FPS向け最大200Hz35型4msハイエンドモニター『Predator Z35bmiphz』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Predator Z35bmiphz

 2016年2月19日発売、リフレッシュレート200Hz 「NVIDIA G-SYNC」対応、応答速度4msの35型湾曲ゲーミングモニター『Predator Z35bmiphz』をご紹介します。

ヌルヌル動く FPSゲーム向け UWFHD/最大200Hz

 『Predator Z35bmiphz』は、UWFHDの静止画最大200枚で1秒間の動画を作ることのできるディスプレイです。

一般的なテレビ(モニター)は60枚(60Hz)。『Predator Z35bmiphz』はその3倍以上も滑らか、ヌルヌル動きます。

引っかかりやズレがない「NVIDIA G-SYNC」対応

スタッタリング

 『Predator Z35bmiphz』は、1秒/200枚→0.005秒ごとにUWFHD静止画を切り替えることのできるモニターです。

PCが描画する静止画がモニターに出力されることで、0.005秒ごとに画面の静止画を切り替えていますが、PCの描画とモニターの出力のタイミングは必ず合うわけではありません。

同時進行で他の仕事もしていますし、たまたま計算が大変な描画に当たってしまうかもしれません。

描画の計算に時間がかかり、たまたま0.0051秒かかってしまうかもしれません。たった0.0001秒遅れただけですが、この場合最大200Hzのリフレッシュのタイミングにあいません。

そこでモニターは仕方なく、前の静止画をそのまま画面に映し出します。この時私たちには、まるで動画が引っかかったように見えます。

いつもはリフレッシュレート200Hzなのに、タイミングがずれることで100Hzに低下するのです。

この場合、静止画の切り替えにかかる時間は0.005秒+0.0051秒で0.0101秒かかっています。0.0001秒切り捨てると、最大0.01秒の遅延になります。

これが「スタッタリング」と呼ばれる現象。ちなみに60Hzは「スタッタリング」で30Hzに低下するので最大遅延は0.033秒。遅延すら全く違います。

ティアリング

PCの描画のタイミングと、モニターの出力のタイミングのズレが原因で、1つ前の静止画と混ぜて描画、そしてモニターに出力してしまうことがあります。

私たちには映像がズレたように見えますが、これは「ティアリング」と呼ばれる現象。

「スタッタリング」と「ティアリング」はFPSゲームの敵。重要なタイミングで発生すると、それが理由で撃ち負けます。

しかし「NVIDIA G-SYNC」対応の『Predator Z35bmiphz』でゲームしているのであればその心配はほとんどありません。

「G-SYNC」に対応するグラフィックカード搭載のPCと『Predator Z35bmiphz』の組み合わせであれば、PCがモニターのリフレッシュレートを制御します。

別々で制御されていたPCとモニターの映像出力が、PCに一本化されるのでタイミングがバッチリと合います。

※「G-SYNC」機能は、デスクトップ用GPUならGeForce GTX 650Ti以上、ノート用GPUならGTX965M以上のNVIDIA GeForceグラフィックボード搭載PCが必要です。

残像少なくエイムしやすい 応答速度4ms(0.004秒)

 一般的なテレビ(モニター)の応答速度は10〜20ms(0.01〜0.02秒)。画面に出力される静止画に合わせて色を切り替える速度です。

FPSゲームの速い動きやカメラワークにこの色切り替え速度が間に合わないと、オブジェクトや敵がぼやけ残像を作るので、エイムがしにくいのです。

残像がひどいと、どこに何があってどこに敵がいるのかわからなくなります。高速でカメラワークした時の状態です。

『Predator Z35bmiphz』であれば、応答速度4ms(0.004秒)と一般的なテレビ(モニター)に比べて2〜5倍高速。FPSゲームに最適です。

湾曲パネルだから左右の索敵もしやすい

湾曲パネルのメリット

 上の画像を見ていただくと、湾曲パネルのメリットがわかります。上のイラストは、24インチディスプレイを綺麗な半円状に湾曲させた、とても見づらいディスプレイです。

24インチモニターの横幅はおおよそ55cmありますが、半円状に湾曲させると35cm、20cmも短くなります。

極端な例ですが、湾曲モニターのメリットは、首または目を左右に動かして、左端や右端にいる敵を発見することが容易になることにあります。

『Predator Z35bmiphz』は2000R のカーブがかかったディスプレイなので35型と大きめなのにFPSに最適。

ハイエンド並みのPCが必要 PS4 Pro専用にすることにはオススメしない

 『Predator Z35bmiphz』にて、UWFHD/200Hzの安定した出力を可能とさせるためには、PC側のスペックは、今現在販売されるものではものたりません。

ハイエンドグラフィックボード「GeForce RTX 2080Ti」であれば、ある程度のゲームタイトルがUWFHD/200Hzで出力できるかもしれません。

「GeForce RTX 2080Ti」の2枚挿しであればさらに多くのゲームタイトルをUWFHD/200Hzでプレイできるかもしれません。

そのくらいにハイエンドすぎるモニターであることに注意が必要です。

PS4専用機としてはおすすめできない

 『Predator Z35bmiphz』はPCですら持て余すほどの高い性能を有するゲーミングモニターです。当然ですが、PS4やPS4 Proではさらに過剰スペックです。

『Predator Z35bmiphz』にはHDMI 1.4端子も搭載されているのでPS4もPS4 Proも接続可能です。しかし、メインはPCゲーム、PS4でもゲームするといった方だけにオススメします。

『Predator Z35bmiphz』仕様

製品の詳細・仕様
メーカー Acer
ブランド Predator
シリーズ Predator Z35
発売日 2016年02月19日
種別
  • 35型 ウルトラワイド(21:9)
  • VAパネル
  • 非光沢
最大解像度 UWFHD(2560×1080)
ビット深度(最大表示色) 8bit(約1670万色)
リフレッシュレート
  • リフレッシュレート:144Hz
  • オーバークロックリフレッシュレート:200Hz
  • HDMI 1.4:24〜60Hz
  • DisplayPort 1.2:30〜144Hz
G-SYNC / FreeSync NVIDIA G-SYNC
応答速度 4ms[GTG]
色域 sRGB 100%
輝度(HDR) 300 cd/m2(HDR:✕)
コントラスト比 3000:1
入力端子
  • HDMI1.4 x1
  • DisplayPort 1.2 x1
音声入出力端子 音声出力:ステレオミニジャック
スピーカー 9W + 9W ステレオスピーカー(DTS® Sound対応)
視野角(水平/垂直) 178゜ / 178゜
サイズ(幅×高さ×奥行 単位:mm スタンド含む) 約844.4 x 554.5-684.5 x 299.9 mm
重量 12.65kg
消費電力
  • 最大時:未公開
  • 通常使用時(オンモード):52.0W
  • 年間消費電力量:未公開
  • 待機時:0.47W
HDCP ○(HDCP2.2✕)
ピボット機能
チルト機能 上25° / 下5°
スイベル機能
上下高さ調節 最大130 mm
フリッカー機能
ブルーライト軽減機能
壁掛け機能 VESA規格 単位mm:100×100mm
USB HUB機能 USB3.0 × 4ポート(1up 4down)
保証期間 3年(パネル・バックライトユニットは1年)
クレジット © 2017 Acer Inc.(公式サイトの情報をもとに記述しています。)

SNSでもご購読できます。