3.5mm+ワイヤレスヘッドセット『SteelSeries Arctis 3 Bluetooth』

3.5mmプラグワイヤード接続 + Bluetoothによるワイヤレス接続可能。Nintendo Switchに最適。

今回は、『SteelSeries』ゲーミングヘッドセットのミドルハイレンジモデル『SteelSeries Arctis 3 Bluetooth 2019 Edition』をご紹介します。

ロジクールG933s

最大11.1chサラウンド ワイヤレスヘッドセット『ロジクールG933s』


  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 遅延心配ない2.4GHz独自ワイヤレス
  • 3.5mm 4極プラグ接続も可能
  • ワイヤレス+3.5mm接続の音声ミックス可能
  • 快適性と耐久性を追求 90度回転イヤーカップ
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング
  • 最大12時間長寿命バッテリー

3.5mm有線接続でゲームしながらBluetoothワイヤレスでスマホの音楽が聴ける

『SteelSeries Arctis 3 Bluetooth 2019 Edition』は、ゲーミングヘッドセットにしては珍しくBluetoothに対応した製品です。

ゲームするときは、遅延や電波障害を気にしなくていい3.5mmプラグによる有線接続でプレイ。スマホ・タブレット、PCなどのモバイルデバイスには、Bluetoothによるワイヤレス接続ができます。

3.5mm有線接続とBluetoothワイヤレス接続は、同時に利用できるので、例えばゲームしながら音楽を聴いたり、電話したり、「Discord」などを利用したボイスチャットが可能となります。

※PS4・XboxはBluetoothによるワイヤレス接続ができませんので、3.5mmプラグによる有線接続のみとなります。

Nintendo Switchモバイルアプリのワイヤレス

『SteelSeries Arctis 3 Bluetooth 2019 Edition』はNintendo Switchに最適な製品です。ゲーム音は遅延や電波干渉を気にせず3.5mm有線接続。

Bluetoothのワイヤレス接続ではモバイルデバイスのNintendo Switchチャットアプリにてボイスチャットをといった使い方ができるので便利。

受賞歴のあるS1スピーカードライバー採用だから音質抜群

ゲーミングヘッドセットに採用されるドライバーの種類は「ダイナミック型」。少し音が歪むといった小さな欠点はあるものの、低音に強く、広い音域をカバーする優れたドライバーです。

「コンデンサー型」は、歪みが最も少なく綺麗でクリアな音を再生できるので、主に音楽愛好家に好まれるドライバーです。

「S1スピーカードライバー」は、ひずみをきっちり抑制でき、低音に強く、広い音域をカバーできるという、「ダイナミック型」と「コンデンサー型」の良いところを合わせたような「S1スピーカードライバー」が採用されています。

音の輪郭がはっきりしているので、小さな足音にも気付きやすく、FPSでも有利です。

あなたの声だけ仲間に届ける高品質なマイク

360度全方位から集音する「全指向性」でもなく、口元方向からしか集音しない「単一指向性」でもなく、「双方向性」という種類のマイクが採用されています。

「双方向性」は、「全指向性」「単一指向性」と異なり、真横からの音は集音しません。集音する方向は、口元側そその反対側の2箇所です。

また「双方向性」は、「全指向性」「単一指向性」と異なり、狭い範囲の音しか集音しません。広い範囲の音を集音できる「全指向性」「単一指向性」では集音していた生活音は、「双方向性」では集音されないのです。

しかも、ノイズキャンセリング機能搭載だから、もし生活音を集音してしまったとしても、逆の音をぶつけて相殺してくれます。

『SteelSeries Arctis 3 Bluetooth 2019 Edition』に採用されるマイクは、あなたの声だけ仲間に届くように設計されたマイクです。

装着感も『SteelSeries』のハイエンドモデル並み

『SteelSeries Arctis 3 Bluetooth 2019 Edition』に採用されるヘッドバンドは、『SteelSeries』独自のスキーゴーグルサスペンション。

頭に設置する部分に均等に重さを分配するので、痛くなりづらく快適です。また、さらに分厚くなったAirWeaveのイヤークッションが、耳をひんやりとドライにさせてくれます。

『SteelSeries Arctis 3 Bluetooth 2019 Edition』仕様

メーカーSteelSeries(スティールシリーズ)
シリーズArctis
発売日2018年2月8日
サラウンドサウンドWindows Sonicサラウンド(PCとXbox One)
ヘッドホンタイプオーバーヘッド
イヤーパッドAirWeaveイヤークッション
ヘッドホン構造密閉型
ドライバーユニットS1 オーディオドライバー
ドライバーユニットサイズ40mm ネオジムドライバー
感度98dB
周波数特性20~22,000Hz
インピーダンス32Ω
全高調波歪み<3%
コントローラーイヤーカップで音量コントロール
マイクのタイプSteelSeries ClearCast 格納式ブームマイク
マイク集音特性双指向性
マイク感度-38dB
マイク周波数特性100Hz-10000Hz
マイクインピーダンス2200Ω
ノイズキャンセリング機能
マイクコントローラーイヤーカップでミュート
LEDなし
接続I/F3.5mm(4極)プラグ / デュアル3.5mm延長ケーブル / Bluetooth
ケーブル長1.2m、3m
Bluetooth バージョン4.1
Bluetooth プロファイルA2DP、HFP、HSP
ワイヤレス範囲10m
バッテリー寿命アクティブリスニング時間 28 時間
ソフトウェアSteelSeries Engine 3
付属品Arctis 3 Bluetoothヘッドセット、メインケーブル、デュアル3.5mm延長ケーブル、3.5mmの4極プラグ、製品情報ガイド
クレジットSteelSeries(公式サイトの情報を基に記述しています。)
ロジクールG633s

最大11.1chサラウンドゲーミングヘッドセット『ロジクールG633s』

  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 3.5mm 4極プラグ接続
  • 肌触り抜群のスポーツメッシュ・イヤーパット
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング

ASTRO Gaming ミックスアンプ プロ MixAmp Pro TR

PS5×『Astro MixAmp Pro TR』でTempest 3Dオーディオ レビュー


  • Tempest 3Dオーディオ or 5.1chサラウンドサウンド 両方使える
  • イコライザ設定可能
  • 4種のイコライザ設定を保存&切り替え可能
  • ノイズゲート機能搭載
  • ミキシング機能付き
  • PlayStationのボイチャとPC・スマホのボイチャのミキシングも可能
  • PCからのゲーム配信がカンタン
SteelSeries Arctis 3 Bluetooth 2019 Edition
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG