Razer(レイザー)ゲーミングヘッドセットミドルレンジ3シリーズ比較

『Razer(レイザー)』のゲーミングヘッドセットの中でも、ミドルレンジモデルのご購入をお考えの方向けに、選択の参考にしていただけるよう、3シリーズ4製品を比較しました。

製品名をタップ・クリックすると、製品それぞれを詳細に説明したページに移動します。

目次

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

『Razer』 ゲーミングヘッドセット ミドルレンジモデル3シリーズ 4製品比較

項目Nari EssentialThresher TEKraken TEKraken 7.1 V2
発売日2018年11月2017年11月25日2018年11月30日2017年11月25日
スペックミドルレンジクラスミドルレンジクラスミドルレンジクラスミドルレンジクラス
Amazon価格12,980円(公式サイト)13,154円12,562円11,562円
ヘッドホン ダイナミックネオジウムドライバー40mm 20Hz~20,000Hz ダイナミックネオジウムドライバー50mm 12Hz~28,000Hz ダイナミックネオジウムドライバー50mm 12Hz~28,000Hz ダイナミックネオジウムドライバー50mm 12Hz~28,000Hz
サラウンド THX Spatial Audio PC:7.1ch PS4:ステレオ その他のコンシュマー:✕ スマホ・タブレット:✕ PC:ステレオ PS4:ステレオ その他のコンシュマー:ステレオ スマホ・タブレット:ステレオ THX Spatial Audio PC:7.1ch PS4:ステレオ その他のコンシュマー:ステレオ スマホ・タブレット:ステレオ Razer Synapse PC:7.1ch PS4:ステレオ その他のコンシュマー:✕ スマホ・タブレット:✕
触覚(振動)テクノロジー
イコライザー設定○Synapse3○Synapse3○Synapse2
マイク 単一指向性 跳ね上げ式 100Hz~6,500Hz S/N比:≧50dB 感度(@1kHz):-42 ±3dB 単一指向性・近距離音声 格納式 100Hz~10,000Hz S/N比:>55 dB 感度(@1kHz):-38 ±3dB 単一指向性 エレクトレットコンデンサー 格納式 100Hz~10,000Hz S/N比:≥60 dB 感度(@1kHz):-45 ±3dB 単一指向性 MEMS ノイズキャンセリング 格納式 100Hz~10,000Hz S/N比:>55 dB 感度(@1kHz):-38 ±3dB
接続方法2.4GHz ワイヤレス USBトランシーバー3.5mm 4極 アナログ USB フルオーディオコントローラー ワイヤード 3.5mm 4極 アナログ USB ワイヤード
イヤーパッド レザーレット 冷却ジェル注入型高密度フォーム 回転:✕ レザーレット 低反発フォーム 回転:○ レザーレット 冷却ジェル注入型高密度フォーム 回転:✕ レザーレット 冷却ジェル注入型高密度フォーム 回転:✕
重さ非公開非公開322g346g
オーディオミックス
モバイルデバイス3.5mm 4極 アナログ3.5mm 4極 アナログ
ライトRazer Chroma lighting
サウンドコントロール ヘッドホン音量調節ダイヤル マイクを跳ね上げるとミュート ヘッドホン音量調節ダイヤル ゲーム/ボイスチャットバランス調整 マイクミュート ヘッドホン音量調節ダイヤル ゲーム/ボイスチャットバランス調整 マイクミュート 17レベルの低音コントロール サラウンド切り替え ヘッドホン音量調節ダイヤル マイクミュート

約13,000円で購入できるワイヤレス3Dサラウンドサウンド『 Razer Nari Essential 』

Razer Nari Essential

出典:press.razer.com

詳しい情報は:『安い3D立体音響7.1chゲーミングヘッドセット Razer Nari Essential』ページをご確認ください。

「7.1ch3Dサラウンドサウンド」対応

高級ゲーミングヘッドセットのエントリーモデルに分類されるので、価格は約13,000円です。とても安価ですが、7.1ch3Dサラウンドサウンドを可能とする「THX Spatial Audio」に対応しています。

真正面・左右斜め前、左右、左右斜め後ろと7つの方向を音だけで感知できるだけでなく、上下方向の位置まで把握できます。

「THX Spatial Audio」を開発・提供する会社の創業者は、あのジョージ・ルーカス。FPSでさらに高いアドバンテージを得られます。RPGや映画なら音がとてもリアルになります。

ただしPCでしか機能しないので、PS4ではステレオ再生になります。3Dサラウンド機能が欲しい方は『Razer Kraken TE』か『Razer Nari Essential』の2択。

PCでもPS4でも遅延無い2.4GHzワイヤレスだけどスマホで使えない

『Razer Nari Essential』は、2.4GHzの無遅延ワイヤレスゲーミングヘッドセットです。PCでもPS4でもワイヤレスです。

ただし、USBトランシーバーにてそれを可能とさせるため、その他の家庭用ゲーム機やスマホで利用することはできません。

Nintendo Switchに関しては不明です。Ver.4.1.0 以上にアップデートすると USBヘッドセットも使うことができますが、『Razer Nari Essential』が機能するかどうかは保障されていません。

ミドルレンジモデルで唯一ドライバーと音域が普通

ドライバーの大きさの違いや音域の違いは、聴き比べしてみないとわからない程度の差でしかないかと思います。

約13,000円にしてワイヤレスかつ3Dサラウンドサウンド対応ですから、スピーカー部分で差をつけたようです。

『Razer』ゲーミングヘッドセットにおいて、他のミドルレンジモデルのドライバーサイズは50mm。

音域は12Hz~28,000Hzと、ゲーミングヘッドセットとしてはハイエンドモデルに匹敵するほどの広さです。

しかし『Razer Nari Essential』のドライバーサイズは40mmで、音域は20Hz~20,000Hzと、普通のゲーミングヘッドセットと同じような仕様。控えめです。

ワイヤレス&3Dサラウンドサウンドを取るか、音質を取るか、この辺りが選択のポイントになりそうです。

ミドルレンジモデルで唯一跳ね上げ式マイクだけど跳ね上げるだけでミュートもできる

『Razer』ゲーミングヘッドセットにおいて、他のミドルレンジモデルのマイクは全て格納式です。ヘッドフォン部分に収納できるので邪魔になりません。

『Razer Nari Essential』だけ跳ね上げるタイプのマイクになります。スマホで使えないタイプのヘッドセットなので、取り外しできるようにしたり、収納できる必要がなかったのだと考えられます。

ただし、マイクを跳ねあげることでマイクミュートできるので一石二鳥で便利。

騒音に満ちた環境でも使えるeスポーツ向けマイクが採用される『Razer Thresher Tournament Edition』

詳しい情報は:『eスポーツ向け高性能ゲーミングヘッドセット『Razer Thresher TE』』ページをご確認ください。

単一指向性・近距離音声マイク

『Razer Thresher TE』はeスポーツ選手の意見を取り入れて開発されたゲーミングヘッドセットです。

eスポーツ選手はあまりサラウンドサウンドを使わないようなので、サラウンドには非対応です。つけ心地や騒音に満ちた環境でもスムーズな連携の方を重要視しているようです。

そこで『Razer Thresher TE』のマイクは、他のマイクが単一指向性としてしか記載されていないところ、単一指向性・近距離音声と表記されています。

あなたの口元方向からしか音を集音しないだけでなく、近い距離の音しか集音できないようにしてあるのです。

近い距離の音しか集音できないのであれば、騒音に満ちた環境であっても、あなたの声以外をより集音できなくなります。

音は回り込んだり反射したりしますし、横からの音も集音してしまうからです。ゲーム環境が良くない方にオススメです。

『Razer』のミドルレンジは4つ中3つも音域広い12Hz~28,000Hz

人の耳では聞き取ることができなくても、感じることはできる20Hz~20,000Hzを超える音。癒し・リラックスなどの感情を刺激する効果が証明されています。

森の草・花・木などの音に含まれる、人が聞き取ることのできない高さ「1/f ゆらぎ」という音に、人が癒しを感じ、リラックスできるのはそのためだそうです。

お母さんの胎内にいる間には、低い音を聞き続けていたがため、低い音がよく聞こえると安心感や高揚感を感じます。

そのため、RPGゲームや映画・音楽鑑賞をメインにお考えの方、音質を求める方には『Razer Nari Essential』以外がオススメです。

7.1ch3Dサラウンドサウンド『Razer Kraken TE』

詳しい情報は:『11/30発売eスポーツ向けで快適7.1chヘッドセット『Razer Kraken TE』』ページをご確認ください。

ミドルレンジクラスで唯一きめ細やかなサウンドコントロールできる

『Razer Kraken TE』には「USB フルオーディオコントローラー」が同梱されます。これがあることで、なんと5つもの音声コントロールが可能になります。

マスターボリュームとマイクミュートといった基本はもちろん、ゲーム/ボイスチャットバランス調整、サラウンドのオン・オフ、17レベルの低音コントロールまで可能です。

Razer Chroma対応 マイク以外は『Razer Kraken TE』に劣る『Kraken 7.1 V2』

詳しい情報は:『7.1ch+MEMSマイク採用ゲーミングヘッドセットRazer Kraken 7.1 V2』ページをご確認ください。

『Kraken TE』の発売が2018年11月30日ですから、『Kraken 7.1 V2』はおおよそ1年前に発売された『Kraken』シリーズです。

また『Kraken 7.1 V2』は、『Thresher TE』と一緒に2017年11月25日発売されたモデルです。理由はわかりませんが、『Kraken 7.1 V2』と『Thresher TE』は両方ともマイクにこだわられたヘッドセットです。

ただし、『Kraken 7.1 V2』と『Kraken TE』を比べた場合、仕様だけ見ると性能や機能がマイク以外で劣っています。

後継機を出すには早すぎますし、『Kraken TE』は『Kraken 7.1 V2』の後継機と公表されたわけでもありません。

『Kraken TE』と『Kraken 7.1 V2』の仕様はとても似ており、それでいてサラウンドの性能、接続方法の種類、重さ、サウンドコントロールと、4つの部分で『Kraken 7.1 V2』が劣ります。

『Kraken 7.1 V2』が『Kraken TE』に優っているところは、「Razer Chroma」に対応しているところと、マイクの2つのみです。

「7.1chサラウンドサウンド」対応

『Kraken 7.1 V2』は、上下方向は把握できませんが、7.1chサラウンドサウンドに対応しています。

真正面・左右斜め前、左右、左右斜め後ろと音だけで判断可能。ただしPS4ではステレオ再生。

ミドルレンジクラスで唯一「Razer Chroma lighting」対応 暗い場所でとっても綺麗

『Kraken 7.1 V2』はミドルレンジクラスで唯一「Razer Chroma lighting」に対応しています。

「Razer Chroma lighting」は、カスタマイズや様々なエフェクトに対応する、1680万色のイルミネーション機能です。

ノイズキャンセリング機能搭載の「MEMSマイク」採用

ゲーミングヘッドセットに採用されるマイクといえば、「エレクトレット・コンデンサ・マイクロフォン(ECM)」もしくは「ECM」より音質に優れる「バックエレクトレット・コンデンサ・マイクロフォン」のどちらかかと思います。

しかし『Kraken 7.1 V2』に採用されるマイクの種類は、今最も注目されている「MEMSマイク」です。

「MEMSマイク」は主に、スマートスピーカーなどに採用されるマイクで、半導体制作技術によって1mm以下の小さなものも作ることができるといった特徴があります。

構造は「ECM」と同じですが、よりノイズが少なく、サイズも小さく作ることができるのです。しかもノイズキャンセリング機能搭載。

そのため『Kraken TE』よりもノイズが少なく、雑音も少ない状態で仲間と連携できます。

上位モデルがあるのは『Nari』と『Thresher』シリーズだけ

「Razer Nari Essential」には2つの上位モデル

ハイエンドモデルの「Razer Nari Ultimate」とハイクラスモデルの「Razer Nari」2つの上位モデルがあります。

「Razer Nari Ultimate」にはステレオ触覚(振動)テクノロジー「HyperSense」搭載されているので、音に合わせてイヤーパッドが振動、音だけでなく振動でも索敵できます。

「Razer Nari Ultimate」と「Razer Nari」は両方とも3.5mmプラグでの接続もできますし、「Razer Chroma」にも対応。ワイヤレスヘッドセットでもあります。

詳しい情報は:『振動する 7.1ch3D ゲーミングヘッドセット『Razer Nari Ultimate』』と『3D立体音響7.1chサラウンド ゲーミングヘッドセット『Razer Nari』』ページをご確認ください。

「Nari Ultimate」「Nari」「Nari Essential」の違いについて詳しい情報は:『Razer「Nari Ultimate」「Nari 」「Nari Essential」の違いとは?』ページをご確認ください。

「Thresher TE」にも2つの上位モデルがある

ハイエンドモデルの「Razer Thresher Ultimate」とハイクラスモデルの「Razer Thresher 7.1」2つの上位モデルがあります。

「Thresher Ultimate」と「Thresher 7.1」に大きな違いはありません。両方とも「Dolby Headphone」に対応しているので、PS4で7.1chサラウンドサウンドです。また両方ともワイヤレスヘッドセットです。

「Thresher Ultimate」と「Thresher 7.1」の違いは、「Thresher Ultimate」にはヘッドセットスタンド&ベースステーションが同梱され、「Thresher 7.1」は3.5mmプラグにも対応します。

詳しい情報は:『PS4でDolby7.1chサラウンドヘッドセット『RAZER THRESHER ULTIMATE』』と『PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher』』ページをご確認ください。

「Thresher Ultimate」「Thresher」「Thresher TE」の違いについて詳しい情報は:『Razer「Thresher Ultimate」「Thresher」「Thresher TE」の違いとは?』ページをご確認ください。

『Kraken TE』と『Kraken 7.1 V2』には下位モデルがある

『Kraken TE』と『Kraken 7.1 V2』はサラウンドサウンド対応ですが、下位モデルである「Kraken Pro V2」はサラウンドサウンド非対応です。

またUSB接続することもできません。3.5mmプラグ接続だけ可能です。それだけで『Razer』の製品にも関わらず10,000円を切り、Amazonにて約8,600円で購入できます。

Kraken Pro v2 Quartz Headset

Kraken Pro v2 Quartz Headset

15,500円(06/05 07:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

詳しい情報は:『eスポーツプロ向けゲーミングヘッドセット『Razer Kraken Pro V2』』ページをご確認ください。

『Kraken TE』『Kraken 7.1 V2』「Kraken Pro V2」の違いについて詳しい情報は:『Razer「Kraken TE」「Kraken 7.1 V2」「Kraken Pro V2」の違いとは?』ページをご確認ください。

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
Razer Nari Essential
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG