PS4向けゲーミングTV 4K HDR 低遅延0.00083秒『東芝レグザM520X』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
東芝レグザM520X

 『東芝レグザM520X』は、東芝の液晶テレビの中で、ミドルレンジモデル・中程度の性能を有するテレビになります。

ミドルレンジモデルとはいえ、4K・HDR対応、PS4ゲーム向けの低遅延0.00083秒。

同じミドルレンジモデルである「東芝レグザBM620X」との違いは、仕様をみる限りスピーカーだけと兄弟のような位置付け。

東芝レグザBM620X」は低音専用スピーカーである「ウーファー」も搭載されていますが、『東芝レグザM520X』の方には「ウーファー」がありません。

今回は、PS4向けのゲーミングモニターのような4KHDR液晶テレビ『東芝レグザM520X』をご紹介します。

PS4 Pro向けゲーミングテレビ『東芝4Kレグザ』2018年モデル4種比較』ページもチェック。

出典:www.amazon.co.jp

PS4のFPS・アクションゲーム向けのゲーミングテレビ

画像処理遅延がたった0.00083秒(0.83ms)

 『東芝レグザM520X』は、フルHDでも4Kでも、60Hzのリフレッシュレートに対応します。一般的なテレビと同じリフレッシュレートで、PS4とPS4 Proの性能とも一緒。

1秒間に60枚の静止画で映像が出力されるPS4・PS4 Proにとってテレビの性能は、ちょうど良いスペックといえます。

しかし、画像処理遅延については全てのテレビがPS4・PS4 Proとはいえません。なぜなら、コントローラーのボタンを押してから、ゲームの映像に反映されるまでのタイムラグが大きいと、勝てる勝負も勝てなくなってしまう恐れがあるからです。

一般的なテレビの遅延は、0.01秒〜0.02秒(10ms〜20ms)と言われています。『東芝レグザM520X』を使ってPS4ゲームをしている方は、0.00083秒(0.83ms)の遅延でゲームできます。

常に0.01秒〜0.02秒も反応が遅れてゲームプレイされている方は、避けたと思ったのに当たっていたり、当てたと思ったのに当たっていなかったといった思いをすることになります。

タイムラグが少ない『東芝レグザM520X』でゲームをする方が、避ける場合も攻撃する場合にも有利です。

地デジの約5.3倍きめ細やかな4K

 『東芝レグザM520X』は4K対応。地デジの約5.3倍、フルHDの4倍きめ細やかです。PS4 Proの4K対応ゲームも4Kで楽しめます。

フルHDテレビに比べて、半分の視聴距離でも大丈夫なので、65型の『東芝レグザM520X』でも、6畳の部屋に置くことが可能です。

地デジなどの映像も4K相当にアップコンバートされるので、どんな映像もきめ細やかです。

HDR対応だから100倍ゲーム・映画向き

 「HDR」非対応テレビである「SDR」テレビは、人間の目が知覚できる明るさの範囲と比べてあまりにも範囲が狭いテレビです。

明るいシーンの場合は白とびし、暗いシーンでは黒に塗りつぶされたような映像表現になってしまうのです。

何がどこにあって誰がどこにいるのかを見分けるのがとても困難。映画も残念な映像に仕上がりますし、対戦ゲームでの明るい場所、暗い場所では致命的なミスをするかもしれません。

『東芝レグザM520X』なら、「SDR」の約100倍明るさ表現可能な「HDR」に対応しているので、明るいシーンと暗いシーンの表現力が100倍。

明るいシーンも暗いシーンもくっきり見やすい映像で楽しむことができます。地デジでも、HDRクオリティに明るさ表現を上昇させてくれます。

約64倍 約10億7000万色のディープカラー

 従来のテレビやモニターが再現できる色の数はフルカラーの約1,670万色。『東芝レグザM520X』の約10億7000万色のディープカラーと比べてしまうとグラデーションの再現力で大きく劣ります。

森や海、夕陽や夜の月、様々な自然な風景があると思いますが、どんな風景もグラデーションが美しい方が、綺麗に再現できます。

約1.7倍色彩表現が豊かな高色域

 色彩とは、同じ色でも白を混ぜたり、黒を混ぜたり、灰色を混ぜたりして表現される色のことをいいます。

同じ色でも、色褪せた色と色あざやかな色は全く異なります。『東芝レグザM520X』はこの色彩表現力が従来のものに比べて約1.7倍広いのです。

解像度(4K)、色の数(約10億)、リフレッシュレート(60Hz)、色域(Rec 2020)、輝度(HDR)、高画質を実現する5つの要素全てが揃っています。

テレビとしての使い勝手も抜群

利用できる動画配信サービス豊富

 有線接続(LANケーブル)も無線接続(Wi-Fi)にも対応。利用できる動画配信サービスも豊富です。

  • YouTube
  • NETFLIX
  • dTV
  • TSUTAYA TV
  • DMM.com
  • niconico
  • U-NEXT
  • DAZN
  • スカパー! on demand
  • ひかりTV4K
  • クランクイン!ビデオ
  • acTVila4K

Googleアシスタント・Amazon Alexa搭載スマートスピーカーで操作できる

 GoogleアシスタントとAmazon Alexaに対応。スマートスピーカーにお願いすれば、音声操作もできます。

BSも地デジも番組を見ながら別の2番組を同時に録画

 BSも地デジも、番組を見ながら他の2番組を同時に録画できます。

USBハードディスク1台・4TB 約502時間 最大4台同時接続可能

 USBハードディスクを最大4台まで接続(USBハブ(別売)が必要)することができます。最大4TBのUSB-HDDに対応しているので、地デジ約502時間分の録画かできます。

4TBのUSB-HDDを4台接続した場合、地デジ約2,008時間分の録画ができる計算。

2番組を同時に見る事もできる

 2つのテレビ番組を左右に並べて2番組同時に鑑賞することもできます。

HDMI4つとも18Gbps・4K/60p・著作権保護のHDCP2.2サポート

 PS4 Proは、18Gbps・4K/60p・著作権保護のHDCP2.2をサポートするものでなければ、「4K HDR」のゲームソフトを楽しむことができません。

『東芝レグザM520X』に搭載されるHDMI端子は4つ。両方18Gbps・4K/60p・HDCP2.2をサポートしています。HDMIケーブルには「プレミアムハイスピードHDMIケーブル」を。

最適な視聴距離とテレビ台の高さ

『東芝レグザ65M520X』の最適な視聴距離

 『東芝レグザ65M520X』の一般的に言われる最適な視聴距離は、約120cmです。「日本オーディオ協会デジタルホームシアター普及委員会」が好評する最適な視聴距離は、約160cm。

『東芝レグザ55M520X』の最適な視聴距離

 『東芝レグザ55M520X』の一般的に言われる最適な視聴距離は、約100cm。「日本オーディオ協会デジタルホームシアター普及委員会」が好評する最適な視聴距離は、約140cm。

『東芝レグザ50M520X』の最適な視聴距離

 『東芝レグザ50M520X』の一般的に言われる最適な視聴距離は、約90cm。「日本オーディオ協会デジタルホームシアター普及委員会」が好評する最適な視聴距離は、約130cm。

『東芝レグザ43M520X』の最適な視聴距離

 『東芝レグザ43M520X』の一般的に言われる最適な視聴距離は、約80cm。「日本オーディオ協会デジタルホームシアター普及委員会」が好評する最適な視聴距離は、約120cm。

『東芝レグザ65M520X』に最適なテレビ台の高さ

 『東芝レグザ65M520X』に最適なテレビ台の高さは、おおよそ25〜45cmになります。座高70〜90cm、ソファの高さ約40cmとして計算しています。

『東芝レグザ55M520X』に最適なテレビ台の高さ

 『東芝レグザ55M520X』に最適なテレビ台の高さは、おおよそ35〜55cmになります。座高70〜90cm、ソファの高さ約40cmとして計算しています。

『東芝レグザ50M520X』に最適なテレビ台の高さ

 『東芝レグザ50M520X』に最適なテレビ台の高さは、おおよそ45〜65cmになります。座高70〜90cm、ソファの高さ約40cmとして計算しています。

50型であれば高さが控えめなので、30cm以下のローボードに乗せて、座椅子(高さ10cmとして計算)に座った場合でも快適な鑑賞が可能です。

『東芝レグザ43M520X』に最適なテレビ台の高さ

 『東芝レグザ43M520X』に最適なテレビ台の高さは、おおよそ50〜70cmになります。座高70〜90cm、ソファの高さ約40cmとして計算しています。

43型であれば高さが控えめなので、30cmのローボードに乗せて、座椅子(高さ10cmとして計算)に座った場合でも快適な鑑賞が可能です。

『東芝レグザM520X』は9〜20万円と安価

 2018年11月7日現在、Amazonでの『東芝レグザM520X』販売価格は、65型が199,000円、55型が131,000円、50型が100,000円、43型は93,998円と、4K大型テレビとしてはかなり安価です。

『東芝レグザM520X』仕様

形名
65M520X(4K液晶レグザ)
55M520X(4K液晶レグザ)
50M520X(4K液晶レグザ)
43M520X(4K液晶レグザ)
外形寸法
145.4 × 85.0 × 28.2cm
123.7 × 72.7 × 18.2cm
112.0 × 66.2 × 18.2cm
96.7 × 57.5 × 18.2cm
画面サイズ
65V型
55V型
50V型
43V型
パネル方式
VA方式 LEDバックライト[4Kパネル]
画素数(水平×垂直)
3840×2160 [4Kパネル]
画面寸法 幅×高さ/対角
142.8×80.4cm/163.9cm
121.0×68.0cm/138.8cm
109.6×61.6cm/125.7cm
94.1×52.9cm/108.0cm
質量(卓上スタンド含む/本体のみ)
29.5kg/28.2kg
20.5kg/19.8kg
18.0kg/17.3kg
13.5kg/12.8kg
梱包箱寸法 幅×高さ×奥行
163.2×96.4×18.6cm
139.5×84.0×17.2cm
124.0×76.5×16.0cm
109.5×66.9×14.9cm
梱包時質量
38.0kg
27.0kg
22.5kg
17.0kg
定格動作時(リモコン待機時)
159W(0.3W)
157W(0.3W)
146W(0.3W)
121W(0.3W)
年間消費電力量
101kWh/年(311%)
99kWh/年(251%)
95kWh/年(227%)
83kWh/年(204%)
地上デジタル
3
BS・110度CSデジタル
3
BS 4K/110度CS 4K
1
デジタルCATV(C13~C63)
高画質
レグザエンジン Evolution
BS/CS 4KビューティX
美肌リアライザー
地デジビューティX
HDRリアライザー
広色域復元
9色軸カラーイメージコントロール
HDMI®規格 HDR入力対応
おまかせオートピクチャー
4Kダイレクトモーション120
録画/再生
タイムシフトマシン
ざんまいスマートアクセス
「おまかせ録画」機能
「おまかせ録画番組表」
USBハードディスク録画:「BSも地デジも3チューナーW録」対応、「BS/CS 4K録画」
SeeQVault™対応
簡単連ドラ予約
Wマジックチャプター
エンターテインメント/ネットワーク
次みるナビ
みるコレ
レグザリンク・ダビング
4K瞬速ゲームダイレクト
動画配信サービス
高速レグザ番組表(4K解像度対応)
レグザリンク・シェア:配信/受信
高音質
レグザパワーオーディオシステム
レグザサウンドイコライザー・ハイブリッド
音声実用最大出力(JEITA):20W(10W+10W)
スピーカー(サイズ/個数):3.0×7.0cm/2個
端子
HDMI®入力端子[1080p(60p/24p)入力対応]:4(オーディオリターンチャンネル*13、コンテントタイプ連動対応)
HDMI®4K入力対応:3840×2160:60P/30P/24P 4096×2160:30P/24P
ビデオ入力端子(S2映像入力/映像入力/音声入力):S2:0/映像:1/音声:1[L・R]
HDMI®アナログ音声入力端子:1(ビデオ入力端子(音声入力)1系統と兼用)
アナログ音声出力端子:1(ヘッドホン端子兼用)
光デジタル音声出力端子:1
LAN端子[10BASE-T/100BASE-TX]:1(汎用(ブロードバンド放送対応))
USB端子:2(録画専用1/汎用1)
ヘッドホン端子:1(アナログ音声出力端子兼用)
無線LAN内蔵
IEEE802.11a/b/g/n
快適設計
ファンレス設計
クリア音声
明るさセンサー
付属品
単四形乾電池(2本)
レグザリモコン
B-CASカード
転倒防止用クリップ(1個)
転倒防止用ネジ(長1本)
クレジット
Copyright © 2018 TOSHIBA VISUAL SOLUTIONS CORPORATION, All Rights Reserved.
公式サイトを基に記述しています。

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.