最大180Hz!G-SYNC 1msモニター『Predator XB271(241)Hbmiprz』

ヌルヌル動く最大リフレッシュレート170Hz(180Hz)

 『Predator XB271Hbmiprz(XB241Hbmiprz)』はフルHD解像度にして、オーバークロックを有効にすることで最大170Hz(241は180Hz)のリフレッシュレートを実現することのできるゲーミングモニターです。

1秒間が170枚の静止画で作られるわけですから、1秒間が60枚の静止画で作られる一般的なテレビ(モニター)に比べて約2.8倍もヌルヌル動きます。

またリフレッシュレート60Hzの最大遅延は、出力に遅れた時も考慮すると約0.033秒ですが、170Hzの『Predator XB271Hbmiprz(XB241Hbmiprz)』なら最大遅延がたった約0.012秒(241は0.011秒)。

約3倍も速く反応するモニターでゲームする方が、FPSでもレーシングでもアクションでも有利なこと間違いありません。

PlayStation 5のTempest 3D AudioTechに完全対応

PS5もSwitchもスマホもワイヤレス!

バッテリー寿命・最大24時間

PS5のゲーム音とDiscordのボイチャ or スマホの音楽をミックス可能

SteelSeries『Arctis 7P』

PS5×SteelSeries『Arctis 7P』Tempest 3D向けヘッドセット レビュー

引っかかりもズレも抑制できる「NVIDIA G-SYNC」採用

スタッタリング

 『Predator XB271Hbmiprz(XB241Hbmiprz)』は1秒間が最大170枚(241は180枚)の静止画で出力できるので、0.0059秒ごとにフルHDの静止画をディスプレイに出力しています。

ハイスペック、もしくはハイエンドPCを使えば、最大170fpsにて描画することも可能ですが、モニターの出力のタイミングにズレてしまうことがあります。

この場合、1つ前の静止画をそのまま使うことになりますので、1枚分の描画が遅れてしまうことになるのです。

そのため上で軽くご説明した通り、最大遅延は0.0059秒ではなくその2倍・約0.012秒になるわけです。

0.0059秒ごとに順調に出力しているときは170Hzですが、たまに一瞬だけ約0.012秒になってしまうときはリフレッシュレートが85Hzに低下しているということです。

この現象、映像を見ている私たちには何かに引っかかったように見えます。これが「スタッタリング」と呼ばれる現象です。

ティアリング

PCの描画のタイミングと、モニターの出力のタイミングのズレが原因で、1つ前の静止画と混ぜてモニターに出力してしまうこともあります。

これは「ティアリング」と呼ばれる現象で、私たちには映像がズレたように見えます。まるでワンピース・ローの技・切断(アンビュテート)をされたように綺麗にズレます。

この2つの現象が発生してしまうと、FPSやレーシング、アクションゲームにおいて良くない結果を招くことは想像できるかと思います。

しかし「NVIDIA G-SYNC」という技術があれば、「スタッタリング」も「ティアリング」も抑制することが可能です。

なぜなら「NVIDIA G-SYNC」は、「G-SYNC」に対応するモニターを、「G-SYNC」に対応するグラフィックカード搭載のPCで使うと、PCがモニターのリフレッシュレートを制御してくれるからです。

PC側がPCの描画もモニターの出力も制御するということは、同じ人が作って出してをしていることになるので、タイミングがずれにくいというわけです。

※「G-SYNC」機能は、デスクトップ用GPUならGeForce GTX 650Ti以上、ノート用GPUならGTX965M以上のNVIDIA GeForceグラフィックボード搭載PCが必要です。

PS5買ったらぴったりのモニター

PS5向けフルHD/144Hz/HDRゲーミングモニターのおすすめ7ランキング

BenQ MOBIUZ EX2710

PS5におすすめゲーミングモニターランキング フルHD/144Hz/HDR

残像もゴーストも少ない応答速度1ms(0.001秒)だからやはりFPSで有利

 1秒間170枚で構成される静止画1枚1枚に合わせて、色を切り替える速度が「応答速度」です。

「応答速度」が遅いと、映像の動きについていけないので、残像やゴーストと呼ばれる現象を映像に映し出します。

マトをぼやけさせ、膨張させて見せたり、早い動きのものがいくつもの残像のように表示させることになるので、エイムする際や前の車を抜き去る際などに戸惑います。

一般的なテレビ(モニター)の「応答速度」は10〜20msで、『Predator XB271Hbmiprz(XB241Hbmiprz)』は1ms(0.001秒)ですから、その差は歴然です。

『Predator XB271Hbmiprz(XB241Hbmiprz)』なら、残像やゴーストに惑わされることなく快適にゲームすることが可能です。

PS4で7.1chしかもカスタマイズ可能なヘッドセット+アンプ知ってる?

PS4でもDOLBY HEADPHONE 7.1サラウンド サウンド対応

ヘッドセットのカスタマイズとイコライザー設定可能

「開放型」から「密閉型」に 換装できる

ロジクールG Astro A40 TR ヘッドセット+MixAmp Pro TR

PS4で7.1chロジクールAstro A40TRヘッドセットMixAmp Pro TRレビュー

暗いシーンの視認性を向上させる「Dark Boost」対応だから撃ち負けない

 暗いシーンは黒で塗りつぶされたようで視認性が悪く、よく撃ち負けてしまうという方、いらっしゃるのではないでしょうか。

それはあなたの目が悪いのではなく、モニターのせいかもしれません。『Predator XB271Hbmiprz(XB241Hbmiprz)』なら、暗いシーンの視認性を向上させる「Dark Boost」対応だから、暗いシーンで不利になることはありません。

いつでも相手と同じ、もしくはそれ以上の優位性を持って撃ち合うことができますので、暗いシーンでも撃ち負けることを減らすことが可能です。

ハイスペックからハイエンド並みのPCが必要

 『Predator XB271Hbmiprz(XB241Hbmiprz)』にて、フルHD/170Hzの安定した出力を可能とさせるためには、PC側のスペックもハイスペックからハイエンド並みでなければなりません。

具体的なスペックをあげると、GPUは「GeForce GTX 1080」とか「GTX 1070Ti以上」くらいは欲しいでしょうか。

より安定したフルHD/170Hz出力のためには、「GeForce RTX 2080「GTX 1080Ti」「RTX 2070」が必要かもしれません。

ゲームタイトルによっては、最も高性能な「GeForce RTX 2080Ti」が必要かもしれません。

『Predator XB271Hbmiprz(XB241Hbmiprz)』の性能を最大限活かすには、あなたが使っているゲーミングPCのスペックもそれなりのものが要求されますので、その点考慮した上で購入しましょう。

3D立体音響「DTS Headphone:X 2.0」

「DTS Headphone:X 2.0」対応

遅延の心配がない2.4GHz独自のワイヤレス

パッケージ表

最大11.1chサラウンド ワイヤレスヘッドセット『ロジクールG933s』

HDMI対応だからPS4 / PS4 Proでも使える

 『Predator XB271Hbmiprz(XB241Hbmiprz)』にはHDMI 1.4端子も搭載されているので、PS4またはPS4 Proとも接続することができます。

ただし、PS4 / PS4 ProはHDR対応ですが、『Predator XB271Hbmiprz(XB241Hbmiprz)』がHDRに対応していないところ。

PS4 Proは4K対応ですが、『Predator XB271Hbmiprz(XB241Hbmiprz)』が4Kに対応していないところ。

『Predator XB271Hbmiprz(XB241Hbmiprz)』はフルHD/170Hz(180Hz)出力対応ですが、PS4 / PS4 ProはフルHD/60fpd描画にまでしか対応していないところなど、互いに互いの性能を最大限引き出すことができません。

そのためもしPS4 / PS4 Proメイン、もしくはPS4 / PS4 Pro専用としてモニター購入をお考えなのであれば、『Predator XB271Hbmiprz(XB241Hbmiprz)』ではないモニターをお勧めします。

『Predator XB271Hbmiprz』仕様

メーカーAcer
ブランドPredator
シリーズPredator XB1
発売日2016年08月25日
種別27型 ワイド(16:9) TNパネル 非光沢
最大解像度フルHD(1920×1080)
ビット深度(最大表示色)8bit(約1670万色)
リフレッシュレートリフレッシュレート:144Hz オーバークロック時リフレッシュレート:170Hz HDMI 1.4:24〜60Hz DisplayPort 1.2:30〜170Hz
G-SYNC / FreeSyncNVIDIA G-SYNC
応答速度1ms[GTG]
色域NTSC比 72%
輝度(HDR)300 cd/m2(HDR:✕)
コントラスト比1000:1
入力端子HDMI1.4 x1 DisplayPort 1.2 x1
音声入出力端子音声出力:ステレオミニジャック
スピーカー2W+2W(ステレオ)
視野角(水平/垂直)170゜ / 160゜
サイズ(幅×高さ×奥行 単位:mm スタンド含む)約640 x 415-565 x 268 mm
重量7.7kg
消費電力最大時:未公開 通常使用時(オンモード):29W 年間消費電力量:未公開 待機時:0.5W
HDCP○(HDCP2.2✕)
ピボット機能90° 時計回り
チルト機能上35° / 下5°
スイベル機能左30° / 右30°
上下高さ調節最大150 mm
フリッカー機能
ブルーライト軽減機能
壁掛け機能VESA規格 単位mm:100×100mm
USB HUB機能USB3.0 × 4ポート(1up 4down)
保証期間3年(パネル・バックライトユニットは1年)
クレジット© 2017 Acer Inc.(公式サイトの情報をもとに記述しています。)

『Predator XB241Hbmiprz』仕様

メーカーAcer
ブランドPredator
シリーズPredator XB1
発売日2016年08月25日
種別24型 ワイド(16:9) TNパネル 非光沢
最大解像度フルHD(1920×1080)
ビット深度(最大表示色)8bit(約1670万色)
リフレッシュレートリフレッシュレート:144Hz オーバークロック時リフレッシュレート:180Hz HDMI 1.4:24〜60Hz DisplayPort 1.2:30〜180Hz
G-SYNC / FreeSyncNVIDIA G-SYNC
応答速度1ms[GTG]
色域NTSC比 72%
輝度(HDR)300 cd/m2(HDR:✕)
コントラスト比1000:1
入力端子HDMI1.4 x1 DisplayPort 1.2 x1
音声入出力端子音声出力:ステレオミニジャック
スピーカー2W+2W(ステレオ)
視野角(水平/垂直)170゜ / 160゜
サイズ(幅×高さ×奥行 単位:mm スタンド含む)約567 x 392-542 x 268 mm
重量6.31kg
消費電力最大時:未公開 通常使用時(オンモード):28W 年間消費電力量:未公開 待機時:0.5W
HDCP○(HDCP2.2✕)
ピボット機能90° 時計回り
チルト機能上35° / 下5°
スイベル機能左30° / 右30°
上下高さ調節最大150 mm
フリッカー機能
ブルーライト軽減機能
壁掛け機能VESA規格 単位mm:100×100mm
USB HUB機能USB3.0 × 4ポート(1up 4down)
保証期間3年(パネル・バックライトユニットは1年)
クレジット© 2017 Acer Inc.(公式サイトの情報をもとに記述しています。)

PS5の性能を最大限活かせる激安テレビ

4K/120Hz(HDMI 2.1)

VRR (可変リフレッシュレート)

ALLM (自動低遅延モード)

HGiGゲームモード

Dolby Vision IQ® / HDR10 / HLG

eARC対応

 LG『NANO86JNA』

PS5向け LG『NANO86JNA』コスパ最強の4K/120Hz/HDR液晶テレビ

※価格は24時間以内に情報を取得した時点のものであり変更される場合があります。購入においてはAmazon.co.jpに表示されている価格の情報が適用されます。

Predator XB271Hbmiprz
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG