6月発売!テレビ『東芝REGZA Z730X』が【PS4 Pro】に最好な5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
『東芝REGZA Z730X』

 東芝映像ソリューションから、2019年6月上旬より順次発売される予定の新しい4K液晶テレビ『REGZA Z730X』シリーズをご紹介します。

店頭予想価格は43型が17万円前後、49型が19万円前後、55型が25万円前後、65型が35万円前後とかなり低価格です。

テレビ『東芝レグザZ730X』が【PS4 Pro】に最好な5つの理由

「4K/60fps」入力に対応しているからきめ細やか

 『東芝レグザZ730X』シリーズは全て4K/60fps入力に対応しています。

「4K」とは「フルHD」の4倍もの大きな静止画のことです。『東芝レグザZ730X』の画面サイズは65型・55型・49型・43型と4種類あります。

「4K」解像度の静止画をそれぞれの画面サイズに引き伸ばした場合と、「フルHD」解像度の静止画をそれぞれの画面サイズに引き伸ばした場合と、どちらの映像がきめ細やかだと思いますか。

お分かりかと思いますが、「4K」の方が映像がきめ細やかで、輪郭がくっきりはっきりしています。文字も見やすさも圧倒的に「4K」の方になります。

「フルHD」の4倍大きい「4K」は、視野が4倍広がったように、広い範囲が画面に映し出されます。あなたの目に近い視野に広がるのです。

きめ細やかなので、最適な視聴距離も「フルHD」の半分で済みます。そのため視界いっぱいに画面が広がったように感じるので、あなただけの映画館のようになります。

そんないいとこづくめの「4K」ですが、もちろん欠点もあります。「フルHD」よりデータが重たいのです。

60fpsの意味は、1秒間に60枚の静止画を描画できる性能があるという意味です。『東芝レグザZ730X』は4K/60fps入力に対応していますので、4K/60Hz出力が可能ということ。

1秒間が「4K」静止画60枚で構成されるよう【PS4 Pro】が一生懸命描画します。それを受け取った『東芝レグザZ730X』も一生懸命画面の静止画を切り替えます。

どのように切り替えるのかというと、「4K」静止画を1秒間に60枚になるよう、0.0167秒ごとに「4K」静止画を切り替えているのです。

4K/60fps描画可能な【PS4 Pro】と4K/60Hz出力可能な『東芝レグザZ730X』はぴったりだということになります。

「HDR」対応だから暗いシーンの視認性が高い

 【PS4 Pro】も『東芝レグザZ730X』も「HDR」対応です。

「HDR」に非対応なものは「SDR」と呼ばれます。両方とも「輝度」の表現力のことを指しています。

「SDR」の「輝度」表現力より、「HDR」の「輝度」表現力の方が圧倒的に高いのです。黒(暗い)の表現力と白(明るい)の表現力の差が大きい方が視認性が高いということ。

「SDR」の黒レベルは一般的に0.5〜0.6cd/m2と言われています。それに比べて「HDR」の黒レベルは0.005cd/m2以下です。

「SDR」の最大「輝度」(明るさ)は250〜300cd/m2ですが、「HDR」の最大「輝度」(明るさ)は1,000cd/m2以上になります。

「HDR」の方が暗さと明るさの差がとっても広いので、暗いシーンで黒で塗りつぶされず、しっかりくっきり表現できるのです。

明るいシーンでは白とびせず、やはりはっきりくっきり表現可能。ゲームにおいては特に視認性が大事ですし、【PS4 Pro】も【PS4】も「HDR」対応ですから相性ぴったりです。

色域が広い「BT.2020」対応だから色鮮やか

 人間の目が認識できる色の範囲を数値化して、テレビで表現できる色の範囲も数値化して、本来の色をどの色で表現するのかをすり合わせを行うために「色域」規格が決められています。

例えば日本の伝統色に「藍色」と呼ばれる、美しい緑みがかった青色がありますが、テレビで表現できる色の中にぴったりきっちり当てはまる「藍色」がない場合もあります。

この場合テレビは、「色域」規格に当てはめて、最も「藍色」に近い色を画面に表示させます。

この「色域」規格は複数あり、狭いものと広いものがあるのです。狭いと人間の目が認識できる色の範囲との差が大きいので、しっくりぴったりくる色表現が難しくなります。

「色域」が広い場合には、人間の目が認識できる色の範囲との差が小さいので、多くの現実の色を再現でき、もしぴったりのものがなくてもより近い色を当てはめることができるのです。

安いテレビの場合の「色域」規格は、「sRGB」という、表現できる色の範囲が狭いものが採用されています。

それに比べて『東芝レグザZ730X』は、「色域」規格として最も広く、人間の目が認識できる色の範囲にとても近い「色域」規格「BT.2020」に対応しています。

そのため『東芝レグザZ730X』の映像は全てとっても色鮮やかです。【PS4 Pro】はもちろん「BT.2020」の色空間で生成できるゲーム機ですから、やはり『東芝レグザZ730X』はぴったり。

ちなみに「HDR」と「BT.2020」の相乗効果はとても高く、扱える色の情報量が増すだけでなく、色の再現力が高まるので、とってもリアルかつ、開発者の意図する色表現が可能となります。

グラデーションが綺麗すぎる約10億7000万色の実力

8bit(約1677万色)と10bit(10億7374万色)のグラデーションの違い-縞模様(バンディング)-

 安価なテレビが再現可能な色の数は約1,670万色ですが、『東芝レグザZ730X』が再現可能な色の数は約10億7000万色です。

色は同じ色であっても、明暗差をつけることで色を変えることができますが、約1,670万色の場合、同じ色は256階調にしか分けられません。

256階調でも十分なんじゃと思うかもしれませんが、人の目はもっと高性能なので、256階調で再現されるグラデーションでは綺麗だと感じられないのです。

それに比べて約10億7000万色もあると、同じ色が明暗差によって4倍の1,024階調で再現可能になります。

そのためグラデーションが現実世界に近く、とってもなめらかで美しいグラデーションを実現します。

ですから、大自然が織りなすグラデーションはとても神秘的かつ美しいまま再現されます。ゲームのグラフィックスはもちろん、美しい状態で画面に映ります。

約1,670万色の残念なグラデーションとは別格です。

もちろん高性能すぎる家庭用ゲーム機である【PS4 Pro】は約10億7000万色のカラーフォーマットに対応していますから、『東芝レグザZ730X』なら【PS4 Pro】の性能を最大限活かすことが可能です。

「レグザ重低音バズーカウーファー」搭載だから『東芝レグザZ730X』だけで大迫力

エンクロージャーの種類と特徴

 多くのテレビは、人の注目が集まる「4K」とか「HDR」とか、映像に関する部分にだけ対応させていますが、音声に関してはあまり力を入れていません。

4,50万するテレビであっても、映像だけは美しくても、それに見合ったサウンドでゲームや映画鑑賞ができないのです。

音だけが薄っぺらく、深みのない、現実味のないおもちゃに近いサウンド表現で再現されます。

具体的には音域が狭いのです。低音が出ていないので迫力に欠けますし、高音に伸びがないので鳥肌が立つような綺麗なサウンドが出ません。

そのため映像だけでなく、サウンドもリアルに迫力あるものにしようとするのであれば、別にスピーカーを購入しなければならないのです。

しかし『東芝レグザZ730X』の場合別途スピーカーを購入しなくても、もともと低音にも高音にも強く、迫力あるリアルなサウンドを楽しめます。

まず低音についてですが、「レグザ重低音バズーカウーファー」と名のついた、低音専用のスピーカーが2つも搭載されています。

しかも、低音の増幅装置である「パッシブラジエーター」が4つもついているのです。

2つの低音専用スピーカーがあるだけでも他のテレビより低音響く迫力のサウンドを期待できるのに、さらに4つの増幅装置で低音を強化してしまえるのです。

それだけにとどまりません。もう一つのスピーカーは、「ツィーター」という高音専用スピーカーと、全音域を奏でる「フルレンジスピーカー」とがセットで駆動する「大型バスレフ2ウェイスピーカー」と名のついたスピーカーまで搭載されているのです。

初めて別途スピーカーを購入する場合、2〜5万円のエントリーモデルを購入するかと思います。

『東芝レグザZ730X』にはもともとエントリーモデル並みのスピーカーが搭載されていますので、初めから良いサウンドでゲームと映画鑑賞可能です。

テレビ『東芝レグザZ730X』はテレビとしての性能・機能もトップクラス

 『東芝レグザZ730X』の凄いところは、【PS4 Pro】をプレイする上でぴったりなだけではありません。

もちろんですが、テレビとしての機能・性能の方も優秀です。優秀というよりトップクラスだと言っても良いほどなので、一度使ったら手放したくなくなるはずです。

手放したくなくなる「タイムシフトマシン」による地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分まるごと録画

 『東芝レグザZ730X』は、別売りのUSBハードディスク(HDD)を接続しておくと、地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分をまるごと録画できるようになります。

どういうことかというと、見たい番組を見逃す心配がなくなるということです。取り忘れるという概念もなくなります。

手間なくいつでも好きな番組を初めから見ることができるのでとても便利。この機能を知ってしまうともう『東芝レグザZ730X』を手放すことができなくなるでしょう。

4K放送を見ながら裏番組の録画もできる

 『東芝レグザZ730X』には、「新4K衛星放送用のチューナー」が2基も内蔵されています。そのためBSアンテナがある方であれば、6チャンネルの4K放送を楽しむことが可能です。

2基あるので、4K放送を見ながら別の番組を録画することも可能。「新4K衛星放送用のチューナー」なので、「SHマーク」のついた新しいアンテナであれば18チャンネルもの4K放送が視聴可能になります。

FireTVなどのSTBを別途購入しなくても大丈夫

 『東芝レグザZ730X』に対応する動画配信サービスはとっても豊富です。そのため別途FireTVなどのSTBを購入しなくても、LANケーブルを接続すれば楽しめます。

対応する動画配信サービスは以下の通り。

  • Netflix
  • YouTube
  • dTV
  • AbemaTV
  • hulu
  • TSUTAYA TV
  • DMM.com
  • U-NEXT
  • DAZN
  • スカパー!ondemand
  • ひかりTV4K
  • クランクイン!!ビデオ
  • acTVila 4K

フルHD/120HzでPCゲームできる

 『東芝レグザZ730X』は、フルHD解像度でのリフレッシュレートは120Hzに対応しています。ゲーミングモニターのミドルレンジスペック並みです。

そのためミドルレンジゲーミングPCを接続すれば、『東芝レグザZ730X』の大画面でカクカクしない滑らかなゲーム体験が可能です。

フルHD/120fps描画可能なゲーミングPCとなると、「GeForce GTX 1080」「GTX 1070Ti」「GTX 1660」「GTX 1660Ti」くらいのグラフィックボードが積んであるPCです。

フルHD/120Hz出力時の映像遅延がたったの0.83ms(0.00083秒)と高速ところも嬉しいポイント。

『東芝レグザZ730X』に最適な視聴距離とテレビ台の高さ

『東芝レグザ65Z730X』

 『東芝レグザ65Z730X』の最適な視聴距離は、おおよそ120〜170cmです。

ソファが約40cm、座高が約80cm、合わせると120cm。最適な高さは、目線とテレビの上端の高さが同じくらいと言われていますので、『東芝レグザ65Z730X』にぴったりなテレビ台(ローボード)の高さは30〜40cmになります。

『東芝レグザ55Z730X』

 『東芝レグザ55Z730X』の最適な視聴距離は、おおよそ100〜150cmです。

『東芝レグザ55Z730X』にぴったりなテレビ台(ローボード)の高さは40〜50cmになります。

『東芝レグザ49Z730X』

 『東芝レグザ49Z730X』の最適な視聴距離は、おおよそ90〜140cmです。

『東芝レグザ49Z730X』にぴったりなテレビ台(ローボード)の高さは50〜60cmになります。

『東芝レグザ43Z730X』

 『東芝レグザ43Z730X』の最適な視聴距離は、おおよそ80〜130cmです。

『東芝レグザ43Z730X』にぴったりなテレビ台(ローボード)の高さは60〜70cmになります。

『東芝レグザZ730X』仕様

TOSHIBA 4K液晶テレビ「REGZA Z730X」シリーズ 仕様
メーカー TOSHIBA(東芝)
ブランド REGZA(レグザ)
シリーズ Z730Xシリーズ
発売日 2019年6月下旬発売予定
画面サイズ:パネル方式
  • 65型:VA方式
  • 55型:IPS方式
  • 49型:IPS方式
  • 43型:IPS方式
最大解像度 4K(3840×2160)
ビット深度(最大表示色) 10bit(約10億7000万色)
リフレッシュレート
  • 24〜120Hz
  • フルHD/120Hz入力対応
  • WQHD/60Hz入力対応
  • 4K/60Hz入力対応
リフレッシュサポート機能 4Kクリアダイレクトモーション480
HDR
  • AI機械学習HDR復元
  • HDR10 / HLG HDR
色域
  • 広色域復元プロ
  • BT.2020
  • 64色軸カラーイメージコントロール
ボケ・残像防止機能 インパルスモード
映像処理エンジン レグザエンジン Professional
バックライト 全面直下LEDエリアコントロール
高画質
  • 深層学習超解像 / バリアブルフレーム超解像
  • 美肌リアライザーHDR
視聴環境自動調整機能 おまかせオートピクチャー
音響システム 重低音バズーカオーディオシステム PRO
ウーファー レグザ重低音バズーカウーファー
ツィーター 大型バスレフ2ウェイスピーカー(フルレンジスピーカーと2way)
フルレンジスピーカー 大型バスレフ2ウェイスピーカー(ツィーターと2way)
音声実用最大出力(JEITA) 80W(15W+15W+15W+15W+10W+10W)
スピーカー(サイズ/個数) ウーファー:5.0×7.0cm/2個、フルレンジ:3.5×8.5cm / 2個、ツィーター:2.5cm/2個
ゲームモード
  • フルHD/120Hz:画像処理遅延 約0.83msec
  • フルHD/60Hz 12bit:画像処理遅延 約9.2msec
  • WQHD/60Hz:画像処理遅延 約9.2msec
  • 4K/60Hz 12bit:画像処理遅延 約9.2msec
動画配信サービス
  • Netflix
  • YouTube
  • dTV
  • AbemaTV
  • hulu
  • TSUTAYA TV
  • DMM.com
  • U-NEXT
  • DAZN
  • スカパー!ondemand
  • ひかりTV4K
  • クランクイン!!ビデオ
  • acTVila 4K
同時表示機能 まるごとチャンネル(6チャンネルを画面上に同時表示)
まる録り機能 タイムシフトマシン(最大6チャンネル約80時間分まるごと録画)
4Kダブルチューナー 4Kダブルチューナーウラ録
地上デジタルチューナー 9
BSデジタルチューナー 3
110度CSデジタルチューナー 3
BS/CS 4Kチューナー 2
デジタルCATV(C13~C63)チューナー
4K放送対応スカパー!プレミアムサービスチューナー
端子
  • HDMI入力端子[1080p(60p/24p)入力対応]:4
  • HDMI4K入力端子[3840×2160:60P/30P/24P 4096×2160:30P/24P]:1
  • ビデオ入力端子(S2映像入力:0/映像入力:1/音声入力:1)
  • HDMIアナログ音声入力端子:1(ビデオ入力端子(音声入力)1系統と兼用)
  • アナログ音声出力端子:1(ヘッドホン端子兼用)
  • 光デジタル音声出力端子:1
  • LAN端子[10BASE-T/100BASE-TX]:1
  • USB端子:4(タイムシフトマシン専用2/通常録画専用1/汎用1)
  • ヘッドホン端子:1(アナログ音声出力端子兼用)
ワイヤレス 無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
消費電力
  • 65型:定格動作時(リモコン待機時)343W(0.4W)、年間消費電力量(省エネ基準達成率)199kWh/年(165%)
  • 55型:定格動作時(リモコン待機時)271W(0.4W)、年間消費電力量(省エネ基準達成率)160kWh/年(165%)
  • 49型:定格動作時(リモコン待機時)230W(0.4W)、年間消費電力量(省エネ基準達成率)150kWh/年(149%)
  • 43型:定格動作時(リモコン待機時)208W(0.4W)、年間消費電力量(省エネ基準達成率)148kWh/年(125%)
外形
  • 65型:142.8×80.4cm/163.9cm
  • 55型:121.0×68.0cm/138.8cm
  • 49型:107.4×60.4cm/123.2cm
  • 43型:94.1×52.9cm/108.0cm
質量(卓上スタンド含む/本体のみ)
  • 65型:27.0kg/26.2kg
  • 55型:19.5kg/18.8kg
  • 49型:16.5kg/15.8kg
  • 43型:13.5kg/13.0kg
クレジット Copyright © 2019 TOSHIBA VISUAL SOLUTIONS CORPORATION, All Rights Reserved.(公式サイトの情報をもとに記述しています。)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.