7.1ch+MEMSマイク採用ゲーミングヘッドセットRazer Kraken 7.1 V2

『Razer』のゲーミングヘッドセット『Kraken』シリーズ3種「Razer Kraken Tournament Edition」『Razer Kraken 7.1 V2』「Razer Kraken Pro V2」。

3種類ともミドルレンジモデルに位置付けられますが、特徴が少しづつ異なります。

Razer Kraken Tournament Edition」は2018年11月30日発売予定で、3.5mmプラグとUSB接続可能。7.1ch3D立体音響サラウンドサウンド対応モデルです。

Razer Kraken Pro V2」は2017年6月30日に発売され、3.5mmアナログ接続のみに対応、物理的に音を遮断するノイズアイソレーション7.1ch非対応モデルです。

今回は、2017年11月25日発売、USB接続のみ可能で7.1chサラウンドサウンド対応、ノイズキャンセリング機能搭載のMEMSマイク採用モデル『Razer Kraken 7.1 V2』をご紹介します。

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

Discord認証 シリーズ中唯一「MEMSマイク」採用モデル

Razer Kraken Pro V2

出典:www.amazon.co.jp

壊れにくくノイズない声を集音できる欠点のない「MEMSマイク」採用

様々な電子デバイスに、マイクという音声入力が搭載されるようになりました。スマホはもちろん「Amazon Echo」や「Google Home」などのスマートスピーカーなど、音声入力機器を持っていない人の方がすでに珍しいほどです。

こうして世界中でマイクの進化が急速に進んでいる今では、最も採用されているタイプのマイクが「MEMSマイク」になります。

この点なぜかゲーミングヘッドセットでは遅れがちだったのか、エレクトレットコンデンサーマイク(以下、ECMと記載)が採用されるものがほとんどです。

『Razer』のゲーミングヘッドセットのマイク方式は公表されていないものがほとんどですが、公表されているものは全て「ECMマイク」です。

同じくゲーミングヘッドセットとしても有名なロジクールのゲーミングヘッドセットのマイクも、やはり「ECMマイク」が採用されています。

バンドなどのライブで使われるマイクの多くは、頑丈かつ安価な「ダイナミックマイク」が使われています。しかし音楽の収録では「ECMマイク」が採用されます。

「ダイナミックマイク」は頑丈ですが、ノイズが多く集音できる音域が狭いからです。「ECMマイク」はノイズがほとんどなく広い音域を集音できるので、収録向きなんです。

しかし欠点があり、熱・振動・衝撃に弱く壊れやすいので、初期不良などが少なくありません。とても繊細なマイクなんです。

それに比べて「MEMSマイク」は、熱・振動・衝撃に強く、1mm以下の小型化もできます。それにもかかわらず構造が「ECMマイク」と一緒なので、ノイズがほとんどなく広い音域を集音できるんです。

そう、欠点がないのです。「ダイナミックマイク」と「ECMマイク」それぞれの欠点を補い、利点だけを寄せ集めたようなマイクが「MEMSマイク」です。

壊れにくいのに「ECMマイク」のようにノイズのないきめ細やかで音域広い声を仲間に届けることができるので、仲間との連携がスムーズになります。

「ノイズキャンセリング機能」も搭載

「MEMSマイク」は、小型化しやすいので優秀な「ノイズキャンセリング機能」を搭載させやすいマイクです。

「ノイズキャンセリング機能」は、あなたの声を集音するマイクのほか、環境音を集音するマイクも搭載させたりして、環境音や雑音にぶつけて相殺させる技術です。

『Razer Kraken 7.1 V2』のマイクも「ノイズキャンセリング機能」が搭載されているので、環境音や雑音が除去した状態・クリアでピュアなあなたの声だけが仲間に届きます。

ただし残念ながら「ノイズキャンセリング機能」はPCで使った時にだけ機能します。PS4などで使っても機能しないのでご注意を。

生活音を集音しにくい単一指向性

5,000円以下の安いヘッドセットに採用されるマイクの種類は、360度全方向からの音を集音できる「全指向性マイク」です。

『Razer Kraken 7.1 V2』のマイクはあなたの口元方向からしか集音しない「単一指向性マイク」です。そのため生活音が集音されにくいのです。

回り込んだり反射したりして集音されてしまったとしても、「ノイズキャンセリング機能」が相殺してくれますので、仲間はあなたと連携取りやすく、優位にゲームを進めることが可能です。

7.1chサラウンドサウンド対応

『Razer Kraken 7.1 V2』は、 7.1chサラウンドサウンドに対応しています。そのため、音が真正面、左右斜め前、左右、左右斜め後ろと7つの方向に分かれて聞こえます。

音だけで索敵可能なので、FPSゲームにおいては大きなアドバンテージを持って戦うことができます。映画やRPGでは、臨場感あふれるサウンド体験が可能です。

ただし7.1chサラウンドサウンドは、PCとMacのみで機能しますので、PS4などの家庭用ゲームではステレオ再生になります。

イコライザー設定できる

PCに「Razer Synapse」をダウンロードすることで、『Razer Kraken 7.1 V2』の音をカスタマイズすることができます。

例えば、125Hzの音だけ最大にして、4KHzから8KHzあたりの音量をあげれば、足音とリロード音響く、FPS向けのカスタマイズができます。

イコライザー設定では7チャンネルもカスタマイズできる

「Razer Synapse」では、音が聞こえる方向とヘッドフォンの音の方向を正したり、自分好みの位置に変更したりすることが可能です。そのほかのオーディオやマイクの調整もできます。

低音に強い高性能スピーカー

世界最強の磁力「ネオジウム(ネオジム)」

スピーカーのエネルギー源になるマグネットの種類は「ネオジウム(ネオジム)」です。種類によって最大音量や音質異なりますのでとても重要です。

50mmのビッグドライバー

ゲーミングヘッドセットのハイエンドモデルに採用されるドライバーの大きさの多くは40mmですが、『Razer Kraken 7.1 V2』のドライバーは50mmあります。

ドライバーが大きいほど重低音が出やすいといわれているので、FPSなどの低音域が重要なゲーム向けのヘッドセットといえます。

イヤーパッドも欠点なし

遮音性高いのに熱がこもりにくい

布素材のイヤーパットの利点は肌触りと通気性ですが、外部環境の音が入り込みやすという欠点があるので、没入感にかけます。

レザー素材のイヤーパットの利点は高い遮音性なので、ゲームの世界に没入できますが、密閉度が高いので熱がこもりがちです。

『Razer Kraken 7.1 V2』に採用されるイヤーパットはレザーですが、冷却ジェルが搭載されているので熱の蓄積を抑制してくれます。

形状記憶フォーム

人の頭の形と大きさは異なりますが、『Razer Kraken 7.1 V2』のイヤーパットクッションの素材は「形状記憶フォーム」なので、頭の形やメガネのつる部分に合わせて変形。

長時間のゲームでも痛みづらい仕様です。

円形と楕円形と換装可能なイヤーパッド(別売り)

『Razer Kraken 7.1 V2』のイヤーパッドは56 mmと大きめのイヤーパッド。柔らかく耳をすっぽり覆うので長時間プレイしても痛みづらくなっています。

しかし耳の形は人それぞれ異なります。そこで『Razer Kraken 7.1 V2』は、フィットしなかった方向けに、円形と楕円形と完走できるようになっています。

シリーズ唯一 1680万色 3種の照明効果から選べる「Razer Chroma lighting」対応

『Razer Kraken』シリーズ3種のうち『Razer Kraken 7.1 V2』だけ、「Razer Chroma lighting」に対応します。

「Razer Chroma lighting」は、1680万色のライトエフェクトを楽しむことのできるとても綺麗で幻想的なイルミネーション技術です。

『Razer Kraken 7.1 V2』では、「スペクトラムサイクリング」「呼吸」「静的」の3種の照明効果からお好みのエフェクトに設定変更できます。

XboxOne NintendoSwitch モバイル機器に非対応

『Razer Kraken 7.1 V2』は、『Razer Kraken』シリーズ3種のうち唯一、XboxOne、NintendoSwitch、モバイル機器に対応しません。

動作が保証されているのは、PC、Mac、PS4のみになります。USB接続のみ可能なモデルなので、3.5mmプラグ接続はできません。

『Razer Kraken 7.1 V2』仕様

ヘッドフォン 周波数特性:12 Hz ~ 28 kHz インピーダンス:32 Ω @ 1 kHz 感度 (@ 1kHz):123 dB 入力電力:30 mW (最大) ドライバ:50 mm、ネオジム磁性体使用 イヤーカップの内径:56 mm 接続方法の種類:USB Digital ケーブル長:2 m 重量 (概算):346 g 楕円形の耳のクッション:耳全体をカバーするように設計されており、長時間の快適性に最適です マイク 周波数特性:100 Hz ~ 10 kHz S / N比:> 55 dB 感度 (@1 kHz): -38 ± 3 dB 集音パターン: アクティブ ノイズキャンセリング 単一指向性 MEMS ブーム システム要件 PC / Mac / PS4 Windows 7 / Mac OS X 10.9 (もしくはより高く) インターネット接続(ドライバインストール用) 最低 100MB のハードディスク空き容量 クレジット Copyright © 2018 Razer Inc. All rights reserved. 公式サイトの情報を基に記述しています。

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
Razer Kraken Pro V2
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG