【コナンアウトキャスト攻略】たき火の使い方・操作方法

『コナンアウトキャスト』の『たき火』の使い方は、ゲームを始めた時はかなり手間取ります。分かりづらいといっても良いくらい。

今回は、『たき火』の使い方・操作方法についてご紹介したいと思います。

ロジクールG933s

最大11.1chサラウンド ワイヤレスヘッドセット『ロジクールG933s』


  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 遅延心配ない2.4GHz独自ワイヤレス
  • 3.5mm 4極プラグ接続も可能
  • ワイヤレス+3.5mm接続の音声ミックス可能
  • 快適性と耐久性を追求 90度回転イヤーカップ
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング
  • 最大12時間長寿命バッテリー

たき火のクラフト方法

『たき火』を作るには、技能「原始の料理人」が必要です。材料は「石12 + 木の枝5」。『たき火』があれば、肉や魚を焼いたり、「かゆ」を作ることができます。

原始の料理人
レベル3、コスト1
たき火
石12 + 木の枝5
かゆ10
繊維5 + 種子1
繊維と種子は草を取ると入手できる
あぶり端肉
端肉1
端肉は、ワニや小さい亀を倒すと入手できる
ステーキ
食肉1
食肉は、大きい亀を倒すと入手できる
調理人肉
人肉1
人肉は人を倒すと入手できる

たき火を設置する

「タッチパット」でイベントリを開いて、作った『たき火』にカーソルを合わせ「L1」を押します。

するとリングメニューが開くので、「L3」スティックで、装備したい場所にカーソルを合わせて、「○」で装備します。

イベントリを閉じ、「L1」を押しながら「L3」スティックを『たき火』の方向に倒すと、「建設モード」に切り替わり、『たき火』を地面に置くことができるようになります。

設置したい場所に移動したら、『たき火』を「R1」で設置。

たき火の使い方

燃料を入れる

『たき火』の前に立つと、上の画像のように説明の吹き出しが表示されます。「□」を押して、『たき火』のイベントリを開きます。

持っている燃料(繊維や木の枝、木材など)にカーソルを合わせ、「R2」で『たき火』の中に燃料を入れます。

肉を入れる

持っている肉にカーソルを合わせ、「R2」で『たき火』の中に肉を入れます。

①燃焼時間と再生ボタンが白くなっていることを確認

燃料を入れると、再生ボタンが白く変わります。また、『たき火』に入れた燃料で、どれだけの時間燃やすことができるかも表示されます。

②「L2」で火をつける

燃料が入って入れば、「L2」で火をつけたり、消したりができるようになります。

③で生産待ちを確認できる

右下に、生産待ちの肉が表示されます。

④でその場で使ったり自分のイベントリに入れる

肉が焼きあがると、『たき火』から「□」で直接食べたり、「R2」で自分のイベントリに移動したりができます。

「△」を押すと、燃料も生肉も調理肉も、全て自分のイベントリに移動させることができます。

⑤「L1」でリングメニューを開いて装備する

調理後の肉にカーソルを合わせ「L1」を押すと、直接リングメニューに装備することもできます。

リングメニューに調理肉を装備しておけば、敵と戦いながら肉を食べ、回復させるなんてことが可能になります。

ロジクールG633s

最大11.1chサラウンドゲーミングヘッドセット『ロジクールG633s』

  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 3.5mm 4極プラグ接続
  • 肌触り抜群のスポーツメッシュ・イヤーパット
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング

ASTRO Gaming ミックスアンプ プロ MixAmp Pro TR

PS5×『Astro MixAmp Pro TR』でTempest 3Dオーディオ レビュー


  • Tempest 3Dオーディオ or 5.1chサラウンドサウンド 両方使える
  • イコライザ設定可能
  • 4種のイコライザ設定を保存&切り替え可能
  • ノイズゲート機能搭載
  • ミキシング機能付き
  • PlayStationのボイチャとPC・スマホのボイチャのミキシングも可能
  • PCからのゲーム配信がカンタン
【コナンアウトキャスト攻略】
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG