9割の人が年約1.8万円損している!?パケット通信量3社の確認方法

 スマホの通信量の確認や見直しをしていますでしょうか。したら驚きの結果を得られるかもしれません。統計では、9割以上の方が損をしています。年間にすると、1泊旅行ができてしまうほどの料金を投げ捨てしているとこになります。

あなたももしかしたら、スマホの通信料を確認するだけで、一泊旅行に行けるかもしれません。今回は、キャリア3社と契約している方が損をしている可能性とその確認の仕方「モバイルデータ通信量(パケット通信量)」の確認方法をご紹介します。

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

プロゲーマーとゲームデザイナーと共同開発 PS4®に最適化

一番人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット

モバイルデータ通信量(パケット通信量)とは

 モバイルデータ通信量(パケット通信量)とは、ウェブサイトを見たり、LINEやツイッター、インスタグラムなどのSNSをしたり、アプリを使うなど、スマホやタブレットでインターネットに接続している時に消費する通信量をいいます。

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホをご利用の方は、基本的に電話かけ放題プランだと思います。電話はかけ放題ですが、実はモバイルデータ通信量(パケット通信量)は使い放題ではありません。

ドコモなら「パケットパック」2GB、5GB、20GB、30GB、auなら「データ利用量」1GB、2GB、3GB、5GB、5~20GB、ソフトバンクなら「データ定額プラン」1GB、2GB、5GB、20GB、50GBといった形で、毎月のデータ通信量上限が決められています。

2GBや5GBなど、契約内容は人によって異なります。多くの方は5GBだと思いますが、わからない方は契約内容を改めて確認してみてください。

ちなみに、インターネットをする方法はモバイルデータ通信だけではありません。家やカフェなどで利用しているWi-Fiでも、インターネットをすることが可能です。Wi-Fiに接続するとモバイルデータ通信が切断されますので、モバイルデータ通信量(パケット通信量)を消費しなくてお得です。

契約している月額利用可能データ量を超えると、通信速度の制限がかけられメールとLINEの文字しか送受信できなくなる

 ここまでのご説明で、ドコモ・au・ソフトバンクでも、モバイルデータ通信量(パケット通信量)について、月額上限のある契約をしていることがご理解いただけたかと思います。では、もし契約しているゲータ通信量を超えてしまう月があったらどうなるのか。

単純に、通信速度が遅くなります。どのくらい遅くなるのかというと、メールやLINEで文字だけ送ることのできる速度まで遅くなります。画像の送信やSNSへの投稿はまずできません。もちろん、動画の視聴もできなくなります。

モバイルデータ回線とはなんの関係もない電話だけは、なんの制限設けることなく利用できます。モバイルデータ回線を利用するインターネットだけ、メールとLINEしかできないような状態になります。

モバイルデータ回線だけ制限を受けているので、ドコモ・au・ソフトバンクとなんの関係もないWi-Fiに接続すれば、画像の送信やSNSへの投稿、動画の視聴が可能です。

通信速度制限をかけられたことのない9割の人が知らずに損をしている

90%以上の方がデータ通信量を多く支払っている可能性がある

(1) スマートフォン(タブレット)を1日の中で最も多く時間を費やしている場所は、「自宅」が61.9%で最も割合が高い。
スマートフォン(タブレット)を1日の中で最も多く時間を費やしている場所は、「自宅」が61.9%で最も割合が高い。次いで「移動中や待ち時間」23.1%、「会社・学校・塾」13.8%と続く。
(2) 自宅でのネット環境は約6割の人が「無線LAN(固定回線)」が利用できる環境。
自宅でのネット環境は約6割の人が「無線LAN(固定回線)」がある状況であり、自宅でWiFiを使ってデータ通信をする環境が整っている。
(3) 月間のデータ通信量は70.4%の人が1GB未満しか利用していない。
月間の利用パケット量は、「1GB未満」で70.4%の人を、「2GB未満」で83.4%の人を、「3GB未満」で90.6%の人をカバーしている。また、7GB以上の利用者は1.3%。
(4) スマートフォン等の月額料金を高いと感じている割合は8割以上
現在利用しているスマートフォン(タブレット)の月額料金に対して、28.4%の人が「とても高いと感じている」、52.8%の人が「やや高いと感じている」と回答しており、合計8割以上の人が月額料金を高いと感じている。
(5) MVNO事業者が提供している格安SIMカードの利用率は、全体の3.2%。
MVNO事業者が提供している格安SIMカードの利用率は、全体の3.2%。また、MVNO事業者が提供している格安SIMカードについて「サービス内容を知らない」、「知らない」の合計は72.6%と認知が進んでいない。

出典:『「スマートフォンのデータ通信量と月額料金」に関する調査結果』平成26年2月27日 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社の調査内容です。スマホに時間を費やす場所の約6割が「自宅」。さらに、Wi-Fi環境が整っている方が約6割です。多くの方が、モバイルデータ通信量(パケット通信量)を消費しない状況下でインターネットをしていることになります。

Wi-Fi環境化でのスマホ利用が多いためか、モバイルデータ通信量(パケット通信量)の消費割合が「1GB未満」の方がなんと70.4%。「2GB未満」になると83.4%にもなり、「3GB未満」しか利用していない方が90.6%にもなるのです。

よくわからずにオススメプランで契約すると年間約18,000円も損する可能性あり

 ドコモ・au・ソフトバンクともに、5GBのプランを標準プランとしています。それぞれ料金に差はなく5,000円です。通信速度が制限されることを知らなかった方、知っているけど通信速度制限をされたことがない、またはほとんどされたことがないって方は、みんな料金を多く支払っていることになります。

ソフトバンクのウェブサイト「スマ放題」のプランを見ると、20GBの「ギガモンスター」プランだけが表示されているので、「20GBギガモンスター」を押していることがはっきりとわかります。それ以外のプランを見るためには、「もっとみる」をクリックしなければなりません。

「20GBギガモンスター」プランは確かにお得です。プラスたったの1,000円で、5GBに15GBも増やしてくれるのです。ですがこれ、そこまで使わない人には必要ないですよね。プラス1,000円。年間12,000円を投げ捨てているようなものです。

NTTコムの調査結果を見ると、「3GB未満」しか利用していない方が90%以上もいます。ドコモ・auを利用している方ですら、損をしている可能性があるのです。ちなみに、2GBのプランは3,500円。月に1,500円スマホの通信料を安くできたら、年間18,000円も安いのです。

ソフトバンクにて、よくわからずに勧められる「20GBギガモンスター」を契約された方は、年間約30,000円も投げ捨てることになる可能性があるのです。贅沢しなければ、一泊旅行することのできる金額です。

NTTドコモのデータ通信量確認方法

  1. dメニューから「My docomo(お客様サポート)」にログイン
  2. 「当月のご利用データ通信量」を確認する
  3. 「よく使われるメニュー」から「ご利用データ量確認(当月分)」をタップ(クリック)
  4. 「当月・前月のご利用データ通信量」を確認する

 2と4で当月分、4で前月分のモバイルデータ通信量(パケット通信量)を確認することができます。

auのデータ通信量確認方法

  1. 「My au」にログイン
  2. 前月ご利用のデータ通信量のご確認はこちらの「こちら」をタップ(クリック)
  3. 今月分(昨日までの通信量)と前月分のデータ通信量を確認する

ソフトバンクのデータ通信量確認方法

  1. 「My SoftBank」にログイン
  2. 「メニュー」をタップ(クリック)
  3. カテゴリの「使用量の管理」をタップ(クリック)
  4. 利用状況の「詳細を見る」をタップ(クリック)
  5. 当月分のデータ通信量を確認する
  1. 「My SoftBank」にログイン
  2. ページ下部請求書の「請求明細をみる」をタップ(クリック)
  3. 前月分のデータ通信量を確認する

契約しているデータ通信量が明らかに余っているようならプランや通信会社の見直しを

 今月分に関しては予測しか立てられませんが、前月分は確定されたデータ通信量です。今月分の予測と、前月分の確定データ通信量を見て、明らかに契約しているデータ通信量が余っているのであれば、プランの見直しを考えます。

その時点で帰るのが不安な方は、2ヶ月、3ヶ月様子を見てからでも良いと思います。また、プランを変更してもし足りなかったとしても、追加料金を支払うことで制限された速度を回復させることもできます。

ブランド(信用や信頼)よりも何よりも安さ重視という方には、格安SIMをオススメします。電話はかけ放題ではありませんし、サービス内容はある程度減りますが、1GB1,200円前後から契約できます。3GBのプランでもなんと1,600円前後。あまり電話をしない方なら格安SIMの方が断然お得です。

 いかがでしたか。今回は、キャリア3社と契約している方が損をしている可能性とその確認の仕方「モバイルデータ通信量(パケット通信量)」の確認方法をご紹介しました。一泊旅行がお決まりになったでしょうか。ぜひ参考にして見てくださいね。

PS4で7.1chの臨場感FPS向け『Kingston HyperX Cloud Revolver S』

Kingston HyperX Cloud Revolver S

USB接続だけで、PCもPS4も「7.1chバーチャルサラウンド」

PS4でも7.1ch+無遅延ワイヤレスヘッドセット『Razer Thresher 7.1』

Razer Thresher 7.1(RZ04-02230100-R3M1)

充電1回で最大16時間も持続するのに約402g

大人気!PS4でも7.1ch可能なヘッドセット
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>ともえげーむNi

ともえげーむNi

ともえげーむNiは、ニンテンドースイッチ ゲーマーという冒険者たちが、信頼を寄せる武器や防具(ゲーミングデバイスや不健康防止アイテム)に出会えるようサポートし、居場所の和を深めます。

CTR IMG