約8千円!タンスのゲン ゲーミングチェア『Racers』

ロジクールG933s

最大11.1chサラウンド ワイヤレスヘッドセット『ロジクールG933s』


  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 遅延心配ない2.4GHz独自ワイヤレス
  • 3.5mm 4極プラグ接続も可能
  • ワイヤレス+3.5mm接続の音声ミックス可能
  • 快適性と耐久性を追求 90度回転イヤーカップ
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング
  • 最大12時間長寿命バッテリー

タンスのゲン ゲーミングチェア『Racers』とは

『Racers』は、さまざまな機能を採用した、遊び心溢れるオフィスチェアなのだそうです。しかし、そのさまざまな機能は、それこそまるでゲーミングチェアのようです。

価格はAmazonで7,980円(2018年7月3日現在)

『Racers』の価格は、ゲーミングチェアの中でもかなり安く、Amazonにて税込7,980円(2018年7月3日現在)で購入することができます。

しっとり質感のソフトレザー×メッシュだから肌触りが良く蒸れにくい

ベタつかずしっとりした質感のソフトレザー。通気性がよく蒸れにくいメッシュ素材。2つの素材があしらわれたゲーミングチェアです。そのため、不快感を感じることなく長時間のゲームプレイが可能となります。

憧れのロッキングチェア

約8千円と低価格。タンスのゲン ゲーミングチェアは、憧れのロッキングチェアでもあります。背もたれにもたれかかり、背筋を伸ばしてみれば、後ろのに傾くので、心地よく揺られて小休憩することができます。ゲームの合間のリラックスに最適。

高さ調節可能

身長に合わせて、座面の高さを8cm昇降させることができます。椅子は360度回転しますし、キャスター付きです。

「バケットシート」ではないが身体のカタチにフィットする立体クッション

バケット(bucket)とはバケツのこと。背もたれの左右が高く設計された、バケツ型シート。強い遠心力で左右に振られることを防止するため、レーシングカーのコックピット用に設計されたものです。

ゲームプレイ中においても、姿勢を保つことが困難で、左右に傾きがち。こうした場合においても、姿勢を崩すことを防止。肩や背中、腰を痛めるのを防いでくれます。

ただし、タンスのゲン ゲーミングチェアは「バケットシート」ではありません。しかし、身体のカタチにフィットする立体クッションが採用されています。背もたれの左右は、多少高く設計されています。

カラー ハドソンブルー フォードレッド

張地 ソフトレザー×メッシュ

外寸 幅65×奥行62×高さ102~110cm(8cm昇降)

重量 約15kg 座面までの高さ(SH) 44~52cm 肘掛までの高さ 66~74cm

クレジット Copyright 2004- タンスのゲン株式会社 公式サイトの情報を基に記述しています。

ロジクールG633s

最大11.1chサラウンドゲーミングヘッドセット『ロジクールG633s』

  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 3.5mm 4極プラグ接続
  • 肌触り抜群のスポーツメッシュ・イヤーパット
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング

ASTRO Gaming ミックスアンプ プロ MixAmp Pro TR

PS5×『Astro MixAmp Pro TR』でTempest 3Dオーディオ レビュー


  • Tempest 3Dオーディオ or 5.1chサラウンドサウンド 両方使える
  • イコライザ設定可能
  • 4種のイコライザ設定を保存&切り替え可能
  • ノイズゲート機能搭載
  • ミキシング機能付き
  • PlayStationのボイチャとPC・スマホのボイチャのミキシングも可能
  • PCからのゲーム配信がカンタン
タンスのゲン ゲーミングチェア『Racers』
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG