【PS4 / PS4 Pro】失敗しないHDMIケーブルの選び方とおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
HDMIケーブル

目次

HDMIケーブルとは

HDMIケーブル

 『HDMI』とは、High-Definition Multimedia Interfaceの略で、デジタルデバイス同士をつなぐケーブルのことです。

『HDMI』の役割は、映像と音声をデバイスからデバイスへ転送すること。デジタル信号のまま転送するので、美しく高品位な映像と音声が特徴です。

また、映像と音声をケーブル1本で転送できるところも特徴の一つです。

PS4またはPS4 Proとテレビ(モニター)の仕様に合わせたHDMIケーブルの選び方

間違ったら後悔するまたは買い直さなければならなくなる重要項目5種

 以下の5項目については、間違ったり、よく確認せずに購入してしまうと無条件で買い直さなければならなくなる可能性のある重要項目です。

製品が届いて接続したら、4K出力やHDR出力ができなかったとか、実は端子が違っていて接続すらできなかったとか、距離が足りなかったなんてことのないよう、しっかり確認してから購入しましょう。

①コネクタの形状は「HDMI⇔HDMI(Type-A)」

 あまり間違う方はいないでしょうが、だからこそこれだけは間違ってはいけません。間違うと接続することすらできないので、無条件で買い直しが決定してしまう最重要項目です。

【PS4 / PS4 Pro】やテレビ(モニター)用の「コネクタ」は、最も基本的かつ最も普及されている形のものなので、間違って購入してしまうことはないでしょうが念のため確認してください。

HDMI端子(コネクタの形状)には5つもの種類があります。「HDMI(Type-A)」「Type-B」「HDMIミニ(Type-C)」「HDMIマイクロ(Type-D)」「Type-E」の5種類です。

【PS4 / PS4 Pro】とテレビ(モニター)を接続するために必要な「コネクタ」の形状は「HDMI(Type-A)⇔HDMI(Type-A)」と記載あるものです。

名称が『HDMI』でも「Type-A」でも「HDMI(Type-A)」のことを指しているので、『HDMIケーブル』とだけ記載あるもので大丈夫です。

丁寧に「Type-Aオス – Type-Aオス」と記載あるものもあります。「Type-B」「HDMIミニ(Type-C)」「HDMIマイクロ(Type-D)」「Type-E」と記載がなければ問題ありません。

②PS4かPS4 Proどちらをご利用か

 『HDMIケーブル』には、性能の違いでいくつかの種類があります。たくさんのことができる『HDMIケーブル』と、そうでない『HDMIケーブル』があるということです。

そのため【PS4 / PS4 Pro】それぞれの性能を最大限活かすことのできる『HDMIケーブル』でなければ、残念な映像や音声でゲームすることになるので注意が必要です。

『HDMIケーブル』であればなんでもいいというわけではないということです。買い直さなければならないといったことにならないよう、しっかり【PS4 / PS4 Pro】にあったものを選びましょう。

HDMIケーブルの種類とバージョンの違い
ケーブルの種類 解像度とフレームレート HDR 帯域幅 バージョン PS4 / PS4 Pro 備考
スタンダード 1920×1200・60p 4.95Gbps Ver.1.2
  • PS4:活かせない
  • PS4 Pro:活かせない
ハイスピード 2560×1440・75p 10.2Gbps Ver.1.3
  • PS4:活かせない
  • PS4 Pro:活かせない
Deep Color、Dolby TrueHD、DTS-HD Master Audioなどに対応
  • 4096×2160・24p
  • 3840×2160・30p
10.2Gbps Ver.1.4
  • PS4:「HDR」以外は活かせる
  • PS4 Pro:活かせない
Ver.1.3 + 3D、4K 30p、ARCなどに対応
3840×2160・60p 18Gbps Ver.2.0
  • PS4:「HDR」以外は活かせる
  • PS4 Pro:「HDR」以外は活かせる
Ver.1.4 + 4K 60p、アスペクト比21:9などに対応
プレミアム ハイスピード 3840×2160・60p 18Gbps Ver.2.0a
  • PS4:全ての性能を最大限発揮できる
  • PS4 Pro:全ての性能を最大限発揮できる
Ver.2.0 + HDRに対応
  • 7680×4320・60p
  • 3840×2160・120p
48Gbps Ver.2.1
  • PS4:全ての性能を最大限発揮できる
  • PS4 Pro:全ての性能を最大限発揮できる
Ver.2.0a + 8K 60p、4K 120p、eARC、可変リフレッシュレート
などに対応

表を見ていただくとわかるのですが、【PS4】ご利用の方は最低でも「ハイスピードVer.1.4」以上の『HDMIケーブル』でなければ【PS4】の性能を活かすことはできません。

【PS4 Pro】ご利用の方は「プレミアム ハイスピードVer.2.0a」の『HDMIケーブル』を利用しなければ【PS4 Pro】の性能を活かすことはできません。

「HDR」については④にてご説明します。

③PS4 / PS4 Proとテレビ(モニター)までの距離を測る

 これも何気に重要な項目です。目分量で適当な長さの『HDMIケーブル』を購入してしまうと、「あと30cm長さが欲しかった。」なんてことになります。

私なんかは何度失敗しても学ばないアホなので、それで何度も失敗しています。

壁に沿って【PS4 / PS4 Pro】からテレビ(モニター)までをつなぐ場合ならなおのこと、しっかりメジャーで計測しておかないと、ほんの少しの長さが足りなくなるのです。

ケーブルを丸めなくて良いので、ぴったりくらいが理想とは思いますが、むしろ少しくらい余る方が、あとあと少し【PS4 / PS4 Pro】を移動させたいときなんかにも安心です。

ケーブルの長さが足りない場合、もっと長いものを購入するか、【PS4 / PS4 Pro】とテレビ(モニター)音距離を近づけるか、どちらかの対応が必要になります。

私と同じような失敗をしないよう、しっかりとメジャーで計測しておきましょう。5mを超える『HDMIケーブル』が必要な場合には、テレビ(モニター)と【PS4 / PS4 Pro】の距離を近づけることを考えてみましょう。

一般的に『HDMIケーブル』は、5mを超えるあたりから映像・音声データが劣化すると言われているので、劣化しない・抑制する対策が施された高価な『HDMIケーブル』が必要になります。

④使う予定のテレビ(モニター)が「HDR」対応なら【PS4】でも「プレミアム ハイスピードVer.2.0a」

 特に【PS4】ご利用の方への注意です。

【PS4】は最低でも「ハイスピードVer.1.4」に対応する『HDMIケーブル』でなければ、必要最低限の【PS4】の性能を引き出せないことをすでにご説明させていただきました。

【PS4】はドルビーデジタルとDTS音声伝送に対応しているので、「スタンダードVer.1.2」では足りません。

ドルビーデジタルとDTS音声伝送に対応しているのであれば、「シアターシステム」をご利用の方もたくさんいらっしゃるでしょうから、「ARC」非対応の「ハイスピードVer.1.3」でも足りないでしょう。(実際の理由はわかりません。)

【PS4】の性能を最大限活かすためには、最低でも「ハイスピードVer.1.4」が推奨されていますし、「ハイスピードVer.1.4」に対応しています。

しかし【PS4】はアップデートにより後から「HDR」に対応しました。そのため「HDR」対応のテレビ(モニター)をご利用の方であれば、せっかくですから「HDR」出力できる『HDMIケーブル』を利用することをお勧めします。

「HDR」に対応している『HDMIケーブル』は「プレミアム ハイスピードVer.2.0a」です。少し高価ですがほんの少し出費が増えるだけです。

【PS4】とテレビ(モニター)だけ「HDR」に対応していても、それをつなぐ『HDMIケーブル』が「HDR」非対応では、「HDR」の映像が出力されないのでご注意を。

「HDR」は非対応(SDR)に比べて明るさ表現100倍

 せっかくなので、「HDR」のことをよくわからない方向けに、「HDR」がどれだけゲームに必要なのかも、ここでご説明させていただきたいと思います。

人間の目が知覚できる明るさ〜暗さの範囲は1,000,000,000,000ですが、HDR非対応(SDR)テレビ(モニター)が表現できる明るさ〜暗さの範囲はたったの1,000しかありません。

それに比べて「HDR」対応のテレビ(モニター)が表現できる明るさ〜暗さの範囲は100,000なので、HDR非対応(SDR)の100倍です。

これがどのようにゲームに影響させるのかというと、ゲームでは比較的くらいシーンが多いことご存知かと思いますが、HDR非対応(SDR)だと黒く塗りつぶされたような表現になります。

どこに何があって、実はここに敵がいたなんてことを、色の違いで判断できないのです。これは明るいシーンでも同じ。

ではFPSゲームにおける対戦相手・敵が使うテレビ(モニター)は「HDR」対応なのに、あなたの使うテレビ(モニター)はHDR非対応(SDR)だったとしたら、どんなことが予測されるでしょうか。

敵にだけあなたのことが見えていて、あなたには敵が見えていないという不利な状況が出来上がる可能性があるということです。

ですからもしあなたが「HDR」対応のテレビ(モニター)をお持ちであるならば、せっかくですから、「HDR」出力可能な『HDMIケーブル』「プレミアム ハイスピードVer.2.0a」をお勧めします。

⑤「ARC」対応テレビ(モニター)+「ARC」対応シアターシステムのご利用をお考えの方

 テレビ(モニター)の欠点はスピーカーです。そのためゲームや映画鑑賞を趣味とされている方であれば、シアターシステムの導入を考えている方も少なくないかと思います。

今は特に、アンプも複数のスピーカーも1つにされた「サウンドバー」が存在していますので、気軽にシアターシステムを導入できます。

PS4→シアターシステム→テレビ(モニター)の接続

シアターシステムの接続についてですが、【PS4 / PS4 Pro】とシアターシステムを『HDMIケーブル』で接続。

シアターシステムとテレビ(モニター)を『HDMIケーブル』で接続します。こうすると【PS4 / PS4 Pro】ゲームサウンドが高品質なシアターシステムスピーカーで聴けるようになります。

購入したシアターシステムがバーチャルサラウンドサウンドに対応していたり、複数のスピーカーを部屋の周りに配置するリアルサラウンドサウンドであれば、臨場感あふれるゲーム体験が可能になります。

ただし『HDMIケーブル』だけでは、【PS4 / PS4 Pro】のサウンドしかシアターシステムスピーカーで音を出せません。

テレビの音声やテレビに直接『HDMIケーブル』でつなぐ「Amazon FireTV」、ブルーレイ&DVDなどの音声は、テレビのスピーカーから音がなる状態です。

理由はテレビ(モニター)に搭載される『HDMI端子』が入力用であって出力用ではないからです。

【PS4 / PS4 Pro】だけは直接シアターシステムに接続しているので問題ないのですが、それ以外はテレビ(モニター)に接続しているので、テレビ(モニター)が音声を出力できないがため、シアターシステムを利用できないのです。

しかしそれでは音質に優れたシアターシステムを最大限活用できません。そこでシアターシステムとテレビ(モニター)には、「光デジタル端子」も用意されています。

PS4→シアターシステム→テレビ(モニター)の接続

シアターシステムとテレビ(モニター)を『HDMIケーブル』だけでつないでいましたが、ここに「光デジタルケーブル」も追加する形です。

こうすると【PS4 / PS4 Pro】のゲームサウンドだけでなく、テレビの音声や「Amazon FireTV」、ブルーレイ&DVDの音声も「光デジタルケーブル」経由でシアターシステムに伝送されます。

欠点はケーブルが増えてしまうこと。そこでシアターシステムとテレビ(モニター)、そして『HDMIケーブル』には「ARC」対応のものが登場しました。

PS4→シアターシステム→テレビ(モニター)の接続

「ARC」とは、Audio Return Channel(オーディオリターンチャンネル)の頭文字をとったもの。

今までテレビ(モニター)は、「光デジタルケーブル」経由でしか音声を出力することができませんでしたが、『HDMIケーブル』1本で音声の入力だけでなく、出力も可能とさせたのです。

そのためテレビ(モニター)に搭載される『HDMI端子』の中には(ARC)と記載あるものが含まれています。古いテレビ(モニター)には1つも搭載されていない可能性があるのでチェックが必要。

比較的新しいテレビ(モニター)であれば、例えば4つの「HDMI端子」中最低1つは「ARC」に対応しているかと思います。

テレビ(モニター)本体の『HDMI端子』に直接(ARC)と記載あるので、対応・非対応がすぐにわかります。

もちろん購入予定のシアターシステムも「ARC」に対応していなければなりません。あとは忘れず『HDMIケーブル』も「ARC」対応のものを用意しましょう。

表には「ハイスピードVer.1.4」から「ARC」対応と記載していますが、「ARC」はオプション機能です。

「ハイスピードVer.1.4」以降の新しい『HDMIケーブル』であれば全部「ARC」に対応しているのではなく、「ARC」に対応していないものもあるので注意が必要。

【PS4 / PS4 Pro】とテレビ(モニター)をつなぐ『HDMIケーブル』購入でお悩みなのではなく、シアターシステム導入に伴い『HDMIケーブル』の選択でお困りの方は、「ARC」に注意が必要です。

好みで選べる 間違っても買い直さずに使える何選んでも良い項目5種

 以下の5項目については、先にご説明した5項目と異なり、間違ってもよく確認しなくてもなんら問題なく使うことができる気軽な項目です。

そのため読み飛ばしてもらっても問題ありません。こだわりたい部分のみ読んでもらうようにしていただければ大丈夫です。

①ケーブルの耐久性 or 取り回しを決める形状と被覆素材

 少し前までと異なり、『HDMIケーブル』のケーブル部分の素材や形状に、特徴の異なるものが採用されるようになりました。

今現在主に採用されるケーブルの形状は3種類、素材の部分も合わせると全部で4種類になります。上から見ていくと耐久性の順番。逆に下から見ていくと取り回しの順番になります。

被覆素材は大きく分けて2種類

 踏みつけたり、引っ張り、折り曲げなどの負荷からケーブルを守る強力な「ナイロンメッシュ被覆」とコストの安い「プラスチック被覆」の2種類あります。

「ナイロンメッシュ被覆」はここ最近増えつつあるケーブルで、踏みつけたり、引っ張り、折り曲げなどの負荷からケーブルを守ってくれる耐久性に優れた素材で、衣類にも使われている素材なので手触りも良くカラーバリエーション豊富です。

「プラスチック被覆」はコストが安いのに比較的踏みつけたり、引っ張り、折り曲げたりにも強い素材ですが、耐久性については「ナイロンメッシュ」の方に部があるようです。

スタンダードタイプ

 ケーブルの太さはおおよそ5.5mmと太め。芯線(ケーブルの中にある複数本のケーブル)の太さも「スリムタイプ」や「フラットタイプ」に比べて太めです。

限度がありますが、一般的に芯線が太い方が伝導率が高いので、映像・音声データの品質が劣化しにくくノイズが発生しにくいと言われています。

芯線の太さの単位は「AWG」。数値が低いほど芯線が太いので、「AWG30」より「AWG24」の方が良い『HDMIケーブル』ということになります。

ただし、「スリムタイプ」や「フラットタイプ」に比べて曲げにくいので、取り回しにおいては断然劣ります。

スリムタイプ

 ケーブルの太さはおおよそ4mm。それに伴い芯線(ケーブルの中にある複数本のケーブル)の太さも細めのケーブルです。

床や壁面に合わせて這わせやすかったり、狭い隙間でも使えるなど、取り回しにおいては「スタンダードタイプ」に勝ります。

ただし芯線が細い分、品質劣化や耐ノイズ性能において「スタンダードタイプ」に劣りますので、ゲームをされる方には「スタンダードタイプ」をお勧めします。

耐久性ももちろん「スタンダードタイプ」の方が上。品質劣化や耐ノイズ性能についてですが、人間がその差を認識できるかどうかは不明です。
 

フラットタイプ

 太麺みたいな形をしたケーブルです。横幅が7mmくらいあり、厚さはなんと2mmくらいしかなくとても薄いケーブル。

その特徴から、最も床や壁面に合わせて這わせやすいケーブルになります。またこの薄さを活かして扉の隙間を通すこともできますし、ラグマットの下を通しても足を痛くさせません。

ただし最も耐久性が弱いことに注意。もちろん品質劣化や耐ノイズ性能においても「スタンダードタイプ」に劣ります。

部屋の美観を損ないたくない方に最もおすすめできる『HDMIケーブル』です。

②ノイズ軽減させるシールド構造

 ケーブル部分のシールドにこだわることでノイズを軽減させる工夫がなされた『HDMIケーブル』があります。

例えば、高周波ノイズ用シールドや低周波ノイズ用シールドなどで覆うことで、ノイズの侵入を防いでいるのです。3重のシールド構造を採用しているものもあります。

③ノイズ軽減させるコネクタ部のテープシールド

 コネクタ部にもノイズを軽減させる工夫がなされた『HDMIケーブル』があります。銅箔シールドを採用しているものが多いようで、ノイズの侵入や漏れを抑制しています。

④映像・音声の品質劣化を防ぐプラグメッキ

 サビや映像・音声の品質劣化を防ぐ「金メッキ」がなされたものがあります。

⑤色

 外部被覆(シース)の材質が「プラスチック被覆」のものは黒いケーブルしか見かけません。「プラスチック」にも色々種類があるのですが、一部の素材については黒色のみ耐候性に優れるという特徴の名残だと考えられます。

それに比べて「ナイロンメッシュ被覆」は、衣類同様にカラーバリエーションが豊富です。黒だけでなく、グレーやブルー、レッドなどもあります。

音響や映像といったエンタメ系の家電は「黒物家電」と呼ばれるほどに黒いものが多いので、「ナイロンメッシュ被覆」の『HDMIケーブル』であれば良いアクセントにできそうです。

オススメのHDMIケーブル

プレミアム ハイスピードVer.2.0a -HDR対応テレビ(モニター)+PS4 or PS4 Pro向け-

エレコム

サンワサプライ

ホーリック(HORIC)

パナソニック

SONY

その他

ハイスピードVer.1.4 -HDR非対応テレビ(モニター)+PS4向け-

Amazonベーシック

エレコム

サンワサプライ

ホーリック(HORIC)

パナソニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。