NITRADOサーバー間移動(違うARKに旅立とう)を可能とさせる設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
「Cluster Id」入力欄の43文字の文字列をコピーする

 NITRADOサーバーに複数のマップをお持ちの方は、NITRADOサーバー間移動にお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

アイテムの移動、恐竜の移動、キャラクター(生存者)の移動、どれも長い時間をかけて育て、作り出した大事なもの。簡単には捨てられません。

そこで今回は、「違うARKに旅立とう」を含める、NITRADOサーバー間の移動(アイテム・恐竜・キャラクター(生存者))に関する設定方法についてご紹介したいと思います。

①2つのマップ=2つのサーバーが必要

 NITRADOサーバー間移動(違うARKに旅立とう)を可能とさせたいとお考えの方がこのページを見てくださっていると思いますので、すでに複数の「NITRADOサーバー」を契約済みかと思います。

マップ2つをご利用の方は、サーバー2つをご契約。マップ3つご利用の方でしたら、サーバーは3つご契約といった形です。

この部分がまず満たされていないと、NITRADOサーバー間の移動(違うARKに旅立とう)はできません。

『Cross ARK Travel』を有効にする

設定マークをクリック

設定マークをクリック

スクロールして

スクロールして

「SETTINGSのCross ARK」をクリック

「SETTINGSのCross ARK」をクリック

 各サーバーで、「設定」→「SETTINGSのCross ARK」をクリックして、『Cross ARK』ページを開きます。

各サーバー『Cross ARK』にチェックをつける

各サーバー『Cross ARK』にチェックをつける

このページにて『Cross ARK』にチェックをつけます。各サーバー全てにチェックが必要なので、『NITRADOサーバー間移動(違うARKに旅立とう)』を行いたいサーバー全てに同じようにチェックを入れます。

マップ2つを運営している方、もしくはマップ3つ運営していて2つのマップだけ『NITRADOサーバー間移動(違うARKに旅立とう)』を可能とさせたい方は2つサーバーの『Cross ARK』にチェックをします。

③メインサーバでクラスタIDを生成する

 メインのサーバーにて「Cluster Id」を生成します。この43文字の「Cluster Id」が同じサーバー間でのみ『NITRADOサーバー間移動(違うARKに旅立とう)』が有効に機能します。

メインサーバーで「Generate new cluster id」をクリックする

メインサーバーで「Generate new cluster id」をクリックする

「Cluster Id」の生成の仕方は、『Cross ARK』ページにて「Generate new cluster id」をクリックするだけ。

「Cluster Id」入力欄の43文字の文字列をコピーする

「Cluster Id」入力欄の43文字の文字列をコピーする

すると上の画像にあるように、「Cluster Id」入力欄に43文字の文字列が表示されます。これをコピーしておきます。

④生成したクラスタIDをもう一つのサーバーに追加する

 他のサーバーの『Cross ARK』ページ→「Cluster Id」テキスト入力欄に、メインページで生成した「Cluster Id」をペースとします。

別の「Cluster Id」を生成してはいけません。同じIdでなければ、メインサーバーと『NITRADOサーバー間移動(違うARKに旅立とう)』ができません。

⑤『Restrictions』全ての制限が外れている(無効)ことを確認する

『Restrictions』

『Restrictions』

 『Cross Travel』の下に『Restrictions』部分があります。ここでは、『NITRADOサーバー間移動』で可能な8つの項目を別個に制限させることができます。

全てのチェックが外れていればデフォルトの状態です。個別に制限を設けたい方だけ、必要な項目にだけチェックをします。

8つの制限事項

8つの制限事項

8つの制限事項は上から順番に、以下のような内容です。

生存者のダウンロード防止
チェックするとキャラクターのダウンロードができなくなります。
アイテムのダウンロード防止
チェックするとアイテムのダウンロードができなくなります。
恐竜のダウンロード防止
チェックすると恐竜のダウンロードができなくなります。
サバイバーのアップロード防止
チェックすると生存者のアップロードができなくなります。
プレイヤー情報のダウンロード無効
リモートサーバーのブレイヤー情報のダウンロードを無効にします。
アイテムのアップロード禁止
チェックするとアイテムのアップロードができなくなります。
恐竜のアップロード防止
チェックすると恐竜のアップロードができなくなります。
外部の恐竜のダウンロード許可
他のマップにしかいない恐竜のダウンロードを許可します。

⑥変更内容を保存してサーバーを再起動する

 あとは変更内容を保存してサーバーを再起動させれば、『NITRADOサーバー間移動(違うARKに旅立とう)』が有効に機能するはずです。

⑦機能しているかどうかチェックして終了

 実際に、どちらかのサーバーにログインして、オベリスクにて「違うARKに旅立とう」が機能しているかどうかを確かめてみましょう。

以上、ここまでで『NITRADOサーバー間移動(違うARKに旅立とう)を可能とさせる設定』変更は終了です。お疲れ様でした。

謝辞

 本記事作成にあたり、ご協力くださった“PSID:DaytonaExhaust”さんに心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。

HowMew[ハウミュー]

SNSでもご購読できます。