【Steamデビュー】にオススメのゲーミングPC『ASUS ROG GR8 Ⅱ』

パソコンゲームしたいけど、どのようなパソコンを買えば良いのかを迷ってしまうといった方に。

安いのに高性能。SteamデビューにオススメのゲーミングPC『ASUS ROG GR8 Ⅱ』をご紹介します。

出典:www.amazon.co.jp

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

『ASUS ROG GR8 Ⅱ』基本情報

CPU
GR8 II-6GT027Z:インテル® Core™ i7-7700 プロセッサー
GR8 II-T084Z:インテル® Core™ i7-7700 プロセッサー
GR8 II-T085Z:インテル® Core™ i5-7400 プロセッサー
※シェフに例えます
グラフィックカード
NVIDIA® GeForce GTX 1060
ビデオメモリ:3GB (専用ビデオメモリ)
 ビデオカードの取り外・換装は不可
※パティシエに例えます
メインメモリ
GR8 II-6GT027Z:16 GB(最大搭載可能容量32 GB)
GR8 II-T084Z:16 GB(最大搭載可能容量32 GB)
GR8 II-T085Z:8 GB(最大搭載可能容量32 GB)
SO-DIMMスロット×2
※シェフ厨房の大きさに例えます
ストレージ
GR8 II-6GT027Z:SSD 512GB + HDD 1TB
GR8 II-T084Z:SSD 256GB + HDD 1TB
GR8 II-T085Z:SSD 128GB + HDD 1TB
2.5インチHDDまたは2.5インチSSDの増設可能
※冷蔵庫の大きさに例えます
電源仕様
ACアダプター(消費電力最大約230 W)
※レストランの運営費用に例えます

Amazonにて約12万5千円〜購入できるSteamデビュー向けゲーミングPC

『ASUS ROG GR8 Ⅱ』は3種類。それぞれ、CPUとメインメモリとストレージの大きさが異なります。

Steamデビューをお考えの方に、最もオススメしたいモデルは、最も性能の低い『GR8 II-T085Z』です。理由は価格。Amazonにて124,563円(2018年7月12日現在)で購入することができます。

ちなみに、『GR8 II-T084Z』は184,400円、『GR8 II-6GT027Z』186,090円(2018年7月12日現在)です。『GR8 II-T084Z』と『GR8 II-6GT027Z』で迷うのなら、約2,000円の価格差しかないので、『GR8 II-6GT027Z』がオススメ。

Steamのゲームのほとんどの最低限必要なスペックを満たし、多くの推奨環境すら満たす性能

3~4つ星シェフ並みに高性能なCPU

『ASUS ROG GR8 Ⅱ』に搭載されるCPUは、3~4つの星をもらったシェフ並みに高性能な腕前を持っています。

『GR8 II-6GT027Z』と『GR8 II-T084Z』に搭載されるCPU「インテル® Core™ i7-7700」は、最新の第8世代「Core i7」を含めても、5番目に高い性能。シェフに例えるなら、4つ星シェフといったところでしょうか。

『GR8 II-T085Z』の搭載されるCPUは「インテル® Core™ i5-7400」。星は1つ少ない3つ星シェフといったところです。

『GR8 II-T085Z』を選択しても、Steamで販売される3DゲームやVRゲームのほとんどすべての「最低限必要なスペック」を満たします。また、ほとんどとまではいえませんが、多くのゲームの「推奨スペック」を満たしています。

『GR8 II-6GT027Z』と『GR8 II-T084Z』の場合、ほとんどすべての「推奨スペック」を満たしています。

2つ星パティシエ並みに高性能なGPU

CPUがパソコン全体の処理を行う頭脳とするのであれば、GPUの役割は、画像・映像の処理を行う専用頭脳です。

パソコンでは、ゲームをしたり、動画の編集したり、エクセルで表を作ったり、インターネットを閲覧したり、動画を観たり、検索したりなどをします。それらの注文を処理しているのがCPU。

レストランに例えると、メニューを開いて前菜、スープ、魚料理、口直し、肉料理、デザートなどを注文します。これらの料理を調理しているのがシェフ(CPU)ということになります。

ここでは、画像・映像の処理を、ケーキの調理に例えます。一般的なパソコンの場合、シェフが一緒にケーキも作っています。別にパティシエがいるわけではありません。

ゲーミングPCの場合、シェフ(CPU)とは別に、ケーキづくりのスペシャリスト パティシエ(GPU)まで別にいるイメージ。しかも、シェフ(CPU)にはシェフ専用の厨房。パティシエ(GPU)にはパティシエ専用の厨房と、別に用意されているのです。

そのパティシエ専用の厨房がグラフィックカードです。『GR8 II-T085Z』の搭載される「NVIDIA® GeForce GTX 1060」は、例えるなら2つ星パティシエです。

「NVIDIA® GeForce GTX 1060」であれば、Steamの3Dゲーム、VRゲームほとんどすべての最低限必要なスペックを満たしています。もちろん、多くのゲームの「推奨スペック」も満たしています。

軽く調べた限り、最低限必要なスペックを満たしていないゲームは、「Fallout 4 VR」くらいでした。

最低限必要なスペックを満たすメインメモリ

『GR8 II-T085Z』のメインメモリは8GBです。メインメモリは、シェフ(CPU)の厨房の大きさに例えることができます。

ゲーミングPCでなければ、十分大きな厨房になりますが、3DゲームやVRゲームなどをプレイ予定であるゲーミングPCとして使うには、「最低限必要なスペック」ということになります。

ほとんどすべての3DゲームやVRゲームは、メインメモリが8GBあれば、プレイすることが可能です。

『GR8 II-6GT027Z』と『GR8 II-T084Z』の場合、もともとメインメモリが16GBありますので、ほとんどすべての3DゲームやVRゲームの「推奨スペック」すら満たします。

『GR8 II-6GT027Z』『GR8 II-T084Z』『GR8 II-T085Z』3種すべて、最大32 GBまで増設することができますので、後々必要になったら増やすといったことも可能。

ストレージはSSD 128GB~512GB + HDD 1TB

ストレージはレストランで例えると冷蔵庫です。冷蔵庫に保存したゲームソフトを取り出して、厨房でシェフ(CPU)とパティシエ(GPU)が調理するイメージ。

『ASUS ROG GR8 Ⅱ』には、2種類の冷蔵庫(ストレージ)が用意されています。1つは「M.2 SSD」。

「SSD」は、「HDD」に比べてデータの読み書きが高速です。しかも、『ASUS ROG GR8 Ⅱ』に搭載される「SSD」は、データの転送方式が「M.2」と呼ばれるもの。

「M.2」は、通常の転送方式「SATA」に比べると、理論的に3倍もデータの転送速度が高速です。実際には、50GB前後のゲームはおおよそ2倍、80GBの大容量ゲームなら約3倍、ゲームの起動が速くなる可能性があります。

そのため、よくプレイするゲームは「M.2 SSD」に保存。あまりプレイしなくなってきたゲームは「HDD」に保存しておくなどの保存わけが可能です。

『GR8 II-6GT027Z』『GR8 II-T084Z』『GR8 II-T085Z』3種ともに「HDD」のストレージは1TB(1000GB)。「M.2 SSD」の容量だけが異なります。

『GR8 II-6GT027Z』が最も多く512GB、『GR8 II-T084Z』が256GBで、『GR8 II-T085Z』は128GBになります。

フルHD 60Hzのリフレッシュレートモニターが目安「4K」には向かない

『ASUS ROG GR8 Ⅱ』は、SteamデビューにオススメのゲーミングPCです。出力されるゲームの映像は、平均的にフルHD 60fpsのフレームレート出力が目安と考えておきましょう。

「フルHD」は、地デジの約1.3倍きめ細やかな映像出力ができます。「60fps」は、1秒間に60枚の静止画で動画を作り出すことができる性能になります。

例えるなら、「PS4」と「PS4 Pro」の中間くらいに位置する性能といえます。『ASUS ROG GR8 Ⅱ』向けのモニターを購入するなら、フルHD リフレッシュレート60〜75Hzくらいのモニターがオススメ。

SteamデビューゲーミングPCにオススメのモニター『ASUS VP278H』

4Kやリフレッシュレート100Hzを超えるモニターでも良いのですが、『ASUS ROG GR8 Ⅱ』では、高性能モニターの性能を活かすことができません。

リフレッシュレートに関係しますが、『ASUS ROG GR8 Ⅱ』は、「FPS」メインでゲームプレイしようと考えている方にはオススメできません。

『ASUS ROG GR8 Ⅱ』での「FPS」は、「PS4」で「FPS」している感じになります。せっかくゲーミングPCで「FPS」をプレイするんだったら、144Hzなどの高性能モニターでプレイしてみたいとお考えの方は、がっかりすることになります。

「アクション」や「FPS」の場合、動きが速いので、フレームレート&リフレッシュレートが高い方が、滑らかな映像で出力されますが、低いとカクつくことがあります。

同じ理由で、「推奨スペック」を満たさないゲームをプレイする場合には、解像度が落ちたり、映像がカクつきやすくなりますので、その点考慮した上で購入しましょう。

OS
Windows 10 Home 64ビット
CPU
GR8 II-6GT027Z:インテル® Core™ i7-7700 プロセッサー
GR8 II-T084Z:インテル® Core™ i7-7700 プロセッサー
GR8 II-T085Z:インテル® Core™ i5-7400 プロセッサー
搭載チップセット
インテル® H110
グラフィックカード
NVIDIA® GeForce GTX 1060
ビデオメモリ:3GB (専用ビデオメモリ)
 (ビデオカードの取り外・換装は不可)
メインメモリ
GR8 II-6GT027Z:16 GB(最大搭載可能容量32 GB)
GR8 II-T084Z:16 GB(最大搭載可能容量32 GB)
GR8 II-T085Z:8 GB(最大搭載可能容量32 GB)
SO-DIMMスロット×2
ストレージ
GR8 II-6GT027Z:SSD 512GB + HDD 1TB
GR8 II-T084Z:SSD 256GB + HDD 1TB
GR8 II-T085Z:SSD 128GB + HDD 1TB
2.5インチHDDまたは2.5インチSSDの増設可能
無線機能
Intel 8260 Dual Band IEEE802.11ac/n/a/g/b
Bluetooth® v4.1 , Bluetooth V4.2
LAN機能
1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
オーディオ機能
SupremeFX
前面インターフェース
ヘッドホン×1
マイク×1
USB 3.1 Gen 1 Type-A×2
背面インターフェース
USB 3.1 Gen 2 Type-A×1
USB 3.1 Gen 2 Type-C×1
USB 3.1 Gen 1 Type-A×2
HDMI出力×2
S/P DIF出力×1
DisplayPort×1
LAN(RJ45)×1
ケンジントンセキュリティースロット×1
電源入力×1
オーディオ×1(スピーカー)
電源仕様
ACアダプター(消費電力最大約230 W)
サイズ
幅88 mm×高さ299 mm×奥行き281.3 mm
質量
約4 kg
主な付属品
キーボード(92キー日本語ゲーミングキーボード M801)
マウス(ROG ゲーミングマウス SICA)
ACアダプター
電源ケーブル
製品保証書
クイックスタートガイド
ユーザーマニュアル
その他
購入日より12ヵ月間の日本国内保証
クレジット
© ASUSTeK Computer Inc. All rights reserved.
公式サイトの情報を基に記述しています。

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
ゲーミングPC『ASUS ROG GR8 Ⅱ』
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG