SENNHEISER(ゼンハイザー)ゲーミングヘッドセット7製品比較

『SENNHEISER(ゼンハイザー)』のゲーミングヘッドセット7製品を比較しました。

製品名をタップ・クリックすると、製品それぞれを詳細に説明したページに移動します。

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

『SENNHEISER(ゼンハイザー)』 ゲーミングヘッドセット6製品比較

項目GSP670GSP600GSP500PC373D
発売日2019年8月1日2018年3月21日2018年4月26日2016年9月16日
スペックハイエンドハイエンドハイエンドハイエンド
Amazon価格約41,648円約26,900円約24,070円約23,250円
ヘッドホン 密閉型 ダイナミック 周波数応答:10Hz~23,000Hz インピーダンス:未公開 音圧レベル:112dBSPL/mW (1kHz時) T.H.D.:未公開 密閉型 ダイナミック 周波数応答:10Hz~30,000Hz インピーダンス:28Ω 音圧レベル:112dBSPL/mW (1kHz時) T.H.D.:未公開 開放型 ダイナミック 周波数応答:10Hz~30,000Hz インピーダンス:28Ω 音圧レベル:107dBSPL/mW (1kHz時) T.H.D.:未公開 開放型 ダイナミック 周波数応答:15Hz~28,000Hz インピーダンス:50Ω 音圧レベル:116dBSPL/mW (1kHz時) T.H.D.:未公開
サラウンド サラウンド:○ PC:7.1ch PS4:ステレオ その他のコンシュマー:✕ スマホ・タブレット:ステレオ サラウンド:✕ PC:ステレオ PS4:ステレオ その他のコンシュマー:ステレオ スマホ・タブレット:ステレオ サラウンド:✕ PC:ステレオ PS4:ステレオ その他のコンシュマー:ステレオ スマホ・タブレット:ステレオ サラウンド:Dolby 7.1ch PC:7.1ch PS4:✕ その他のコンシュマー:✕ スマホ・タブレット:✕
触覚(振動)テクノロジー
イコライザー設定Sennheiser Gaming Suite
マイク 双指向性 未公開 ノイズキャンセリング 跳ね上げ式(ミュート機能) 周波数応答:10Hz~73,000Hz 感度:-47dBV/PA 双指向性 エレクトレットコンデンサー ノイズキャンセリング 跳ね上げ式(ミュート機能) 周波数応答:10Hz~18,000Hz 感度:-47dBV/PA 双指向性 エレクトレットコンデンサー ノイズキャンセリング 跳ね上げ式(ミュート機能) 周波数応答:10Hz~18,000Hz 感度:-47dBV/PA 単一指向性 ノイズキャンセリング 跳ね上げ式(ミュート機能) 周波数応答:50Hz~16,000Hz 感度:-38dBV/PA
接続方法 GSA 70ドングル USBケーブル1.5m Bluetooth 3極3.5mmミニピン×2 4極3.5mmミニピン 3極3.5mmミニピン×2 4極3.5mmミニピン USBケーブル
イヤーパッド 接触圧調節機能 超厚型形状記憶イヤーパッド 外周:レザーレット 肌が触れる部分:スエード調素材 接触圧調節機能 超厚型形状記憶イヤーパッド 外周:レザーレット 肌が触れる部分:スエード調素材 接触圧調節機能 超厚型形状記憶イヤーパッド ファブリック ベルベットイヤーパッド ベロア
重さ/マイク含む398g未公開未公開未公開
オーディオミックス
モバイルデバイスBluetooth3.5mm 4極 アナログ3.5mm 4極 アナログ
ライト
サウンドコントロール イヤーカップにヘッドホン音量調節ダイヤル マイクの跳ね上げでミュート イヤーカップにヘッドホン音量調節ダイヤル マイクの跳ね上げでミュート イヤーカップにヘッドホン音量調節ダイヤル マイクの跳ね上げでミュート イヤーカップにヘッドホン音量調節ダイヤル マイクの跳ね上げでミュート USBサウンドカードでサラウンドON/OFF
項目GSP350GSP300GSP107
発売日2017年1月20日2016年12月15日2017年9月21日
スペックミドルレンジミドルローレンジミドルローレンジ
Amazon価格約11,991円約8,870円約5,696円
ヘッドホン 密閉型 カスタム ドライバー 周波数応答:15Hz~26,000Hz インピーダンス:29Ω 音圧レベル:223dB T.H.D.:未公開 密閉型 ダイナミック ドライバー 周波数応答:15Hz~26,000Hz インピーダンス:19Ω 音圧レベル:113dB T.H.D.:未公開 開放型 ダイナミック ドライバー 周波数応答:17Hz~22,000Hz インピーダンス:16Ω 音圧レベル:118dB T.H.D.:未公開
サラウンド サラウンド:Dolby 7.1ch PC:7.1ch PS4:✕ その他のコンシュマー:✕ スマホ・タブレット:✕ サラウンド:✕ PC:ステレオ PS4:ステレオ その他のコンシュマー:ステレオ スマホ・タブレット:ステレオ サラウンド:✕ PC:ステレオ PS4:ステレオ その他のコンシュマー:ステレオ スマホ・タブレット:ステレオ
触覚(振動)テクノロジー
イコライザー設定
マイク 単一指向性 ノイズキャンセリング 跳ね上げ式(ミュート機能) 周波数応答:10Hz~15,000Hz 感度:-41dBV/PA 単一指向性 ノイズキャンセリング 跳ね上げ式(ミュート機能) 周波数応答:10Hz~15,000Hz 感度:-41dBV/PA ノイズキャンセリング 周波数応答:未公開 感度:未公開
接続方法USBケーブル 3極3.5mmミニピン×2 4極3.5mmミニピン 3極3.5mmミニピン×2 4極3.5mmミニピン
イヤーパッド 低反発クッション レザーレット 形状記憶イヤーパッド レザーレット 未公開
重さ/マイク含む未公開未公開195g
オーディオミックス
モバイルデバイス3.5mm 4極 アナログ3.5mm 4極 アナログ
ライト
サウンドコントロール イヤーカップでヘッドホン音量調節 マイクの跳ね上げでマイクミュート USBサウンドカードでサラウンドON/OFF イヤーカップでヘッドホン音量調節 マイクの跳ね上げでマイクミュート マイクのミュート不可

側圧調整+10〜23,000Hz+双指向性マイク+無遅延ワイヤレス+Bluetooth採用の密閉型ゲーミングヘッドセット『GSP670』

『GSP670』は「GSP600」と同じく、側圧調整可能で、広い音域、そしてボイスチャット向きの「双指向性マイク」がポイントです。

最大の特徴は、「GSP600」のいいところをそのままに、遅延ほぼゼロの独自ワイヤレスとBluetoothに対応させている点です。

『SENNHEISER(ゼンハイザー)』のゲーミングヘッドセットの中ではハイエンドに位置付け。また『ゼンハイザー』ゲーミングヘッドセットで唯一ワイヤレス。

「GSP600」ではできませんでしたが、専用ソフトにてイコライザー設定や2.1ch/7.1chサラウンドの切り替えができるようになっているところもポイントです。高音質!ゼンハイザーのワイヤレスゲーミングヘッドセット『GSP670』

側圧調整+10〜30,000Hz+双指向性マイク採用の密閉型ゲーミングヘッドセット『GSP600』

『GSP600』の特徴は、「側圧調整」可能、「10〜30,000Hz」で広い音域、最もボイスチャットに向いた「双指向性」、そして没入感溢れる「密閉型」なところです。

『SENNHEISER(ゼンハイザー)』のゲーミングヘッドセットの中ではハイエンドに位置付けられてます。

「双指向性」という集音特性は、近距離の音しか集音できないので、生活音などが集音されにくいところがボイスチャット向きです。

また「側圧調整」できるので頭にぴったりフィット。密閉度も高くなるので遮音性も上がりますし、頭が痛くなりづらいヘッドセットです。側圧調整可能!広音域ゼンハイザー ゲーミングヘッドセット『GSP600』

側圧調整+10〜30,000Hz+双指向性マイク採用の開放型ゲーミングヘッドセット『GSP500』

『GSP500』は『GSP600』と双子のような位置付けにあるゲーミングヘッドセットです。

特徴は『GSP600』とほぼ同じ。「側圧調整」可能、「10〜30,000Hz」で広い音域、最もボイスチャットに向いた「双指向性」ですが、音質高い自然なサウンドが特徴の「開放型」な部分だけ異なります。

「開放型」の特徴を生かすため、イヤーパッドの素材も『GSP600』と異なります。密閉度を上げる必要がないので、肌触りとつけ心地良いファブリック素材が採用されています。自然な音・装着感にこだり広音域ヘッドセット『ゼンハイザーGSP500』

Dolby 7.1ch+15〜28,000Hz+単一指向性マイク採用の開放型ゲーミングヘッドセット『PC373D』

『PC373D』は、音域が『GSP600』と『GSP500』には少し劣るものの、15〜28,000Hzと広めの音域です。

耳では聞き取ることのできない範囲に及ぶ音域ですが、肌で感じることはできますし、心にも響く音域なので、RPGゲームや映画・音楽鑑賞においても大活躍です。

Dolby 7.1chサラウンドサウンドに対応しているので、FPSゲームでは有利ですし、映画鑑賞においても臨場感あふれるサウンド体験が可能です。Dolby7.1chサラウンドゲーミングヘッドセット『ゼンハイザーPC373D』

約12,000円でDolby 7.1chゲーミングヘッドセット『GSP350』

『GSP350』は約12,000円と比較的安価なゲーミングヘッドセットですが、Dolby 7.1chサラウンドサウンドに対応しています。

15~26,000Hzと広い音域なところもオススメできるポイントの一つです。約12,000円!PCで7.1chサラウンドヘッドセット『ゼンハイザーGSP350』

PC・PS4・スマホで使える高性能ゲーミングヘッドセット『GSP300』

『GSP300』は『GSP350』とほぼ同じような仕様のゲーミングヘッドセットです。違いは、Dolby 7.1ch非対応な部分と、3.5mmプラグ接続方式な部分です。

3.5mmプラグによる接続なので、PCだけでなくPS4などの家庭用ゲーム機やスマホなどの利用でも活躍できます。約9,000円で買えるゼンハイザーのゲーミングヘッドセット『GSP300』

ゼンハイザーなのに約5,600円で購入できるゲーミングヘッドセット『GSP107』

17Hz~22,000Hzの広い音域に対応していて、マイクも単一指向性ノイズキャンセリングマイクと、スピーカーとマイクと、基本的な部分がしっかり高性能な低価格ゲーミングヘッドセットです。

さらには『ゼンハイザー』のネームバリューまであるはずの製品ですが、約5,600円で購入できます。残念な部分はマイクのミュート機能がないところ。約5,700円ゼンハイザーエントリーモデルヘッドセット『GSP107』

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
SENNHEISER(ゼンハイザー)ゲーミングヘッドセット『GSP600』
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG