スピーカー4個!7.1chサラウンドヘッドセット『Razer Tiamat 2.2 V2』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Razer Tiamat 2.2 V2

普通のスピーカー+重低音用スピーカー 計4つのスピーカー搭載 迫力あるヘッドセット

Razer Tiamat 2.2 V2

出典:www.amazon.co.jp

 

 多くのヘッドセットには、左右に1つづつ低音から高音、広い音域を奏でることができるスピーカーが1つづつ搭載されています。

『Razer Tiamat 2.2 V2』の場合、左右のヘッドフォンに2個づつ、計4個のスピーカーが搭載されています。厳密にはスピーカーではなく、スピーカーの駆動部分に当たるドライバーが4つ。

一つは通常のスピーカーですが、もう一つは重低音専用のドライバー「サブウーファー」が搭載されているのです。2chではなく、2.2ch対応のヘッドセット。

そのため2cnヘッドセットに比べて重低音がよく響くので大迫力です。爆音も銃声も、低い音が現実に近く、まるで本来の世界における爆発を体感できるでしょう。

4つ全て世界最強マグネット「ネオジウム(ネオジム)」採用

 『Razer Tiamat 2.2 V2』スピーカーのエネルギー源になるマグネットの種類は「ネオジウム(ネオジム)」です。しかも搭載される4つのスピーカー全て。

磁力が強い方が最大音量が大きく、音質が良くなるといわれていますので、迫力だけでなく、音の質にも期待することができます。

4つ全て50mmの大型ドライバー採用

 『Razer Tiamat 2.2 V2』に採用されるドライバーの大きさは、4つ全て50mmの大きさです。ゲーミングヘッドセットのドライバーサイズは40mmが多いので少し大きめ。

ドライバーが大きいほど重低音が出やすいといわれているので、FPSなどの低音域が重要なゲームをする方に最適です。

7.1chバーチャルサラウンドサウンド対応だから索敵早い

 『Razer Tiamat 2.2 V2』は7.1chバーチャルサラウンドサウンドに対応します。真正面、左右斜め前、左右、左右斜め後ろと、7つの方向を音で判別できます。

そのため足音だけで敵の位置を把握できますので、FPSゲームなどで大きなアドバンテージを得られます。また、RPGや映画鑑賞では臨場感あふれるサウンド体験が可能となります。

PS4では非対応です。

ボイスチャットも快適

環境音を集音しにくい単一指向性マイク

 「単一指向性マイク」が採用されているので、あなたの口元方向からしか音を集音しません。360度全方位から集音できる「全指向性マイク」に比べたら、生活音を集音しないので仲間が混乱することが確実に減ります。

低い声も高い声も、歪みなく仲間に届けるコンデンサーマイク

 『Razer Tiamat 2.2 V2』に採用されるマイクの種類は、低い声も高い声、広い範囲の音を集音することのできるコンデンサーマイクです。

しかも、ノイズなく集音できるので、仲間に綺麗な声を届けることができます。仲間との連携が重要とされるゲームであっても信頼の置けるマイクです。

インラインケーブルにてマイクのミュート、音量調整などもできます。

『Razer Tiamat 2.2 V2』仕様

簡単な説明
マルチプラットフォーム対応
4 × 50mm オーディオドライバー
折り畳み可能な単一指向性マイク
インライン音量コントロール
3.5 mm 複合オーディオジャック
ヘッドフォン
ドライバー:4 × 50mm チタンコートダイアフラム /ネオジム
周波数特性: 20 Hz – 20, 000 Hz
インピーダンス: 前側32 Ω・後側16 Ω
最大入力: 50mW
ケーブル長:1.3m オーディオ/マイク分配延長ケーブル 2m
マイク
周波数特性: 100 – 10,000 Hz
感度@1kHz: -38 dB ± 3 dB
S/N 比: >58 dB
マイクタイプ: ECM(エレクトレットコンデンサーマイク)
集音パターン: 単一指向性
インライン音量コントロール
アナログ音量ホイール
マイクミュートスイッチ
ヘッドフォンとして使用の場合
3.5 mm アナログオーディオ出力搭載デバイス
ヘッドフォン(オーディオ出力+マイク)の使用:3.5mm オーディオ+マイク混合ジャック(4極)搭載デバイス
クレジット
Copyright © 2018 Razer Inc. All rights reserved.
公式サイトの情報を基に記述しています。

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.