約5千円!7.1chサラウンドゲーミングヘッドセット『XPG EMIX H20』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
XPG EMIX H20

 エイデータテクノロジージャパン株式会社(ADATA)は2019年2月22日、7.1chバーチャルサラウンド機能を搭載した、PC用ゲーミングヘッドセット『XPG EMIX H20』を発売しました。

市場想定売価は税抜4,519円。

インストール不要 7.1chバーチャルサラウンドだから音で方向がわかる

7.1ch-surround-sound

 『XPG EMIX H20』は7.1chバーチャルサラウンド対応です。PCなどに専用ソフトウェアをインストールする必要がないので、e-Sportsカフェなどでゲームする際も7.1chです。

足音だけで、真正面・左右斜め前・左右・左右斜め後ろと7つの方向を把握できるので、視界に入っていない敵であってもある程度敵の居場所に見当をつけることが可能です。

約5,000円と安くても 音質・低音期待できる大口径50mmドライバー

 ドライバーのサイズはとても重要です。小さい箱を叩いてみるとわかるのですが、小さすぎると音域が狭くなり、深みのないサウンドになりがちです。

それに比べて大きいサイズのドライバーは、低音から高音まで音域が広く、深みある音質に期待が持てます。

特にゲームにおいては、足音や銃声、迫力あるサウンドが重要になるので、低音域に伸びがある大口径ドライバーの方が有利になります。

約5,000円でもRGBライティング対応

 『XPG』などのように、信頼厚いネームバリューを持ったメーカーが販売するヘッドセットのエントリーモデルの多くは、RGBライティングなどに非対応です。

しかし『XPG EMIX H20』は、約5,000円のエントリーモデルにしてRGBライティング対応。暗い室内でも雰囲気あるゲーム体験が可能です。

マイクの集音特性はボイスチャットに向かない「無指向性」

 ボイスチャットに向いているマイクの集音特性は、口元方向の音しか集音しない「単一指向性」と、口元方向とその反対側の音しか集音しない「双指向性」の2つです。

「無指向性(全指向性)」は360°の音を集音する特性を持っていますので、スマホのマイク付きイヤホンなどによく採用されています。

自分の声だけでなく、生活音も満遍なく集音しますので、ボイスチャットには向いていません。

『XPG EMIX H20』仕様

製品の詳細・仕様
メーカー XPG
ブランド XPG
シリーズ
発売日 2019年2月22日
サラウンドサウンド 7.1chバーチャル
ヘッドホンタイプ オーバーヘッド
イヤーパッド レザー
ヘッドホン構造 密閉型
ドライバーユニット 未公開
ドライバーユニットサイズ 50mm
感度 106dB
周波数特性 20Hz-20,000Hz
インピーダンス 32Ω
全高調波歪み 未公開
S/N比 未公開
コントローラー
マイクのタイプ ブームマイク
マイク集音特性 無指向性
マイク感度 未公開
マイク周波数特性 未公開
マイクインピーダンス 未公開
マイクS/N 比 未公開
ノイズキャンセリング機能
マイクコントローラー
LED / RGB
接続I/F USBコネクタ
重量 305g
サイズ 212 x 85 x205mm
対応機種 Windows 10/8/7
クレジット Copyright© 2019 ADATA Technology Co., Ltd. All rights reserved.(公式サイトの情報をもとに記述しています。)

SNSでもご購読できます。