HUAWEI Mate 「20」「20 Pro」「20 X」 の違い比較

2018年10月16日(現地時間)ロンドンにて、HUAWEI(ファーウェイ)の新しいハイエンドスマホ『HUAWEI Mate 20 Pro』と『HUAWEI Mate 20』と『HUAWEI Mate 20 X』の3機種が同時発表されました。

『HUAWEI Mate 20 Pro』とほぼ同じですが、ポルシェデザインの『PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 20 RS』も合わせると全4機種。すでに海外のHUAWEI公式サイトでは、『HUAWEI Mate 20シリーズ』が公開されています。

日本ではどのスマホが販売されるのかはわかりませんが、3機種全てが販売されることに備え今回は、『HUAWEI Mate 20 Pro』と『HUAWEI Mate 20』と『HUAWEI Mate 20 X』の違いを比較したいと思います。

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

最もエンターテインメント性の高い『HUAWEI Mate 20 X』

HUAWEI Mate 20 X

出典:consumer.huawei.com

3機種の中で最もエンターテインメント性の高い、タブレット並みに大きなスマホです。ディスプレイサイズななんと7.2インチ。

「Nintendo Switch」に対抗?外付けゲームコントローラーでゲーム快適

「Nintendo Switch」よりもゲーム機として使えると明言された、ゲーミングスマホです。ゲーム中、高フレームレートを保つことができるのでカクカクしません。

5000 mAhもの大型バッテリーが搭載されており、連続してゲームをプレイした場合、「Nintendo Switch」は3.03時間、「iPhone Xs Max」は3.57時間ですが、『HUAWEI Mate 20 X』なら6.67時間もプレイできます。

ハイレゾ対応で音もよく、画面解像度は「2K+」できめ細やか、冷却システムも素晴らしく熱くなりづらいスマホです。

なにより「専用の外付けゲームコントローラー」が用意されているので、ゲームメインでスマホの購入をお考えの方にオススメできるモデルが『HUAWEI Mate 20 X』になります。

「Galaxy Note 9」に対抗?スタイラスペンが使えるので絵も字もかける

『HUAWEI Mate 20 X』だけ、4096段階の筆圧検知に対応した「Huawei M-Pen」にも対応しています。

直接メモを書き込んだり、カレンダーに予定を追加したり、お絵かきなども簡単にできる、楽しむ特性をとことん与えられたスマホといえます。

最も高性能かつ最先端な『HUAWEI Mate 20 Pro』

HUAWEI Mate 20 Pro

出典:consumer.huawei.com

『HUAWEI Mate 20 Pro』の詳細なスペック・性能、対応する格安SIM(対応バンド一覧)、特徴、『Mate 20 Pro』を買えるお店・MVNO・3大キャリアについてはこちら

3機種の中で最も高価で高性能、そして最先端を行き、とっても使いやすいスマホが『HUAWEI Mate 20 Pro』です。

唯一防水・防塵性能を与えられたモデルだから料理中も雨の中でも海でも使える

『HUAWEI Mate 20 Pro』だけ「IP68」という、最も等級の高い、防水防塵性能が与えられています。

料理中も雨の中でも海でも使えるといったように、使う場所を選ばないスマホなので、最も使いがったの良いスマホに仕上がっています。

最も高性能 メインメモリ「8GB」を選択できる

『HUAWEI Mate 20シリーズ』のSoC(CPUやGPU、各種センサーなどすべてのシステムが1つにまとめられた箱)には、AIプロセッサーである「NPU」が2つも搭載。

画像・映像処理や音声アシスタントなどが、高速かつ安全に行われるので、高パフォーマンスを保つことが可能です。

AIとの相乗効果で、「iPhone」の新機種「iPhone XSシリーズ」を超える性能と考えられます。中でも『HUAWEI Mate 20 Pro』だけはメインメモリ「8GB」を選択可能。

同時に様々な処理をしても、最も快適に行うことができる高性能なスマホです。

ワイヤレス充電でき、ワイヤレス充電器にもなるスマホ

『HUAWEI Mate 20 Pro』だけは、USB充電だけでなく、ワイヤレス充電にも対応します。しかも世界初、ワイヤレス充電可能な端末をワイヤレス充電することのできるスマホです。

画面で指紋認証できる

『HUAWEI Mate 20 』も『HUAWEI Mate 20 X』も、HUAWEIおなじみ、スマホボディ背面に指紋認証センサーが搭載されたモデルです。

『HUAWEI Mate 20 Pro』だけ背面に指紋認証センサーがありません。『HUAWEI Mate 20 Pro』は、画面に触れるだけでロックが解除されます。

一部の性能を抑え最も安価な 手に届くハイエンドモデル『HUAWEI Mate 20』

HUAWEI Mate 20

出典:consumer.huawei.com

『HUAWEI Mate 20』が最も安価なので、手に届くハイエンドモデルという位置付けです。SoCは他の『HUAWEI Mate 20シリーズ』と同じなので、システム的な性能は全く同じです。

『HUAWEI Mate 20』だけディスプレイがIPS液晶

『HUAWEI Mate 20 Pro』と『HUAWEI Mate 20 X』のディスプレイは「OLED(有機EL)」ですが、『HUAWEI Mate 20』だけ「IPS液晶」。

ディスプレイに差をつけることで、価格が安く抑えられたモデルです。「IPS液晶」が特別安価だというわけではありません。

液晶の中ではとても高価な種類ですし、バランスの良い特性を持った液晶です。「OLED(有機EL)」に比べると安価だというだけ。

『HUAWEI Mate 20』だけカメラの画素数が少ない

『HUAWEI Mate 20シリーズ』のメインカメラはすべて、「ライカ(Leica)」のトリプルカメラが搭載されています。

なんとカメラが3つです。しかし『HUAWEI Mate 20』だけは、3つのうち2つのカメラの画素数が控えめです。

『HUAWEI Mate 20 Pro』と『HUAWEI Mate 20 X』のメインカメラ1の画素数は「4,000万画素数」ですが、『HUAWEI Mate 20』のメインカメラ1の画素数は「1,200万画素数」。

『HUAWEI Mate 20 Pro』と『HUAWEI Mate 20 X』のメインカメラ2の画素数は「2,000万画素数」ですが、『HUAWEI Mate 20』のメインカメラ2の画素数は「1,600万画素数」です。

HUAWEI Mate 20 / Mate 20 Pro / Mate 20 X比較表

『Mate 20』『Mate 20 Pro』『Mate 20 X』それぞれ異なる部分だけ表にしてあります。

項目MATE 20MATE 20 ProMATE 20 X
サイズ・画面専有率・重さ 6.53インチ 大きさ:幅77.2mm × 高さ158.2mm × 厚さ8.3 mm 画面専有率:88.31% アスペクト比:18.7:9 約 188 g 6.39インチ 大きさ:幅72.3mm × 高さ157.8mm × 厚さ8.6 mm 画面専有率:88.14% アスペクト比:19.5:9 約 189 g 7.2インチ 大きさ:幅85.4mm × 高さ174.6mm × 厚さ8.15 mm 画面専有率:88.03% アスペクト比:18.7:9 約 232 g
カラーメタリックストライプ仕上げ
ミッドナイトブルー
メタリック仕上げ
トワイライト
光沢仕上げ
ブラック
メタリックストライプ仕上げ
ミッドナイトブルー
エメラルドグリーン
メタリック仕上げ
トワイライト
光沢仕上げ
ブラック
メタリックストライプ仕上げ
ミッドナイトブルー
ファントムシルバー
解像度・画素密度 解像度:フルHD+(2244 x 1080) 画素密度:381ppi 解像度:2K+(3120 x 1440) 画素密度:538ppi 解像度:フルHD+(2244 x 1080) 画素密度:345ppi
ディスプレイタイプIPS液晶OLED(有機EL)OLED(有機EL)
メインメモリ4GB or 6GB6GB or 8GB6GB
内臓ストレージ128GB メインメモリ6GB:128GB メインメモリ8GB:256GB 128GB
メインカメラ1 1,200万画素数 広角レンズ f / 1.8絞り 1/2.3型 2.4μm 4,000万画素数 広角レンズ f / 1.8絞り 1/1.7型 1.0μm 4,000万画素数 広角レンズ f / 1.8絞り 1/1.7型 1.0μm
メインカメラ2 1,600万画素数 超広角レンズ f / 2.2絞り 2,000万画素数 超広角レンズ f / 2.2絞り 1/2.7型 1.0μm 2,000万画素数 超広角レンズ f / 2.2絞り 1/2.7型 1.0μm
メインカメラ3 800万画素数 望遠レンズ f / 2.4絞り 800万画素数 望遠レンズ f / 2.4絞り 1/4型 1.2μm 800万画素数 望遠レンズ f / 2.4絞り 1/4型 1.2μm
フロントカメラ 2,400万画素数 f / 2.0絞り 2,400万画素数 f / 2.0絞り 3D深度センサー(奥行き感知) 2,400万画素数 f / 2.0絞り
防水・防塵なしIP68なし
指紋センサーの場所ボディ背面画面内ボディ背面
バッテリー 4000 mAh HUAWEI SuperCharge(30分で58%充電) 4200 mAh MAX 40 W HUAWEI SuperCharge(30分で70%充電) 15 W HUAWEIワイヤレスクイックチャージ 5000 mAh HUAWEI SuperCharge
HUAWEI M-Penなしなし4096高レベル圧力感度
ポータブル・モバイル・ゲーム機なしなし専用の外付けゲームコントローラー
イヤホン3.5 mmヘッドセットタイプCイヤホン3.5 mmヘッドセット

クレジット:©2018 Huawei Technologies Co.、Ltd.

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
HUAWEI Mate 20 X
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG