Switchに最適!ゲーミングイヤホン『HyperX Cloud Earbuds』

2018年9月24日発売、Kingston Technologyのゲーミングイヤホン『HyperX Cloud Earbuds』(HX-HSCEB-RD)』をご紹介します。
店頭価格は6,804円(税込)。

ロジクールG933s

最大11.1chサラウンド ワイヤレスヘッドセット『ロジクールG933s』


  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 遅延心配ない2.4GHz独自ワイヤレス
  • 3.5mm 4極プラグ接続も可能
  • ワイヤレス+3.5mm接続の音声ミックス可能
  • 快適性と耐久性を追求 90度回転イヤーカップ
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング
  • 最大12時間長寿命バッテリー

カナル型より大きいインイヤー型だからこそ実現できる! 14mmドライバーが奏でるピュアな音質と重低音

イヤホンには3種類あります。カナル型と呼ばれ、イヤーピースを耳に差し込むタイプ。インナーイヤー型と呼ばれ、耳の穴のフチに引っ掛けるタイプ。

耳掛け型と呼ばれ、耳にメガネのようにかけるタイプの3種類です。

カナル型は遮音性が高く、ダイレクトに音が届くというメリットがありますが、耳の穴に差し込む必要があるのでドライバーサイズが小さくなりがちです。

カナル型のドライバーサイズは6~12.5mm。

インナーイヤー型は、耳の穴にかけるだけなので音漏れするところと、外部の音が侵入してしまうというデメリットがありますが、カナル型よりドライバーサイズを大きくすることが可能です。

インナーイヤー型のドライバーサイズは13.5~15.4mm。

ドライバーは振動板を震わせる事で音を作る装置。大きい方が低音に強く、音質も深みあるサウンドを奏でると言われています。

そのため同じイヤホンであっても、カナル型よりインイヤー型の方が音質で有利だということになります。

インイヤー型のデメリットについてですが、以下にご紹介する特許取得済のシリコン製イヤーチップによりほぼ解消できているのではないかと推測されます。

『HyperX』の製品といえば、ゲーム向けに低音・中音・高音を分離、それぞれの音が何の音なのかをわかりやすくすることに長けている、FPS向けのサウンド作りが特徴です。

『HyperX Cloud Earbuds』もその例にはもれず、しっかり低音・中音・高音をゲーム向けにカスタマイズされ、低音が強化されているとのことです。

こんな形見たことない! 特許取得済のシリコン製イヤーチップだからインイヤー型なのに快適かつフィット

Appleのイヤホン「AirPods」が人気です。『HyperX Cloud Earbuds』と同じくインナーイヤー型のイヤホンになります。

インナーイヤー型のイヤホンには通常イヤーチップは搭載されません。耳の穴に引っ掛けるだけなので、カナル型より外れやすく、遮音性に劣るのです。

しかし『HyperX Cloud Earbuds』は、インナーイヤー型には珍しく、カナル型のようにシリコン製イヤーチップが搭載されています。

そのためインナーイヤー型にも関わらず、耳の穴にしっかりフィットさせることができるのです。しかもシリコンだからぐいっと強めに装着させても痛くないでしょう。

インナーイヤー型のメリット・大口径ドライバーを採用しつつ、カナル型のメリット・遮音性による没入感という両方のいいとこ取りしたような製品です。

絡みにくいフラットケーブル

『HyperX Cloud Earbuds』のケーブルはイヤホンには珍しくフラットケーブルなので、絡みづらくイライラしません。

屋外でもゲームを楽しむNintendo Switch ゲーマーやスマホゲームに最適化されているだけあって「トラベルケース」同梱

『HyperX Cloud Earbuds』にはトラベルケースも同梱されます。屋外でもゲームを楽しむ方を想定して設計されている製品とのこと。抜け目ありません。

『HyperX Cloud Earbuds』仕様

メーカーKingston(キングストン)
ブランドHyperX
シリーズHyperX Cloud
発売日2018年9月24日
サラウンドサウンド2ch
ヘッドホンタイプインナーイヤー型
ヘッドホン構造密閉型
ドライバーユニットダイナミック型ネオジム
ドライバーユニットサイズ14mm
DAC未公開
感度116dBSPL/mW (1kHz時)
周波数特性20Hz-20,000Hz
インピーダンス65Ω
全高調波歪み2%未満
S/N比未公開
コントローラー音量調整✕
その他のコントローラー曲送り、再生/一時停止、着信応対
マイク集音特性全指向性(無指向性)
マイク感度-42dBV (0dB=1V/Pa、1kHz時)
マイク周波数特性100Hz-6,300Hz
マイクインピーダンス未公開
マイクS/N 比未公開
ノイズキャンセリング機能
LED / RGB
接続I/F4極3.5mmステレオミニ
重量約19g
サイズ未公開
筐体未公開
イヤーチップ特許取得済のシリコン製イヤーチップ 3サイズ
ケーブル長1.2m
ケーブルタイプフラット型
クレジット©2019 Kingston Technology Far East Co. Ltd.(公式サイトの情報をもとに記述しています。)
ロジクールG633s

最大11.1chサラウンドゲーミングヘッドセット『ロジクールG633s』

  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 3.5mm 4極プラグ接続
  • 肌触り抜群のスポーツメッシュ・イヤーパット
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング

ASTRO Gaming ミックスアンプ プロ MixAmp Pro TR

PS5×『Astro MixAmp Pro TR』でTempest 3Dオーディオ レビュー


  • Tempest 3Dオーディオ or 5.1chサラウンドサウンド 両方使える
  • イコライザ設定可能
  • 4種のイコライザ設定を保存&切り替え可能
  • ノイズゲート機能搭載
  • ミキシング機能付き
  • PlayStationのボイチャとPC・スマホのボイチャのミキシングも可能
  • PCからのゲーム配信がカンタン
Kingston Technologyのゲーミングイヤホン『HyperX Cloud Earbuds』(HX-HSCEB-RD)』
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG