強くおすすめすることのできないサウンドバーになります。理由は、AIヘッドトラッキング機能が価格を大きく引き上げているからです。

AIヘッドトラッキング機能が重宝されるゲームはVRゲームになると思います。他方、FPSやRPGをデスクトップ上でプレイしていて、頭を大きく動かすシーンを想定できません。

AIヘッドトラッキング機能を追加したせいで、同価格帯の他社のサウンドバーに比べてスピーカー構成や3D立体音響で大きく劣っていると言わざるを得ません。

たとえば、Bose Smart Soundbar 600は3.0.2ch。つまり、3方向からのサウンドを実現するだけでなく、天井の反射を利用した、頭上からの音を再現するイネーブルドスピーカーが 2つも搭載されます。もちろんビームフォーミング対応で、3D立体音響のDolby Atmosにも対応しています。

JBL BAR 500であれば、5.1ch構成です。5つのスピーカーが内蔵されるだけでなく、別途サブウーファーがついてきます。サブウーファーは25cmと大口径ですし、Dolby Atmosやビームフォーミングにも対応しています。

両方ともHDMI接続可能。AIヘッドトラッキング機能がないだけで、これほどに3D立体音響と高音質に差を付けられます。

AIヘッドトラッキングを取るのか、高音質かつ定位感を取るのか、Razer Leviathan V2 Proを購入するかしないかの選択は、このあたりのポイントを意識するといいと思います。

このブログを読んでいただき、Razer Leviathan V2 Proの魅力について深く理解していただけたと思います。最先端のAIヘッドトラッキング技術により、位置に応じたオーディオ体験を実現するこのサウンドバーは、ゲームプレイ、映画鑑賞、音楽リスニングといったエンターテインメント体験を格段に向上させま​​す。THX ® Spatial Audio に対応し、あらゆる角度からのサウンドをクリアに再現する能力は、あなたが今まで経験したことのない没入感を生み出します。このサウンドバーはただのアップグレードではなく、あなたのデジタルライフスタイルを根本から変えるイノベーションです。Razer Leviathan V2 Proを手に入れ、ゲームや映画の世界にさらに深く飛び込んでみませんか?あなたのオーディオ体験を次のレベルへと引き上げるために、今こそその一歩を踏み出しましょう。

Razer Leviathan V2 Xと仕様比較

Leviathan V2 ProLeviathan V2 X
RZ05-04160100-R3A1RZ05-04280100-R3M1
ブラックブラック
2024年1月31日発売2022年10月28日発売
71,940円15,880円
サウンドバー:600 × 113.7 × 90.1mm
ワイヤレスサブウーファー:260 × 295 × 260mm
400 × 77 × 71mm
サブウーファーなし
サウンドバー:約2.27kg
ワイヤレスサブウーファー:約5.08kg
0.845 kg
フルレンジドライバー 2インチ × 5
ダウンファイアリングサブウーファードライバー 5.25インチ × 1
フルレンジ 楕円形ドライバー 約2インチ × 2
パッシブラジエーター約2インチ × 2
40Hz -20,000Hz85Hz -20,000Hz
THX Special Audioなし
赤外線カメラ:
視野角:90°
最適距離:0.3m – 1.5m
なし
Razer Chroma RGBRazer Chroma RGB
USB接続
Bluetooth接続
USB接続
Bluetooth接続
保証期間:1年保証期間:1年
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

【 PS5本体 】実質無料! NURO光

ソニーグループの一つであるソニーネットワークコミュニケーションズが運営するNURO光の光回線サービスと、2023年2月20日17時より開始した、NURO光のオプションサービス「PS5 実質無料特典」について詳しくご紹介します。

CTR IMG