『東芝REGZA Z730X』フルHD/120Hz液晶テレビ[PS5 ]

東芝映像ソリューションから、2019年6月上旬より順次発売される予定の新しい4K液晶テレビ『REGZA Z730X』シリーズをご紹介します。

ロジクールG933s

最大11.1chサラウンド ワイヤレスヘッドセット『ロジクールG933s』


  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 遅延心配ない2.4GHz独自ワイヤレス
  • 3.5mm 4極プラグ接続も可能
  • ワイヤレス+3.5mm接続の音声ミックス可能
  • 快適性と耐久性を追求 90度回転イヤーカップ
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング
  • 最大12時間長寿命バッテリー

『東芝レグザZ730X』がPS5におすすめな2つの理由

フルHD/120Hz対応

フレームレート・リフレッシュレート

 『東芝レグザZ730X』は、フルHD解像度でのリフレッシュレートは120Hzに対応しています。PS5も120fps対応なので性能を活かせます。

また、『東芝レグザZ730X』に搭載されるHDMI端子もフルHD/120fps入力対応。

そのため滑らかかつ高速な、一歩先の未来を見たゲームプレイができるのでととても有利です。

フルHD/120Hz時の映像遅延がたったの0.83ms(0.00083秒)

 コントローラーでの操作から、画面に反映されるまでの旅の流れは以下の通りです。

コントローラー→入力解析(PS5)→ゲーム処理(PS5)→描画処理(PS5)→映像処理(テレビ)→フレームバッファに格納(テレビ)→ディスプレイに描画→色の切り替え(応答速度)

コントローラーで操作してから画面に反映されるまでの遅延は2種類。映像遅延と色の切り替え遅延です。

色の切り替え遅延は「応答速度」と呼ばれています。

『東芝レグザZ730X』の応答速度は記載ありませんが、フルHD/120Hz時の映像遅延はなんとたったの0.83ms(0.00083秒)です。

あってないようなタイムラグ。『東芝レグザZ730X』でPS5をプレイすると圧倒的に有利です。

『東芝レグザZ730X』がPS4 Proにおすすめな5つの理由

「4K/60fps」入力に対応

 『東芝レグザZ730X』シリーズは4K/60fps入力に対応しています。「4K」とは「フルHD」の4倍もの大きいので近くでみてもとてもきめ細やか。

「フルHD」の半分の距離で視聴してもきめ細やかです。視界いっぱいに広がる、映画館のような迫力ある映像体験が可能です。

フレームレート・リフレッシュレート

また『東芝レグザZ730X』は、1秒間に60枚の4K静止画で映像をつくることのできるテレビです。4K/60Hz対応のテレビということになります。

安いテレビになると中には4K/30Hzのものもありますので、映像の動きがカクカクしてしまいます。

PS4 Proは4K/60fps対応なので『東芝レグザZ730X』はPS4 Proにちょうどよいテレビです。

「HDR」対応だから暗いシーンの視認性が高い

 PS4 Proも『東芝レグザZ730X』も「HDR」対応です。

「HDR」対応だと、「HDR」非対応(SDR)に比べて、暗いシーンと明るいシーンの表現が得意です。

暗いシーンの視認性が悪くて撃ち負けるといった心配が減りますのでゲームではとても有利です。

色域が広い「BT.2020」対応だから色鮮やか

 安いテレビの場合、上のイラスト左側の三角形のように、面積(色の範囲)が小さいものが少なくありません。

一方『東芝レグザZ730X』はイラスト右の三角形。面積(色の範囲)が大きいタイプのテレビです。

『東芝レグザZ730X』は表現可能な色の数が多いので、色鮮やかな表現ができます。

グラデーションが綺麗すぎる約10億7000万色の実力

 安いテレビの1画素が表示できる色の数は約1,670万色。一方『東芝レグザZ730X』は約10億7000万色です。

上のイラストを見てわかる通り、同じ色を明るい色から暗い色まできめ細やかに分割できるので、グラデーション表現が得意です。

そのため夕日や海など、同じような色で構成される美しい映像がとてもきれいに表現されます。

「レグザ重低音バズーカウーファー」搭載だから『東芝レグザZ730X』だけで大迫力

 『東芝レグザZ730X』には、中低音専用のスピーカーが2つ、全音域を奏でるスピーカーが2つ、高音専用のスピーカーが2つと、合計6つものスピーカーが搭載されています。

一般的なテレビは、スピーカーが2しかついていません。

『東芝レグザZ730X』なら、豊かな低音から伸びやかで美しい高音まで、深みと迫力あるリアルなサウンド体験が可能です。

テレビ『東芝レグザZ730X』はテレビとしての性能・機能もトップクラス

  • タイムシフトマシン:地デジ番組を最大6チャンネル約80時間分まるごと録画
  • 4K放送を見ながら裏番組の録画もできる
  • 動画配信サービスの視聴

対応する動画配信サービスは以下の通り。

  • Netflix
  • YouTube
  • dTV
  • AbemaTV
  • hulu
  • TSUTAYA TV
  • DMM.com
  • U-NEXT
  • DAZN
  • スカパー!ondemand
  • ひかりTV4K
  • クランクイン!!ビデオ
  • acTVila 4K

『東芝レグザZ730X』に最適な視聴距離とテレビ台の高さ

『東芝レグザ65Z730X』

 『東芝レグザ65Z730X』の最適な視聴距離は、おおよそ120〜170cmです。

ソファが約40cm、座高が約80cm、合わせると120cm。最適な高さは、目線とテレビの上端の高さが同じくらいと言われていますので、『東芝レグザ65Z730X』にぴったりなテレビ台(ローボード)の高さは30〜40cmになります。

『東芝レグザ55Z730X』

 『東芝レグザ55Z730X』の最適な視聴距離は、おおよそ100〜150cmです。

『東芝レグザ55Z730X』にぴったりなテレビ台(ローボード)の高さは40〜50cmになります。

『東芝レグザ49Z730X』

 『東芝レグザ49Z730X』の最適な視聴距離は、おおよそ90〜140cmです。

『東芝レグザ49Z730X』にぴったりなテレビ台(ローボード)の高さは50〜60cmになります。

『東芝レグザ43Z730X』

 『東芝レグザ43Z730X』の最適な視聴距離は、おおよそ80〜130cmです。

『東芝レグザ43Z730X』にぴったりなテレビ台(ローボード)の高さは60〜70cmになります。

PS5をプレイするためにあったら嬉しい機能対応表

機能PS5Z730X対応有無
フルHD120Hz
4K120Hz×
8K60Hz×
VRR×
ALLM×
eARCサウンドバー等使用する場合はあると便利×
HGiG×
HDR10

『東芝レグザZ730X』仕様

メーカーTOSHIBA(東芝)
ブランドREGZA(レグザ)
シリーズZ730Xシリーズ
発売日2019年6月下旬発売予定
画面サイズ:パネル方式65型:VA方式55型:IPS方式49型:IPS方式43型:IPS方式
最大解像度4K(3840×2160)
ビット深度(最大表示色)10bit(約10億7000万色)
リフレッシュレート24〜120HzフルHD/120Hz入力対応WQHD/60Hz入力対応4K/60Hz入力対応
リフレッシュサポート機能4Kクリアダイレクトモーション480
HDRAI機械学習HDR復元HDR10 / HLG HDR
色域広色域復元プロBT.202064色軸カラーイメージコントロール
ボケ・残像防止機能インパルスモード
映像処理エンジンレグザエンジン Professional
バックライト全面直下LEDエリアコントロール
高画質深層学習超解像 / バリアブルフレーム超解像美肌リアライザーHDR
視聴環境自動調整機能おまかせオートピクチャー
音響システム重低音バズーカオーディオシステム PRO
ウーファーレグザ重低音バズーカウーファー
ツィーター大型バスレフ2ウェイスピーカー(フルレンジスピーカーと2way)
フルレンジスピーカー大型バスレフ2ウェイスピーカー(ツィーターと2way)
音声実用最大出力(JEITA)80W(15W+15W+15W+15W+10W+10W)
スピーカー(サイズ/個数)ウーファー:5.0×7.0cm/2個、フルレンジ:3.5×8.5cm / 2個、ツィーター:2.5cm/2個
ゲームモードフルHD/120Hz:画像処理遅延 約0.83msecフルHD/60Hz 12bit:画像処理遅延 約9.2msecWQHD/60Hz:画像処理遅延 約9.2msec4K/60Hz 12bit:画像処理遅延 約9.2msec
動画配信サービスNetflixYouTubedTVAbemaTVhuluTSUTAYA TVDMM.comU-NEXTDAZNスカパー!ondemandひかりTV4Kクランクイン!!ビデオacTVila 4K
同時表示機能まるごとチャンネル(6チャンネルを画面上に同時表示)
まる録り機能タイムシフトマシン(最大6チャンネル約80時間分まるごと録画)
4Kダブルチューナー4Kダブルチューナーウラ録
地上デジタルチューナー9
BSデジタルチューナー3
110度CSデジタルチューナー3
BS/CS 4Kチューナー2
デジタルCATV(C13~C63)チューナー
4K放送対応スカパー!プレミアムサービスチューナー
端子HDMI入力端子[1080p(60p/24p)入力対応]:4HDMI4K入力端子[3840×2160:60P/30P/24P 4096×2160:30P/24P]:1ビデオ入力端子(S2映像入力:0/映像入力:1/音声入力:1)HDMIアナログ音声入力端子:1(ビデオ入力端子(音声入力)1系統と兼用)アナログ音声出力端子:1(ヘッドホン端子兼用)光デジタル音声出力端子:1LAN端子[10BASE-T/100BASE-TX]:1USB端子:4(タイムシフトマシン専用2/通常録画専用1/汎用1)ヘッドホン端子:1(アナログ音声出力端子兼用)
ワイヤレス無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
消費電力65型:定格動作時(リモコン待機時)343W(0.4W)、年間消費電力量(省エネ基準達成率)199kWh/年(165%)55型:定格動作時(リモコン待機時)271W(0.4W)、年間消費電力量(省エネ基準達成率)160kWh/年(165%)49型:定格動作時(リモコン待機時)230W(0.4W)、年間消費電力量(省エネ基準達成率)150kWh/年(149%)43型:定格動作時(リモコン待機時)208W(0.4W)、年間消費電力量(省エネ基準達成率)148kWh/年(125%)
外形65型:142.8×80.4cm/163.9cm55型:121.0×68.0cm/138.8cm49型:107.4×60.4cm/123.2cm43型:94.1×52.9cm/108.0cm
質量(卓上スタンド含む/本体のみ)65型:27.0kg/26.2kg55型:19.5kg/18.8kg49型:16.5kg/15.8kg43型:13.5kg/13.0kg
クレジットCopyright © 2019 TOSHIBA VISUAL SOLUTIONS CORPORATION, All Rights Reserved.(公式サイトの情報をもとに記述しています。)
ロジクールG633s

最大11.1chサラウンドゲーミングヘッドセット『ロジクールG633s』

  • ユーザーアンケートを基に開発
  • 3.5mm 4極プラグ接続
  • 肌触り抜群のスポーツメッシュ・イヤーパット
  • ロジテック独自開発50mm PRO-Gドライバー
  • 3D立体音響DTS Headphone:X 2.0対応
  • 連動するRGBライティング

ASTRO Gaming ミックスアンプ プロ MixAmp Pro TR

PS5×『Astro MixAmp Pro TR』でTempest 3Dオーディオ レビュー


  • Tempest 3Dオーディオ or 5.1chサラウンドサウンド 両方使える
  • イコライザ設定可能
  • 4種のイコライザ設定を保存&切り替え可能
  • ノイズゲート機能搭載
  • ミキシング機能付き
  • PlayStationのボイチャとPC・スマホのボイチャのミキシングも可能
  • PCからのゲーム配信がカンタン
『東芝REGZA Z730X』
最新情報をチェックしよう!
>ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ASUSのゲーミング機能つきWi-Fiルーター

ゲーム向けの機能がついているASUSのWi-Fiルーター 7製品を比較、まとめてみました。

CTR IMG