東芝 液晶テレビ 2019年夏モデルZ730X/RZ630X/M530X違い比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
『東芝REGZA Z730X』

 東芝映像ソリューション(東芝)の液晶テレビ『REGZA』2019年春夏モデルは全部で3シリーズ。

『Z730X』シリーズと『M530X』シリーズは、65/55/49(50)/43型と4種のサイズバリエーション。

『RZ630X』シリーズだけ 50/43型の2種のサイズバリエーションです。

発売は6月上旬を予定。メーカーとしての最大の特徴は、全機種4K放送チューナーが2基も搭載されているところ。

おおよそ140,000円から購入できるミドルレンジクラス『M530X』シリーズでも、4K放送を見ながら裏番組の録画ができます。

今回は、東芝の液晶テレビ『REGZA』2019年春夏モデル3シリーズの違いを比較してみました。

ハイエンドモデル『Z730X』シリーズ

性能も画質もサウンドも機能も全部のせ

 『Z730X』シリーズは、東芝の液晶テレビとしては最上位・最も高性能なハイエンドモデルに位置付けられる製品です。

東芝の全部のテレビを合わせると、さらに上に有機ELテレビがありますので、全体としてはハイクラスモデルに位置付けられます。

『Z730X』シリーズの特徴は、性能も画質もサウンドも機能も全部が完璧なところです。

テレビのシステムを支える頭脳・映像エンジンには「レグザエンジンProfessional」が搭載されています。

また、シーンごとの画質の違いを学習し、シーンに合わせた高画質化を可能とさせる「深層学習テクノロジー」が採用されているとこもも特徴の一つです。

地デジの画質はフルHD以下の画質ですが、「レグザエンジンProfessional」+AI+「深層学習テクノロジー」が、4K/HDR相当の高画質・高精細な映像に変えてくれます。

 サウンドは、2〜5万円するようなスピーカーのエントリーモデルが内蔵されているような贅沢な仕様です。

多くのテレビが低音から高音まで全音域を奏でる「フルレンジスピーカー」しか搭載されない中、『Z730X』シリーズには高音専用の「ツイーター」と、中低音専用の「ウーファー」まで搭載されます。

別途、外付けのスピーカーを購入しなくても初めから良いサウンドでゲーム・映画鑑賞することが可能です。

 テレビとしての機能も充実しており、6番組まるごと録画可能な「タイムシフトマシン」や、「4Kダブルチューナーウラ録」に対応しているところが嬉しいポイントです。

詳しくは

ミドルレンジモデル『M530X』シリーズ

PS4 Proの性能をフルに活かすことができる性能と画質

 性能と画質を、「Z730X」シリーズからワンランク下げたような製品が『M530X』シリーズになります。東芝のテレビの中では、ミドルレンジクラスに位置付けられます。

とはいえ地デジ放送を高画質化することができる高性能な頭脳「レグザエンジン Evolution」が採用されていますし、色彩豊かでグラデーションも明るさ・暗さ表現(HDR)もバッチリ。

PS4 Proの性能をフルに活かすことができるほどの4K液晶テレビです。

 サウンドは、他の普通のテレビよりは低音に期待できそうです。低音から高音・全音域を奏でる「フルレンジスピーカー」しか搭載されていませんが、低音を増幅できる「バスレフ型」です。

 『M530X』シリーズ最大の特徴は、おおよそ140,000円から購入可能なミドルレンジモデルにも関わらず、「4Kダブルチューナーウラ録」に対応しているところです。

他社の製品はハイエンドのみ「4Kダブルチューナー」採用、もしくはハイエンドであっても「4Kチューナー」一つ飲み採用している状況ですから、この部分が大きな強みです。

さすがに6番組まるごと録画可能な「タイムシフトマシン」には非対応です。

詳しくは

ハイクラスモデル『RZ630X』シリーズ

「M530X」+「タイムシフトマシン」+「2TB HDD」

 ハイエンドモデル「Z730X」シリーズと、ミドルレンジモデル「M530X」シリーズの間に位置付けられる、東芝液晶テレビのハイクラスモデルです。

『RZ630X』シリーズのご紹介はとても簡単。「M530X」シリーズに、「タイムシフトマシン」と「2TB HDD(ハードディスク)」を追加した製品になります。

テレビのシステムを支える頭脳・映像エンジンと画質にスピーカーまで、ほとんどが「M530X」シリーズと同クラスです。

違いはテレビとしての機能と、それを録画するためのストレージです。

「M530X」シリーズは、6番組まるごと録画可能な「タイムシフトマシン」非対応であることをすでにご紹介しましたが、『RZ630X』シリーズは「タイムシフトマシン」に対応しています。

また「タイムシフトマシン」機能を活用するために必要な「タイムシフトマシン」用の「2TB HDD(ハードディスク)」が付属されるところが特徴です。

「Z730X」シリーズの場合、「タイムシフトマシン」に対応していますが「HDD」は付属されていません。使う場合には別途、「外付け HDD(ハードディスク)」を購入する必要があります。

『RZ630X』シリーズに付属される、「HDD(ハードディスク)」は、最大6チャンネル約40時間分をまるごと録画可能です。

 『RZ630X』シリーズだけは、サイズバリエーションが50/43型と半分です。

動画配信サービス(ネット)の時代だからこそ「タイムシフトマシン」が便利

 動画配信サービス(ネット)のメリットは、後から好きな時に視聴できるところにあります。録画する手間はありません。ただ見たい動画を選ぶだけ。

それに比べて地デジ番組のデメリットは、録画という手間をかけなければ、後から好きな時に視聴できないところにあります。

そんな地デジのデメリットを解消してしまうシステムが東芝の「タイムシフトマシン」という機能になります。

地デジなのに、録画という手間なく、見たい番組を後で見ることもできますし、番組を見逃すことがなくなります。

今回発売された東芝の液晶テレビ 2019年春夏モデル選択のポイントは、この便利すぎる「タイムシフトマシン」機能があるかないかに絞られることになるかと思います。

TOSHIBA 4K液晶テレビ『REGZA』 2019年春夏モデル 仕様比較

TOSHIBA 4K液晶テレビ『REGZA』 2019年春夏モデル 仕様比較
項目 Z730X RZ630X M530X
画面サイズ:パネル方式
  • 65型:VA方式
  • 55型:IPS方式
  • 49型:IPS方式
  • 43型:IPS方式
  • 50型:VA方式
  • 43型:VA方式
  • 65型:VA方式
  • 55型:VA方式
  • 50型:VA方式
  • 43型:VA方式
最大解像度 4K(3840×2160)
ビット深度(最大表示色) 10bit(約10億7000万色)
リフレッシュレート
  • 24〜120Hz
  • フルHD/120Hz入力対応
  • WQHD/60Hz入力対応
  • 4K/60Hz入力対応
  • 24〜60Hz
  • フルHD/60Hz入力対応
  • WQHD/60Hz入力対応
  • 4K/60Hz入力対応
  • 24〜60Hz
  • フルHD/60Hz入力対応
  • WQHD/60Hz入力対応
  • 4K/60Hz入力対応
リフレッシュサポート機能 4Kクリアダイレクトモーション480 4Kクリアダイレクトモーション120 4Kクリアダイレクトモーション120
HDR
  • AI機械学習HDR復元
  • HDR10 / HLG HDR
  • アドバンスドHDR復元
  • HDR10 / HLG HDR
  • アドバンスドHDR復元
  • HDR10 / HLG HDR
色域
  • 広色域復元プロ
  • BT.2020
  • 64色軸カラーイメージコントロール
  • 広色域復元プロ
  • BT.2020
  • 9色軸カラーイメージコントロール
  • 広色域復元プロ
  • BT.2020
  • 9色軸カラーイメージコントロール
ボケ・残像防止機能 インパルスモード
映像処理エンジン レグザエンジン Professional レグザエンジン Evolution-S レグザエンジン Evolution-S
バックライト 全面直下LEDエリアコントロール ダイナミックグローバルディミング ダイナミックグローバルディミング
高画質
  • 深層学習超解像
  • バリアブルフレーム超解像
  • 美肌リアライザーHDR
  • 4Kビューティ X
  • 地デジビューティX
  • 美肌リアライザー
  • 4Kビューティ X
  • 地デジビューティX
  • 美肌リアライザー
視聴環境自動調整機能 おまかせオートピクチャー
音響システム 重低音バズーカオーディオシステム PRO レグザパワーオーディオシステム レグザパワーオーディオシステム
ウーファー 重低音バズーカウーファー
ツィーター 大型バスレフ2ウェイスピーカー
フルレンジスピーカー 大型バスレフ2ウェイスピーカー バスレフ型フルレンジスピーカー バスレフ型フルレンジスピーカー
音声実用最大出力(JEITA) 80W(15W+15W+15W+15W+10W+10W) 20W(10W+10W) 20W(10W+10W)
スピーカー(サイズ/個数) ウーファー:5.0×7.0cm/2個、フルレンジ:3.5×8.5cm / 2個、ツィーター:2.5cm/2個 3.0×7.0cm/2個 3.5×8.0〜8.5cm/2個
ゲームモード
  • フルHD/120Hz:画像処理遅延 約0.83msec
  • フルHD/60Hz 12bit:画像処理遅延 約9.2msec
  • WQHD/60Hz:画像処理遅延 約9.2msec
  • 4K/60Hz 12bit:画像処理遅延 約9.2msec
  • フルHD/60Hz 画面サイズ「フル」:画像処理遅延 約0.83msec
  • 4K/60Hz:画像処理遅延 約0.83msec
  • フルHD/60Hz 画面サイズ「フル」:画像処理遅延 約0.83msec
  • 4K/60Hz:画像処理遅延 約0.83msec
動画配信サービス
  • Netflix
  • YouTube
  • dTV
  • AbemaTV
  • hulu
  • TSUTAYA TV
  • DMM.com
  • U-NEXT
  • DAZN
  • スカパー!ondemand
  • ひかりTV4K
  • クランクイン!!ビデオ
  • acTVila 4K
同時表示機能 まるごとチャンネル(6チャンネルを画面上に同時表示) まるごとチャンネル(6チャンネルを画面上に同時表示)
まる録り機能 タイムシフトマシン タイムシフトマシン
USBハードディスク 別売 2TBのUSBハードディスク付属 別売
4Kダブルチューナー 4Kダブルチューナーウラ録
地上デジタルチューナー 9 9 3
BS・110度CSデジタル 3
BS 4K/110度CS 4Kチューナー 2
デジタルCATV(C13~C63)チューナー
4K放送対応スカパー!プレミアムサービスチューナー
端子
  • HDMI入力端子[1080p(60p/24p)入力対応]:4
  • HDMI4K入力端子[3840×2160:60P/30P/24P 4096×2160:30P/24P]:1
  • ビデオ入力端子(S2映像入力:0/映像入力:1/音声入力:1)
  • HDMIアナログ音声入力端子:1(ビデオ入力端子(音声入力)1系統と兼用)
  • アナログ音声出力端子:1(ヘッドホン端子兼用)
  • 光デジタル音声出力端子:1
  • LAN端子[10BASE-T/100BASE-TX]:1
  • USB端子:4(タイムシフトマシン専用2/通常録画専用1/汎用1)
  • ヘッドホン端子:1(アナログ音声出力端子兼用)
  • HDMI入力端子[1080p(60p/24p)入力対応]:4
  • HDMI4K入力端子[3840×2160:60P/30P/24P 4096×2160:30P/24P]:1
  • ビデオ入力端子(S2映像入力:0/映像入力:1/音声入力:1)
  • HDMIアナログ音声入力端子:1(ビデオ入力端子(音声入力)1系統と兼用)
  • アナログ音声出力端子:1(ヘッドホン端子兼用)
  • 光デジタル音声出力端子:1
  • LAN端子[10BASE-T/100BASE-TX]:1
  • USB端子:4(タイムシフトマシン専用2/通常録画専用1/汎用1)
  • ヘッドホン端子:1(アナログ音声出力端子兼用)
  • HDMI入力端子[1080p(60p/24p)入力対応]:4
  • HDMI4K入力端子[3840×2160:60P/30P/24P 4096×2160:30P/24P]:1
  • ビデオ入力端子(S2映像入力:0/映像入力:1/音声入力:1)
  • HDMIアナログ音声入力端子:1(ビデオ入力端子(音声入力)1系統と兼用)
  • アナログ音声出力端子:1(ヘッドホン端子兼用)
  • 光デジタル音声出力端子:1
  • LAN端子[10BASE-T/100BASE-TX]:1
  • USB端子:2(録画専用1/汎用1)
  • ヘッドホン端子:1(アナログ音声出力端子兼用)
ワイヤレス 無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。