干物女子にオススメしたい格安SIMフリースマホ HUAWEI P10 lite

スマホにあまり詳しくなく、手軽に簡単なゲームアプリやYouTubeなどの動画を楽しめて、出勤時にはイヤホンで音楽が聴けてといったような、快適なスマホライフを適当に過ごせれば良い干物女子にオススメしたいスマホ。今回は2017年6月9日に発売した、大人気の格安スマホ『HUAWEI P10 lite』をご紹介します。

出典:www.amazon.co.jp

スマホに詳しくない方を想定している記事なので、本格的によりきめ細やかな情報が知りたい方は、他のサイトをオススメします。

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

iPhoneよりきめ細やかで綺麗な動画を視聴できる

『HUAWEI P10 lite』の画面(ディスプレイ)は、とてもきめ細やかで綺麗です。Appleなどのウェブサイトの「ディスプレイ仕様」などを確認してもらうとわかるのですが、“401ppi”との記載があります。

これは画面のきめ細やかさを表す数値です。高ければ高いほどきめ細やかなディスプレイということになります。『HUAWEI P10 lite』のディスプレイは“424ppi”なので、iPhone8 Plusよりもきめ細やかなディスプレイといえます。

YouTubeなどで癒しの猫動画をよく観られる方や、これから発売される「どうぶつの森 ポケットキャンプ」や「なめこの巣」、「ねこあつめ」や「LINE:ディズニーツムツム」などのゲームを楽しまれる方にもオススメです。

水の自然美をイメージした美しいデザイン

『HUAWEI P10 lite』は、とても美しいデザインのスマホです。“水の自然美からインスピレーション”を得ているそうです。「2.5D曲面ガラス」「ダイヤモンドカット加工メタルフレーム」と、きめ細やかなこだわりの装飾が、なめらかな手触りを実現します。

水を再現しているので、光の当たる角度によって波の反射効果まで実現しているとのこと。女性のためにつくられたスマートフォンといえます。カラーはサファイアブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールド、サクラピンク(UQモバイルのみ)の5種類。

iPhone5S並みにハイスペックな基本性能

『HUAWEI P10 lite』は、あまりにも価格が安いので、性能が悪いのではないかと不安になる方もいると思います。しかしご安心を。『HUAWEI P10 lite』は、あのハイスペックスマホ「iPhone5S」と同じくらいの基本性能を有したスマホです。

「iPhone5S」を利用されていたことのある方でしたらよくご存知でしょうが、普通に使っていて「iPhone5S」の操作性能に不満を感じていた方はあまりいないのではないでしょうか。だからこそ、今のiPhoneがあります。

最大約24日間もの連続待受時間(iPhone7Plusは最大16日間)

『HUAWEI P10 lite』のバッテリーは、3000mAhの大容量バッテリーが搭載されています。連続待受時間はなんと最大約24日間(HUAWEIウェブサイトより)。iPhone7Plusの連続待受時間が最大16日間(Appleウェブサイトより)ですから、とても十分長持ちするスマホです。

HUAWEIのウェブサイトによると、10分の充電で2時間の動画再生が可能。30分で43%、97分で100%の充電が完了するとのこと。かなり優秀なスマートフォンです。出勤日の朝、「起きたら充電を忘れていた。」なんて時にも安心の急速充電機能です。

女性でも持ちやすいサイズ感(iPhone7と同じくらい)

『HUAWEI P10 lite』の大きさですが、横幅はiPhone7より約5mm大きく、縦の長さはiPhone7より約8mm大きいサイズです。iPhone7より1mmだけ厚いので、全体としてiPhone7よりほんの少し大きいサイズ感です。

iPhone7より少し大きい『HUAWEI P10 lite』ですが、画面のサイズはiPhone7の4.7インチに比べて、『HUAWEI P10 lite』は5.2インチ。iPhone7 Plusに近い大きさです。iPhone7に近いサイズ感で、iPhone7 Plusに近い画面サイズ感。ちょっとお得です。

約27,000円で買える 圧倒的なコストパフォーマンス

HUAWEIの製品は全て、コストパフォーマンスに優れた製品です。「iPhone5S」と基本性能が同じくらいにもかかわらず、価格が驚くほどに安すぎるのです。あまりにも安すぎて、会社の利益の方が心配になるくらい。

2013年の夏に販売された「iPhone5S」ですが、Amazonなら新品が未だに購入可能。32GBの「iPhone5S」の販売価格は約35,000円です。『HUAWEI P10 lite』は、今年の夏に販売されたばかりですが、同じ32GBで約27,000円です。

しかも、この値段なのに「指紋認証センサー」搭載です。指先で軽く触れたら一瞬でロックの解除ができます。他の格安スマホと比べても圧倒的なコストパフォーマンスです。

カメラの性能も良く機能充実

干物女子の皆様にオススメしているので、あまりカメラには興味のない方も多いと思いますが軽くご説明します。メインカメラの画素数は1200万画素。自撮り用のカメラは800万画素です。ちなみに、画素数でカメラの性能は決まりません。

オートフォーカスの機能はかなり高性能です。レンズの種類もとても良いもので、iPhoneなどと同じ種類のレンズ「裏面照射型CMOSセンサー」と呼ばれるもの。iPhoneのカメラ性能には劣るものの、約27,000円のスマホとは思えないほどの性能です。

光を取込むことが比較的得意なカメラなので、暗い場所でも明るい写真を撮りやすいカメラです。機能もかなり充実しているので、お出かけした際に楽しく写真撮影できること間違いなしです。

LINEの格安SIM「LINEモバイル」の組合せがおすすめ

『HUAWEI P10 lite』は、Amazonや楽天市場など、どこでも購入することのできるスマホですが、『HUAWEI P10 lite』だけ買っても電話をすることができません。そこで、『HUAWEI P10 lite』とは別に「LINEモバイル」などの格安SIMが必要になります。

「LINEモバイル」なら、月額1,200円〜メールやLINE、アプリの使用や電話まで、今まで通りのスマホを利用することができます(docomo、au、SoftBankなどのメールアドレスは無くなります)。docomo、au、SoftBankなどの基本料金よりかなり安いので、『HUAWEI P10 lite』と「LINEモバイル」の組合せがとてもお得です。

HUAWEI(ファーウェイ)とは

HUAWEI(ファーウェイ)は、中国の電子デバイス機器メーカーです。スマホの世界での売上は、1位サムスン、2位アップル(Apple)に次ぐ、3位。もう少しでアップル(Apple)を追い越しそうな勢いです。ソニーのスマホに大差をつけて販売している企業です。

中国のイメージを吹き飛ばしてしまうほどに高い技術を持った会社で、毎年の特許出願数も1位を取ることが珍しくありません。日本でも、ソフトバンクやNTTドコモなどでHUAWEI(ファーウェイ)の製品を見かけます。

世界からの信用や信頼力をはかるブランド力ランキング(Interbrandなど)でも、パナソニックを超えて、レゴやマスターカードと同クラス。とても素晴らしいグローバル企業です。

いかがでしたか。今回は2017年6月9日に発売した、大人気の格安スマホ『HUAWEI P10 lite』をご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
HUAWEI P10 lite
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG