※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

安い!Razer(レイザー)ゲーミングヘッドセットエントリーモデル比較

広告

パルワールド(Palworld)のレンタルサーバーもカンタンにたてられる!

マルチプレイを簡単にすぐ始められる「Xserver for Game」

『Razer(レイザー)』のゲーミングヘッドセットの中でも、エントリーモデル(ミドルローレンジモデル)のご購入をお考えの方向けに、選択の参考にしていただけるよう、2シリーズ3製品を比較しました。

第 2 世代 Razer™ アナログオプティカルスイッチ(光学式)

ラピッドトリガー

調整可能な2 段式アクチュエーション

遅延:2.2ms(理論値)

ポーリングレート:1,000Hz

Razer Huntsman V3 Pro Mini

Razer Huntsman V3 Pro Mini完全レビュー・深堀り解析: 勝利の鍵

製品名をタップ・クリックすると、製品それぞれを詳細に説明したページに移動します。

『Razer』 ゲーミングヘッドセット エントリーモデル(ミドルローレンジモデル)2シリーズ 3製品比較

項目Kraken Pro V2Electra V2 USBElectra V2
発売日2017年6月30日2017年12月23日2017年12月23日
スペックエントリーモデル
ミドルローレンジ
エントリーモデル
ミドルローレンジ
エントリーモデル
ミドルローレンジ
Amazon税込価格8,646円8,498円6,646円
ヘッドホンダイナミックネオジウムドライバー 50 mm12 Hz~28,000 Hzインピーダンス:32 Ω感度:118 dB入力電力: 30 mW (Max)ダイナミックネオジウムドライバー 40 mm20 Hz~20,000 Hzインピーダンス:32 ± 15% Ω感度:115 ± 3 dB入力電力: 50 mWダイナミックネオジウムドライバー 40 mm20 Hz~20,000 Hzインピーダンス:32 ± 15% Ω感度:105 ± 3 dB入力電力: 50 mW
サラウンドPC:ステレオPS4:ステレオその他のコンシュマー:ステレオスマホ・タブレット:ステレオRazer SynapsePC:7.1chPS4:ステレオその他のコンシュマー:✕スマホ・タブレット:✕Razer SynapsePC:7.1chPS4:ステレオその他のコンシュマー:ステレオスマホ・タブレット:ステレオ
触覚(振動)テクノロジー
サウンド設定○Synapse2
マイク単一指向性エレクトレットコンデンサー格納式100Hz~10,000HzS/N比:> 55 dB感度(@1kHz):-38 ±3dB単一指向性取り外し式100Hz~10,000HzS/N比:>= 50 dB感度(@1kHz):-41 ± 3 dB単一指向性取り外し式100Hz~10,000HzS/N比:>= 50 dB感度(@1kHz):-41 ± 3 dB
接続方法3.5mm 4極 アナログUSB デジタル ワイヤード3.5mm 4極 アナログ
イヤーパッドレザーレット冷却ジェル注入型高密度フォーム回転:✕レザーレット回転:✕レザーレット回転:✕
重さ322g294g278g
オーディオミックス
モバイルデバイス3.5mm 4極 アナログ3.5mm 4極 アナログ
ライト
サウンドコントロールヘッドホン音量調節マイクミュートヘッドホン音量調節マイクミュートヘッドホン音量調節マイクミュート

ASUS ROG Swift Pro PG248QP

2024年2月2日発売予定

リフレッシュレート:最大540Hz

応答速度:0.2ms

NVIDIA® G-SYNC Ultra Low Motion Blur 2(ULMB 2)

低遅延のオーディオ・ESSコーデック(384 kHz/32bit)

NVIDIA® Reflex Analyzer

540Hz驚異の速度! ASUS ROG Swift Pro PG248QP完全解説

遅延:0.325ms(理論値)


ポーリングレート:8,000Hz

第 3 世代オプティカルマウススイッチ(光学式)

DPI:30,000 / DPI刻み:50DPIずつ

最大速度:750IPS

Razer DeathAdder V3

Razer DeathAdder V3が変えるゲーミングマウスの世界|ゲーマー必見の進化詳細

音質に期待できる『Kraken Pro V2』

詳しい情報は:『eスポーツプロ向けゲーミングヘッドセット『Razer Kraken Pro V2』』ページをご確認ください。

エントリーモデルなのに音域広く12Hz~28,000Hz

人の耳では聞き取ることができる音域は20Hz~20,000Hz。そのため多くのゲーミングヘッドセットも20Hz~20,000Hzに対応しています。

しかし、耳で聞くことができないだけで、20Hz~20,000Hzを超える音を感じることはできます。癒し・リラックスなどの感情を刺激する効果が証明されているのです。

例えば、森の草・花・木などの音に含まれる、人が聞き取ることのできない高さ「1/f ゆらぎ」という音で、人は癒しを感じ、リラックスします。

長い間お母さんの胎内にいたため、低い音に安心感や高揚感を感じます。そのため、RPGゲームや映画・音楽鑑賞をメインにお考えの方にオススメできます。

3つの中でノイズが最も少なく小さな声も綺麗に集音できる

数値だけ比較した場合、『Razer Kraken Pro V2』のマイクが最もノイズ少なく、小さな声でも綺麗に集音できます。

冷却ジェル入りイヤーパッド

『Razer Kraken Pro V2』のイヤーパッドには冷却ジェルが入っています。レザーイヤーパッドの欠点は熱がこもってしまうところですが、冷却ジェルがそれを解放してくれます。

7.1chサラウンドサウンド対応の『Electra V2 USB』と『Electra V2』

詳しい情報は:『7.1ch+高音質!Razerゲーミングヘッドセットが約7000円『Electra V2』』ページをご確認ください。

『Electra V2 USB』は約8,500円、『Electra V2』は約6,500円で購入できますが、PCでのみ7.1chサラウンドサウンドに対応しています。

2つの違いはUSBか3.5mmかの違いだけ。

項目Electra V2 USBElectra V2
接続方法USB デジタルケーブル3.5mm アナログケーブル
感度115 ± 3dB105 ± 3dB
重さ294g278g

上位モデルがある『Razer Kraken Pro V2』

『Razer Kraken Pro V2』には、「Kraken TE」と「Kraken 7.1 V2」2つの上位モデルがあります。

7.1ch3Dサラウンドサウンド対応+5つの音声コントロールできる「Razer Kraken TE」

「Razer Kraken TE」は、7.1ch3Dサラウンドサウンドの「THX Spatial Audio」に対応しています。

また同梱される「USBサウンドデバイス」にて、マスター音量、マイクミュート、ゲーム/チャットバランス、サラウンドのオン・オフ、17段階の低音コントロールをすることができます。

詳しい情報は:『11/30発売eスポーツ向けで快適7.1chヘッドセット『Razer Kraken TE』』ページをご確認ください。

「Kraken TE」「Kraken 7.1 V2」『Kraken Pro V2』の違いについて詳しい情報は:『Razer「Kraken TE」「Kraken 7.1 V2」「Kraken Pro V2」の違いとは?』ページをご確認ください。

7.1chサラウンドサウンド対応の「Razer Kraken 7.1 V2」

「Razer Kraken 7.1 V2」は、7.1chサラウンドサウンドに対応しています。

詳しい情報は:『7.1ch+MEMSマイク採用ゲーミングヘッドセットRazer Kraken 7.1 V2』ページをご確認ください。

※価格は記事公開時のものです。

Razer Kraken Pro V2
最新情報をチェックしよう!

【 PS5本体 】実質無料! NURO光

ソニーグループの一つであるソニーネットワークコミュニケーションズが運営するNURO光の光回線サービスと、2023年2月20日17時より開始した、NURO光のオプションサービス「PS5 実質無料特典」について詳しくご紹介します。

CTR IMG