輪郭くっきりクリア『ロジクールAstro A40TR』ヘッドセットレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
マグネット式で換装簡単

 株式会社ロジクールは、家庭用ゲーム機向け米ゲーミングブランド「ASTRO Gaming」を、2018年9月20日より、日本国内にて販売することを発表しました。

今回販売されたのはゲーミングヘッドセットが2種類。上位モデル『Astro A40 TR』と下位モデル「Astro A10」。

そして海外で大人気のヘッドセット用アンプ「MixAmp Pro TR」を追加した計3種類です。

『Astro A40 TR』と「MixAmp Pro TR」のセットにしたお得な製品と、『Astro A40 TR』をカスタマイズできる「Astro A40 TR Mod Kit」も一緒に発売。

参考価格は順にヘッドセット上位モデル18,880円、下位モデル8,750円、アンプ18,750円、上位モデル+アンプ31,250円(6,380円お得)、カスタマイズキット7,750円になります。

このページでは、輪郭くっきりクリア『ロジクールAstro A40TR』ヘッドセット単体についてご紹介します。

同時に販売された「MixAmp Pro TR」と一緒に使うと、『Astro A40 TR』をPS4でも7.1chサラウンドサウンドを可能にし、ジャンル・タイトルごとに有利なイコライザ設定もできるようになります。

『Astro A40 TR』と「MixAmp Pro TR」セットについての詳しい情報は『PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー』をチェック。

「Astro A40 TR Mod Kit」についての詳しい情報は『ロジクールG Astro A40 TRをカスタマイズできる『Mod Kit』レビュー』をご覧ください。

目次

「開放型」なのに「密閉型」に換装できる

マグネット式で換装簡単

「A40 TR」を「A40 TR Mod Kit」にて全て換装した場合を比較

ASTROエンジニア プロゲーマー ゲームデザイナーが共同開発するゲームのプレイに最適化されたヘッドセット

 ヘッドセットには、「密閉型」のものと「開放型」のものがあります。「密閉型」の良いところは、ヘッドホン部分が閉ざされているため、外部の音を遮断し、音漏れしないところ。

ゲームの世界観に没入しやすいところがメリットですが、音が潰れてしまったような、歪みを感じることもあるといったデメリットがあります。

「開放型」の場合、スピーカーの後ろがオープンなため、外部の音が聞こえてしまいます。音漏れするので、お出かけ用としては不向き。

ASTROエンジニア プロゲーマー ゲームデザイナーが共同開発するゲームのプレイに最適化されたヘッドセット

マイクを着脱できる左側のヘッドホン部分ですが、スピーカータグを取り外し、左と右を交換して、マイクを右側につけることも可能

その代わり音が密閉されないため、音が潰れてしまうような歪みを感じません。「密閉型」に比べて音質が良く、ヘッドセットのハイエンドモデル(最上級の商品群)によく採用されます。

密閉されない分湿気がこもりづらく、装着感が高いと言われ、聞き疲れしにくいので長時間プレイにも向いていると言われています。

カラーだけじゃない「開放型」から「密閉型」に 換装可能

スピーカータグはマグネット式で簡単に着脱可能。中も綺麗で高級感あります。

このように、「開放型」にも「密閉型」にも、それぞれの特徴があるので、一概にどちらの方が良いとはっきり言うことができません。

しかし『Astro A40 TR』であれば、別売りの「Astro A40 TR Mod Kit」を購入すれば、マグネット式のスピーカータグを簡単に取り外して、簡単に「開放型」から「密閉型」に換装できます。

ゲームに最適なドライバーユニット「ダイナミック型」

 スピーカー(振動板)を振動させるための装置・ドライバーユニットにはいくつかの種類がありますが、『Astro A40 TR』に採用されるタイプのものは、ゲームに最適な「ダイナミック型」。

「ダイナミック型」は、歪みが少なく、幅広い音域で良好な特性を持っています。特に低音に強いのが特徴。足音、銃声、爆発音など、低音が重要とされるゲームにピッタリといえます。

これらゲーム向けのパーツが採用された『Astro A40 TR』は、ASTROエンジニア、プロゲーマー、ゲームデザイナーにより共同開発。ゲームプレイに最適化されたヘッドセットです。

ボイスチャットに最適な「単一指向性マイク」もさらに最適な「双指向性マイク」に換装できる

「単一指向性」のコンデンサーマイク

マイクは柔らかく、自在に口元に近づけたり、離したり変形させることができます。

「単一指向性」コンデンサーマイク

マイクの部分は金色で高級感があります。

 5,000円以下の安価なヘッドセットに採用されるマイクのほとんどは「全指向性(無指向性)」と呼ばれるタイプのマイクで、ボイスチャットに向いていないマイクです。

なぜなら、360度全方位の音を収集してしまうからです。あなたの声だけでなく、キーボードを叩く音、コップを置いた音、その他の生活音も収集してしまうのです。

『Astro A40 TR』に搭載されるマイクは「単一指向性」。周囲の騒音は最小限に集音。あなたの声がする方向からだけの音を収集します。

「双指向性マイク」は、さらにボイスチャット向きのマイクといえます。理由は、真横からの音はほとんど集音せず、口元側とその真後ろ側の、狭い範囲の音だけを集音するといった特徴があるからです。

「単一指向性」の場合、口元側の音を広い範囲で集音します。180度まではいきませんが、130〜150度くらいの広い範囲で、円心状に集音するので、真横からの生活音は集音してしまうのです。

マイクを換装すると「単一指向性コンデンサーマイク」を「双指向性ボイスアイソレーションマイク」にできる

上が「A40 TR Mod Kit」の双指向性ボイスアイソレーションマイク。
下が単一指向性コンデンサーマイクです。
「A40 TR Mod Kit」のマイクの方が一回り大きく、スポーティなデザイン。

「双指向性マイク」の場合、8の字を描くような形で音を集音します。8の字の丸い部分の片方は口元側、反対側は真後ろです。

くびれている部分が真横からの集音になりますが、くびれているのでほとんど真横からの音を集音できません。

後ろ側は塞いでしまえばいいわけですし、そもそもモニター側からは音がしません。しかも狭い範囲の音しか集音しないので、生活音を最も集音しにくいマイクと言えるのです。

『Astro A40 TR』は、別売りの「Astro A40 TR Mod Kit」を購入すれば、いつでも気軽に「単一指向性」から「双指向性マイク」に換装することができます。

小さな音(ノイズ)を除去する「ノイズゲート」搭載

 「ノイズゲート」とは、「サーッ」「ジーッ」などのノイズを除去(低減)するための機能をいいます。

キーボードの打鍵音、マウスのクリック音や生活音、マイクから遠い音、小さな音(ノイズ)はすべて、「ノイズゲート」が除去(低減)してくれるので、マイクそのものの性能との相乗効果で、あなたの声以外の音は集音しにくい設計です。

あなたの声を聞き取りやすくきめ細やかに集音できる高価できめ細やかな「コンデンサーマイク」採用

 大まかにマイクは、「コンデンサーマイク」と「ダイナミックマイク」の2種類があります。「ダイナミックマイク」はとても安価で、壊れにくいといった特性があります。

そのためライブなどに採用されるタイプのマイクは「ダイナミックマイク」がほとんどです。デメリットは、感度が悪く、集音できる周波数の幅が狭い部分です。

安いヘッドセットには、この「ダイナミックマイク」が採用されてい流可能性が高く、ボイスチャットする仲間に届くあなたの声は、ある程度音が制限されているものと考えられます。

実際の声とボイスチャットの声に差があり、声の高さ等にも違いを感じ、感度が悪いので聞き取りづらかったり、綺麗じゃない声が届いている可能性があるのです。

「コンデンサーマイク」の場合、高価で、衝撃や湿気に弱いといったデメリットがあります。しかし、感度が高く、低い音から高い音まで、広い範囲の周波数を集音できるメリットがあります。

そのためボイスチャットする相手に届くあなたの声はとても綺麗で、クリアかつ繊細な音声が届くことでしょう。

「コンデンサーマイク」は、「ダイナミックマイク」に比べて高価なので、『Astro A40 TR』のような高価なヘッドセットにしか採用されません。

低い音だけでなく「Astro A10」より高い音も奏でることができる範囲の広いスピーカー

 下位モデルである「Astro A10」のスピーカーとの違いは、周波数の範囲です。周波数の範囲の違いで、奏でることのできる音の高さが変わります。

「Astro A10」は、20Hz〜20,000Hzまでを奏でることができるスピーカーが採用されています。人の耳で聞き取ることのできる周波数も20Hzから20,000Hzなので同じ範囲。

では、20,000Hz以上の音は意味がないのではと思うかもしれませんが、最近の研究で、20,000Hz以上の音にも意味があることがわかってきました。

8,000Hz以上の音は「超高域」と呼ばれ、人の耳では聞き取りづらくなってくるほどの音の高さです。楽器の主音も、8,000Hz以上の音を奏でるものはないとされています。

しかし実は、音はある程度広い範囲、例えば人の声でも8,000Hz以上の音が含まれているそうです。8,000Hz以上の音が小さすぎ、最も大きな音の高さにかき消されているだけなんです。

人の声だけでなく、楽器も川のせせらぎも、草や花、木などの、風とともに奏でられる音なんかも全て同じ。

川のせせらぎ、草、花、木、風の音を聴いて癒されるのは、「1/f ゆらぎ」と呼ばれる、人の耳では聞き取ることのできない音が理由だと研究でわかってきたのです。

音楽も同じで、周波数の狭いスマホで聴く音楽よりCD、CDよりハイレゾ(40,000Hz以上)やレコードと言われるのはそのためだと言われています。

感情にまで訴えることのできるオーディオ機器は、人の耳では聞き取ることのできない音まで再生することのできるもの。

『Astro A40 TR』は「Astro A10」よりも範囲が広く、20Hz〜24,000Hzにまで対応。低い音だけでなく、高い音までクリアでとても綺麗です。

そのため、RPGや映画鑑賞ではより感動でき、音楽鑑賞ではより心に響く体験が可能です。

音量調節とミュートはコードに搭載されるリモコンでできる

 「コントロールケーブル」は、『Astro A40 TR』単体で購入する場合と『A40 TR + MixAmp Pro TR』のセットのもので異なります。

『Astro A40 TR』単体で購入する場合、アンプがついておりませんので、「コントロールケーブル」にて音量調節やミュートなどができます。

『A40 TR + MixAmp Pro TR』の場合、「コントロールケーブル」にてできることは自分の声をミュートすることだけ。音量の調節はすべてアンプである『MixAmp Pro TR』で行います。

柔らかいクロス製から柔らかい合成皮革ノイズキャンセリングイヤーパッドに交換できる

「Astro A10」よりも痛くなりづらいイヤーパッド

イヤークッションを換装すると「約1.5cm厚の柔らかいクロス製」を「約2cm厚の柔らかい合成皮革ノイズキャンセリング」にできる

上が「A40 TR Mod Kit」のイヤークッションで、下がもとのイヤークッション。
左がクッション側で、右がマグネット側です。
ヘッドセットから簡単に着脱可能。

 『Astro A40 TR』のイヤーパッドと「Astro A10」のイヤパッドは、ぱっと見大きさも作りも同じように見えます。

違いは、装着を試してみてはじめてわかります。「Astro A10」のイヤーパッドはとても痛くなりづらい、かなり柔らかい素材でできたものです。

他のヘッドセットより、長時間のゲームプレイでも、痛みでゲームを阻害するまでの時間がかなり違います。

しかし『Astro A40 TR』のイヤーパッドには劣ります。『Astro A40 TR』のイヤーパッドの方が大きいのか、より耳がすっぽりおさまります。

柔らかさはさらに上で、『Astro A40 TR』の方は、かなり連続してゲームし続けないと痛みを感じられません。

周囲の音を遮断することのできる「ノイズキャンセリングイヤークッション」への換装

マグネット式イヤークッション

マグネット式なので着脱が簡単。

ヘッドバンド

外に引っ張ると着脱できます。

 別売りの「Astro A40 TR Mod Kit」を購入すると、マグネット式のクロス製イヤーパッドは、合成皮革ノイズキャンセリングイヤーパッドに換装できます。

合成皮革ノイズキャンセリングイヤーパッドの方が0.5cm分厚いので、さらに痛みづらい仕様です。しかも、物理的にノイズキャンセリングする仕様。

そのため、「密閉型」スピーカータグ、周囲の雑音をカットし、あなたの声だけをはっきり相手に届ける「ボイスアイソレーション」機能搭載の「双指向性マイク」との相性は抜群。

ゲームの世界にのめり込むことができます。

ハイエンドかつ業界の最先端基準となるヘッドセット 約18,000円は安くて魅力だけどアンプとセット約30,000円の方は約6,000円安くてもっとお得

 『Astro A40 TR』は、ゲーミングデバイス市場における世界のリーディングカンパニーが開発・販売するヘッドセットとして、他のメーカーが真似したくなるような、世界標準・基準となるような製品かと思います。

より質のよい、または特製の異なるパーツに換装できるだけでもカッコいいと思います。しかも元々の品質も良いのですから。

それにもかかわらず価格は約18,000円です。他のハイエンドヘッドセットと同じくらいの価格。しかし、『A40 TR + MixAmp Pro TR』は約30,000円で購入できます。

『Astro A40 TR』と『Astro MixAmp Pro TR』は、別に購入すると、それぞれ約18,000円です。合わせると約36,000円。

そのため『A40 TR + MixAmp Pro TR』の場合、通常より約6,000円も安く購入できてしまうのです。かなりお得。

『MixAmp Pro TR』があれば、『Astro A40 TR』をPS4でも7.1chサラウンドサウンドにできます。

イコライザ設定ができるので、ゲームごとに最適な音響設定の変更までできます。

感想・レビュー

A10 < A40 単一指向性 < A40 双指向性 < A40+Amp 単一指向性 < A40+Amp 双指向性の順に生活音を集音しない高性能マイク

 少し大変でしたが、「Astro A10」単体と『Astro A40 TR』単体、そして『Astro A40 TR』+「MixAmp Pro TR」を使った場合、それぞれマイクを換装した場合も試してみました。

まず「Astro A10」のマイクですが、5,000円以下のマイクに比べ、明らかに生活音を集音しません。聴きやすさも「Astro A10」の方が圧倒します。

価格が価格なので当然だと思うでしょうが、違いがこれだけはっきりしていると少し驚きます。しかし、さらに生活音を集音しないのは、『Astro A40 TR』単体です。

価格の違いで、性能の違いにもはっきり差をつけているようです。「ノイズゲート」が搭載されているだけで、大きな差が出ます。

『Astro A40 TR』のマイクは「単一指向性」ですが、別売りの「Astro A40 TR Mod Kit」のマイク「双指向性」に換装すると、さらに生活音は限定されます。

何しろ、マイクから1m以上離れている場所の音はほとんど集音していないのです。ここまででもだいぶ驚きですが、『MixAmp Pro TR』をつけると、もうほとんど生活音を集音しなくなります。

『MixAmp Pro TR』を使っていない場合、A10 < A40 単一指向性 < A40 双指向性の順に生活音を集音しにくくなっていきますが、生活音を集音していることに変わりありません。

しかし『MixAmp Pro TR』を使うともう、ほとんど生活音が聞こえなくなります。声だけ。A40+Amp 単一指向性 < A40+Amp 双指向性の順にしたのは、A40+Amp 双指向性の場合には、大きな音を立てても、60cm以上離れた場所の音を集音しなかったからです。

例えば、60cm以上離れた場所で、強く手を叩いた場合にも、その音は聞こえませんでした。ポテトチップスの袋を60cm離れたところでガサガサやっても聞こえない。同じく力強くテーブルを叩いても、集音しませんでした。

A40+Amp 単一指向性の場合、強く手を叩いた時とテーブルを叩いた時の音は、小さめでしたが集音しました。

A40+Amp 双指向性の場合、仮にもしご家族が怒ってテーブルを叩いても、集音しないほどに生活音は除外します。

私が試した場合ですので、環境が異なればわかりません。参考までに。
 

6時間以上ゲームしても痛くならないイヤークッション

 6時間以上ゲームしていると、耳より先に気持ち悪くなってしまいましたのでそれ以上は試していません。

他の安いヘッドセットの場合、耳が痛くなるまでは1時間くらいでしょうか。「Astro A10」は、私の場合3〜6時間くらいで耳が痛くなります。

『Astro A40 TR』はちょっとわかりません。6時間以上継続してゲームしていたのですが、耳が痛くなる前に、同じ姿勢でゲームをし続けたせいで気持ち悪くなってしまいました。

その時の耳の状態は全くといっていいほどに痛みはありません。そもそも、あまり圧迫感を感じません。それほど柔らかく装着感が良いイヤーパッドです。

音の輪郭がはっきりしていて澄んだ綺麗なサウンド体験ができる

 『Astro A40 TR』で聞いた際の音の輪郭は、とてもはっきりしています。「Astro A10」で聴くサウンドも聴きやすいのですが、NPCの会話が現実世界のようにはっきり聞こえるのは圧倒的に『Astro A40 TR』の方です。

音が澄んでいてとても綺麗。低い音も高い音も全て綺麗で、ざらついた感じが全くありません。それほどASTROのエンジニアとプロゲーマー、そしてゲームデザイナーが音作りに打ち込んだのだと想像ができます。

『MixAmp Pro TR』とセットで使うことを想定したためか低い音が大きいといったようなクセや特徴が全くない

 『Astro A40 TR』単体の音は、FPS向けともRPG向けとも、なんともいえない、特に特徴のないサウンドだと感じました。

音の高さに関わらず全ての音がクリアで聴きやすいので、ゲーム向けのヘッドセットだとは言い切ることができます。

『Astro A40 TR』単体は、ゲームじゃなくても、スマホの音楽鑑賞や映画鑑賞であっても、どのように使っても綺麗なサウンドで楽しむことができるかと思います。

特に低い音だけ音が大きいといった特徴は感じないので、質は下がりますが、低い音がとても響く「Astro A10」の方が、FPS向けだとはっきりいえます。

ただし、『MixAmp Pro TR』とセットで使った場合には話が別です。実際はわかりませんが、私が感じた通り、単体での特徴をあえてつけず、音の輪郭だけがはっきりするほどに綺麗なサウンド作りに集中していたのだとします。

その場合、『Astro A40 TR』が、「MixAmp Pro TR」とセットで使った時にこそ、その真価が発揮されるように音作りをした結果なのではと考えられます。

何しろ、『Astro A40 TR』と「MixAmp Pro TR」をセットで使った場合のFPSなんかは、チートしている気分にすらなるからです。

敵が見えていなくても、敵が2階にいようとも、音だけでどこにいるのかはっきりわかってしまうからです。位置がはっきりしなくても良いゲームでも同じ。

音楽鑑賞では、中音から高音が響くような設定もできますし、低音を響かせるようなロック向けの音作りもできます。

RPG向けであれば、コントラバスやピアノ、ベースやドラムなどが最も響く重低音部分を大きくして迫力を持たせ、クラシックのメゾソプラノやソプラノの音域あたりも強めにするといった、クラシック向けのイコライザ設定なんかまで自由です。

どんな色にも塗り替えることができるのが『Astro A40 TR』と「MixAmp Pro TR」のセットになります。

実際、「Astro A10」と「MixAmp Pro TR」を使ってイコライザ設定すると、低音を抑えめにした音作りをしても低音が強めです。

どんな色にでも塗り替えることのできる、二十面相的な『Astro A40 TR』と、FPS向けの低音響く「Astro A10」と、その点考慮して選ぶと良いかと思います。

製品仕様

ロジクールG Astro A40 TRゲーミングヘッドセット

メーカー名
ロジクール
メーカー公式ウェブサイト
https://www.logicool.co.jp/ja-jp
ブランド名
ロジクールG
Astro
ブランド公式ページ
ロジクールG:https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp
Astro:https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/astro-gaming-headsets.html
製品名(日本語)
ロジクールG Astro A40 TRゲーミングヘッドセット
製品名(英語)
Logicool®G Astro A40 TR Gaming Headset
製品公式ページ
https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/astro-gaming-headsets/a40-tr.html
参考価格
18,880円(税抜)
発売日
2018年9月20日
サイズ(幅 x 奥行 x 高さ)
243 x 176 x 93 mm
本体重量
369g(ケーブル除く)
ケーブル長
メディアコントロールケーブル(1.0m)
パソコン スプリッタケーブル(1.5m)
カラー
ブラック
接続I/F ヘッドセット
3.5mmステレオミニプラグ(入力・出力 各1)
マイク部
集音特性:単一指向性、周波数特性:100-12kHz、マイク:エレクトレットコンデンサ
ヘッドホン部
ドライバーユニット:40mmネオジムドライバー、感度:105dB +/- 3dB @ 1kHz、周波数特性:20Hz-24KHz、インピーダンス:48Ω
クレジット
© 2018 Logicool.
公式サイトや製品説明書、実際に使用した使用感を基に記述しています。

ロジクールG Astro A40 TR Mod Kit

製品名(日本語)
ロジクールG Astro A40 TR Mod Kit
製品名(英語)
Logicool®G Astro A40 TR Mod Kit
製品公式ページ
https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/astro-gaming-headsets/a40-tr-mod-kit.html#939-001757
参考価格
7,750円(税抜)
発売日
2018年9月20日
サイズ(幅 x 奥行 x 高さ)
ヘッドバンド 116×40×28mm
スピーカータグ (×2) 69×64×11mm
イヤー・クッション (×2) 101×40×35mm
ブームマイク 208×16×33mm
本体重量
ヘッドバンド 18g
スピーカータグ (×2) 22g
イヤー・クッション (×2) 28g
ブームマイク 24g
カラー
レッド、ブルー
マイク部
集音特性:双指向性
周波数特性:100-11kHz
マイク:ノイズアイソレーションマイク
クレジット
© 2018 Logicool.
公式サイトや製品説明書、実際に使用した使用感を基に記述しています。

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.