安い!Razer(レイザー)ゲーミングヘッドセットエントリーモデル比較

『Razer(レイザー)』のゲーミングヘッドセットの中でも、エントリーモデル(ミドルローレンジモデル)のご購入をお考えの方向けに、選択の参考にしていただけるよう、2シリーズ3製品を比較しました。

製品名をタップ・クリックすると、製品それぞれを詳細に説明したページに移動します。

PlayStation 5のTempest 3D AudioTechに完全対応

PS5もSwitchもスマホもワイヤレス!

バッテリー寿命・最大24時間

PS5のゲーム音とDiscordのボイチャ or スマホの音楽をミックス可能

SteelSeries『Arctis 7P』

PS5×SteelSeries『Arctis 7P』Tempest 3D向けヘッドセット レビュー

『Razer』 ゲーミングヘッドセット エントリーモデル(ミドルローレンジモデル)2シリーズ 3製品比較

項目Kraken Pro V2Electra V2 USBElectra V2
発売日2017年6月30日2017年12月23日2017年12月23日
スペックエントリーモデル
ミドルローレンジ
エントリーモデル
ミドルローレンジ
エントリーモデル
ミドルローレンジ
Amazon価格8,646円8,498円6,646円
ヘッドホンダイナミックネオジウムドライバー 50 mm12 Hz~28,000 Hzインピーダンス:32 Ω感度:118 dB入力電力: 30 mW (Max)ダイナミックネオジウムドライバー 40 mm20 Hz~20,000 Hzインピーダンス:32 ± 15% Ω感度:115 ± 3 dB入力電力: 50 mWダイナミックネオジウムドライバー 40 mm20 Hz~20,000 Hzインピーダンス:32 ± 15% Ω感度:105 ± 3 dB入力電力: 50 mW
サラウンドPC:ステレオPS4:ステレオその他のコンシュマー:ステレオスマホ・タブレット:ステレオRazer SynapsePC:7.1chPS4:ステレオその他のコンシュマー:✕スマホ・タブレット:✕Razer SynapsePC:7.1chPS4:ステレオその他のコンシュマー:ステレオスマホ・タブレット:ステレオ
触覚(振動)テクノロジー
サウンド設定○Synapse2
マイク単一指向性エレクトレットコンデンサー格納式100Hz~10,000HzS/N比:> 55 dB感度(@1kHz):-38 ±3dB単一指向性取り外し式100Hz~10,000HzS/N比:>= 50 dB感度(@1kHz):-41 ± 3 dB単一指向性取り外し式100Hz~10,000HzS/N比:>= 50 dB感度(@1kHz):-41 ± 3 dB
接続方法3.5mm 4極 アナログUSB デジタル ワイヤード3.5mm 4極 アナログ
イヤーパッドレザーレット冷却ジェル注入型高密度フォーム回転:✕レザーレット回転:✕レザーレット回転:✕
重さ322g294g278g
オーディオミックス
モバイルデバイス3.5mm 4極 アナログ3.5mm 4極 アナログ
ライト
サウンドコントロールヘッドホン音量調節マイクミュートヘッドホン音量調節マイクミュートヘッドホン音量調節マイクミュート

PS5買ったらぴったりのモニター

PS5向けフルHD/144Hz/HDRゲーミングモニターのおすすめ7ランキング

BenQ MOBIUZ EX2710

PS5におすすめゲーミングモニターランキング フルHD/144Hz/HDR

PS4で7.1chしかもカスタマイズ可能なヘッドセット+アンプ知ってる?

PS4でもDOLBY HEADPHONE 7.1サラウンド サウンド対応

ヘッドセットのカスタマイズとイコライザー設定可能

「開放型」から「密閉型」に 換装できる

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

音質に期待できる『Kraken Pro V2』

詳しい情報は:『eスポーツプロ向けゲーミングヘッドセット『Razer Kraken Pro V2』』ページをご確認ください。

エントリーモデルなのに音域広く12Hz~28,000Hz

人の耳では聞き取ることができる音域は20Hz~20,000Hz。そのため多くのゲーミングヘッドセットも20Hz~20,000Hzに対応しています。

しかし、耳で聞くことができないだけで、20Hz~20,000Hzを超える音を感じることはできます。癒し・リラックスなどの感情を刺激する効果が証明されているのです。

例えば、森の草・花・木などの音に含まれる、人が聞き取ることのできない高さ「1/f ゆらぎ」という音で、人は癒しを感じ、リラックスします。

長い間お母さんの胎内にいたため、低い音に安心感や高揚感を感じます。そのため、RPGゲームや映画・音楽鑑賞をメインにお考えの方にオススメできます。

3つの中でノイズが最も少なく小さな声も綺麗に集音できる

数値だけ比較した場合、『Razer Kraken Pro V2』のマイクが最もノイズ少なく、小さな声でも綺麗に集音できます。

冷却ジェル入りイヤーパッド

『Razer Kraken Pro V2』のイヤーパッドには冷却ジェルが入っています。レザーイヤーパッドの欠点は熱がこもってしまうところですが、冷却ジェルがそれを解放してくれます。

3D立体音響「DTS Headphone:X 2.0」

「DTS Headphone:X 2.0」対応

遅延の心配がない2.4GHz独自のワイヤレス

パッケージ表

最大11.1chサラウンド ワイヤレスヘッドセット『ロジクールG933s』

7.1chサラウンドサウンド対応の『Electra V2 USB』と『Electra V2』

詳しい情報は:『7.1ch+高音質!Razerゲーミングヘッドセットが約7000円『Electra V2』』ページをご確認ください。

『Electra V2 USB』は約8,500円、『Electra V2』は約6,500円で購入できますが、PCでのみ7.1chサラウンドサウンドに対応しています。

2つの違いはUSBか3.5mmかの違いだけ。

項目Electra V2 USBElectra V2
接続方法USB デジタルケーブル3.5mm アナログケーブル
感度115 ± 3dB105 ± 3dB
重さ294g278g

上位モデルがある『Razer Kraken Pro V2』

『Razer Kraken Pro V2』には、「Kraken TE」と「Kraken 7.1 V2」2つの上位モデルがあります。

7.1ch3Dサラウンドサウンド対応+5つの音声コントロールできる「Razer Kraken TE」

「Razer Kraken TE」は、7.1ch3Dサラウンドサウンドの「THX Spatial Audio」に対応しています。

また同梱される「USBサウンドデバイス」にて、マスター音量、マイクミュート、ゲーム/チャットバランス、サラウンドのオン・オフ、17段階の低音コントロールをすることができます。

詳しい情報は:『11/30発売eスポーツ向けで快適7.1chヘッドセット『Razer Kraken TE』』ページをご確認ください。

「Kraken TE」「Kraken 7.1 V2」『Kraken Pro V2』の違いについて詳しい情報は:『Razer「Kraken TE」「Kraken 7.1 V2」「Kraken Pro V2」の違いとは?』ページをご確認ください。

7.1chサラウンドサウンド対応の「Razer Kraken 7.1 V2」

「Razer Kraken 7.1 V2」は、7.1chサラウンドサウンドに対応しています。

詳しい情報は:『7.1ch+MEMSマイク採用ゲーミングヘッドセットRazer Kraken 7.1 V2』ページをご確認ください。

PS5の性能を最大限活かせる激安テレビ

4K/120Hz(HDMI 2.1)

VRR (可変リフレッシュレート)

ALLM (自動低遅延モード)

HGiGゲームモード

Dolby Vision IQ® / HDR10 / HLG

eARC対応

 LG『NANO86JNA』

PS5向け LG『NANO86JNA』コスパ最強の4K/120Hz/HDR液晶テレビ

※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

Razer Kraken Pro V2
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG