【2019年1月】データ量0GB 低速通信格安SIM/MVNO8社比較

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

データ量0GB 低速通信とは

通信速度「Kbps」「Mbps」について

 スマホやタブレットにてウェブ閲覧やメール、動画鑑賞やマップアプリを使うために重要になる数値が通信速度です。

通信速度は「Kbps」「Mbps」「Gbps」などの単位で表記されます。1Kbpsと表記されていれば、1秒間に約0.12KBのデータを送信ができるという速度になります。

1Mbps(1,000Kbps)の場合は1秒間に約0.12MB(120KB)、1Gbps(1,000,000Kbps)の場合は1秒間に約0.12GB(120,000KB)のデータ送信ができるという速度です。

そのためもし1GBのデータ量を持つ動画やゲームアプリをダウンロードしようとしたら、1Gbpsの高速通信ならたったの約7.7秒でダウンロードでます。

しかし1Mbpsの通信速度では約8,333秒(約139分)。1Kbpsでは約8,333,333秒(約96日)もかかってしまいます。

1GBのデータ容量を持つ動画やゲームアプリは珍しくありませんので、1Gbps(1,000Mbps / 1,000,000Kbps)くらいの通信速度がなければ、動画もゲームアプリもダウンロードできません。

1Kbpsの1,000倍が1Mbps、1Mbpsのさらに1,000倍が1Gbpsになります。

毎月のデータ通信量には上限があり、超えると通信規制がかかる

 格安SIMはもちろん、NTTドコモ・au・ソフトバンクといった3大キャリアには、契約するプランによって、毎月利用できるのデータ通信量に上限が決まっています。

毎月スマホのデータ量はおおよそ、2〜5GB使う方がほとんど。メールやSNSくらいしかほとんどしない方は多くても2GBくらいしか使っていないかと思います。

仕事の休憩中や通勤途中にゲームしたり、動画鑑賞したりされる方であれば毎月3〜5GBくらいは使うでしょうか。

外出先でゲーム・動画を頻繁に利用される方でしたら毎月5GB以上消費することでしょう。こうして契約するデータ通信量の上限を超えると、通信規制がかかる仕組みです。

3大キャリアの場合、通信規制がかかる前の通信速度は612Mbps以上の高速通信が可能です。NTTドコモは2019年春から最大1288Mbps(1.288Gbps)の高速通信が可能となります。

auなら最大958Mbps、ソフトバンクなら612Mbpsの高速通信ができます。そのためもし1GBのデータ容量を持つゲームアプリや動画をダウンロードするとしても、短い時間で完了します。

しかしもし毎月5GBプランを契約する方が5GBを超えるデータをダウンロードした場合には、通信規制がかかります。3大キャリア共通して128Kbpsという速度に低下するのです。

NTTドコモ最大1288Mbpsの通信速度と比較すると、おおよそ1万分の1も遅い速度です。128Kbpsの低速通信でできることは、メールとLINEくらいです。

ウェブサイトの閲覧もできないことはないかもしれませんが、表示されるまでにかなり時間がかかると思うのでイライラすることでしょう。動画は見ることができません。

格安SIMの場合、通信規制後の通信速度は大体が200Kbpsです。128Kbpsよりはましですが大した差はありません。メール・LINEはできますが、ウェブサイトの閲覧はストレス。

画質の悪いYouTubeの動画くらいなら鑑賞できるかもしれませんが、再生されるまでに時間がかかったり、途中で何度も止まってしまったり、やはりストレスを感じます。

※3大キャリアの通信速度はベストエフォート方式による通信速度になります。技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を保証するものではありません。

メールやLINEしか使わない方に最適な データ量0GB 低速通信

 格安SIMのプラン中には、データ量0GBというプランがあります。プランの名前は各社それぞれ異なります。

「ライト」という名のプランだったり、「シンプル」とか「0MB」といった名のプランも目にします。

データ量0GBとは、高速通信がセットになっていないプランのことをいいます。通常格安SIMは、「音声通話」「SMS」「データ通信」と3つのサービスを組み合わせます。

音声通話機能が必要な方は「音声通話」+「SMS」+「データ通信」がセットになったプラン。音声通話は必要ないけどSMS機能だけは欲しい方は「SMS」+「データ通信」。

データ通信だけできればいい方は「データ通信」のみのプランを選ぶことになります。3種全てに「データ通信」サービスが含まれていますので、それぞれ1GB・3GB・5GBなど、毎月必要なデータ量で契約することになります。

1GBプランを選んだ方は、毎月1GB以内は高速通信できるので動画鑑賞も快適です。ただし、1GBを超えてしまうと通信規制を受けて200Kbpsの通信速度になるのでメールとLINEくらいしかできなくなるのです。

そこで格安SIMを提供する一部の会社は、「データ通信」サービスを「高速データ通信」と「低速データ通信」のサービスとに分離しました。

メールやLINEしか使わない方は「低速データ通信」だけ使えれば不自由ありませんので、「高速データ通信○GB」というサービスが必要ないのです。

「音声通話」「SMS」「データ通信」と3つのサービスを組み合わせる格安SIMがほとんどですが、中には「音声通話」「SMS」「高速データ通信」「低速データ通信」と4つのサービスを組み合わせることのできる格安SIMもあるのです。

タブレットのLTEモデルに最適な データ量0GB 低速通信

 タブレットは、スマホより大きいので、ファッション雑誌や旅行ガイドブックの閲覧、動画鑑賞に最適です。

大画面だからこそ、写真や動画などの閲覧においてはスマホより快適になるのです。しかしこの大きさは、家で使う分には良いのですが、外出先に持っていくにはかさばります。

しかし写真画像の多い旅行ガイドブックの閲覧だけは、家でも外出先でも活用したいところです。ただし旅行はしょっちゅういくわけではないのです。

半年に一度旅行に行く方であれば、外出先でタブレットを使うのは半年に1回しかないということになります。

家で使う分にはWi-Fiを使うことができるので、例えば格安SIM 1GBをこのタブレットに使ってしまうと、365日中355日分のデータ通信量を無駄にしていることになるのです。

そこでお勧めしたいのがデータ量0GBの低速通信プランです。例えば「楽天モバイル」の場合、200kbpsの低速通信プランは525円/月で、最もデータ量が少ない3.1GBプランの料金は900円/月です。

低速通信プランは6,300円/年で、旅行に行く年に2回だけチャージすると、年間1,960円。合わせて8,260円/年になります。

3.1GBプランは10,800円/年なので、低速通信プランの方が年間2,540円やすいことになります。

低速通信プランが298円で、当月中に1GBプラン590円に変更できる格安SIMもあるので、その場合には年間4,160円しかかかりません。

データ量0GB 低速通信プランは、タブレットのLTEモデルにもお勧めできるお得なプランになります。

データ量0GB と 1GBの料金差は月約20〜150円 年間約240〜1,800円くらいしかない

 格安SIMで選択できるデータ量は、格安SIMを提供する会社MVNOによって異なります。当サイトでご紹介する26社のうち、データ量0GBのプランを提供している会社は8社だけになります。

何気に1GBプランを提供している会社も少なめで、10〜13社。データ量0GBの月額料金と1GBの月額料金の差は、おおよそですが20〜150円の差しかありません。

特にデータ通信専用プランの料金差は、音声通話SIMに比べて差が小さく、20円の差しかないところもあります。

そのためもし1GBプランを提供する10〜13社の会社で納得がいくのであれば、データ量0GBを契約するより1GBを契約した方がお得です。

低速通信の速度が 500〜600Kbpsの格安SIMなら低画質の動画を無制限で鑑賞できる

 1GBのデータプランを提供しているMVNOであれば、データ量0GBプランを選択した方がお得だとご紹介しましたが、1GBプランにも欠点があります。

1GBを超えるデータ通信をしてしまうと結局は200Kbpsの低速通信の制限を受けてしまうという欠点です。

1GBの高速通信データ量があれば、音楽配信サービスを15〜20時間再生することができます。YouTubeの動画なら、高画質720であれば約2時間、360pの低画質であれば約4時間です。

旅行中にもし、それだけの音楽・動画配信サービスを利用してデータ通信を行えば、200Kbpsの低速通信に制限されるので、高速通信したければチャージしなければならないのです。

しかし格安SIMのデータ量0GBプランの中には、通信速度が200Kbpsではなく、500〜600Kbpsの通信速度のものがあります。

500〜600Kbpsも、612Mbps以上の高速通信に比べたら低速通信に分類される速度ですが、200Kbpsと比べると3倍くらい速い通信速度です。

500〜600Kbpsの通信速度があれば、YouTubeの360pの低画質がストレスなく鑑賞できる速度です。

1GBプランの場合、360pの低画質の動画鑑賞すると、おおよそ4時間以上からは200Kbpsに下がり、動画鑑賞できなくなる恐れがあります。

しかし500〜600Kbpsの0GBプランであれば、360pの低画質動画を無制限に鑑賞できるのです。途中で動画鑑賞できなくなる恐れがありません。

もちろんSpotifyなどの音楽ストリーミングサービスも無制限に利用できます。画像が多いサイトでなければ、ストレスなくウェブ閲覧も可能です。

選択肢は3種 0GB(200Kbps) or 1GB or 0GB(500〜600Kbps)

 ほとんどメールやLINEしか使わない方、タブレットLTEモデルのSIMへの活用をお考えの方にオススメできるプランは、「0GB(200Kbps)」「1GB」「0GB(500〜600Kbps)」の3種類です。

それぞれにメリットデメリットがありますので、ご自身にあったプランを選びましょう。月額料金は、「0GB(200Kbps)」<「1GB」<「0GB(500〜600Kbps)」の順番に高くなります。

0GBプランの料金とその特徴

かけ放題付き音声通話SIMカード 0GBプラン(低速通信)

10分かけ放題付き音声通話SIMカード 0GBプラン(低速通信)
社名 サービス内容 月額料金 最低利用期間 通信速度 プラン名
DMM mobile
  • 10分かけ放題
  • 10分超過10円/30秒
  • 通常低速通信200kbps
  • 追加チャージで高速通信可能
  • 低速通信制限:366MB/3日間
  • SMS
1,990円 12ヶ月
  • 受信速度最大500.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
10分かけ放題付き通話対応SIMプラン ライト ドコモ回線
ヤマダ ニューモバイル
  • 10分かけ放題
  • 10分超過10円/30秒
  • 200kbpsの低速通信
  • 追加チャージで高速通信
  • SMS
2,050円 12ヵ月
  • 受信速度最大682.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
10分かけ放題オプション付き 通話機能付きSIM シンプルプラン ドコモ回線
LIBMO(リブモ)
  • 10分かけ放題
  • 10分超過10円/30秒
  • 200kbpsの低速通信
  • 追加チャージで高速通信
  • SMS
2,030円 12ヵ月
  • 受信速度最大988.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
10分かけ放題 音声通話付きSIM ライトプラン ドコモ回線

音声通話SIMカード 0GBプラン(低速通信)

音声通話SIMカード 0GBプラン(低速通信)
社名 サービス内容 月額料金 最低利用期間 通信速度 プラン名
楽天モバイル
  • 音声通話20円/30秒
  • 200kbpsの低速通信
  • SMS
1,250円 12ヶ月
  • 受信速度最大500.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
組み合わせ通話SIMベーシックプラン ドコモ回線
楽天モバイル
  • 音声通話20円/30秒
  • 200kbpsの低速通信
  • SMS
1,250円 12ヶ月
  • 受信速度最大958.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
組み合わせ通話SIMベーシックプラン au回線
DMM mobile
  • 音声通話20円/30秒
  • 通常低速通信200kbps
  • 追加チャージで高速通信可能
  • 低速通信制限:366MB/3日間
  • SMS
1,140円 12ヶ月
  • 受信速度最大500.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
通話対応SIMプラン ライト ドコモ回線
ヤマダ ニューモバイル
  • 音声通話20円/30秒
  • 200kbpsの低速通信
  • 追加チャージで高速通信
  • SMS
1,250円 12ヵ月
  • 受信速度最大682.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
通話機能付きSIM シンプルプラン ドコモ回線
LIBMO(リブモ)
  • 音声通話20円/30秒
  • 200kbpsの低速通信
  • 追加チャージで高速通信
  • SMS
1,180円 12ヵ月
  • 受信速度最大988.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
音声通話付きSIM ライトプラン ドコモ回線
エキサイトモバイル
  • 音声通話20円/30秒
  • 200kbpsの低速通信
  • 追加チャージで高速通信
  • 低速通信制限:366MB/3日
  • SMS
1,350円 12ヶ月
  • 受信速度最大988.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
定額プラン 音声通話機能付き データ通信専用SIM 0MB ドコモ回線
トーンモバイル
  • 050音声通話10.5円/30秒
  • 090音声通話18円/30秒
  • 500~600kbps
  • 追加チャージで高速通信
  • スマホとセット
  • SMS
1,950円(スマホ代+約1,000円×24ヶ月) 24ヶ月
  • 受信速度最大988.0Mbps
  • 速度制限時500~600kbps
090音声オプション付き 基本プラン ドコモ回線
ロケットモバイル
  • 音声通話20円/30秒
  • 200kbpsの低速通信
  • SMS
948円 1年間 受信速度最大200kbps 音声通話付き 神プラン ドコモ回線

SMS付きデータ通信SIMカード 0GBプラン(低速通信)

SMS付きデータ通信SIMカード 0GBプラン(低速通信)
社名 サービス内容 月額料金 最低利用期間 通信速度 プラン名
楽天モバイル
  • 200kbpsの低速通信
  • SMS
645円 なし
  • 受信速度最大500.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
組み合わせ050データSIMベーシックプラン ドコモ回線
楽天モバイル
  • 200kbpsの低速通信
  • SMS
645円 なし
  • 受信速度最大958.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
組み合わせ050データSIMベーシックプラン au回線
DMM mobile
  • 通常低速通信200kbps
  • 追加チャージで高速通信可能
  • 低速通信制限:366MB/3日間
  • SMS
590円 1ヶ月
  • 受信速度最大500.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
SMS付き データ通信SIMプラン ライト ドコモ回線
ヤマダ ニューモバイル
  • 200kbpsの低速通信
  • 追加チャージで高速通信
  • SMS
645円 なし
  • 受信速度最大682.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
データ通信専用SIM(SMSあり) シンプルプラン ドコモ回線
LIBMO(リブモ)
  • 200kbpsの低速通信
  • 追加チャージで高速通信
  • SMS
620円 なし
  • 受信速度最大988.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
データ通信+SMS ライトプラン ドコモ回線
エキサイトモバイル
  • 200kbpsの低速通信
  • 追加チャージで高速通信
  • 低速通信制限:366MB/3日
  • SMS
790円 なし
  • 受信速度最大988.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
定額プラン SMS付き データ通信 0MB ドコモ回線
トーンモバイル
  • 050音声通話10.5円/30秒
  • 500~600kbps
  • 追加チャージで高速通信
  • スマホとセット
  • SMS
1,100円(スマホ代+約1,000円×24ヶ月) 24ヶ月
  • 受信速度最大988.0Mbps
  • 速度制限時500~600kbps
SMSオプション付き 基本プラン ドコモ回線
ロケットモバイル
  • 200kbpsの低速通信
  • SMS
448円 なし 受信速度最大200kbps SMS付き 神プラン ドコモ回線
ServersMan SIM LTE
  • 500~600kbps
  • 追加チャージで高速通信
  • SMS
743円 なし
  • 受信速度最大988.0Mbps
  • 速度制限時500~600kbps
SMS付き ServersMan SIM LTE ドコモ回線

データ通信専用SIMカード 0GBプラン(低速通信)

データ通信専用SIMカード 0GBプラン(低速通信)
社名 サービス内容 月額料金 最低利用期間 通信速度 プラン名
楽天モバイル 200kbpsの低速通信 525円 なし
  • 受信速度最大500.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
組み合わせデータSIMベーシックプラン ドコモ回線
DMM mobile
  • 通常低速通信200kbps
  • 追加チャージで高速通信可能
  • 低速通信制限:366MB/3日間
440円 1ヶ月
  • 受信速度最大500.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
データ通信SIMプラン ライト ドコモ回線
ヤマダ ニューモバイル
  • 200kbpsの低速通信
  • 追加チャージで高速通信
525円 なし
  • 受信速度最大682.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
データ通信専用SIM(SMSなし) シンプルプラン ドコモ回線
LIBMO(リブモ)
  • 200kbpsの低速通信
  • 追加チャージで高速通信
480円 なし
  • 受信速度最大988.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
データ通信専用SIM ライトプラン ドコモ回線
エキサイトモバイル
  • 200kbpsの低速通信
  • 追加チャージで高速通信
  • 低速通信制限:366MB/3日
650円 なし
  • 受信速度最大988.0Mbps
  • 速度制限時200kbps
定額プラン データ通信専用SIM 0MB ドコモ回線
トーンモバイル
  • 050音声通話10.5円/30秒
  • 500~600kbps
  • 追加チャージで高速通信
  • スマホとセット
1,000円(スマホ代+約1,000円×24ヶ月) 24ヶ月
  • 受信速度最大988.0Mbps
  • 速度制限時500~600kbps
基本プラン ドコモ回線
ロケットモバイル 200kbpsの低速通信 298円 なし 受信速度最大200kbps 神プラン ドコモ回線
ServersMan SIM LTE
  • 500~600kbps
  • 追加チャージで高速通信
600円 なし
  • 受信速度最大988.0Mbps
  • 速度制限時500~600kbps
ServersMan SIM LTE ドコモ回線

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG